ネタバレでご紹介!韓国ドラマ『イニョン王妃の男』4つの魅力

私は2005年に『宮廷女官チャングムの誓い』を見て以来、たくさんの韓国ドラマをみて来ました。韓国ドラマに夢中になったきっかけが、長編時代劇だったこともあり、その後も時代劇を中心に楽しんでいました。現代が舞台のドラマもみましたが、恋愛ものは少し苦手。そんな私が、なぜかはまってしまった作品が『イニョン王妃の男』です。

この物語は、朝鮮王朝時代と現代を行き来して展開する恋愛ものです。複雑な物語のように感じるかも知れませんが、16話で終了するコンパクトな作品です。どちらかと言えば恋愛要素よりも政治的駆け引きに胸を踊らせていた私が、なぜこの作品にはまってしまったのでしょう。その訳を『イニョン王妃の男』の魅力とともにご紹介します。

※以下ネタバレが含まれますので、お気をつけください。


イニョン王妃の男を無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)

登場人物紹介とあらすじ

あらすじ

朝鮮王朝、粛宗(スクチョン)の時代。王命を受けて南人派(ナミンハ)の動きを監視していた、弘文館(ホンムンガン)の校理(キョリ)キム・ブンドは、右議政(ウイジョン)ミン・アムらが企てた王妃(=イニョン)の暗殺計画を阻止します。しかしその後、ミン・アムの刺客に命を狙われ、これまでかと思った瞬間、突然現代にタイムスリップしてしまいます。

一方、現代の韓国では、無名の女優チェ・ヒジンがドラマ「新 張禧嬪(チャンヒビン)」でイニョン王妃役に抜てきされます。ヒジンはドラマの撮影現場で、偶然過去からやってきたキム・ブンドと遭遇します。

最初は、ブンドをドラマの関係者だと思っていたヒジンでしたが、何度か出会ううちに、疑いつつもブンドの置かれている状況を理解し彼を助けることになります。過去から来た秀才と、典型的な現代っ子が繰り広げるラブロマンスです。

 

MEMO

用語説明

 

粛宗(スクチョン)
在位期間1674年9月22日 – 1720年7月13日。李氏朝鮮王朝の第19代王。
当時臣下は、西人派(ソニンハ)と南人派(ナミンハ)で政権を争っていました。

 

右議政(ウイジョン)
行政の最高機関、議政府(ウィジョンブ)で、
領議政(ヨンイジョン)左議政(チャイジョン)に次ぐ役職。

 

弘文館(ホンムンガン)
李氏朝鮮王朝の行政機関であり、研究機関。
王宮書庫に保管された図書の管理を任されている部署。

 

弘文館(ホンムンガン)の校理(キョリ)=キム・ブンド
弘文館(ホンムンガン)の中堅の役人。
物語の設定では、キム・ブンドは西人派の人物とされています。

 

イニョン王妃=正式には仁顕王后(イニョンワンフ)
粛宗の2番目の正室。西人派が推す王妃。

 

張禧嬪(チャンヒビン)
南人派の後押しで、一時はイニョン王妃に代わり粛宗の正室になりますが、
後に廃妃になります。「朝鮮三大悪女」のひとりと言われています。

 

 

キャストとスタッフ

『イニョン王妃の男』は韓国で2012年に放送されました。日本でもその後さまざまな放送局で放送され、現在は配信サービスでみることができます。

 

演出・脚本

演出は「ハベクの新婦」「ヴァンパイア検事」のキム・ビョンスならびに、チョ・ロクファンが担当しました。脚本は「W-君と僕の世界-」「ナイン~9回の時間旅行~」のソン・ジェジョンが担当しています。

 

主なキャラクター

キム・ブンド役(チ・ヒョヌ)

朝鮮王朝、粛宗(スクチョン)時代の役人。役職は弘文館(ホンムンガン)の校理(キョリ)。

チ・ヒョヌの代表作
「ロマンスは命がけ!?」
「錐(きり)」
「セレブの誕生」

 

チェ・ヒジン役(ユ・インナ)

無名の女優。ドラマ「新 張禧嬪」でイニョン王妃役に抜擢されます。

ユ・インナの代表作
「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」
「マイ・シークレットホテル」
「シークレット・ガーデン」

 

ハン・ドンミン役(キム・ジヌ)

人気俳優で、ヒジンの元恋人。
ドラマ「新 張禧嬪」では朝鮮王朝19代王、粛宗を演じます。

キム・ジヌの代表作
「ひと夏の奇跡~waiting for you」
「僕には愛しすぎる彼女」
「ロードナンバーワン」

 

チョ・スギョン役(カ・ドゥッキ)

ヒジンのマネージャーで友人。

カ・ドゥッキの代表作
「ハベクの新婦」
「帝王の娘 スベクヒャン」
「王女の男」

 


イニョン王妃の男を無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)

ネタバレで物語の魅力をご紹介

キム・ブンドはかつての政変で南人派の陰謀により家族を失いました。今は閑職に甘んじているブンドですが、虎視眈々と西人派の復権と南人派への復讐の機会をうかがっていました。そんなブンドが刺客に襲われて止めを刺さされた時、300年の時を越えて助かったのは彼が持っていた、不思議なお札(おふだ)のおかげでした。

このお札は持ち主に危機が訪れると、その人を未来に飛ばして命を助けます。またお札の持ち主は、飛ばされた未来でお札を手にして、書かれている文言

時 道 通 来 間 必 救 人
(意味=時の道は未来へ通じ、その隙間が人を救う)

を読むと、もとの時代に戻ることができます。お札をブンドに贈ったのは、彼の家の使用人だった芸妓、ユンウォル。ブンドの身を案じてのことでした。

たびたび政敵に狙われ、命が危険にさらされるキム・ブンド。お札の力を借りながら宿願を果たすため、朝鮮王朝時代と現代を行き来することになります。

時を超えたふたりの恋に、胸キュン!

チェ・ヒジンは、ひたむきで正義感の強い女性。突然現代にやってきたブンドの状況を理解し、文明社会のことがわからない彼が困らないよう力を貸します。ヒジンのマネージャーのスギョンや元恋人のドンミンは、ヒジンのそばに見知らぬ男がいるようだ、ということに気づいていますが、その正体はわからないまま。

ヒジンもブンドが過去からやって来たなんて言えません。異性としてブンドのことが気になっていたヒジンは、ブンドを大学院生で自分の恋人だと嘘の紹介をします。

一方ブンドは、朝鮮王朝時代の文官でありながら、剣術の腕は武官並み。彼もまた困っているヒジンを助けます。ヒジンがドラマで共演する先輩女優にいじめられている時には、さりげなく身を翻し間に入ってかばってくれました。

ふたりで図書館にいった時には、ファンに囲まれ困惑したヒジンをそっと抱き込んで、エレベーターに乗せてくれました。素早く的確な身のこなしでヒジンを助けるブンド。

ああ、カッコいい!

見ているとこちらまで、ときめいてしまいます。

ブンドもヒジンと行動をともにするうちに、少しずつ彼女に惹かれていきます。いつしかふたりは、本当の恋人になります。ヒジンの助けで図書館を訪れ、粛宗の時代の歴史を調べたブンドは、過去に戻り宿願である西人派の復権を果たします。

しかしブンドが粛宗の時代と現代を行き来し行動することで、過去が変わってしまいます。それが原因で朝鮮王朝時代のブンドに、さらに危険が迫ります。

未来にいてそれを知りながらも、ただ待つことしかできないヒジンの気持ちを思うと、切なくて苦しくなります。さらにふたりを出会わせたお札は、なぜかふたりを引き離そうとします。

ふたりの会いたい気持ちを阻むのは時空の壁。ヒジンとブンドはその壁を破って結ばれることができるのでしょうか。

キム・ブンドの賢さに、ビックリ!

突然300年後の世界に飛ばされたブンドはもちろん戸惑いますが、その賢さゆえかとてもスマートに対応し適応していきます。文明が発展した現代社会はブンドにとって見るもの聞くことすべてが驚きです。

宮廷ではエリートの彼も現代では知らないことだらけ。車のドアの開けかたもシートベルトの仕方もわからない。それヒジンに教えてもらう様子が実に微笑ましいです。知った振りをしないで「わからない」と言ってしまう。その素直さにキュンとしてしまいました。

しかしそれもはじめだけ。初めてヒジンとエレベーターに乗った時、彼女が利用階を押すのを見ていたのでしょう。次に乗るときには自分でエレベーターを操作するばかりか、算用数字まで覚えていました。

過去の済州島から飛ばされて、現代の済州島に来た時のこと。飛行機でソウルに戻るため空港を目指すのですが、その手段を知るために中国人観光客の持つガイドブックを参考にしました。その一連のシーンは、見ていてとてもおもしろいです。

最終的には、もしもの時にと暗記していたヒジンの携帯電話番号へ、済州島から電話をかけてきました。これには本当にびっくりしました。

ブンドの賢さには本当に驚いてしまいます。適応能力が高いので、どんな状況に立たされていても安心して見ていられます。

チェ・ヒジンのかわいさに、ニンマリ!

ヒジンは素直に自分の感情を表現します。彼女の笑った顔、怒った顔、泣き顔など、ヒジンの豊かな表情をみていると、かわいくて愛おしくて仕方ありません。思わずニンマリしてしまいます。

チェ・ヒジン役のユ・インナの演技は「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」や「シークレット・ガーデン」でも見ましたが、この作品のような素敵な表情に出会うことはありませんでした。

ユ・インナは「イニョン王妃の男」での演技がいちばん魅力的だと思います。あなたにもぜひ見てほしいです。

「ネクタイキス」に、ドキッ!

現代の男性がネクタイをしている理由がわからないブンド。なぜこのように苦しいものを身につけるのかと疑問に思っているようです。ヒジンはその質問に対し

「かつては仕事へ行く夫のために妻が結んであげていたの」

とか、

「胸がときめくから」

といい、ネクタイを持ち引き寄せてブンドに口づけをします。何かと口実をつけてブンドに対しスキンシップをするヒジンはかわいらしいけれど、ちょっぴりドキッとしてしまいます。

あまりのラブラブぶりにこちらが恥ずかしくなってしまう!この辺りのふたりの言動はそう表現するのがピッタリかと思います。

一方ブンドは、別の意味でドキッとするネクタイの使い方をします。でもそれは完全に間違った使い方です。しかしネクタイをそのように使うことで、ブンドとヒジンは揺るぎない愛を手にいれることになります。それは一体どういうことなのでしょうか。あなたもその瞬間をぜひ目撃してください!

感想と見どころまとめ

・『イニョン王妃の男』は韓国で2012年に放送されました。日本でもその後さまざまな放送局で放送され、現在は配信サービスでみることができます。

・キム・ブンドはお札の力を借りながら宿願を果たすため、朝鮮王朝時代と現代を行き来することになります。

・ブンドとヒジン、ふたりの会いたい気持ちを阻むのは時空の壁です。

・ブンドの賢さには本当に驚いてしまいます。適応能力高いのでどんな状況に立たされていても安心して見ていられます。

・ユ・インナは『イニョン王妃の男』での演技がいちばん魅力的だと思います。あなたにもぜひ見てほしいです。

・何かと口実をつけてブンドに対しスキンシップをするヒジンはかわいらしいけれど、こちらはドキッとしてしまいます。

『イニョン王妃の男』は時空を越えた愛の物語ですが、主人公が時を行き来するところが斬新だなと思います。私がこの作品に惹かれたのは、時代劇要素が多く含まれていたからでしょう。この物語ではチ・ヒョヌとユ・インナの魅力が最大限に発揮されていると感じました。

この作品では、現代に突然現れたブンドの存在に振り回される人々の姿も、とてもコミカルに描かれていておもしろいです。また、キム・ブンドにお札を贈ったユンウォルの心の変化にも、注目して見てほしいと思います。

作品中で流れる音楽がとても素敵で大好きです。音楽を聞くだけで物語の名場面がよみがえってきて、ドキドキします。思わずOST(オリジナル・サウンド・トラック)を買ってしまいました。

私がとりあげたシーンの他にもブンドとヒジンのラブラブな場面はたくさんあります。ときめきが止まらないこと間違いなしです。ぜひあなたの目で確かめてください。


イニョン王妃の男を無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)

1 COMMENT

ポートフォリオリスト(定期更新します) – マギーの大好きがいっぱい!!

[…] ネタバレでご紹介!韓国ドラマ『イニョン王妃の男』4つの魅力 見よ!声優の底力!!アニメ「昭和元禄落語心中」を 楽しむために② 落語家の光と闇を描く! アニメ「昭和元禄落語心中」を 楽しむために① 原作小説のファンがご案内! アニメ「精霊の守り人」 の3つの魅力 心もバリアフリー! こだわりを捨て去って 映画「聲の形」みてみよう! “朗読劇”が原作? 謎だらけのマンガ「MARS RED」の正体とは? 大ファンが語る 「ユーリ!!!On ICE」が大好きな理由5つ! ハマった理由を解説! […]

現在コメントは受け付けておりません。