映画『ミュージアム』とことんネタバレ!5つの見所をご紹介!

今回は主演・小栗旬、監督・大友啓史の映画『ミュージアム』をご紹介いたします。

巴亮介による原作(漫画)の世界を映画では忠実に再現しつつ、より人の罪悪感に訴え、邦画らしい勧善懲悪が加わり、作品内の世界が続いて行くような後味の残るラストが待ち構えています。

雨の日にだけ現れる快楽殺人犯「カエル男」。白日の下に晒されるのは、果たして罪か罰か

刑事と殺人鬼の衝突、痛覚を刺激する被害者の最期、陰鬱な情景描写、後ろめたくなる心理描写、息が詰まる狂気、そして終盤のどんでん返し。

最初から最後まで気を抜けないこの作品、刑事を主役としたサスペンスホラーでありながら、殺人鬼の手口やその描写はまるでサイコスリラー作品を見ているかのような気持ちにさせられること請け合いです。

今回は、私がどのようにこの作品を楽しんだのか、詳しいあらすじに加え、5つの見所をご紹介していきます。

引用:ワーナーブラザース公式チャンネル

映画「ミュージアム」を無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)

注意
ネタバレが含まれますのでご注意ください。

登場人物

沢村久志(演:小栗旬)

主人公の刑事。仕事により家族とはすれ違いが多く、今回の事件が起きた当初、妻・遥は息子・将太を連れて家出中。

沢村遥(演:尾野真千子)

久志の妻。家庭を顧みない久志に愛想を尽かし、将太を連れて友人の元に身を寄せています。

子供に構わないことの他にも、久志には話せないでいるわだかまりがあるようです。

沢村将太(演:五十嵐陽向)

久志と遥の息子。家族でコンビニへ行った日のことを「お出かけ」の思い出として絵にいているなど、僅かな関わり合いの中でも久志との時間を大切にしていることが伺い知れます。

カエル男(演:妻夫木聡)

雨の日に現れる連続殺人鬼。雨合羽にカエルのお面を被り、自らをアーティストと称し殺人を繰り返す狂人。

あらすじ

引用:映画『ミュージアム』オフィシャルサイト

『ミュージアム』開幕

妻と息子か出ていった家でひとり目を覚ます沢村久志(以下、沢村)。

沢村を起こした電話の音は連続殺人事件の始まりとなる、猟奇殺人の発生を告げるものでした。

現場に駆け付けた沢村を待っていたのは、”凶器”となった犬、無残に食いちぎられた女。

そして犬の吐しゃ物から発見されたメモに残された文字「ドッグフードの刑」。

調べが進むと、この被害女性が交際相手と同棲するために飼い犬を手放していたことがわかります。

この事件を皮切りに、「母の痛みを知りましょうの刑」「均等の愛の刑」「ずっと美しくの刑」「針千本飲ますの刑」とメモを残し、あたかも被害者の罪を裁くかのような方法で事件は続いて行きました。

雨の日にだけ現れる、カエルのお面に雨合羽の男。カエル男の目的は一体?

2件目の事件が起きた後、この事件の2つの共通点が見つかりました。

1つは現場付近で雨合羽を着た不審者が目撃されていること。

2つ目は、被害者がいずれも、過去に起きた「幼女樹脂詰め事件」の裁判員裁判で犯人に死刑を求めていたことです。

この事件は裁判の結果に対する復讐行為なのでしょうか?

警察たちがざわめいている中、沢村は取り乱し始めます。

なんとその裁判には沢村の妻・遥も裁判員として出廷していました。

潜み、奪う、カエル男

遥が次のターゲットに成り得ると判明したものの、家出中のため行方はなかなか掴めません。

更に、身内が事件に関係する可能性があるため沢村は捜査から外されてしまいました。

遥の居場所を知っていそうな友人・秋山佳代の職場を訪ねる沢村と、遥の通話履歴から佳代に辿り着き自宅を訪ねる警察。

そこで沢村は遥が抱える苦しみを佳代から叩きつけられます。

裁判員になったことで悩んでいたこと、第二子を流産していたことを聞かされ、なにも知らなかったことに戸惑う沢村の前に警察が現れました。

一度は佳代の家を訪ねた警察でしたが、家にいた彼氏から職場を訪ねてほしいとに言われたようです。

駆けつけた警察が、沢村がその場にいることを咎めつつ佳代に遥の居場所を問いただすと、佳代はようやく遥が佳代の家にいることを打ち明けました。

警察は佳代の家を訪ねた際彼氏にも行方不明者について尋ねていましたが、何も知らないそぶりをされており、佳代に対して「あんたの彼氏とんだ食わせ者だな」と怒りをぶつけます。

しかし、ここで狼狽える佳代の口から衝撃的な言葉が飛び出しました。

「いません、私、彼氏なんていません」

佳代の家にいた男は一体誰だったのでしょうか?

そして、遥と将太は無事でいるのでしょうか?

ぶつかり合う男達

佳代の家へ向かう途中、沢村はすれ違う車の中に雨合羽を着た男(カエル男)を見つけます。

警察が佳代の家に乗り込むも、遥は既に佳代の彼氏になりすましたカエル男に、将太ごと連れ去られたあとでした。

そして例にもれず残されたメモ「お仕事見学の刑」。

警察が降りた車を運転しカエル男を追う沢村ですが、激しいぶつかり合いの末横転、更にはカエル男から暴行を受け意識を失ってしまいました。

 

複数の傷と目元のガーゼが痛々しい様子の沢村は、喫茶店に後輩を呼び出していました。

窓に背を向けて座る沢村の正面に後輩が座る形で、捜査の情報と沢村の考えを交換します。

すると、話し込む沢村の向こうにカエル男が現れ、唖然とした表情で窓を見つめる後輩の視線気づいた沢村が振り返りました。

挑発するように窓に張り付くカエル男に対し沢村は弾かれるように店を飛び出します。

しかしカエル男を追おうと後輩から目を離したことで、今度はその後輩がカエル男に捕まってしまいました。

あるビルの屋上に駆け付けた沢村の目の前には、縛り上げた後輩のネクタイを掴み今にも落とそうとするカエル男がいました。

そこで遂に犯人の目的が明かされます。。

「幼女樹脂詰め事件」の犯人は自分で、あの裁判によって自分の芸術を他の人間がやったことにされた、その復讐だと語ったのです。

話が終わると人質にとっていた後輩のネクタイを離し、沢村のまさに目の前でビルの屋上から落下させ殺害しました。

沢村は後輩を喪った失意に暮れる間もなく、カエル男の特徴からその正体を掴みアジトに乗り込みます。

カエル男は太陽を見るだけで発症するほど重度の日光アレルギーを持つ人物で、ある病院に来院歴が残っていたことで所在を特定することができたのでした。

いよいよカエル男を追い詰め、遥と将太を救えると思ったのも束の間。

返り打ちにあった沢村はカエル男によって監禁され、更に極限まで追い詰められることになります。

追い詰められる沢村

カエル男によって監禁された部屋の中、ドアを開けるには用意されたパズルを解きそこに現れる暗号を手にいれるしかありません。

カエル男から与えられる食事を、屈辱的でも生きて家族を救うため口に押し込み、パズルに立ち向かい続けます。

開かないドア、苛立ちの叫び、カエル男との問答、家族と多くの時間を過ごさなかった後悔、そして謝罪。

沢村は極限まで追い詰められながら、それでも遥と将太は生きていると信じ、絶対に助けると自分に言い聞かせます。

そうして解いたパズルに浮かんだ文字、EAT(食べる)。
床に転がるカエル男からの食事、ハンバーガー。

嫌な想像を振り払いドアを開けた先には、遥と将太の頭部が並んでいました。

『ミュージアム』閉幕

絶望に絶叫する沢村をモニターで見つめ恍惚の表情を浮かべるカエル男。

そしてその後ろで震える遥と将太。

二人はまだ生きていました。

それを知るはずもなく、失意に項垂れる沢村の前に現れたカエル男はまたしても沢村を挑発し自分を追わせます。

しかし、カエル男に銃を向けた沢村は目の前にいるカエル男の中身が遥であることに気づきます。

カエル男は沢村から追われる途中で遥と入れ替わり、沢村の手で遥を殺させることで作品として完成させようと企んでいました。

自分を撃たないと将太が殺される、自分を殺せと懇願する遥。

自分が死んでもいいから二人を助けてくれと哀願する沢村。

カエル男に銃を突きつけられ泣き叫ぶ将太。

この家族のやり取りに興奮し昂ぶり喘ぐカエル男。

沢村が遥を撃つその瞬間、沢村は銃口をカエル男に向け発砲しました。

咄嗟に撃ち返したカエル男により沢村は重症を負いますが、そこに沢村の動向を追っていた警察が駆け付けます。

逃走し外に飛び出す沢村を待っていたのは大勢の警官と太陽でした。

日光アレルギーにより気絶するカエル男。

そうしてこの事件は幕を下ろしました。

 

時は過ぎ、将太の運動会。

嬉しそうな遥の横にはカメラを構える沢村の姿がありました。

そして、そのカメラには、太陽に目を眇めながら首を搔き続ける将太が映し出されているのでした。

映画「ミュージアム」を無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)

見所5選

引用:映画『ミュージアム』オフィシャルサイト

R指定なしでいいの? 驚きのグロ描写

映画前半で立て続けに映し出される被害者たち然り、終盤の遥と将太の生首然り、この映画には思わず目をそむけたくなるようなシーンが多数あります。

グロ表現が苦手な方は注意が必要ですが、逆に「大丈夫!」という方はこの衝撃を見届けていただきたいです。

読めていても衝撃! 「彼氏なんていません」

こちらは遥の居場所を突き止める過程で友人・佳代の放つ一言です。

このシーンの前に佳代の自宅を警察が訪れ、彼氏と思しき人物と会話しており、展開的に言えばカエル男のなりすましであることが読めますが、佳代の狼狽え緊張した様子には観ている側も思わず息を飲んでしまいました。

 

余談ですが、映画『ミュージアム』の半年ほど前に公開された『クリーピー 偽りの隣人』ではある主要人物の娘が「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です」と言うシーンがあり、「彼氏なんていません」と同質の鳥肌を感じることができます。

思いつく限りの嫌がらせ! カエル男の狂気

妻夫木聡演じるカエル男ですが、観ている間にも「俳優誰だったっけ?」と思ってしまう程恐ろしいです。

そもそも、自分をアーティストと名乗り殺人を作品と言っている時点で狂気を感じますが、人の後ろめたい部分を調べつくし、罪悪感を煽り、本人の何気ない言葉を追い詰めるために聞かせるなど、執念と悪趣味さが満点でした。

ラストに差し掛かる程に挙動にも不気味さが増し、沢村一家とのラストシーンでは生理的な不快さまで感じる程です。

密室の絶望!謎解きゲームと沢村の心理描写

小栗旬演じる沢村の最も注目していただきたいシーンがこの密室のシーンです。

 

沢村は監禁された時点で事故や暴行によりボロボロ。

カエル男に怒りを爆発させ、生きて家族を救うため食事にむさぼりつき、カエル男からの言葉に動揺し、遥と将太の人形に縋りつき涙するその全てで心身の限界を感じさせます。

ここまでのどのシーンよりも、沢村の感情が大きく揺れ動くこのシーンは派手な車のぶつかり合いのシーンよりずっと見入ってしまう場面です。

 

極限の状態でゲームを持ちかけられるこのシーンは、映画冒頭の猟奇的シーンと合わせて有名なサイコスリラー映画『SAW』のような雰囲気を感じました。

息が詰まる一瞬の先に求めていたエンディング

カエル男と沢村一家が一堂に会する終盤のシーンでは、観ているこちらが息が苦しくなるようなやり取りが飛び交います。

ここの緊迫感も個人的には癖になるものですが、この後、家族が揃って救出されたことは素直にほっとしました。

あらすじでは省いていますが、後日談的なシーンでは、私刑とも言える殺戮を繰り返したカエル男にも法ではない制裁が加えられることとなり、日本人好みの勧善懲悪という感じがしますね。

 

ところが、この後に映し出される沢村一家のシーンでは不穏な余韻が残りました。

命があるからハッピーエンド、でも後味が悪い、そんな終わり方も私がこの作品を気に入ったポイントの一つです。

感想

この映画を見終えて、カエル男が確保されて以降のシーンについて考えていました。

カエル男の死を思わせるシーンの中で、カエル男の日光アレルギーが心因性のものであることが明かされます。

強い悪意に晒され続けたことが原因、とのことですが、沢村一家が登場する運動会のシーンでは将太が日光アレルギーに罹ったことを示唆するシーンが出てきます。

ここで誰もがこの家族の今後を憂い、将太が第二のカエル男になる可能性を感じたことでしょう。

 

私としては、この答は否だと考えます。

沢村は仕事より家族を大切にし、遥も沢村に対し言いたいことが言えるようになったこの家族の中で、将太の傷は癒されていくのですから。

ここまで考えて、やっと私の中の『ミュージアム』は完全なハッピーエンドの作品として幕を下ろすこととなりました。

まとめ

家族を蔑ろにしてきた刑事・沢村が連続猟奇殺人をきっかけに、カエル男との対決の中で家族を守り絆を強くしたことが描かれたこの作品。

角度を変えてみるとカエル男の猟奇性が色濃い作品でもありますが、ホラー映画が好きな方にとっては程よい刺激となるでしょう。

また、ワンシーンが長くないこともあり展開がスムーズで、そこまで頭を使わずに観られるのもストレスが少なく好みでした。

 

一部ご都合主義的な展開に違和感を抱く方もいらっしゃるとは思いますが、フィクションですから、楽しんだもの勝ちでしょう。

脇を固めるキャストや主題歌であるONE OK ROCKの「Taking Off」も作品の雰囲気をキリリと引き締めており、集中して観られるおすすめの映画です。

映画「ミュージアム」を無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)