神作?駄作?大きく評価を分けた「神様になった日」のネタバレ&考察!

原作・脚本:麻枝 准×制作:P.A.WORKS による

「Angel Beats!」「Charlotte」に続くオリジナルアニメ三作目となる今作「神様になった日」。

前作、前々作の好評から5年、大きな期待を背負って放送された今作。

キービジュアルの公開や本編の伏線から、様々な考察がなされた作品です。

最終話まで作品を追った視聴者の賛否を大きく分けたものは一体何だったのでしょうか?

引用:アニプレックスYouTubeチャンネル

神様になった日を無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)

注意
ネタバレが含まれますのでご注意ください。

あらすじ

引用:TVアニメ「神様になった日」公式サイト

高校最後の夏休みを過ごす主人公・成神陽太の前に突如現れた少女・佐藤ひな。

全知の神を名乗る少女の予言「30日後にこの世界は終わる」。

陽太とひな、陽太の幼馴染・友人・家族たちを巻き込んで、不思議で騒がしい日々が始まります。

 

ひなの持つ予知能力の秘密、そして「世界の終わり」が意味するものは一体なんなのでしょうか。

そして、「世界の終わり」を目の当たりにした陽太と仲間たちの決断とは・・・。

考察

“神様”がいるのは仮想世界かループする世界か

大学受験を控えた平凡な高校生・成神陽太の前に突如現れた“全知の神 オーディン”を名乗る少女・佐藤ひな。

「30日後にこの世界は終わる」

この突拍子もない言葉に反し、彼女の告げる多くの予知は的中し続けます。

アニメ放送中、このひなの予知能力から作品の世界観への様々な考察がなされました。

舞台となる世界は何者かにプログラムされた仮想世界であり、ひなはその終末を知る者説。

はたまた、ひなは世界が終わるまでの時間を繰り返し今回の世界にループしてきた説。

しかし、作品後半でひなの能力はひなの祖父である興梠博士によって脳に埋め込まれた量子コンピュータによるものと判明しました。

なんと、作品の舞台となったのは平凡な日常そのものだったのです。

後半に詰め込まれた葛藤から見る前半部分の存在理由

ひなの病と量子コンピュータであるチップの存在が明かされた第八話。

チップが世界の脅威になるとしてひなが陽太たちの前から姿を消した第十話。

チップを取り除かれ病が残ったひなが陽太の元に帰る最終話。

 

ひなの病は「ロゴス症候群」と呼ばれる、脳と神経が委縮しやがて死に至るものでした。

それを量子コンピュータで補うことで克服、更に”全知”とも呼べるほどの演算能力を手にしていたのです。

そのチップが取り除かれるということはつまり、ロゴス症候群を発症した状態に戻ることを意味します。

チップを取り除かれることを受け入れたひなと、それにより意思疎通をも困難になってしまったひなをそれでも迎えに行く陽太。

その過程で、陽太にはいくつかの葛藤がありました。

ひなの行先がわからないうちは、このままひなと過ごした日々を忘れ日常に戻るべきか。

ひなの居場所がわかってからも、自分を認識しないひなを連れて帰ることができるのか。

憤り、焦り、時には声を荒げる陽太に多くの視聴者はマイナスの印象を受けたようです。

しかし、最終的にはひなを連れ帰る決断をし、試行錯誤の末、ひなが陽太を覚えていたことがわかります。

ひなが陽太の元に帰ることを選んだシーンには涙した人も多いのではないでしょうか。

 

前半パートでは、この試行錯誤の伏線として、各キャラクター達の悩みと解決までが映し出されていることが伺い知れます。

奇抜に思えるアイディアを試してみること、大きな力に助けてもらうこと、話し合うこと、背中を押してもらうこと。

そうして、ひなの能力で前進した出来事のすべてが、共に過ごした陽太の経験となり、後半の、ひなと向き合う陽太に活かされていたのです。

そんな見方をしてみると、冗長にも思える各キャラクターのエピソードがしっかり意味を持つものだとわかります。

ひなの難病は「泣かせに来ている」?

本編前半、全知の力がなんなのか考えていたところに、突如明かされる「ロゴス症候群」。

そしてそれを克服するための「量子コンピュータ」。

この意外な設定に身構えてしまった人もいたのではないでしょうか

その後、天才ハッカー・鈴木 央人によってひなの脳に埋め込まれた量子コンピュータの存在が暴かれ、やがてひなは力を失ってしまいます。

元気いっぱいなひなの姿を見てきた陽太たちや我々視聴者にとって、それが失われてしまうことの落差は突然の悲劇のように映りました。

しかし、ひなにとってはあるべき姿に戻るだけであり、今の姿が特別なもの。

そして、その特別が終わる日が「世界の終わり」。

ひなははじめからこの出来事を受け入れていたのです。

ひなの覚悟、そして変わってしまってもひなを想い支えていくという陽太の覚悟。

そして難病をも越えて、特別な日々を過ごした陽太を想い、一緒に生きることを選んだひな。

仰々しくも思えるこの物語は、大きな壁を乗り越えて結ばれる、という意味では意外にも身近なラブストーリーなのです。

そういった目線で見てみると、ボーイ・ミーツ・ガール、更に言えばラブストーリーが好きな方ならば安心して泣ける物語だといえますね。

鈴木少年って結局何者だったの?

引用:TVアニメ「神様になった日」公式サイト

ひなと陽太のラブストーリーの裏で進行する鈴木少年の物語。

天才ハッカーの名にふさわしく、興梠博士の研究を追い、ひなの持つ量子コンピュータの存在を掴んだ鈴木少年。

彼の登場がなければひなの秘密が暴かれることはなかったと言えるでしょう。

一見すると憎まれ役にも思える鈴木少年。

ですが、本編から伺い知れる彼の生い立ちは、天才であるが故の波乱から始まっています。

 

鈴木少年には、成長してなお彼を苦しめる大きな存在がありました。

それは、彼の才能を利用し犯罪を行っていた亡き両親の記憶です。

世界的IT企業「フェンリル」に拾われた後も、大人への不信感として彼の苦悩が映し出されています。

また、その能力の高さ故に拘束などの制限を受けているなど、心身共に抑圧された状況が見て取れます。

そんな鈴木少年の「神様になった日」での役割は、ズバリ本編の謎解き役であり、ひなと対をなす存在です。

対をなす、という点で注目したいのが彼の名前。

作中では「鈴木少年」と呼ばれることの多い彼ですが、公式には「鈴木 央人」と記載があります。

読みは「ひろと」ですが、「おうじん」とも読めますね。

そしてひなの名乗る”全知の神 オーディン”。

こじつけのようにも見えますが、二人が表裏一体のものと考えると面白い考察ができます。

 

一時的に力を与えられた者と、生まれながらの天才。

力を持ったが故の自由、不自由。

秘密を持つ者、暴く者。

 

ひなの持つ、世界を脅かすほどの叡智の結晶である量子コンピュータ。

それを追い求め、図らずもひなの秘密を暴いてしまった鈴木少年。

興梠博士の研究を中心に、二人の存在は対をなして見えます。

そして、鈴木少年がひなに辿り着いたのは必然なのです。

神様になった日を無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)

キーワードは「原点回帰」

ここで「神様になった日」公式HPを見てみましょう。

注目したいのは、作品タイトルの上に書かれた一文です。

「Angel Beats!」「Charlotte」を経てー、麻枝 准は原点回帰する。

引用元:TVアニメ「神様になった日」公式サイト

今作で原作・脚本を務めた麻枝 准といえば、泣ける恋愛ゲーム、所謂「泣きゲー」のカリスマ、ゲームブランド「Key」の設立者として知られるゲームクリエイターです。

ゲームといえば、プレーヤーが操作するキャラクター感情移入することでより楽しめるという側面があります。

恋愛ゲームではより一層そう感じることでしょう。

操作する主人公が特別な力を持っていなくても、舞台が見慣れた街並みでも、「こういう歯がゆさあるある」「こんなシチュエーション憧れる」といった共感ができればできるほど楽しめるものです。

そんな恋愛ゲームを手掛けてきた麻枝 准の「原点」。

それは「神様になった日」が、何の変哲もない日常を舞台に、少年少女が苦難を乗り越え恋をするというシンプルな物話であることを示しているのではないでしょうか。

そこにミステリーや冒険はありませんが、より身近で共感できる作品、それが「神様になった日」と言えるでしょう。

「神様になった日」まとめ

  • 作品の舞台は平凡な日常
  • 前半パートの存在が後半の陽太の行動に活きる
  • 病気の設定はラブストーリーを際立たせるための障壁である
  • 鈴木少年はひなと対をなす、作品の謎解き役

1作目・2作目の存在で異世界もの・異能力ものを予想していた人も多く、中盤以降に明かされた作品の全貌により賛否が分かれたこの作品。

ボーイ・ミーツ・ガールを楽しめる作品としてもう一度見てみるのもいいかもしれませんね。


神様になった日を無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)