ディズニー映画「魔法にかけられて」ラストシーンはショック?伝えたいこととは

ディズニープリンセスといえば、どんなイメージがありますか?白雪姫やシンデレラ、オーロラ姫・・・運命の王子様と結ばれて幸せに暮らすのがプリンセス達の王道パターン。

そんな王道を覆したのが2007年に製作された「魔法にかけられて」。アニメーションと実写を融合させたディズニー映画です。初めて観たとき、ディズニーのプリンセス映画なのにその展開、アリなの!?とラストシーンにはショックを隠せませんでした・・・。でも、私はこの映画が大好きです。

何がショックなのか?ショックだったのになんで好きなのか?この映画のあらすじとその魅力を徹底解説していきます。

以下、ネタバレが含まれますのでご注意ください。

魔法にかけられてを無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)

あらすじ

出典:映画.com

現実世界に来てしまったおとぎの国のプリンセス

アニメーションの世界、おとぎの国アンダレーシアで暮らすジゼル。動物たちと歌っているとエドワード王子と出会い、2人はその場で結婚を決めるのでした。しかし、王女であるナリッサに現実世界のニューヨークへ飛ばされてしまいます。

離婚専門の弁護士として働くロバートは、娘のモーガンと一緒にタクシーで帰っていました。するとモーガンが困っているジゼルを見つけて、連れて帰ることになりました。

その頃、エドワード王子とリスのピップがジゼルをみつけるためにニューヨークへやってきました。

ジゼルは目を覚ますと、部屋を片付けることにします。動物たちに手伝ってもらうため、ジゼルは歌いました。しかし現実世界なので、やってくる動物たちは鳩やドブネズミ、ハエやゴキブリたち・・・。ジゼルは新しいお友達と歌いながらお掃除します。

(ちなみに、テレビ放送されたときはゴキブリとお掃除するシーンはカットされていたんだとか。)

ロバートの憂鬱

ロバートは彼女のナンシーにジゼルの存在がバレて勘違いされてしまいます。交際5年目、もうすぐプロポーズする予定だったロバートは途方に暮れました。

一方、おとぎの国にいる女王ナリッサは、家臣のナサニエルをニューヨークに送り込みます。そして毒リンゴをジゼルに食べさせるように指示しました。ナサニエルはあの手この手でジゼルに食べさせようとし、それに気付いているリスのピップは必死に阻止しようと奮闘します。

ナンシーと今日別れるかもしれないと話すロバート。ジゼルはハートの形に束ねられた花を舞踏会の招待状と共に、ナンシーの元へ届けてもらうよう白鳩に頼みます。

ナンシーから電話がかかってきて、嬉しそうな声が聞こえます。ナンシーは実は、ロマンチックなことが大好きだったんですね。

ジゼルとエドワード王子の再会

ジゼルに毒リンゴを食べさせたいナサニエルと、ジゼルのことを守りたいピップの奮闘劇は続きます。ロバートはジゼルとモーガンをつれてレストランにいました。シェフに扮するナサニエルが、ジゼルに毒りんごのマティーニを飲まそうとします。

そこでピップがテーブルに飛び込んできました。ピップとの再会に喜ぶジゼルと、ネズミが出たと阿鼻叫喚の店内。そして、その騒ぎが報道されてジゼルはインタビューを受けます。その放送を、エドワード王子はみていました。

そして翌日、遂にエドワード王子とジゼルは再会し、ジゼルはアンダレーシアに帰る前にデートをしたいと提案しました。

そしてロバートとモーガンと別れました。

ジゼルの本当の気持ち

ついに女王ナリッサがニューヨークに姿を現します。ジゼルとエドワード王子はデートを楽しみ、最後に舞踏会へいきました。舞踏会にはロバートとナンシーも参加しています。

舞踏会場で女王ナリッサに毒リンゴを渡されたジゼルはそれを食べてしまい、意識を失います。真実の愛のキスで目を覚ますはずだとエドワード王子がキスをしますがジゼルは目を覚ましません。そしてエドワード王子とナンシーから後押しされ、ロバートがキスをするとジゼルは目を覚ましました。

感動ムードもつかの間、女王ナリッサは怒り狂い、ドラゴンの姿に変身するとロバートをビルのてっぺんへ連れ去ってしまいました。ジゼルが剣をもってロバートを助けにいくと、リスのピップが助太刀に入り、ドラゴン姿の女王ナリッサはビルのてっぺんから落ちていきました。

その頃舞踏会場には、残されたナンシーとエドワード王子がいました。へたりと座り込むナンシーの近くに転がっていたのはガラスの靴。エドワード王子がそのガラスの靴をナンシーに履かせると、なんとピッタリでした。

その後エドワード王子はアンダレーシアにナンシーを連れて帰り、2人は結婚式を挙げました。そしてジゼルはニューヨークでアパレル会社を作り、製作したプリンセスドレスを身にまとった子供達に大人気。家臣だったナサニエルはニューヨークで、リスのピップはアンダレーシアで自伝を出版し、一躍時の人となりました。

ジゼルはロバートとモーガンと3人で、幸せに暮らすのでした。

登場人物

ジゼル

おとぎの国アンダレーシアで暮らしていて、夢の世界しか知らなかったジゼルはニューヨークでは世間知らずな振る舞いをたくさんします。そんなジゼルにヒヤヒヤしてしまいますが、とってもキュートなので憎めません。それからジゼルは現実を知っていきますが、夢の世界に帰らずに現実世界で生きていくという選択をしました。

ロバート

離婚専門の弁護士。現実思考でジゼルの言動に呆れることも多々あります。正反対の2人なのに、うまくやっていけるのか?なんて余計なお世話なことを想ってしまいますが、正反対だからこそお互いに学ぶこともあるのでしょう。モーガンは2人の感覚が調和した人物に育ちそうですね。

魔法にかけられてを無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)

感想考察

出典:ディズニー公式

賛否両論な新展開。伝えたいこととは?

運命の王子様が変わっちゃうプリンセスなんて、いままでにあったでしょうか?いいえ、ありません。この映画を好きになれるかどうかは、その展開の変化が許容できるかどうかという部分にありそうです。

やっぱりプリンセスなら、運命の王子様は決まった1人がいいし、王子様もプリンセスが別の女性になってもすんなり受け入れるなんて・・・とおもってしまうなら、この映画はなんだか納得できない、モヤモヤすると感じるかもしれません。

正直、その気持ちはとーってもよくわかります。だってロバートなんて、5年も付き合って結婚も考えているはずの彼女がいるのに、たった数日で他の女性を好きになるなんて、現実で考えたら最低だしありえないですよね。

ナンシーとエドワード王子も、ガラスの靴がピッタリだったからって・・・。それにジゼルもエドワード王子も、たった数日前に「これが運命の出会い」だって2人で歌ってたはずなのに・・・。

ファンが離れるか否かの、大胆な賭けにでたようにも感じられる本作ですが、そんな大胆なことをしてまで、この映画が伝えたかったことって何なのでしょうか?

この映画は運命の王子様も変わっちゃうし、しかも元々彼女持ちの男と恋に落ちて幸せになるなんて、一見メルヘン展開を否定する作品のように思えます。でも、よくよく考えてみてください。

劇中、ロバートが担当する離婚協議中の夫婦に対し、ジゼルが涙を流すシーンがあります。夫婦はその時は怒って帰りますが、その後ジゼルの涙に心動かされたと再構築を決めたことを報告してきます。

ナンシーにジゼルと浮気してるかと勘違いされたときのことも思い出してください。花と舞踏会の招待状を白鳩が届けてくれるというなんともメルヘンチックな演出で、ナンシーは喜びロバートを信じると言います。

現実主義なロバートのことですから、贈り物よりも話し合いだと思っていたに違いありません。それらのシーンってまさに、おとぎの国で過ごしてきたジゼルのメルヘン思考な言動が、幸せを呼んでいるということを表現していますよね。

現実世界で普通に生きていたら、ジゼルのような純真無垢な心を忘れてしまいます。誰かを嫌いになったり、腹を立てたり、斜に構えてしまったり、自信をなくしたり・・・。そうして現実的で否定的な気持ちになっているとき、プリンセスになった気分で純粋な気持ちを思い出したら、毎日がちょっとだけ幸せになるかもしれません。

ロバートは現実世界を生きているという点については、私たちと同じ立場です。おとぎ話が好きかどうかは置いといて、まぁ普通に考えて、おとぎ話のような出来事はありえないって思いながら生きています。

この映画はジゼルが巻き起こすメルヘンチックな展開が主体になっています。お互い心に決めた人がいるはずなのにたった数日で恋に落ちたり、浮気疑惑があったのに贈り物されただけで信じると言えてしまったり、離婚協議中だったのに見知らぬ女性の涙で再構築を決断できたり・・・。

人それぞれの価値観にもよるとは思いますが、普通に考えたらありえないですよね。現実世界でのシーンなのに、現実的に考えたらありえない出来事がおこっています。夢の世界のメルヘンパワーによって、ありえないことが現実世界で起きちゃっているのです。

現実世界を生きて、夢みたいなことなんてありえないって思って生きてる人にも、夢みたいな出来事は起こりうる・・・つまり私たちにだって、もしかしたら夢みたいな出来事が起こるかもね!っていうことなんじゃないでしょうか!?

上記はあくまで私の個人的解釈ですが、これを思った途端、なんだか魔法にかかったような気持ちになりました。この気持ちを例えて言うなら・・・ディズニーに入園するときに、ティンカーベルに魔法の粉をかけられる音がするっていうのは有名な話ですが、まさにそのときのような、「わ!いま私、魔法かかってる!」と思ってワクワク嬉しい気持ちです。

まさに“魔法にかけられて”ということですね。

・・・さて、この例えでちゃんと伝わっているかは微妙ですがとにかく、本作はマンネリ化していたディズニープリンセスというジャンル、そして女性キャラクターが主人公のディズニー映画に、新しい風穴を開けたというわけです。

実際、この後に公開されている映画をあげるとラプンツェルがあります。かなりざっくりいえば、塔の上で引きこもりだった少女が泥棒と共にフライパン片手に外の世界を冒険しますよね。いままでの、王子様の迎えを待ったりするような展開とは違います。他にも、メリダやアナ雪、モアナなど、新しい展開のディズニー映画が続々誕生しています。ディズニーがテンプレ映画じゃなくなるぞ・・・!というジャブを打ったのが「魔法にかけられて」だったのでしょうね。

「魔法にかけられて」の魅力・・・ジゼルのかわいさとラストシーンの考察

はじめにも書きましたが、私は最初ラストの展開にショックを受けました。それでも好きなのは、前述のように解釈をしたからという理由もですが、他にも沢山魅力があるんです。

まずなんといっても、ジゼルがとってもかわいいんです!ジゼルを演じたのはエイミー・アダムス。演じた当時は33歳だったそうですが、歌声も素晴らしく、純真無垢なジゼル姫を演じきりました。序盤で歌われる曲「真実の愛のキス/True Love’s Kiss」や「歌ってお仕事/Happy Working Song」はディズニー感溢れるメルヘンな歌です。

ジゼルの服装も、ウェディングドレス、それからエメラルドグリーンのカーテンドレス、そしてパステルカラーの小花柄のワンピースと、どんどん展開されていきます。どれもかわいらしくて、みていて心が躍ります。それから舞踏会のシーンでは、一気に大人の魅力溢れる素敵な女性になっています。劇中ずっと天真爛漫で可愛らしかったのに、急に大人な表情をみせられたらキュンとせずにはいられません。

また、この映画は今までのディズニー映画のパロディだらけです。所謂、セルフパロディってやつですね。動物達と歌う姿も、曲調も、毒リンゴやガラスの靴も、いままでの「ディズニーっぽさ」を詰め込んだ映画になっています。だからこそ、まったく新しい展開も受け入れられたのだと思います。

きっとディズニーっぽさが少なかったら、その上でこの新しい展開をなされても、視聴後には「あれ?今観てたのディズニー映画だったっけ・・・。」となってしまっていたと思います。

ディズニーっぽさを詰め込み、今までのディズニー映画へのリスペクトも感じます。これを製作するにあたって、製作陣はナーバスになることもあったそうです。いままでの作品で描いてきた夢の世界を自ら笑いのネタにするのですから、当然容易にできることではないと思います。

結果、これが実現するまでに7年もかかったんだとか。そこまで慎重につくられていたから夢の世界と現実との対比にもガッカリせず笑いとして受け取って観れたし、まったく新しい展開をされても「こんなのディズニーじゃない」ってならずに観れたというワケですね。

そして重要なのが、夢の世界を否定する作品じゃないということ。最終的には、みんなが幸せになっています。もしロバートとジゼルが結ばれて、ナンシーやエドワード王子が悲しい思いをしていたら、きっとこの映画を好きにはなっていなかったと思います。

ナンシーが実はロマンチックなことが好きだとわかる描写もありますし、こじ付け的に二人が結ばれたわけではなく、ナンシーがエドワード王子と結ばれてアンダレーシアで幸せに暮らすというのも運命だったのでしょう。幸せに暮らすのはジゼルたち、ナンシーたちだけでなく、家臣のナサニエルやリスのピップも同様です。

現実世界と、おとぎの国の夢の世界と、二つの世界が交差する物語ですが、全員がいままで過ごした世界にとどまるわけではなく、それぞれ選んだ世界で生きていきます。

現実主義なロバートは、ジゼルのおかげで夢の大切さを思い出しますが、ジゼルも同様に現実を知っていき、モーガンと三人で現実世界で生きていきます。エドワード王子はアンダレーシアでの暮らしを気に入っていたから早くアンダレーシアに帰りたかったわけですし、それからロマンチックなことが好きなナンシーは、働くこともやめて夢の国でエドワード王子と生きていくという選択をします。

ピップは現実世界では言葉を発せないという問題も大きかったかもしれませんが、森の動物たちと平和に暮らせるアンダレーシアに帰っています。ナサニエルはきっとジゼルと同様、ニューヨークが気に入ったのでしょう。女王ナリッサがいなくなったのでアンダレーシアに帰ったって自由に暮らせるはずですが、ニューヨークに残りました。

そんな風に、生きていく世界をそれぞれが好きに選択しているというのも、素敵だと思いました。

まとめ

出典:映画.com

ディズニーのプリンセス映画なんてだいたい同じじゃないの?って思っている方、そしてディズニーが好きな方にもオススメしたいです。夢の世界と現実世界とのギャップを皮肉っぽく描いていて、笑いどころも沢山あります。

それでいて、王道のメルヘン展開、夢の世界を否定する作品じゃありません。ディズニーっぽさ満載だけど、そのディズニーっぽさを笑いのネタにしていて、一見邪道のようにみえる展開も「運命の人と結ばれて末永く幸せに暮らす」という軸はぶれていません。

実はこの映画、続編が製作中なんだそうです。続編が公開される前に、是非一度観てみてはいかがでしょうか?

魔法にかけられてを無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)