映画「青夏 きみに恋した30日」のあらすじ【ネタバレあり】キャストや撮影ロケ地もご紹介!聖地巡礼はいかがですか?

南波あつこ先生原作の人気コミック『青夏 Ao-Natsu』(別冊フレンド:講談社)を、古澤健監督が葵わかなさんと佐野勇斗さんのダブル主演で2018年に映画化。

主人公の女の子は都会っ子で、過疎化が進む田舎で暮らす男の子との期間限定の恋を描いた青春ラブストーリーです。

主演の佐野勇斗さんの爽やかな笑顔は主人公の理緒じゃなくても一目ぼれしてしまいます。そして葵わかなさんの天真爛漫で可愛い表情にトキめく男の子も続出ではないでしょうか!?

期間限定の恋の行方がどうなるのか、ドキドキ胸キュンしながらお楽しみください。

それでは「青夏 きみに恋した30日」あらすじ(胸キュンポイントを含む)や感想、キャストや撮影ロケ地などご紹介させていただきます。

引用元:Amazon.co.jp

青夏 きみに恋した30日を無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)


注意
ネタバレが含まれますのでご注意ください。

あらすじ

 

引用元:シネマトゥデイ

吟蔵との出会い

今まで一度も彼氏ができたことがなく、運命の出会いに憧れている高校一年生の理緒と小学生の弟・颯太は、両親の仕事の都合で祖母の住む上湖村(かみこむら)で夏休みを過ごすことになりました。

上湖村に到着後、理緒がセミを取って目を輝かせているところを見た地元の高校三年生の吟蔵(ぎんぞう)が観光客だと思い声をかけます。吟蔵は理緒を近くの川のほとりに案内しました。

東京では見ることができない光景に理緒は目をキラキラと輝かせてはしゃぎます。危ないからと吟蔵は理緒を優しくエスコート。

運命の出会いに憧れる理緒はドキドキしてしまいます。そして吟蔵は自分の店のショップカードを理緒に渡し、ぜひ来てくださいと笑顔で別れました。

理緒と颯太が祖母の家に着くと、そこにはさっきとても素敵なショップカードをくれた吟蔵の姿が。吟蔵は理緒の祖母が営む蕎麦屋をよく手伝いに来てくれているのです。

理緒は吟蔵と再会できたことが嬉しかったのですが、先程とは違い吟蔵は理緒に冷たい態度。吟蔵は理緒のことを、上湖村にあまり来ず祖母を孤独にさせているひどい孫だと誤解していました。

そんな吟蔵の態度に戸惑う理緒は、次第に一瞬でも吟蔵にトキめいてしまった自分に腹が立ってきました。

胸キュンポイント
運命の出会いに憧れる理緒に訪れた素敵な出会いは、少女漫画好きの女の子なら誰もが憧れるシチュエーションですよね!

私もこんな優しいイケメンと出会いたい!!

遭難⁉からのライバル出現

ある日吟蔵は蕎麦屋の手伝いにやってきましたが、前回同様理緒に冷たい態度。理緒は吟蔵になんか負けていられないと祖母の手伝いを頑張ります。

ところが空回りばかりで吟蔵に怒られ、理緒は家を飛び出して自転車であてもなく走っていました。途中で理緒は転倒し、橋の下に落下!!

足を痛めてしまった理緒は連絡を取ろうとしますが、携帯は圏外で繋がりません…。

店では理緒を心配する祖母が、自分は放って置かれているわけではなく、東京ではよく孫と遊んでいてとても仲が良いと吟蔵に話します。

その話を聞き、勘違いをしていたと気付いた吟蔵は理緒を探しに向かいました。

吟蔵は理緒を見つけ、自分の勘違いで冷たい態度をとってしまったことを謝ります。歩けない理緒を背負って山道を歩く吟蔵。

帰り道、二人の頭上には満点の星空が広がっておりそれを見たとても理緒は喜びました。

その日から二人は仲良くなり、吟蔵は上湖村の仲間・ナミオとさつきを理緒と颯太に紹介します。ナミオは上湖村の歓迎の習わしだからと理緒に橋から川に飛び込むよう冗談で言ったのです。

吟蔵は理緒を止めますが、理緒は勇気を振り絞って橋の上からダイブ!川の中から顔を出した理緒は「最高」と笑顔でピースサイン。

そんな理緒の姿に吟蔵たちは感心しました。五人が川辺でスイカを食べていると、そこに地元の雑貨屋の娘で吟蔵の婚約者でもある二十歳の万里香が現れます。

ナミオたちは理緒をもうすぐ一年に一度ある上湖祭りが開催されるので、手伝いに参加しないかと誘います。理緒は吟蔵と一緒に過ごすことができるという思いから参加を決意!

そんな話をしていると万里香が川に落ちて、吟蔵が助けに川に飛び込みました。するとナミオとさつきは万里香は吟蔵の未来の嫁さんだからねと冷やかし、理緒は複雑な気持ちで見つめるのでした…。

胸キュンポイント
心細いときにこんなイケメンに迎えに来てもらったら誰でも恋しちゃう。しかも印象の悪かった人が優しくしてくれるとかギャップ萌えが過ぎる…

橋の上からダイブする理緒の度胸と、天真爛漫さにやられましたー。

そしてナイスバディの万里香登場に、思春期男子は喜びましょう!

使命感

上湖祭り運営会議で”上湖村の良いところを紹介する”ビデオを作成することを理緒が提案し、ビデオの作成が決まりました!

会議後の帰り道、理緒は本当に万里香が未来のお嫁さんなのか吟蔵に聞きます。

すると吟蔵は親とか周りが言っているだけと否定し、それを聞いた理緒は安堵しました。そして、理緒は吟蔵の家に行き、祖母に習った蕎麦を作ります。

理緒が本当に蕎麦を打てるのか疑っていた吟蔵ですが、食べてみるととてもおいしくてビックリ!

吟蔵の部屋にあった卒業アルバムを見つけた理緒は見ようとしましたが、吟蔵は見られないように阻止します。

アルバムの引っ張り合いになり、そのはずみで吟蔵が理緒を押し倒したような格好に…。二人は慌てて離れましたが、気まずい空気が流れます。

そんな時に理緒が吟蔵の作ったショップカードのデザイン画を発見!

初めて会ったときにもらったショップカードをデザインしたのが吟蔵だと知った理緒は、素直に驚き、吟蔵のセンスの良さを褒め称えました。

そして理緒は才能があるんだから東京に来てデザインの勉強をしたら良いと吟蔵に勧めます。

しかし吟蔵は上湖村からどんどん若者がいなくなり過疎が進んでいる状況を知っているため、自分は夢を諦めてでも地元から離れてはいけないと使命感を持っていました…。

そこに万里香が現れ、理緒に吟蔵を困らせちゃダメとくぎを刺します。万里香も吟蔵と同じように地元で雑貨店を営み、上湖村で生きていくと決まっており吟蔵を心の拠り所にしているのです。

胸キュンポイント
じゃれあう二人が倒れこむなんておいしすぎる展開にキャーキャーが止まりませんね。

吟蔵が嫉妬?

ある日理緒と吟蔵、ナミオとさつきの四人は祭りの準備で図書館へ。そこで、吟蔵は修学旅行で東京に行った時の話を理緒にしました。

人がたくさんいて驚いたことや、大勢の人に自分の作品を見てもらえたらって想像したことなど、今まで人に言ったことがない話を理緒には話します。

嬉しそうに話す吟蔵に理緒は思わず「好き」と告白!!

様子を見ていたナミオとさつきに吟蔵は理緒の冗談だよ…と言ってしまい、「本気だよ、ばか」と言い残し理緒はその場から走り去りました。

吟蔵は理緒に冗談だと言ったことを謝り、気持ちは嬉しいけど住む世界が違うことや、この村が好きだから恋愛などは考えられないと断ります。理緒は「東京ではモテるんだから」と言い笑いました。

残りの夏休みを全力で楽しむことを誓い、二人は友達として仲良くすることに。

理緒の東京の友達・あやが彼氏のタカヤとその友達・菅野(かんの)を連れて上湖村に遊びに来てくれました。理緒とあや、タカヤと菅野は以前合コンをしたことがあり、その時に菅野は理緒に一目惚れをしたのです!

夏休みに、あやが理緒のいる上湖村に遊びに行くとタカヤから聞いた菅野は、理緒に会いたくて上湖村までやってきたのでした。理緒と菅野が楽しそうに話す姿を遠くから見ていた吟蔵は複雑な表情。

胸キュンポイント
理緒の突然の告白が可愛すぎるー。私が男だったらすぐOKしちゃいます。

吟蔵にもライバル登場で恋が加速する予感がしてワクワクですね!

BBQからの対決

理緒は東京から来てくれたあやたち東京の友達や、上湖村の友達の吟蔵たちと集まって河原でバーベキューをすることに。菅野はここぞとばかりに理緒に猛アタック!

菅野は吊り橋に理緒を呼び出し、理緒が吟蔵を意識していることに気付いて対抗するために理緒に告白をします。

一方で、吟蔵は理緒が菅野と仲良く話している姿を見てヤキモチを焼いている自分に気付いてしまったのです。

そんな時に吟蔵と菅野の水泳対決!!足を負傷していた吟蔵は負けてしまいました…。

理緒と吟蔵が話している時に理緒が他の人に呼ばれ、その場を離れようとした瞬間、吟蔵が理緒の腕を掴み「俺のこと好きじゃないのかよ」と一言!?

理緒は「私のこと好きじゃないくせにずるい」とその場から走り去ります。

そしてあやとタカヤと菅野が東京へ帰る日、菅野は「東京で待ってるから」と連絡先を交換して別れました。

胸キュンポイント
吟蔵のライバルだと知りつつも、菅野のまっすぐ理緒を想う気持ちは応援したくなりますね。

吟蔵の不器用な愛情表現にもキュンです。若いって素晴らしい!

花火大会で二度目の告白

ある日、東京でデザイナーとして働いている理緒の母が実家に帰ってきました。電話で仕事相手と話しながらパソコンの資料を確認している姿を、吟蔵は後ろから見ていました。

吟蔵は「デザイナーの仕事ってスキルがないとつとまらないですよね…」と理緒の母に尋ねます。そのやりとりを横で見ていた理緒は、上湖祭の運営会議で吟蔵がフライヤーを作るのはどうかと提案!

しかし自分の作品に自信のない吟蔵は、”祭り用だから適当にやる”と弱気な発言。理緒は吟蔵の作ったデザインに一目惚れしたことを熱弁し、吟蔵を励まし説得します。

するとやる気になった吟蔵はフライヤーの材料集めを口実に、隣町の花火大会に理緒を誘ったのです。

花火大会当日、浴衣姿の理緒に吟蔵は思わず見惚れてしまいます。吟蔵は鳥居の前が穴場だから、そこから花火を見ようと伝えました。

花火の時間まで二人は屋台をまわって楽しんでいましたが、人混みではぐれてしまいます。しかし、鳥居の前で無事に会うことができました。

そこで吟蔵は、修学旅行で班のメンバーからはぐれてしまった時に、神社の近くの路地裏で見つけたひまわりの壁アートに感動したことを理緒に話しました。

花火大会の後、理緒は夏休みが終わるまででいいから付き合ってほしいと告白しますが、吟蔵は返事をしません。理緒は帰りたくないと言いましたが、吟蔵は理緒の手を引っ張って家路につきました。

次の日、理緒の母が一足早く東京に帰ることに。帰り際、「何かあったら相談くらいは乗るよ」と名刺を吟蔵に渡します。

理緒は吟蔵に昨日の告白を謝ります。そしてその場を離れようとする理緒に「夏休みが終わるまでとかどうでもいいから、一緒にいよう」と吟蔵は抱きしめました。

胸キュンポイント
花火大会に浴衣なんて最高のシチュエーションですよね?そりゃあ告白しちゃいますよ。

吟蔵よ…冷たくあしらったかと思えば抱きしめるんかーい!最&高です。

上湖祭とひまわり

引用元:シネマトゥデイ

それからの二人は仲良く上湖祭りの準備をしたり、バイクで2人乗りをしたりと楽しく過ごします。

ある日理緒は、上湖村の高校の制服を着て吟蔵の家へ。驚く吟蔵でしたが、理緒に促されるまま吟蔵も着替えて制服デート!

二人は、一生に一度だけ願いが叶うと言われているスポットへ向かいます。その道中、理緒は吟蔵にキスをねだりますが、吟蔵は理緒に手を出そうとしません。

一向にキスしてくれない吟蔵に、理緒はどんどん不安になってしまいました。「夏休み終わっても一緒にいていいんなら、もうとっくに…。」と吟蔵は言いかけます。

察した理緒は笑顔で「行こう」と言い、目的の場所へ。吟蔵は「俺の分も理緒の願いが叶いますように」と譲ってくれますが、「吟蔵の夢が叶いますように」と理緒は願い事をし、二つ目の願い事は吟蔵が聞いても秘密です。

そして二人は吟蔵が通う高校へ向かいます。理緒は吟蔵の席につき、吟蔵にバレないようにメモに何かを書いて机の中に隠しました。

上湖祭当日、万里香は自分も吟蔵に夢があるのは知っているが、村には吟蔵が必要だと理緒に伝えに来たのです。理緒は吟蔵を東京に呼ぶつもりはないから安心して欲しいと不安そうな万里香に応えます。

上湖祭は吟蔵のフライヤーの効果もあってか例年以上に大盛況!理緒と吟蔵は運営の仕事が終わったら、一緒に祭りを回ろうと約束していました。

しかし理緒は、吟蔵たちとの別れが辛くなるからと、ひっそり上湖村を後にし電車に乗りこみます。一方吟蔵は仕事を終えて理緒を探し回りますが、理緒の祖母からもう東京に帰ったと告げられたのです…。

吟蔵はひまわり畑の中を全力で追いかけましたが、理緒に追いつくことはできませんでした。

胸キュンポイント
大人になってから【制服デート】がいかに特別だったのかを実感しますねー。

期間限定の恋人に手を出さないようにしている吟蔵の誠実さが素敵です。

進路と願い事

新学期が始まり、進路で悩む吟蔵は理緒が机の中に隠したメモを発見し決意しました。

東京に戻った理緒は菅野に再度告白されます。しかし理緒の気持ちは今でも吟蔵でいっぱいだと正直に話しました。

その頃吟蔵は、理緒には秘密で理緒の母の職場に自分がデザインの仕事に進むことができるか相談しに訪れていたのです。今からでも東京のデザインの大学を目指すことができると、理緒の母に応援してもらいました。

理緒の気持ちを聞いた菅野は、さっき偶然吟蔵を見かけたと理緒に伝えます。理緒は吟蔵を探し回りますが見つかりません。

そして理緒は吟蔵に電話をしましたが繋がりません。探している途中、花屋を見かけた理緒は吟蔵が修学旅行で見たひまわりの壁アートの話を思い出しました。

一方で吟蔵は上湖村へ帰るためにバスターミナルにいましたが、手には理緒が残したメモが握られています。そのメモには「もうひとつの願いは吟蔵とキスしたい!!」と書かれていました。

理緒は吟蔵が話していた神社近くの路地裏にたどり着き、壁一面ひまわりの壁アートを一人で眺めていました。するとそこに上湖村に帰ったはずの吟蔵が…!?

吟蔵は高校卒業後、東京でデザインの勉強をすることにしたから来年まで待っていてほしいと伝えます。そしてお互いの気持ちを伝え合い、ひまわりに囲まれてキスをしました。

胸キュンポイント
理緒が隠したメモがかわいい!!そんなメモを見たらすぐにでも会いに行きたくなりますね。

待ち合わせもしていないのに再会できちゃうところはツッコミたくなるのを我慢して、可愛い二人に胸キュンしちゃってください。



青夏 きみに恋した30日を無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)

登場人物紹介

引用元:tsutaya.tsite.jp

船見 理緒(演:葵 わかな)

運命の出会いに憧れる、天真爛漫で一途な高1の女の子。素直で負けず嫌いな一面も。

泉 吟蔵(演:佐野 勇斗)

上湖村をとても大事にしている高3男子。爽やか営業スマイルが得意!

菅野 祐真(演:岐洲 匠)

合コンで出会った理緒に一目惚れをする東京の男子高校生。草食系に見えて肉食系男子。

桜田 あや(演:久間田 琳加)

理緒の親友で今どきのJK。彼氏のタカヤとラブラブ。

浅島 タカヤ(演:志村 玲於)

菅野の友達で、あやの彼氏。完全にあやの尻にひかれているDK。

大島 万里香(演:古畑 星夏)

吟蔵の幼馴染であざと可愛い婚約者。泳げないふりをしているけど、実は泳げる。

青夏・ロケ地紹介

引用元:iseshima-kanko.jp

万里香のお店

梅谷百貨店 〒519-2704 三重県度会郡大紀町阿曽1534

吟蔵が理緒に教えた小川

小萩川 〒516-1247 三重県度会郡度会町小萩

上湖祭会場

一之瀬神社 〒516-1246 三重県度会郡度会町脇出

二人がデートした夕暮れの海岸

船越海岸 〒516-0109 三重県度会郡南伊勢町船越

吟蔵が通う上湖高校

三重県立南伊勢高等学校南勢校舎〒516-0109 三重県度会郡南伊勢町船越2926−1

吟蔵と理緒が花火を見た場所

大王崎見晴台 〒517-0603 三重県志摩市大王町波切

理緒と吟蔵が出会う場所

切原バス回転場 〒516-0102 三重県度会郡南伊勢町切原

感想

引用元:iseshima-kanko.jp

都会っ子の理緒と田舎暮らしの吟蔵が惹かれ合いながらも、夏休みが終われば離れ離れになってしまうことにとてもヤキモキしました。

しかし、そんな状況でも自分の気持ちを相手に素直に伝えることができる理緒の強さに惹かれます。

そして花火大会はとても美しく、理緒や吟蔵の儚くて切ない期間限定の恋心とリンクする重要なシーンは見逃せません!

吟蔵の地元を大事にしたい気持ちと、自分の夢を諦めたくない気持ちはとても共感でき、応援したくなりました。

進路で悩んでいる高校生が観ても勇気をもらえる作品ではないでしょうか。

映画を見終わった後、爽やかな気持ちになると同時に、吟蔵のような誠実で優しい男の子と恋愛したい!!!!と思うはずです。

まとめ

都会育ちの夢見る女子高生と、田舎育ちの男子高校生による期間限定のラブストーリーです。

キャストはNHKの連続テレビ小説『わろてんか』のヒロインを演じた葵わかなさんや、アイドルグループ「M!LK」の佐野勇斗さんなど若手のフラッシュな演技が見どころです。

撮影は主に三重県の伊勢周辺で行われました。聖地巡礼をしてみてはいかがでしょうか。

若者たちの不器用な期間限定の恋心にトキめいてください!


青夏 きみに恋した30日を無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)