映画『覆面系ノイズ』のキャストやあらすじ(ネタバレ含みます)を紹介。イケメン祭りです!

画像テキスト
引用元:シネマトゥデイ

 

「花とゆめ(白泉社刊)」にて連載されていた、累計発行部数200万部超えの人気コミック「覆面系ノイズ」が2017年に実写映画が公開されました。

原作は「悩殺ジャンキー」や、「モノクロ少年少女」の福山リョウコ、監督は「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」や「弱虫ペダル」を手がけた三木康一朗。
キャストには今をときめく中条あやみや、志尊淳、杉野遥亮などが名を連ねています。

大人気狼バンドの”MAN WITH A MISSION”が書下ろした曲「Close to me」で、劇中に登場する”イノハリ”が実際にメジャーデビュー!!
片思いだらけの青春音楽映画キャストやあらすじ、結末、劇中歌まで紹介します。



アニメ作品となっていますのでご注意ください!

アニメ覆面系ノイズを無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)

注意
結末が記載されているため、知りたくない方はご注意ください。

あらすじ

覆面系ノイズ DVDスタンダード・エディション

引用元:https://www.amazon.co.jp/

小学生時代

ニノとモモは幼馴染で小学校の帰り道、手をつないで帰るほど相思相愛でした。
この頃モモの両親は借金のことでよく喧嘩をしており離婚寸前。モモは塞ぎ込んでしまうこともありました。

そんな時、決まって隣に住んでいたニノが「モモ、一緒に歌いましょー」と声をかけ、彼の気持ちを楽にしてくれたのです。

ある日の帰り道モモは「もし会えなくなっても、ニノの歌声を目印に再会できたら良い」と言いました。その後、突然モモが引っ越しをして行方が分からなくなってニノは悲しみ泣き叫びました。

この頃からニノは突然叫びだしたくなる衝動を抑えるためマスクが手放せなくなります。

どうしても叫びたいときはモモとの思い出が詰まった海に行き思いっきり叫ぶことにしたのです。その海で、病院から抜け出してきたユズと出会います。

父親が飛行機事故で亡くなったことが原因で歌を唄う事ができなくなり入院していたのです。
ユズの作った曲を歌っているときだけは叫びたい気持ちがなくなりましたが、退院したユズの行方も分からず会えなくなってしまいます。

再会

ニノは高校生になり転校先の学校で偶然ユズと再会!
ユズは友達と“in NO hurry to shout”(イノハリ)という覆面バンドを組んでいましたが、曲が書けないスランプに陥り解散の危機でした。

ニノの声と存在に惹かれていたユズはニノと再会することによって見事にスランプを脱出。

しかしユズに片思いしていたイノハリのボーカルみおうはユズとニノが仲良くしているところを目撃し、自分の気持ちが届かないと知りバンドを脱退することに。

バンドメンバーのハルヨシはみおうを引き留めるため隠してきた自分の気持ちを打ち明けますが、みおうを励ますための冗談だと思われ笑われてしまい引き止めることはできません。

ある日、新人ボーカルオーディションが開催されることと、その審査員にモモらしき人物がいることをニノはネットで知りました。オーディションに合格するとモモに会えるかもしれないと思い歌の練習を開始。

音楽室でみおうが発声練習をしているのを見かけたニノは、みおうに特訓をしてもらえるよう頼み込みます。はじめはニノを憎んでいたみおうも好きな人に会うために必死なニノを見て応援するように。

オーディション当日、会場には同じオーディションを受けに来たみおうの姿も。みおうがライバルだと知りニノは動揺しましたが緊張しながらもイノハリの「ハイスクール」を歌いはじめます。

しかし途中で音楽が止まり審査員席を見ると席を立つモモ。立ち去ったモモを追ってニノは会場から飛び出します。

ニノはモモに会えた喜びを伝えましたが、モモからは「お前の声は金にならない」と冷たくあしらわれてしまいます。ショックを受けたニノが雨の中立ち止まり泣いているとユズが現れました。

イノハリに加入

モモへの気持ちが抑えられないニノは学校の屋上で「ハイスクール」を歌います。次第にニノの歌を聴くために多くの生徒が集まり拍手を送りました。

その光景を見たイノハリメンバーはニノを新しいボーカルに迎えることを決意。

ユズはニノをスタジオに誘ってイノハリのメンバーであることを明かし、ボーカルになってくれるよう頼みました。ニノは困惑しながらもモモに自分の声が届くならと新曲「カナリヤ」を歌いました。

ある日ユズとモモはお互いの素性を知らないまま仲良くなりスタジオでセッションをします。その後イノハリは華々しくデビューし歌番組に出演しました。

偶然テレビを観ていたモモはその歌声がニノであること、そしてギターがユズであることを知るのです。

ユズが「僕だけの声が手に入った」と言っていたことを思い出し、いつも冷静なモモは動揺してギターに傷をつけてしまいました。

その姿を見ていたモモのマネージャーはニノに会いに行き、その時の様子を話しニノにギターを手渡します。ニノは大喜びでユズに報告しましたが、ユズは複雑な気持ちです。

自分の気持ちを必死に隠したままニノにギターを教えました。その頃みおうはモモがプロデュースするバンドのボーカルに決定!

ハルヨシはみおうに改めて告白します。冗談だと思っていたみおうは驚きましたが受け入れることに。

ニノとユズはスタジオでモモと再会。ニノはまたもや「会いたくなかった」と言われ深く傷つきます。一方でユズは仲良くなった人物がモモであったと知り衝撃を受けました。

ニノが涙を流す姿を見てユズは思わず抱きしめ、キスをしてしまいます。ユズは慌てて誤魔化しましたがニノはその場を立ち去りました。

決断

ユズはニノへの気持ちを押し殺しモモに”イノハリ”のライブチケットを渡します。そんなユズにモモはこの6年間ニノのことを想い続けていたことや借金の返済が終わったらニノを迎えに行くつもりだったこと。

しかしニノのことを想い作った曲を金儲けのために使ってしまった自分を見られたくなくて、ニノに冷たくしてしまったことを正直に話し始めました。

それを聞いたユズはニノとモモが両思いであることを知り身を引くことを決意。

ユズはメンバーに曲が書けないから今回のライブを最後に解散しようと伝えます。一方モモはニノに会いに行き、本当の気持ちを話して仲直りすることができました。二人は昔のように手をつなぎました。

ユズから解散を告げられたニノは再び困惑。ユズは二人の思い出の曲を最後の曲として楽譜をニノに渡しました。モモからも楽譜を渡され、これからはモモの曲だけを歌ってほしいと告げられます。

思い悩んでいたニノに、みおうがユズの本当の気持ちを伝えました。その結果ニノはモモに楽譜を返しライブ会場へ。モモもそんなニノの背中を押してくれました。

ニノは走って会場まで行き、ユズのことが大好きでこれからもユズの曲を歌い続けたいという気持ちを伝えます。
ユズは笑顔で喜び頷きました。

その後”イノハリ”のライブが始まり、会場にはみおうとモモも駆け付けました。完



アニメ作品となっていますのでご注意ください!

アニメ覆面系ノイズを無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)

キャスト紹介

それぞれが抱える想いとは……?

引用元:シネマトゥデイ

有栖川仁乃(演:中条あやみ)ニノ

人の話を聞かないことが多い。幼馴染で初恋相手のモモとの再会を願い海で歌い続ける一途な女の子。そんなニノを演じたのは「3D彼女 リアルガール」や「雪の華」でも主演を務めましたモデルで容姿端麗な中条あやみ。

杠花奏(演:志尊淳)ユズ

病気で歌うことができない。小学生の頃海でニノと出会い好きになり、アリスというあだ名をつけます。覆面バンド“in NO hurry to shout”(イノハリ)の作曲とギターを担当。そんなユズを「半分、青い」や「三角窓の外側は夜」など数々の話題作に出演をしている志尊淳が演じました。

榊桃(演:小関裕太)モモ

ニノのことをとても大事に思っていましたが、親の借金のため突然ニノの前から姿を消します。ニノを想って作った曲を売ってしまい、後ろめたさを感じている音楽プロデューサーを「春待つ僕ら」や「モンティパイソンのSPAMALOT」など幅広い演技力をもつ小関裕太が演じました。

黒瀬歩(演:磯村勇人)クロ

“in NO hurry to shout”のドラム担当。関西弁でノリも軽いためチャラそうに見えますが誰よりもバンドへの愛が強い。そんなクロを演じたのは「ひよっこ」や「今日から俺は!!」など役柄によって変幻自在なカメレオン俳優の磯村勇斗。

悠埜佳斗(演:杉野遥亮)ハルヨシ

“in NO hurry to shout”のリーダーで、ベース担当。
しゃべり方はオネェですが男らしい一面も。みおうに片思い中のハルヨシを「あのコの、トリコ」や「L♡DK ひとつ屋根の下スキがふたつ」など学園ドラマに引っ張りだこの杉野遥亮が演じました。

珠久里深桜(演:真野恵里菜)みおう

“in NO hurry to shout”のボーカルでユズに片思い。はじめはニノを拒絶しバンドをやめますが、歌手への思いを果たすために努力を重ねます。みおうを演じたのは”元ハロプロ”で「SPEC」や「逃げるは恥だが役に立つ」などロリータからヤンキーまでこなす真野恵里菜。

感想

結末が原作と映画では違っていて2時間に収めるため内容が少し薄くなってしまうところがあり、原作ファンの一部には受け入れられなかったようです。
しかし個人的には原作を読んだ人も読んでいない人も楽しめる内容になっていたと思います。

ニノ役の中条が学校の屋上で熱唱するシーンは圧巻で、イノハリメンバーがニノを認める大事な場面になっています。
そして冒頭の”イノハリ”の演奏シーンでは本作の中でしか聴けないみおうの歌唱シーンがあり、元ハロプロメンバー真野の素晴らしい歌声も聴き逃さないで欲しい。
片思いが交差していく切ないシーンもありますが、胸キュンシーンもしっかりあるのでときめきたい方にオススメしたい映画です!

まとめ

・人気コミック原作の青春群像劇で、実際に劇中のバンドがメジャーデビューを果たしました。
・キャストは今話題の作品に数々出演している中条あやみ、志尊淳、小関裕太等が演じています。
・原作とは異なる結末になっているので、原作を読んだ人も読んでない人も楽しめる作品にです。



アニメ作品となっていますのでご注意ください!

アニメ覆面系ノイズを無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)