【あらすじ】大人気バスケ漫画『switch』最強コンビ橘兄弟の過去とは!?

本記事はネタバレを含みますのでご注意ください。

 

・皆さんは大人気バスケットボール漫画『switch』を知っていますか?

たくさんあるスポーツ漫画の中では最近特に人気のバスケ漫画です。

バスケ経験者から見てもとてもリアルで世界観に引き込まれるのが今回ご紹介する『switch』。

主人公を筆頭に登場するキャラクターはみな個性豊かです。主人公との出会いやバスケを通して、それぞれが成長していく姿も見所の一つになっています。

あらすじ

 

ある小学校にバスケットボールが大好きな少年とゲームばかりしている少年の双子の兄弟がいました。

兄の名前は橘陸玖(たちばなりく)

弟は雷夢(たちばならいむ)です。

始めは二人とも別々なことが好きでした。

ですが、雷夢は陸玖と一緒にバスケをしたいとバスケ部に入部することになります。そして、校内で開催される総球祭(そうきゅうさい)に出場することになりました。

どんどん勝ち進んで行った二人は準決勝で対戦し、陸玖のチームが勝利します。

特別ルールで決勝戦では先生チームと対戦することになりました。

どんどん点差が離されていき、苦戦してもうダメかと思われていたその時、陸玖チームに弟の雷夢が参戦することになります。

ついに揃った二人の最強コンビがゴールに向かって走り出し、二人のコンビプレーでどんどん追いついていき先生チームに勝利しました。

二人にはNBA選手(プロバスケットボール選手)になるという夢がありました。

どこに行っても二人が組めば最強だと同じ考えをしていて、楽し気に話しながら歩いていた時に、陸玖に向かってトラックが衝突してきて陸玖は亡くなってしまいます。

雷夢は陸玖を亡くしても夢を追いかけようと立ち上がりました。

「まんが王国」なら「switch」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』『呪術廻戦』など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。

登場するキャラクター

 

・橘陸玖(たちばなりく)

引用元:サンデーうぇぶり

橘陸玖(りく)双子の兄弟の兄。バスケットボールが大好きで、人気者。

 

・橘雷夢(たちばならいむ)

 

引用元:サンデーうぇぶり

橘雷夢(らいむ)双子の兄弟の弟。あまり人と話さない性格で陸のライバルを目指してバスケを始めた。

・双子の兄弟

あるところに双子の兄弟がいました。

兄の名前は橘陸玖(たちばなりく)。バスケットボールが大好きで、小学生でありながらに周りの大人たちから認められるほどにバスケの才能があります。クラスでも人気者でたくさんの人とバスケをして遊んでいました。

弟の名前は橘雷夢(たちばならいむ)。ゲームをすることが大好きで、自分からは人とあまり話さない性格で、陸玖とは対照的な存在です。

ですが、雷夢はそんな陸に憧れてこっそりとバスケの練習をしていました。

練習に練習を重ねて来夢は陸に挑戦しますが、大差で負けてしまいます。

陸に負けて落ち込んでいた雷夢ですが、雷夢は自分の本当の気持ちに気づいていました。自分は陸玖に憧れていたのではなく、陸玖のライバルになりたかったんだと気づきます。

次の日の朝に雷夢は陸に言いました。

「リク、俺もバスケクラブに入るぜ」

「おう!知ってた!」と笑いながら陸玖は答えます。

雷夢はバスケ部に入部し、二人のバスケ人生は始まりました。

二人が揃ったことでどんな結果になるのかとても楽しみです。

引用元:サンデーうぇぶり

・陸玖の事故

 

二人は校内で開催されていた総球祭に出場し、決勝戦まで勝ち上がり先生チームと対戦しました。

雷夢と陸玖のコンビプレーはお互いを鏡で合わせたように息と息がピッタリ合ったミラーツインで試合に勝利します。

二人は帰り道に楽しげに同じことを考えていました。

二人の夢はNBA選手になる事です。

ハードルが高く、とても難しい目標ですが、今日のように二人が組めばどんな相手にも勝てると思っていました。

陸玖が「どこに行こうと俺たちが組めば最強だぜ!」と話していた矢先に陸に向かってトラックが突っ込んでいきます。

トラック運転手の不注意で陸は事故に巻き込まれてしまいました。

その光景を目の前で見てしまった雷夢はその場に立ち尽くしています。

陸玖は亡くなってしまい、そして数日後に陸のお葬式が行われました。

陸玖が亡くなったことで悲しんだ人が多いと思います。みんなの憧れの陸玖が亡くなったことはとても残念です。

「まんが王国」なら「switch」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』『呪術廻戦』など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。

・雷夢の決断

 

しばらくたっても雷夢は陸玖が亡くなったショックから何も手つかずのままです。

兄弟としてもライバルとしても尊敬しており、雷夢の全力のパスを受けることができる選手は陸玖だけだったので、そんな相手がいなくなってしまった雷夢にはバスケを続けていく理由が無くなってしまいました。

雷夢はチームの練習後に体育館にある鏡の前に立ち、陸玖の事を考えて泣いてしまいます。

その時、泣いている雷夢の前に陸が現れました。

目の前に現れた陸玖は雷夢にだけ見える幻覚でしたが、雷夢は陸玖と向かい合います。

バスケを続ける意味が無くなったと言う雷夢に、陸玖は自分たちで誓い合っていた約束について話しました。

「世界一のバスケ選手になるんだよ。俺たち二人ミラーツインで!」と言います。

陸玖は「俺は雷夢のすぐそばにいる。そして、二人で夢を叶えよう」と言いました。

その言葉をきっかけに雷夢は元気を取り戻します。

自分の中での迷いが晴れた雷夢は練習をするためにチームのコーチに勝負を挑みました。

その光景を体育館の入り口で見ていた日本屈指の強豪校の監督が「僕と一緒に日本一の選手になってみようよ」と、その場で雷夢をチームにスカウトします。

すると雷夢はその誘いを断りました。

驚くコーチとスカウトをした強豪校の監督に向かって雷夢は言います。

「入学はしたいよ。だけどオレ達がなるのは世界一の選手だから。」と言いました。

驚くコーチと監督の二人。

雷夢は世界一のバスケ選手になるためにと、さらに練習に集中します。

そして、陸玖と共にコートに一歩を踏み出しました。

雷夢にとって陸が亡くなったことはとても悲しいことでしたが、大きな成長の一つになってほしいと思います。

引用元:サンデーうぇぶり

・感想

 

作中では天才的な才能を誇る陸玖でしたが、交通事故で無くなってしまったところがとても残念です。

陸玖の才能にひかれてどんどんバスケにはまっていく選手も多く、周りにはたくさんの人が集まってきているところがとても大きな存在だったと思いました。

雷夢もその中の一人です。

陸玖の実力に追いつこうとしている場面では思わず応援したくなりました。

これからずっと二人がライバルとして、同じ目標を持つ選手同士として続いていくところを見ていきたかったです。

一人になってしまった雷夢ですが、心の中で生き続ける陸と一緒にミラーツインで戦っていってほしいと思いました。

いつか、世界一のプロバスケットボール選手になってほしいです。

引用元:サンデーうぇぶり

・まとめ

 

陸玖ってこんな人!
雷夢の双子の兄。

・雷夢の双子の兄

・小学生で大人に認められるほどの実力をもっている

・とても人気者

・事故で亡くなっている

雷夢ってこんな人!
陸玖の双子の弟。

・陸玖の双子の弟

・ゲームが大好きだった

・陸玖のライバルを目標にバスケを始めた

・陸玖と共に世界一のバスケ選手を目指している

陸の意思を引き継いだ来夢が、いつか心の中の陸と共に二人で世界一のバスケットボール選手になってほしいと思いました。

「まんが王国」なら「switch」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』『呪術廻戦』など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。