[死役所]ハヤシが死刑囚になったのは妻・まりあの裏切り浅井との関係が発覚したから?

ハヤシはとても話しやすく、とても死刑囚には見えません。なぜ死刑囚になったのでしょうか?ハヤシが、まりあ達を殺害した理由について調べてみました。

「まんが王国」なら「死役所」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』『呪術廻戦』など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。

 

注意
こちらはネタバレが含まれます。ネタバレが嫌な方はこちらの記事を読むのをお控えください。よろしくお願いします。

林の学生時代

 

林は、正義感があり、とても優しい青年でした。まりあに関しては過剰になる事もあり、怖い態度になる一面も・・・まりあに起きたいじめに関して紹介します。

林の学生時代祖父との関係は?

林の家族構成

父・母・姉・林晴也(はやし・はるや)

林は、幼い頃母親を病気で亡くなっており、父親と祖父母に育てられました。

林は、祖父と遊ぶのが大好きな少年でしたが、祖父と仲良く沢山遊ぶたびに父親は林に対して冷たい態度になっていきます。そのことに違和感がありますが理由は分かりません。

高校生の途中までは普通に生活していましたが、歯車が狂い始めて林の生活が壊れていきます。

ある日、祖父が体調を崩し入院して、林と幼馴染のまりあが病院に向かいました。

『晴也は、へらへらしてるけど、純粋でまっすぐな男だ。突っ走りすぎて周りが見えなくなった時は、上手く方向転換してやってくれ!頼むぞまりあちゃん・・・』と言い他界します。

祖父が他界した後、衝撃的な秘密を父親が暴露するのでした。

なんと!林は母親と父親の子どもではなく、母親と祖父の子どもだったのです。

小学生の時に父親の態度が冷たくなった理由は、それは…。母親は昔役者だった祖父に憧れを感じていたこと、そして『林』は母親と祖父の子供だという事実でした。

父親はこの事を手紙を見つけるまで知らなかったのです!手紙の内容を知った父も、その事を知った林も二人とも悲劇ですね。

こんな事言われたらり、手紙を発見したら、どうしたら良いかわからなくなりパニックになるのも仕方ないと思います。

墨谷の嫉妬からまりあが受けた『いじめ』とは?

ある時まりあを捜しながら、廊下を歩いていると『墨谷もさ~!エグいことするよね~』と林の耳に入ってきます。声のする方へ行くと墨谷の友達の会話でした。

『あの下剤の量すごくない?』とか『樋田さんよもよく学校に出てこれるよね』などと言って楽しそうに話してます。

林は真相を知るために、その話している友達に『まりあに何したの?』と聞きますが『何もしてないよ』と言い嘘をつきます。

でも、林は嘘だと分かり友達に聞き返します。『教えない殺すよ!』と友達に壁ドンみたいに追い詰め訳を聞きました。そして、トイレで『介護実習』と言いながらいじめをしてることがわかりました。

介護実習と言いながらまりあに大量の下剤を飲ませわざとトイレの廊下でお漏らしをさせてました。

『くっさ』と言いながら、まりあの肩に足を乗せ『拭け』と命令をした後『彼氏が見たら幻滅だね』と侮辱します。

まりあは、泣きながら『お願いトイレに・・・』と墨谷に頼みますが、聞いてはもらえず漏らしてしまいます。

トイレでいじめをしている墨谷を見てけ窓まで担ぎ、首をしめます。暴れる墨谷は窓から落ちますが、のち林はお姉さんから墨谷が軽症なことを聞きますが、反省はしません。

林は、まりあに対して過剰になり怖い一面がありますね。

好きな人に相手がいるからと嫉妬して切ない気持ちになるのはわかります。でも、いじめは酷いですね。

自分がやられたら辛いという思いは墨谷の中にはないのでしょう。このシーンを見ると心が痛くなります。

「まんが王国」なら「死役所」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』『呪術廻戦』など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。

 

林とまりあの結婚した末路

 

林からの求婚

まりあは介護福祉士になり、林は祖父から剣道を習っていたので剣道の指導者になりました。

林が求婚しますが、保留されて結婚できませんでした。ですが、まりあが妊娠をしたので結婚する事が出来ました。

まりあは、林に求婚され保留されたのは、祖父との出生の秘密を知ってしまって、誰にも話せず悩んで躊躇があったのでしょうか。

まりあも秘密を聞いてからずっと心の中に留めておくことは辛かったでしょうね。

まりあと林が結婚その先の悲劇

林は、結婚して『あや美ちゃん』が生まれ幸せの日々を送って普通の生活をしていました。

ところが一年たった頃まりあから『晴くん早く帰ってこれる?』と言われ『何か記念日だたかな?』とか色々と考えました。

もしかしたら『あや美が生まれてからやってないからかな?』と思い心を踊らせて職場に向かいました。

ところが、家に帰ると見知らぬ男がいました。以前、まりあが働いていた職場の同僚の浅井という男です。

浅井は林に『お願いします!まりあさんと別れて下さい』と言われます。『何言ってるの?まりあと俺は結婚してるのよ』と浅井に言い、林は混乱してしまいます。

そして『あや美ちゃんは僕とまりあさんの子どもです』と言われました。

今までのまりあの言動や父親に言われた事を思い出し『俺のことを気持ち悪い」と思い込み浅井とあや美とマイアを殺害します。

浅井とまりあの関係

浅井はまりあが働いていた職場の同僚で、まりあは林の出生の秘密に小さな嫌悪感ありました。

最初は普通に林と接していましたが、次第に嫌悪感が大きくなり、悩みを一人で悩みを抱えられなくなりました。

浅井に悩みを打ち明け話を聞いてもらってるうちに、お互い惹かれ合って親密な関係になってしまいました。

そして浅井との子どもを身ごもってしまったようです。

相談をして惹かれ好きになることはありますね。まりあも、優しく相談に乗ってくれる浅井に惹かれていったのだと思います。

死役所のハヤシの部署

総合案内人シ村に話した事実

ハヤシは今まで自分がしてきた事の反省のやり方がわからないとシ村に相談しています。

相談した内容は、幼少期~高校生までのことと、出生の秘密・まりあとの結婚・殺害全てについて聞いてもらってます。

そしてシ村から『今は反省よりも自分の感情と向き合って、自分を知って他人の心がわかるようになれば、反省もできるでしょう』とアドバイスをもらいハヤシもスッキリした顔になりました。

ハヤシもまだ憎しみがあるので、すぐには反省するのは難しいでしょう。

死役所で働いてきて考えが変わってきてるようなので、もう少し時間がたてば、色々考えて反省はできるかも知れません。

死役所のハヤシの仕事姿

生活事故課の部署で働いてます。

お客様の本や漫画を読み、有名人のサインをコレクションにするのが好きで、有名人がお規約様にいると、探してサインをもらいに行くのがハヤシの日課になってます。

とても子どもの面倒見が良いです。

ドラマ 第8話『あしたのわたし』→女の子の話

マンガ  5巻 番外編『ヒーローごっこ』→男の子の話

成仏するギリギリまで遊んであげてます。

もともと生前は、子どもに剣道を教えてたので子どもが好きなんですね。

 まとめ 

 

まりあの、いじめも酷かったですね。嫉妬とはいえやってはいけませんね。 いじめは今も深刻な問題です。難しいですが社会からなくなることを願います。

出生の秘密は衝撃的でしたね。出生のことを知った林も辛かったでしょうが、林の父親 妻が隠してた手紙を見てけた時から、かなり辛かったことと思います。

林は、もともと正義感が強く心優しい青年なのですが、信頼していた妻に裏切られて我を忘れてしまったのでしょう。

この先林は反省できる人になるのでしょうか?今後が楽しみです

「まんが王国」なら「死役所」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』『呪術廻戦』など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。