ネタバレ注意!『女の子が抱いちゃダメですか?』まんが王国で配信中の男女逆転コメディ

こんにちは。皆さん、積極的な女の子は好きですか? 

奥ゆかしい女性ももちろんすてきですが、グイグイ来てくれる女性もいいですよね! 

今回はそんな女性が主人公の漫画をご紹介します。 

 

現在『まんが王国』で3巻まで配信中の『女の子が抱いちゃダメですか?』。 

ねじがなめた先生による、男女逆転モノのコメディです! 

 

第一話のあらすじや感想、考察など、この漫画の魅力を皆さんにお伝えしたいと思います! 

 

『女の子が抱いちゃダメですか?』あらすじ

 

引用:ねじがなめた@10/18④巻@nezinameta

 

ここから先はネタバレを含みますのでご注意ください! 

 

主人公、梶谷美月24歳。優しくて有名商社に勤めるイケメン彼氏、篠宮孝之と付き合いたてほやほやの、まさに今が幸せの絶頂期にいる女性です。 

 そんな美月なのですが、実は深刻な悩みを抱えていました。 

 

それは『男性から甘いアプローチを受けるとなんだか冷めてしまう』というもの。 

 

それが理由で過去に付き合った男性には冷めていると取られてしまい、三ヶ月で振られてしまう…というのをずっと繰り返してきました。 

 今回もそうなったらどうしようと悩んでいたある日、篠宮とのデートでホテルへ入ることに。いざ事を始めようとしたところ、篠宮は臨戦態勢に入ることができずに真っ青。 

 

それを見て美月は「やっぱり自分が冷めていると思われたんだ…」とショックを受けますが、それに対して篠宮は「ごめん、いつもこうなんだ…」と語り始めます。 

 いわく、「女の子は普通に好きだが、緊張したり焦ってしまいうまくいかないことがある」とのこと。顔を真っ赤にして話す篠宮の頬に美月がそっと触れると、篠宮がビクッと反応してなんとも切ない表情を浮かべて…。 

 

もしかして『S気質』というものなのか、そんな彼を「かわいい」と感じる美月。そしてそれと同時に、篠宮は『そっち』、つまり『M気質』なのだ、と確信。 

 じつは自分たちは相性が最高なのでは…!と盛り上がってきたところで篠宮に会社からの呼び出しが来てしまい、その日はお開きに。 

 

翌日、美月は「やはり自分がやろうとしていることは普通ではない」とぼんやりと考えながら仕事をします。そこへ篠宮から『金曜日うちに来ない?』 とのメールが。 

 「今度こそちゃんとした恋愛をしたい」との希望を抱きながら、篠宮の部屋へ。 

 

部屋で振る舞う彼は、『いつものかっこいい篠宮さん』でした。そして美月に「あのことは全部忘れてほしい」と話し押し倒します。 

 しかし美月はどうしても『あのこと』が忘れられず「忘れられないから、もう一度だけさせてくれませんか?」と篠宮に迫り…! 

 

その後もなかなかうまくいかない二人の関係にやきもきしたり、篠宮の元カノの登場にハラハラしたりと、ノンストップで読めてしまいます。 

「まんが王国」なら「女の子が抱いちゃダメですか?」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』『呪術廻戦』など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。

 

『女の子が抱いちゃダメですか?』感想 

 

引用:ねじがなめた@10/18④巻@nezinameta

 

自分は女性なのですが、いわゆる『壁ドン』など…妄想で楽しむ分にはいいけれど、実際にされるとちょっと冷めてしまうかもしれません。 

 攻められたい女性もいるし、攻めたい女性もいる。もちろん男性しかりです。こうあるべき!と考えるのではなく、自然な自分でうまくいく相手と関係を築いていけたら良いですよね。 

 

また、篠宮の過去の『元カノにヘタと言われた』というトラウマから来る、『失敗しちゃダメ、相手を気持ちよくさせなきゃ』という葛藤も男性ならあるあるなのかな…?と思いました。 

 相手に要求するばかりではなく、お互いに思いあって、お互いのためにできることをする…そんな女性でいられるように気をつけます。 

 

そして、これからの二人はどうなるのでしょうか。うまくいってほしい…!と強く願わずにはいられないほど、美月と篠宮の初々しさが魅力的です! 

 

『女の子が抱いちゃダメですか?』考察

引用:ねじがなめた@10/18④巻@nezinameta

 

今後の展開についてですが、いつかは二人が結ばれることになり、ハッピーエンド!になるのではないかと思います。

 

篠宮も美月も、お互いにありのままの相手を知ることができたため、さらにひかれあっていくでしょう。もしかしたらさらなる障害があるかもしれませんが、二人ならきっと大丈夫です。 

 二人にとっての幸せとは、普通のカップルの『一緒にいて落ち着く』などということももちろんあるのですが、『自分では普通ではないと思う性癖を隠すことがなくお互いに受け入れることができる』というところが大切なのでしょう。 

 

体の相性だけがすべてではないにしろ、性的嗜好を受け入れるということはその人そのものを受け入れることにもつながります。だからこそ、二人はきっと幸せになれるのです。 

「まんが王国」なら「女の子が抱いちゃダメですか?」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』『呪術廻戦』など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。

登場人物の考察

 

それでは、ここで登場人物の考察をしていきたいと思います。 

 

【梶谷美月】

大人しそうに見えますが、本当はSな気質を持つ…という女性。そのおかげでこれまでの男性とは長続きしなかったのが悩み。 

 篠宮に「抱くってどういうことかわかってる?こういうことだよ?」と過激な動画を見せられてそれを真に受けたり、どうすれば二人が楽しんで行為できるのか…?と考えてグッズを買うなど、真面目だけれど少しズレているところもあります。 

 

篠宮に対するひたむきさ、まっすぐなところがとても魅力的です! 

 

【篠宮孝之】

元来Mな気質がある故か、過去に付き合った女性から「ヘタ」と言われたのがトラウマとして残るエリート男性。 

 

『普通はこうであるべき!』という思い込みが非常に強く、それもあって普段はうまく女性をエスコートする男性として振る舞っているのでしょう。 

 そんな張りぼての自分ではなく、本当の自分を知った上でひたむきな好意を寄せてくれる美月にひかれていくうちに、『こうであるべき』という呪縛や過去のトラウマから解放されていきます。 

 

顔を赤くする篠宮は確かに『かわいい…!』と感じてしまいます。それはきっと、普段の彼のスマートな立ち振る舞いとの強いギャップからくるのでしょう。 

 

キーワードを解説

 

引用:https://pixabay.com/ja/

 

Sとは?Mとは? 

 Sは『サディズム』の略で、フランスの作家サドの名前にちなんでいます。 

 簡単に言うと、相手を精神的、肉体的に傷つけたり苦しみを与えたりすることで性的な満足を得る性的嗜好のことを言います。 

 

Mは『マゾヒズム』の略です。こちらはオーストラリアの作家、ザッヘル=マゾッホの名前が由来。 

 こちらはサディズムの逆で、精神的、肉体的に苦痛を受けることで性的に満足する性的嗜好ということです。 

 

しかしこれらは最近では、性行為に関係ない日常生活で「この人はSっぽい」などと使われることも多い言葉となっています。 

 また、中にはサディズムとマゾヒズムを併せ持った人もいて、そういった状態の場合には『サドマゾヒズム』と呼ばれます。 

 

どのような性的嗜好を持つのも本人の自由。他人に迷惑や危害さえ与えずに、SやM同士で楽しむのであれば一切制限されたりする筋合いはありませんよね。 

 また、単なる性的嗜好の一つなので、SやMだから普通ではない!という話ではないと思います。

 

まとめ

 

題材はエッチだけど、中身はピュアなコメディ

 『女の子が抱いちゃダメですか?』は、ちょっと変わった性的嗜好を持つ二人の、見ているこっちがもどかしくなるけれどなんだかほっこりしてしまう、ピュアなラブコメディです! 

 

また、美月も篠宮もそれぞれちょっとした悩みやトラウマを持っているので、「それ、わかるわ~」と親近感や共感を抱く方も多いことでしょう。 

 

こんな人におすすめします! 

  • ピュアなラブコメディを見てほっこりしたい人 
  • 積極的な女性が好きな人 
  • ギャップに萌える人 

 

というわけで今回は、漫画『女の子が抱いちゃダメですか?』について、ネタバレを交えてご紹介しました! 

 漫画王国で配信中ですので、気になった方はチェックしてみてくださいね!

 

「まんが王国」なら「女の子が抱いちゃダメですか?」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』『呪術廻戦』など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。