嫌いでいさせて1巻 ネタバレと感想。家族愛に感動間違いなし!オメガバースのBL作品

「嫌いでいさせて」は2019年6月に1巻が発売された、ひじき先生のオメガバースBL作品です。この作品はオメガバースの設定を生かしながら、主人公の恋愛模様や家族愛が丁寧に描かれています。

ビーボーイ公式サイトより引用

腐女子歴20年以上の私がオススメします!オメガバース作品に興味がある人、家族愛を読んで感動したい人にはピッタリの1冊です。この作品を読んで、涙を流してみませんか?

注意
以下よりネタバレが含まれますのでご注意ください。
「まんが王国」なら「嫌いでいさせて」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』「呪術廻戦」など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。

まずはオメガバースの世界について知ろう!

ビーボーイ公式サイトより引用

オメガバースという単語、聞きなれないですよね?
オメガバースとは海外の二次創作から生まれた設定で、基本的な設定はありますが、作品により解釈に違いがあります。

こちらの設定の一番の特徴は「男性が子どもを産むことができる」ところです。日本のBL界でもブームとなり様々な作品があるので、同じオメガバース作品でも違いがあり面白いですよ!

最初により作品を楽しめるように、専門用語の解説をしていきましょう。

第二の性

オメガバースの特徴として男女の性別の他に、α(アルファ)・β(ベータ)・Ω(オメガ)の3つの性別が存在する世界です。βの人口が一番多く、αとΩは少数しか存在しません。

α(アルファ)

有能で社会的地位が高い人が多いのが特徴です。美男美女が多い傾向にあり、スポーツや勉強もあまり努力しなくてもできてしまします。Ωフェロモンの影響でラットと呼ばれる急性的な発情をすることがあります。

β(ベータ)

男女共に一番人口が多く、私たちのような普通の人です。βはβ同士で結婚することが多く、βはβの子どもを産みます。稀にαやΩを産むこともありますが、本当に稀です。身体的特徴も特にありません。

Ω(オメガ)

男女共に妊娠可能という特徴があります。発情期(ヒート)があり、その時期はαやβを誘惑するフェロモンが出ているため外出もままなりません。Ωはαの子どもを産みやすいので、子どもを産む道具として扱われることもあります。男性Ωは直腸内に子宮があります。

発情期(ヒート)

作品によっても違いがありますがΩは2~3ヶ月に一度、一週間の発情期があります。この期間は外出もできず、番がいるΩは番に相手をしてもらえますが、いない場合はひたすら疼く身体を持て余します。

発情抑制剤

発情期を抑制するために飲む薬です。突然ヒートやラットになった時のために、緊急時の注射もあります。また、Ωが襲われた時に妊娠を防ぐための緊急避妊ピルもあります。

番(つがい)の関係

Ωが発情期の性交時にαがうなじを噛むと番が成立します。夫婦のようなものですね。Ωは番ができると、フェロモンが番のαにしか効かなくなるので生活がしやすくなります。出会った瞬間にお互いが強烈に惹かれてしまう「運命の番」という存在もいます。

あらすじとネタバレ

男性でも子どもが産める世界…。
この設定はBLマンガだからこそ生かせる設定でモエが詰まっています。でもなじみのない人だと読むのに勇気かいるかも!

読んでみたいけど、自分に合わなかったらどうしようという人のためにあらすじをネタバレ含めてお話していきたいと思います。

番(つがい)なんていらない

この物語の主人公、古賀雫斗は男性Ωのシングルマザーです。娘のしずくを1人で育てながら生活をしています。Ωはヒートがあるので定職に就くのは難しいのですが、しずくを育てるために、仕事を探す日々です。

あれっ、子どもがいるのに夫がいないのはなぜだ?っと思った人もいると思います。これは雫斗の過去に関係しているのですが、雫斗は番なんていらないと思うほどαを拒絶しているのです。

いったいどんな経緯でしずくが生まれたんでしょうね。

雫斗の過去

雫斗が高校生の時の出来事です。
同じ学校のαの先輩3人に襲われました。
この時にできた子どもがしずくです。

雫斗は妊娠が分かった時、お腹の子供は何も悪いことをしていないと産む決心をしました。妊娠したことによって母性本能が雫斗にも芽生えていますね。

なかなか壮絶な過去ですが、雫斗は父親も分からないしずくを愛情いっぱいに育てていきます。

職場で運命の再会

本当は出席するのはイヤでしが、母親のすすめでαとの婚活パーティーに参加した雫斗。そこでアルバイトをしていた土屋葉月と出会います。葉月は雫斗を見た瞬間に運命の番だと分かり言い寄りますが、葉月がαだと分かり恐怖で雫斗は逃げてしまいました。

しかし!用務員として就職した高校で、葉月と運命的に再会を果たすのです。

やはり運命ですよね、再会するなんて…。
しかも相手は男子高校生ですよ。でもただの男子高校生ではありません。どんどんスパダリに進化していきますので、そこも含めて楽しめます。

登場人物

これから紹介する3人は、いずれ家族になります。この3人は物語の中心ですので紹介していきたいと思います。

古賀雫斗(こがなおと)

ビーボーイ公式サイトより引用

21歳のシングルマザーで性別はΩ。αにトラウマを持っている。高校生の葉月に運命の番だと言われている。つらい過去を持っているが、しずくに愛情を注ぎ、精一杯日々を生きている。

古賀しずく(こがしずく)

ビーボーイ公式サイトより引用

雫斗の愛娘で5歳の幼稚園生。幼いため性別はまだ不明。父親である雫斗を幼いながら支えている。とても賢く行動力もある。

土屋葉月(つちやはづき)

ビーボーイ公式サイトより引用

17歳の高校2年生で性別はα。過去のある出来事により学校ではβとして生活している。雫斗を運命の番と言っている。家柄もよく、後にスパダリとして進化していく。

「まんが王国」なら「嫌いでいさせて」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』「呪術廻戦」など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。

読めば感動間違いなし!「嫌いでいさせて」の感想

まんが王国試し読みより引用

αにトラウマを持つシングルマザーの雫斗が、どうやって過去を乗り越えて葉月と結ばれていくのか。感想を含めて語っていきたいと思います。

葉月の忍耐力が凄い

高校の用務員として働き始めた雫斗ですが、αの男子高校生に襲われそうになる事件が発生します。やっぱりΩはフェロモンのせいでαを引き寄せやすいですね。
その時、助けに来てくれたのが葉月でした。

せっかく助かった雫斗ですが急にヒートになってしまい、その影響で葉月はラット化してしまいます。ラットになると本能が抑えきれずに、Ωを妊娠させることで頭がいっぱいになってしまうのですが、ここが葉月の男前なところ!

雫斗はうなじを噛まれることを覚悟しますが、葉月が噛んだのは自分の腕でした。葉月はまだ意識が保っていられる間に友人に電話で助けを呼んで、あとはひたすら助けが来るのを本能と戦いながら、雫斗を守るように抱きしめて待っていました。

もう、この葉月が本能と戦っているシーンはどれだけ忍耐力があるんだと圧巻です!
ガブっと噛みたいだろうに…。
私も甘い誘惑に負ける事が多々ありますが、葉月の忍耐力を見習わないといけないですね。

結衣(ゆい)は悪い女なのか!?

葉月はβと偽って高校生活を送っていますが、これは小学生の時に同じクラスにΩの女の子がいて、その子をかばった事が原因でした。かばっただけなのにαだからと性別でその行動を賞賛されたのが気持ち悪いと感じ、転校までしてその後βとして生きてきました。

しかし、この時のΩの女の子「結衣」が同じ高校に転校して来ます。
葉月の事を運命のαとみんなの前で言った事によって、葉月が実はαだということが周りにもバレてしまったのです。

結衣は葉月へのアプローチを開始しますが、なかなか上手くいきません。そんな時、葉月が雫斗を抱きしめているシーンに出くわし写真を撮ります。その写真を使って雫斗に脅しをかけていくのですが、さすが女子というか行動力がありますよね。

葉月に気持ちが傾きかけていた雫斗ですが、結衣の葉月を思う気持ちに心を動かされて身を引く決心をしました。

そして雫斗は葉月を傷つけるような言葉で自分から離れるように言うのですが、ここから一気に物語が動き出します。

結衣は確かに脅したりと酷いこともしたけれど、彼女の行動があったからこそ2人がお互いの事を考え思いやり、結ばれるルートに辿り着いたのではないでしょうか。

結衣はただ純粋に葉月が好きなだけの女の子で、キューピットのような存在に感じるのです。

影の主役はしずくちゃん

まんが王国試し読みより引用

雫斗の愛娘のしずくですが、実は雫斗と葉月が番になるのに大活躍しています。この子がいなかったら、2人は結ばれてないのではないかと思うほどに!
まだ幼いのに凄い活躍ぶりです。

最初は葉月を警戒していましたが「ママがちゅっちゅしたい人はあの人なの?」と雫斗の気持ちを自覚させたりするのです。

雫斗は葉月をフった後に婚活パーティーに行くのですが、本当の気持ちを隠して無理をしている雫斗に気づきます。そして学校まで雫斗の母親に連れて行ってもらい、自分では何もしてあげられないから、葉月に雫斗を守ってほしいと助けを呼びに行きます。

しずくのこの勇気ある行動がなければ、雫斗は婚活パーティーで出会った適当なαと番になって不幸な人生を送っていた可能性があると思います。

5歳なのにこの行動力、本当に凄いなと関心せずにいられません!

この物語はしずくを中心に回っていると言っても過言ではないのかもしれませんね。

雫斗と葉月が番になるまで

婚活パーティーに参加した雫斗でしたが、身体の関係だけを提案してくるαに目をつけられてしまいます。そこに助けに来たのは、しずくに雫斗の居場所を聞いた葉月です。葉月はスタッフに変装して颯爽と登場し、雫斗をさらっていきました。

なんでこんな簡単にスタッフに変装できたかというと、婚活パーティーが行われている会場が、実は葉月の母親が代表取締役を務めるホテルだったからです。

ホテルの一室に逃げ込み、ようやく雫斗は「番にしてほしい」と葉月に伝えることができました。

そして、とうとう結ばれる2人。

しかし雫斗がヒートではないのでまだ番になる事はできなかったのですが、2人とも心を通わせる事ができて幸せそう。

その後は家族のように3人で暮らしています。雫斗のうなじにはちゃんと噛み痕がついているので、番になれていますね。この3人のシーンを読むと心が温かくなります。

まとめ

その後、雫斗と葉月は子どもを望んで2人の間に湊(みなと)と言う男の子が誕生します。特に可愛がるのが、お姉ちゃんになったしずくです。

作品の見どころ!

・雫斗のαへのトラウマ
・雫斗のしずくへの愛情
・葉月の性別でしか人を見ていない周りの人への嫌悪感
・運命の番である雫斗と結ばれたい葉月
・しずくの雫斗を守りたいと願う勇気
・家族になった3人

私たちの人生はいろんな人と出会い、縁が結ばれて支えあってできていると思います。家族や友人、恋人など周りには大切な人がたくさんいますね。

「嫌いでいさせて」はBL作品でオメガバースという特殊な設定ですが、実生活にも置き換えて考えることができる作品だと思います。

家族愛に溢れたとても読みやすい作品ですので、オメガバースを読んだことがない人でも入門書としてはとてもいい作品です。シリーズとしてはまだまだ続いています。

自分を支えてくれている人を思い浮かべながら読むと、感動も倍になるので是非お試しください!

「まんが王国」なら「嫌いでいさせて」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』「呪術廻戦」など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。