じゃあ、君の代わりに殺そうか? 1巻 2巻 ネタバレ アメリの猟奇的行動の目的とは

 消えることのないイジメ。一昔前の、私の親世代の時代もイジメはありましたが、それ程深刻なものではなかったと聞きます。しかし今では大きな社会問題となっているイジメ。

 

 イジメが発生する環境は様々で、色んな立場の人たちが関わっています。いじめる人、いじめられる人の他に、そのイジメを見過ごす人もいますよね。そしてもう一人の重要な人物。

 

 いじめられている人に手を差し伸べる救世主です。

 

 この作品は、その救世主の立場となる人物が多くの波乱を巻き起こす物語です。手を差し伸べられた先に見るのは天国か地獄か・・・。

 

 ミステリー・サスペンスをこよなく愛する私が、『じゃあ、君の代わりに殺そうか?』の謎多き魅力をたっぷり紹介していきたいと思います!

 

「まんが王国」なら「じゃあ、君の代わりに殺そうか?」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』「呪術廻戦」など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。

あらすじ

 主人公の藤倉 優馬(ふじくら ゆうま)は、中学時代から高校に入学した現在も、西野(にしの)とそのツレから壮絶なイジメを受けていました。優馬の唯一の楽しみは、ハガキ職人としてラジオコーナーに投稿することです。

 

 そんな優馬に救いの手を差し伸べたのが、雨里 涼(あめざと りょう)、通称アメリです。なんの見返りもないのに自分を助けてくれるアメリに動揺する優馬。

 

 しかし、アメリが自分と同じようにハガキ職人であり、放送作家を目指していると分かると徐々に優馬は心を開き始めます。

 

 最初は、いじめから救われて平和な日々が訪れると思っていた優馬。しかしその平和な日が訪れることはありませんでした。優馬に異常に執着するアメリ、そしてアメリが取るなんの躊躇いもない猟奇的な行動の理由とは一体・・・。

 

ネタバレ!喜びから地獄

引用元:まんが王国

1巻 救世主は悪魔?

 人目につかない場所で行われていたのは優馬へのイジメです。西野とそのツレ2人は、抵抗しない優馬をおもちゃのように扱って楽しんでいました。しかし、ハガキ職人を生きる希望として日々のイジメを我慢する優馬。

 

 ネタを書き、常連となり、放送作家へと進む、それが優馬に残された希望であり、たった一つの救いのルートでした。

 

 そんな優馬の前に突如救いの手が差し伸べられました。西野のツレにイジメられている優馬をアメリが救ったのです。アメリに感謝する優馬でしたが、同時に忠告します。西野は頭のおかしい奴だから気を付けるようにと。

 

 優馬が中学2年生の時、アメリのように優馬を救おうとしてくれた同級生がいました。西野にはその同級生を死ぬ寸前まで殴ったあげく、頭に火をつけて楽しんでいたという過去がありました。

 

 その同級生は入院した後家族で引っ越したそう。優馬はアメリにそのような危険な目に遭わせたくなかったのです。それでもアメリは優馬と友達になろうとしました。なぜアメリはそんなに優馬に執着するのでしょうか。

 

 優馬は、アメリがどんなに良い奴でも西野には適わないと思っていました。なので、西野に報復されるようなことはしないでくれと優馬はアメリに頼みます。

 

 「僕は偽善や好奇心なんてもんで接してるんじゃない。本心から思ってることがあるなら言ってくれ。」そうアメリは優馬に言います。そこに小さな希望を見出す優馬。

 

 さらに、アメリが自分の憧れているハガキ職人「ダンシマニア」(ペンネーム)であること、アメリも自分と同じ夢を持っていることを知った優馬は、目を輝かせ、アメリに心を開き始めます。

 

 優馬に救いを求められたアメリはついに動き始めます。

襲ってきた西野を返り討ちにし、ツレ2人も行動不能になるまで叩きのめしました。それはもう顔の原形がわからにほどに・・・。

 

 アメリは優馬にとって害となる存在を徹底的に排除しようとしました。アメリは優馬にとって救いとなるのか、それとも地獄へと導く悪魔となるのか・・・。

引用元:まんが王国

1巻 秘密の共有

 アメリはハガキ職人として得たノベルティを見せるため、優馬を家へ招待しました。アメリは山奥にある大きな屋敷で一人暮らしをしています。母は市内に住んでおり、高校入学とともにアメリだけ引っ越してきたそうです。

 

 アメリの亡くなった父が所有していた物件で、相続という形でアメリが受け継いだ家でした。

 

 優馬は改めてアメリに問いかけます。知り合ったばかりで長年の親友というわけでもないのに、なぜそこまで自分を助けてくれるのかと。

 

 逆にアメリは優馬に問います。「俺達の出会いは単なる偶然だと思う?」と。その後もアメリは意味深な問いかけを続けました。

 

 そしてアメリは優馬にあるものを渡します。

それはなんと、切断した西野の指。

 

 さらにアメリは家の地下に西野を監禁していると言います。優馬を完璧に救うためには西野の存在自体を消すしかないと思った上での行動でした。しかし軽率な行動だったと反省するような姿勢を見せるアメリ。

 

 優馬を救うつもりが、大変なことに巻き込むことになってしまったと。落ち込むアメリに優馬は、自分を救うために取った行動だからと励まします。どこかこのような展開を予想していたかのようなアメリ。

 

 「いいねぇ・・・お互いの悩みを抱え、そして秘密を共有する。こうやって親密になってくんだよな、友達って」。そう言ってアメリは不適な笑みを浮べます。

 

 西野のいる地下に連れていかれた優馬は西野の姿に衝撃を受けます。拘束されても尚、敵意をあらわにする西野。西野を解放すれば再び脅威に苛まれることになるというアメリは、優馬にある選択を迫ります。

 

 巧みな話術で優馬に迫るアメリは、優馬にとっての“正義”を狂わせていくのでした・・・。

 

2巻 どこかで見た気がする

 西野が行方不明となり、ついに警察が動き出します。アメリを守るために嘘の証言をする優馬。しかしいずれバレることを恐れ、優馬はアメリに西野を解放することを提案します。それを拒否するアメリにはどこか余裕が・・・。

 

 一人悩む優馬の前にある女性が現れます。優馬が麻央姉ちゃんと呼ぶ人物。優馬が幼い頃、いじめっ子から守っていたのが近所に住む麻央でした。優馬は麻央にアメリのことを相談します。

 

 麻央と話して自分にできることを見つけた優馬は走り出します。

優馬が向かった先は監禁されている西野の元。アメリの説得は厳しいと判断し、何を血迷ったのか凶悪な西野と話し合おうと決めた優馬。

 

 そして優馬の家の地下へと向かう優馬・・・。

すると突然・・・!

 

「まんが王国」なら「じゃあ、君の代わりに殺そうか?」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』「呪術廻戦」など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。

 

 アメリに逃がされた西野は、次のターゲットとして優馬と仲の良い麻央を狙います。麻央を救おうとする優馬ですが、当然返り討ちに遭います。しかし西野の本当の狙いはアメリをおびき出すことでした。

 

 そして西野の前に現れたアメリ。俺を恨めという西野に対しアメリは答えます。

恨みどころか感謝していると。西野を媒介としてアメリは優馬との絆が深まったと言います。

 

 「殺人という共同作業をこなしたら二人はもう完璧な関係になる」そう言ったアメリは次の瞬間、西野に向けて銃を発砲します。倒れて動かない西野を見て優馬は慌てふためきます。とんでもないことをしてしまったと・・・。

 

 アメリは動揺する優馬をなだめ、麻央とともに家へ送り届けます。麻央は優馬との別れ際に忠告します。「あの雨里って人とは、あまり関わらない方がいいと思う」

 

 麻央には、悲しげで、冷ややかで、恐ろし気なアメリの眼に見覚えがあったのです。麻央のこの記憶は事実か、気のせいなのか・・・。

 

2巻 共犯者横田

 優馬やアメリと同級生の横田はどこか影のある少女です。中学時代男子グループからイジメを受けたため、その頃の知り合いのいない遠くの高校に敢えて入学したのでした。しかしそれでも尚、横田はイジメのターゲットでいました。

 

 いじめられた経験のある横田は、イジメに遭う優馬に自分を重ね、見過ごすことができず教師に相談していました。そんな教師すら助けてくれない優馬に手を差し伸べたのが、同級生のアメリであることに横田は疑問を覚えます。

 

 昔からの知り合いでもなく、出会ったばかりの人間がなぜ危険を犯してまで人を助けようとするのか。そして同じような境遇である自分はなぜ優馬のように救ってくれる人がいないのかと横田は思ったのです。

 

 優馬とアメリの関係に興味を持った横田は2人を観察するようになります。そしてあの、アメリが西野を銃で打った現場にも横田はいて、その様子を写真に収めていました。

 

 横田はその写真でアメリを脅し、自分を救ってくれるよう頼みます。優馬を救うことにしか興味のないアメリでも、さすがにその写真を盾にされると横田に従うしかありません。

 

 アメリは横田を救う代わりに、何をしても共犯だと脅します。そしてアメリは次々と横田をいじめる男たちを襲うのでした。

 

 共犯として後戻りのできない道を選んだ横田。アメリだけでなくこの少女も異常なほどあることに執着する人物でした。

 

 今後、優馬、アメリ、横田の関係は複雑化していきます。そしてアメリの正体とは・・・。

 

登場人物

引用元:まんが王国

藤倉 優馬(ふじくら ゆうま)

 本作の主人公。内気な性格のためか、中学から壮絶なイジメを受けている。唯一の楽しみはハガキ職人としてラジオコーナーに投稿することで、将来の夢は放送作家。自分がイジメられても友人を大切にする心優しい奴。

 

雨里 涼(あめざと りょう)

 いじめられている優馬の前に現れた金髪イケメン高校生。通称アメリ。優馬と同じく放送作家を目指し、ハガキ職人を趣味としている。高校に通うため、死んだ父親から相続した家で一人暮らしをしている。優しい人間だと思いきや、異常に優馬に執着し、猟奇的な一面を見せる謎多き人物。

 

西野(にしの)

 優馬を中学時代からいじめている同級生。過去に優馬を助けようとした生徒を半殺しにし、頭部を燃やしたことがある過激な性格。優馬を庇うアメリを排除しようと行動するが返り討ちに遭う。最凶最悪の気分を害する存在。

 

麻央(まお)

 優馬より年上で、幼い頃優馬を救っていた優しいお姉さん的存在。西野たちに酷い目に遭わされるも、優馬をずっと気にかけている。優馬の本当の救世主は麻央なのではと思うほど、優馬のことを理解しようとしている。

 

横田 悠奈(よこた ゆうな)

 優馬の同級生の少女。いじめられていた過去があり、いじめられている優馬に自分を重ねている。いじめっ子と離れるために、通学に片道1時間以上かかる高校に入学した。いじめられていたせいか、性格が歪んでいる異常者。

 

じゃあ、君の代わりに殺そうか? 感想

引用元:まんが王国

恐怖を覚える異常行動の目的は・・・

 貴方の周りでいじめが起きたことはありますか?私は思い返すとあれはいじめだったのかなと、思い当たる出来事はあります。しかしその頃は今のように教師の立場が弱くはなく、教師が一喝すればすぐ収まる程度だったんです。

 

 この作品では教師の存在は無に等しいです。そうすることでアメリの存在が余計大きく見えるんですね。教師も助けない、クラスメイトも助けない、そんな中危険を省みずイジメに立ち向かう存在は救世主に見えます。

 

 しかしこの救世主、非常に闇が深いです。まだ明らかになっていませんが、アメリが抱えているもの、考えていることは異常です。その異常さはどこからくるのか、そしてなぜ優馬に執着するのか。

 

 さらに癖の強いキャラである横田の存在はアメリにとって非常に厄介です。アメリの脅威となるほどの存在なので、横田も相当変わり者ということです。この二人、お互いを嫌ってはいますが似た者同士だとわかります。

 

 人は何かに執着すると、自分でも驚くほどの力を発揮し、何事も恐れず行動できるものだなと、この作品を通して恐怖を感じました。

 

まとめ

 今回は『じゃあ、君の代わりに殺そうか?』の1巻と2巻の内容をお届けしました。まだまだ未完結のこの作品。1巻と2巻だけでも謎を明らかにしたいと、どんどん読み進めたくなりますが、3巻以降も非常に刺激があり読み応え抜群です!

 

 また、今回の記事で触れることができなかった、西野解放までの物語や、麻央の優しさに満ちたシーンなどにも、ぜひ本作品で触れてみてほしいです!謎と闇の深いサスペンスの沼に、貴方もはまってみませんか!?

 

「まんが王国」なら「じゃあ、君の代わりに殺そうか?」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』「呪術廻戦」など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。