怖い?それとも怖くない?『アニメ 不思議駄菓子屋 銭天堂』【感想】人生変わる駄菓子とは?!

引用元:ふしぎ駄菓子屋 銭天堂 アニメ公式サイト

Eテレで放送中の『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』。

ちょっと前までは、小学生に人気だったのは「鬼滅の刃」であったのに、今では「銭天堂」のほうが人気だというのに驚きです。

私はアニメが放送される以前から、子供と一緒に銭天堂の小説を読んでいました。

このお話、1話完結の構成となっており、ちょっと怖いけど内容が凄く面白くて今にも吸い込まれそうになるんです!!

アニメの放送が開始されてからは、「本を読むのは嫌いだけど、アニメならいいかも!」と言って見ている子が多いと聞いています。

銭天堂の駄菓子は、使い方次第で人を幸せにも不幸にもする謎の代物。

そんな不思議な駄菓子とはいったいどういうものなのでしょう?

怖いのか?それとも怖くないのか?という観点から、紐解いていきたいと思います。

 


ふしぎ駄菓子屋 銭天堂を無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)

 

注意

これより先はネタバレ記事ですので、ご注意ください。

あらすじ

 

叶えたい望みがある人の前に突如として現れる、ふしぎ駄菓子屋『銭天堂』。

そこは、幸運なお客様しか訪れることが出来ません。店主の紅子(べにこ)が勧める駄菓子は、どれもその人の悩みにぴったりなもの。

でも、食べ方や使い方を間違えてしまうと、恐ろしいことが起こってしまいます。

幸運を呼ぶか不幸を呼ぶかはその人次第。

本日も『銭天堂』は"幸運なお客様"のため、不思議な駄菓子をご用意しています。

銭天堂の駄菓子は怖い? 感想

 

引用元:ふしぎ駄菓子屋 銭天堂 アニメ公式サイト

銭天堂で売られている駄菓子を食べると、様々な効果を得ることが出来ます。

例えば、

● 型抜き人魚グミ

⇒ カナヅチの人が魚みたいに泳げるようになる

 

● クッキングツリー

⇒ 木になった実を食べると料理の味がする

 

● ドクターラムネキット

⇒ 白衣と眼鏡を付けて病気を発見、ラムネ薬で治療することが出来る

などなど、どれも他では絶対に手にすることが出来ない魅力的な商品ばかりです。

しかも代金が1円や5円、一番高くても500円だったりと、全て小銭で買えてしまうんです!!

ただし、お代は紅子が指定した小銭でないと買えません。

"幸運なお客様"とはまさにその小銭を持っている人なのです。

一般の人には中々見つけることが出来ないこの駄菓子屋。

偶然にも自分が"幸運なお客様"だった場合、あるはずのない路地が出現し、銭天堂へと導かれます。

お店にも魔力がかかっているのか、惹きつけられるように足が動き出し、いつの間にか入店。

そして、自分が叶えたい望みに合う駄菓子が必ず見つかるというのが凄いところです。

ここまでの説明ですと、銭天堂の駄菓子は『怖くない』という気持ちになりますね。

しかしこの駄菓子たち、実は"諸刃の剣"なんです!!

注意事項をきちんと読まなかったり、調子に乗ってしまったりすると、本人は手痛いしっぺ返しを受けてしまいます。

駄菓子の効果は抜群だが、強烈な副作用もあるということを肝に命じなくてはなりません。

お話の中でも、銭天堂の駄菓子によって悪いことが起きてしまった人たちがたくさんいました。

もちろん、上手に使って良いことが起きた人たちもいます。

ただ、この人たちは駄菓子を自分の欲望に使ったのではなく、他人の幸せのために使ったからだと思います。

ある意味、道徳を学ぶことが出来るようなお話なのかなと感じました。

アニメの中で、この駄菓子はちょっと怖いな~と思ったのが、「お稲荷せんべい」。

このおせんべいを食べた人だけが使える、おみくじキーホルダーがついていて、未来についての質問にお告げという形で答えてくれる駄菓子です。

注意事項として、「おみくじの言葉に逆らうと罰を受ける」というのがありました。

この時の主人公、早苗は12歳の女の子。占いに興味がある目立ちたがり屋な子です。

当初はこの駄菓子のおかげで占いが的中し、クラスの人気者となった彼女。

でも、「もし学校の誰かがお稲荷せんべいを買ってしまったら、自分はまたクラスで目立たなくなってしまう!」

そう考えた早苗は、紅子に「他の子が買いに来てもお稲荷せんべいを売らないでほしい!」と言うため、銭天堂の場所をおみくじで探そうとします。

おみくじのお告げで、銭天堂は「ない」と出ました。それでも早苗はどうしても銭天堂に行きたいと願い、占いを続けます。

この行動がおみくじの言葉に逆らうこととなり、彼女はお稲荷様の罰を受けることに。

銭天堂のまがい物店「銭転堂」に引き寄せられ、店主であるお稲荷様から「巫女缶」を受け取ります。

(※巫女缶は、持っていると缶の中の巫女が予言を教えてくれ、占い師としてのカリスマ性が備わる駄菓子。お告げに逆らうと閉じ込められてしまいます。)

紅子と違う店主に違和感を感じながらも、缶を開ける早苗。

すると、「巫女缶」から出てきたドロドロの巫女が早苗の顔に変化。

彼女を一瞬で飲み込み、中に閉じ込めたところで物語が終わります。

なんか、ホラー映画なんですけど・・・

駄菓子一つで地獄のどん底に突き落とされるなんて、本当に怖いですよね。

やっぱり、やってはいけないことをやっちゃダメなんですよ。

しかし人間は、ダメと言われてしまうほどやってしまう悲しい生き物。

もしかしたら紅子は、そんな私たち人間を駄菓子で試しているのかもしれませんね。

結論として、銭天堂の駄菓子は『怖い』と思います。

理由は、最初は駄菓子のおかげで物事が上手く運ぶのですが、結局最後は「駄菓子を食べなければよかった」というような展開になる話が多かったこと。

そして、注意事項を守らなかった時の代償があまりにも大きすぎるということです。

その人の願いをたった数円の小銭で叶えようとするのですから、もともと怪しいものであることにちがいありません。

人間の欲を上手く利用している話であるなと感じました。

イチオシ駄菓子

引用元:ふしぎ駄菓子屋 銭天堂 アニメ公式サイト

『銭天堂』では数々の不思議な駄菓子が出てきました。

原作で出てきている駄菓子の種類はざっと100種類以上。

アニメではまだ数が少ないですが、これから出てくるラインナップに注目していただきたいです。

そして、私のイチオシ駄菓子は「虹色水あめ」です。

始めは無色透明ですが、"変化液"を1滴垂らしてスプーンでかき混ぜると水あめが様々な美しい色に変わり、見ているだけでも心が洗われます。

アニメで見ると、水あめの描写がとても美しいんです。

色々な色に変化するのも素晴らしいのですが、色によって味が違うのも、この水あめのイチオシポイントです!

赤色     ⇒ 情熱的な味

橙色     ⇒ さっぱりした味

若葉色    ⇒ さわやかな味

エメラルド色 ⇒ ミステリアスな味

水色     ⇒ 優しい、ほんのりした味

青色     ⇒ 大胆な味

紫色     ⇒ 高貴な味

桜色     ⇒ 夢見るような味

食べると灰色だった心が晴れやかになるそうです。

注意事項として、購入者が心の底から望んだ時は、変化液を入れなくても水あめは虹色に染め上げられ、他の人の心をきれいにすることが出来るとありました。

「虹色水あめ」のお話は、美術大学を目指す主人公まどかが、親友の百合子の危機をこの水あめで救い出すというものです。

どうしても美大に行きたい、まどかに勝ちたいという一心で『たたりめ堂』の「デッサン汁粉」を食べてしまった百合子。(※『たたりめ堂』のことはこの後の人物紹介に記載があります)

「デッサン汁粉」は他人から才能を奪う力のある駄菓子であり、百合子はまどかから絵の才能を奪って、デッサン技術を上達させました。

しかし、それと同時に彼女の性格はどんどん歪んでいくことに。

まどかが持っていた「虹色水あめ」を見て心が洗われた百合子でしたが、たたりめ堂の店主「よどみ」から、彼女の心に巣くう"悪意"を強制回収され、失明の危機に陥ります。

一度は百合子に裏切られてしまったまどか。

それでも百合子は自分にとって大切な親友であり、また一緒に絵を描きたいという思いから、心の中で彼女を"助けたい"と強く願います。

すると、まどかの願いに呼応するかのように、瓶の中に「虹色」の水あめが出現。

この「虹色」の水あめを百合子に食べさせることで、大事に至ることなく、百合子の心も元通りになりました。

最後の水あめが虹色に変化するシーン、凄くきれいでした。

「お客様が本当に望んだ時、水あめは最高の虹色に染まる」という紅子の言葉もうなづけます。

これこそ、二人の友情の色なのかもしれませんね。

 


ふしぎ駄菓子屋 銭天堂を無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)

 

人物紹介

◆紅子 (CV : 池谷のぶえ)

引用元:ふしぎ駄菓子屋 銭天堂 アニメ公式サイト

『銭天堂』の店主。店を訪れる幸運のお客様の願いを察して、望みの駄菓子を勧めてくれます。

相撲取りのような大きな体を赤紫色の着物でつつみ、真っ白な髪には色とりどりのガラス玉のかんざしを飾っているのが特徴。

顔は若々しいですが、ただものではない貫禄と雰囲気を持つ年齢不詳な人です。

紅子が銭天堂を開いた理由は、人の生き様を見るため。

毎日のようにくじを引いて小銭を選び、その小銭を持ったお客しか店にたどり着けない仕組みを作りました。

お金というのは人間の欲が固まったもの。使う人間によってお金は幸運にも不運にもなり、それが紅子には面白いとのこと。

だから、幸運になるか不運になるかを自分で選べる運試しの駄菓子屋をやっているのだそうです。

もしかして、この人は妖怪なのではないか?と気になるところです。

◆墨丸 (CV : 片山福十郎)

引用元:ふしぎ駄菓子屋 銭天堂 アニメ公式サイト

紅子が飼っている黒い猫。とてもかしこく、お客を銭天堂へ導いてくれます。

普段は「にゃー」としか鳴きませんが、紅子とは言葉が通じます。

◆招き猫さんたち (CV : 高木渉、ファイルーズあい 他)

引用元:ふしぎ駄菓子屋 銭天堂 アニメ公式サイト

小銭から生まれた金色の招き猫。銭天堂の駄菓子がお客に幸せをもたらすと招き猫が生まれます。

銭天堂の地下の工房でお菓子作りや箱の組み立てなどをして働いています。

◆よどみ (CV :榊原良子)

引用元:ふしぎ駄菓子屋 銭天堂 アニメ公式サイト

『たたりめ堂』の店主。たたりめ堂は、うらみやねたみを抱えた人間にぴったりのお菓子を売ってくれるお店です。

お代は「お客が集める悪意」。

銭天堂をライバル視しています。よどみの見た目は7歳くらいの少女ですが、声がしわがれています。

相手の心の隙につけこみ、良からぬことをたくらんで人々を惑わせるのが大好きだそうです。

まとめ

 

今回はアニメ『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』銭天堂の駄菓子は怖いのか?それとも怖くないのか?についてまとめてみました。

実際こんな不思議な駄菓子があったら、ちょっと買ってみたいです。

でも食べた後、不幸に見舞われてしまったら・・・と考えてしまうと、やっぱり買わないかもしれません。

ただ、心がきれいになる「虹色水あめ」は欲しいですね。注意事項も自分に害を与えるものではなかったので。

アニメは小説よりも話の内容がスーっと入ってくるので、本が苦手なお子さんはまず、アニメから入るといいと思います。

子どもの集中力を考えると、アニメ1話が10分程度というのは、とても見やすい長さなのではないでしょうか?

アニメを見ているうちに続きのお話が気になって、もしかしたら本にも興味が出てくるかもしれませんね。

Eテレや、U-NEXTでも放送しているのでお子さんと一緒に見るのもお勧めです。

興味がある方はぜひチェックしてみてください。

 


ふしぎ駄菓子屋 銭天堂を無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)