【ネタバレ感想】実写化決定の「ひとりで飲めるもん」バリキャリ美人のひとり飲み!

一生懸命仕事をして、うまくいったり、ちょっと落ち込んだり。
そんな仕事終わりの時間、あなただったらどんな方法でリフレッシュをしますか?

「ひとりで飲めるもん」の主人公・メイはチェーン店でのひとり飲みで息抜きをしています。

帯のコピーにもある「ちょい飲みで今日をリセット」、メイのようなこんな飲み方が私も大好きなんです。

もちろん、素敵なお店で凝った料理を楽しむのも楽しいし大好きですが、金銭的にもダイエット的にも毎日は難しいですよね。
だけど仕事は毎日大変だし、息抜きしたい!

そんなあなたにおすすめな漫画です。

主人公が女性なので、女性の方が共感しやすいかもしれませんが、バリキャリのメイの飲み方と働き方は、男性も「わかる!」となると思います。

ヒット作「凪のお暇」のコナリミサト先生の作品ということでも注目の作品です。
2021年6月からWOWWOWオリジナルドラマとして実写化も決定しました。

メイを演じるのは大政絢さん。美しいメイの再現性が高くてびっくりです。
実写版も期待大の「ひとりで飲めるもん」、メイ魅力をご紹介します。

【作品情報】
著者:コナリミサト
2021年6月からWOWWOWオリジナルドラマとして大政絢主演でドラマ化しました。

「まんが王国」なら「ひとりで飲めるもん」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』「呪術廻戦」など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。

※この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください

いい香りの正体はハッカ油!チェーン店飲み大好きな主人公・メイ

引用元:soufful

主人公・紅河 明(ベニカワ メイ)はコスメ会社の広報部に勤務する28歳。

コスメ会社の広報部のエースで、美人でスタイルも良く仕事もできる社員の憧れの存在として注目されています。

ゴージャスな私生活を送っているように思われていますが、実はリーズナブルでさくっと飲めるチェーン店飲みが大好きです。

ありつけたときには張り詰めた糸がぷつんと切れて等身が縮みます。
父は北海道、母は名古屋出身で、小さい頃に作った造語「なまらうみゃー」が口癖です。

とにかくメイが素敵で、まさに私の理想の女性像でした。

  • 見た目が美しい
  • 仕事ができる
  • プライベートでは気取らない

社内の人たちは2つ目まででメイに憧れの目を向けていましたが、断然3つ目まであわせて魅力全開でしょう。

仕事とプライベートのギャップがいい感じで、「こうなりたい」がつまっていました。

でも、もし実際にメイと同じ会社で働いていても作中の同僚たちと同じく、素敵な面にはなかなか気が付けないかもしれません。

人って見た目や表面ではわからないことがきっとたくさんあります。
表面的に判断せず、しっかり話すとこういう面白い部分があるかもしれない、そう思いながら人に接したいしもっとしっかり話を聞くと、新たな発見ができそうです。

両親譲りの誰もが振り返るような美しい容姿を手に入れることはなかなか難しそうですが、すぐ真似できそう!と思ったのが「香り」。

いつもいい香りのメイですが、香りの正体は実は「ハッカ油」でした。
にんにくたっぷりの餃子を堪能した後に仕事に呼び戻された時も、消臭効果のあるりんごジュースにブレスケア、健気な匂い消しの努力をし、ハッカ油をスプレーして会社へ向かいます。

さっそく買ってからあまり使用せず家に眠っていたハッカ油を引っ張り出してきてひと吹き試してみました。

スーっとするし、ちょっと湿布?と思われるかな…と思ったけど、すっきりして自分自身は爽快です。
これがメイの香り…?とウキウキして仕事ができました(笑)。

飲み方も仕事の仕方も香りも、自分の「好き」や「こうしたい」がしっかりわかっているからこそ、メイが素敵だなと思うのかもしれません。
他の人のいいなと思う部分を取り入れながら、自分なりのスタイルを見つけていきたいです。

王道・餃子×ハイボールから変わり種まで。参考にしたいメイの飲み方

天丼、餃子、牛丼、カツ丼、フライドチキン。
王道ももちろんありますが、あぁ…その組み合わせもいいですネ!という発見がメチャメチャありました。

チェーン店って男性が多いので、女性一人では入りづらい…という気持ちはあります。
でも、勇気を出してチャレンジすると新しい世界が開けるはずです。

チェーン店飲みはなんていってもリーズナブルで手軽、そして美味しいというところがポイントだと思います。
辛抱たまらず気になったメニューを試してみました。

「皿うどん×ビール」

作中ではメイは味変にもこだわっていて、料理の魅力を余すところなく楽しんでいることが伝わってきます。

「食事」だけど、お米のごはんより罪悪感が少なく、ヘルシーな気になってくる…というのは確かにです。
お野菜もたっぷりでおつまみとしてもぴったり、でも満足感は半端ありません。

そしてぜひマネしたいのがデザートとお酒の組み合わせです。

有意義な打ち合わせの後、思いが熱いうちにアウトプットしたいと入ったカフェで、一仕事を終えた後のチーズケーキ×赤ワイン…。
目の付けどころがさすがです。これ、絶対合う組み合わせだと思いました。

スフレチーズケーキじゃなく、ニューヨークチーズケーキなのもポイント高いです。
家でも再現しやすいところもいいですね。

ケーキ×赤ワインはもう一つ、ガトーショコラ×赤ワインが紹介されていますが、これも間違いなく合いそうな組み合わせだと思います。

ガトーショコラはハイボールとも合うのではないかと思っているのですが、この料理には何をあわせようかな?と考えるのってすごく楽しいです。

思いついた組み合わせを思い立ったらすぐに試せるのも「ひとり飲み」の良さだと思います。
他の人は関係なく、「自分がどうしたいか」だけです。
何を食べようか、どのお店に行こうか、いついこうか、どのくらいの時間を過ごそうか。

誰かと会話するかわりにしっかり目の前の食事と自分自身に向き合えます。

メイは心から食事を楽しんでいることがビシビシ伝わってきて、食べっぷり飲みっぷりは見てるだけで幸せになれます。
日々のごはんはつい淡々と食べてしまいますが、毎回の食事を自分も「楽しく、美味しそうに食べる人」になりたいな~と考えさせられました。

「まんが王国」なら「ひとりで飲めるもん」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』「呪術廻戦」など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。

クールに見えて情熱的!尊敬できるメイの働き方

美人で仕事のできるメイですが、面と向かっては誉め言葉を言ってくる同僚も、陰ではやっかみで悪口を言っていることも…。

「忙しいアピールしてる」「顔で出世してる」「顔色変えずにヒョウヒョウと仕事してロボットみたい」

これ、聞いてしまったらつらすぎます。
その場では聞いていなかったように、何事もなかったようにふるまえるメイは尊敬しかありません。

職場でのメイは一見クールに見えますがそんなことはないです。
自社のプロダクトに絶対の自信と愛を持ち、それをみんなに届けたいと心から思って情熱をもって広報の仕事をしています。

自分の頑張りが思ったように認められていない…と感じることも多々あっても、お客様の喜ぶ顔に自分の仕事の価値を見出してがんばっているのです。

引用元:soufful

そんな中、準備をしてきたサイトの立ち上げ直前にライバル会社がほぼ同じコンテンツを打ち出してきたことが判明します。
急遽その対応に追われた時も、上層部は具体的な対策案は出さずネチネチいうだけ……。

憎しみの業火に焼かれないように激辛カレーにビールで気を取り直し、きちんとリカバリー。
しかし成功したとたんに手のひらを反す上層部にさらにモヤモヤするのでした。

そして爆弾のような後輩の後始末に胃が痛くなったときに選ぶのも「素うどん」に、もちろんビールです。
合わないって思いますか?小麦が原料つながりのうどんとビールは合うと思いますよ!
あぁ気が合いそう。

上層部は大変な時は手助けしてくれず文句ばかりで、都合の良いときだけ自分を持ち上げたり、意味不明な後輩の行動に振り回されたり、戦友だった同期が転職したり…。
こういったことは、実際に働いていてもよくあるシチュエーションです。

大なり小なり経験がある人は多いのではないでしょうか。

自分は変わらなくても、周りが変わることによって居心地の良かった環境が変わってしまったとき、この先自分がどうしていくかを考えさせられるタイミングですよね。

ライバル会社で天敵だった朝岡類次がが独立するというニュースが入ったときには、メイも転職か独立をするのでは…という噂が流れます。
周りから言われる「冒険」という言葉に、30歳目前のメイは悩むようになりました。

自分なりの「冒険」を探して普段いかない高級寿司店に行ってみますが、それを通じてやはり自分がシンプルに欲しいものに気が付きます。
「このままこの会社に残って働くことが今の私にとっての最高にワクワクできる冒険」という結論を出したのでした。

自分にとっての冒険は何か?自分の考え方次第でどこでも「冒険」ってできるんですね。

感想・まとめ

働くって本当に大変です。
「なんで私だけ」と思うこともたくさんあります。
仕事内容だけでなく、職場の人間関係も大きくストレスになることも多いです。

日々のモヤモヤは溜め込むよりは細目に発散したいですが、ごはんで気分転換するのは一番手軽で日常に寄り添った方法だと思います。

気の合う仲間との飲み会や高級な料理もたまにはいいけど、毎日だと疲れてしまう。
そんなときにおすすめなのがメイの「ひとりちょい飲み」です。

女性一人でお店に入るということ自体に抵抗がある人もいるかもしれません。男性の中にももしかしたら苦手という人もいるかもしれないですね。

でも、ぜひ一度試してみてもらいたいです。きっと病みつきですよ。

ライバル・朝岡類次とはタイミングがあえば恋愛に発展するかも!?と気になりましたが、1巻完結のためメイの恋愛についてはお預けになったのが少し残念です。
いつか続編が出ることを密かに心待ちにしたいと思います。

みんな毎日お疲れ様!お互いがんばってるよね!と言いたくなる漫画でした。
ドラマ版では素敵なメイがどう表現されるのかとても楽しみです。

「まんが王国」なら「ひとりで飲めるもん」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』「呪術廻戦」など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。