【ネタバレ】『ファザーシッター』1巻感想!スマホばかりで子育て丸投げの問題パパ!

漫画大好き主婦がオススメする

『ファザーシッター~問題パパのしつけ承ります~』を紹介します。

 

子育ては夫婦の関係を映し出す鏡のようなもの・・・

幸せな姿しか映らないと思っていたのにーーー

 

山下

ワンオペ育児に苦しんでいるママが

たくさんいる世の中ですが

この漫画で少しはスカッとできるかもしれません。

 

実際にこんな人がいたら・・・

と思うと面白いですよ。

 

『まんが王国』なら『ファザーシッター』が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』『呪術廻戦』など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。

 

『まんが王国』の無料登録はこちらから

まんが王国ってどんなサービス?使い方や、おすすめマンガを紹介!

 

 

あらすじ

引用:まんが王国

 

毎日の家事と育児で疲労気味の春美。

鷹史は家のことより趣味のスマホゲームを優先しています。

 

疲れから体調を崩してしまう春美でしたが

「なんか顔色悪くない?移さないでよー?こっちは仕事あるんだから」と

鷹史はぞんざいな扱いをしていました。

 

子どもへの愛情はあるが、

ほとんどの事を妻に丸投げな鷹史。

春美は精神的に追い込まれていきます。

 

そんな時、友人から

“伝説のベビーシッター”の話を聞き、

勢いで依頼をしたのですが、

 

当日現れたのは、イメージとは違う男性のシッターでした。

 

登場人物

 

春美

引用:まんが王国

 

毎日の家事育児に疲労困憊気味の主婦。

夫がスマホゲームに夢中なことや、家庭に向き合ってくれない姿勢に不信感が募っている。

 

鷹史

引用:まんが王国

 

春美の夫。子どものことは可愛いが、家庭のことは春美に任せっぱなし。

 

みゆ

引用:まんが王国

 

春美と鷹史の子ども。

 

柏木

引用:まんが王国

 

指人形で会話する変わった男性ベビーシッター。

 

 

注意
この先ネタバレを含みます。ネタバレが嫌いな方はご注意ください。

 

 

スマホゲームばかりの夫

 

朝、泣き声で目が覚める春美。

子どもを抱き上げるとウンチが漏れてしまいます。

 

手伝ってほしいと夫・鷹史に声をかけましたが、

「あんま寝れてないから無理」と返事が。

ため息をつく春美。

 

寝れてないってまたゲームだよね・・・?と思う春美でした。

 

その後も頭が痛いと感じつつ朝食を用意し始めます。

鷹史は「昨日のご飯ってこと?硬いのやだよ!パンのほうがましだなぁー」と

嫌な言い方をしてきました。

 

 

山下

春美は頑張っているのに、

ねぎらう言葉もなくスマホゲームに夢中な鷹史には

最初からイライラさせられますね!

 

ため息で済ませてしまう春美も、今まで、

何度も同じような場面があって

言ってもしょうがないという気持もあるのでしょうか?

 

 

春美が子どものよだれを拭いてあげてと言っても

スマホゲームをやりながら、大丈夫♪とほおっておく始末です。

鷹史は結局、朝食を食べずに出社してしまいました。

 

 

山下

自分の子どもなら

ちょっとは面倒みてよ!!

と怒鳴りたくなりますね。

 

でも実際に、こういうワンオペ育児の家庭は、

たくさんあるんだろうなと思います。

 

 

 

伝説のベビーシッターの正体は

 

そんな時、友達から電話がかかってきました。

春美は思わず泣き出してしまいます。

 

友達が教えてくれたのは

“伝説のベビーシッター”というものでした。

 

 

山下

伝説のベビーシッターって何!?

って思いますよね。

何度も子育てしてきたおばちゃん・・・?と私は想像してしまいました。

 

どんな人なんでしょうか。

 

 

話を聞いて調べてみると、

サイト内の評価はいいものばかりです。

 

明日予約が空いてるというので、

春美は勢いで予約をしてしまいました。

(一回くらいいいよね・・・?タカ君怒るかなぁ・・・)

 

 

山下

何も手伝ってくれない鷹史のことを気にする春美に

「いいんだよ!」って言ってあげたくなりました。

 

やはりお金のことが気になるのでしょうか?

働いてるのは鷹史ですが、

後ろめたい気持ちにならなくてもいいのにと思います。

 

 

次の日、ピンポーンとインターホンが鳴り、

鷹史がめんどくさそうに玄関に出ると

トマトと卵焼きの指人形をつけた男性が自己紹介をしてきました。

 

「こんにちは!ボクはトマト!ボクは卵焼き♪

こっちはベビーシッターの柏木陽向君だよぉ!」

 

 

山下

いきなりの変わった登場に、

正直私も「えっ?」ってなりました(笑)

 

タイトルからするとこの柏木君が色々やってくれるのか・・・?

という謎の期待を持ってしまいます。

どんなことをやってくれるのでしょうか。

 

『まんが王国』なら『ファザーシッター』が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』『呪術廻戦』など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。

 

『まんが王国』の無料登録はこちらから

まんが王国ってどんなサービス?使い方や、おすすめマンガを紹介!

 

 

家のことは俺ができる?

 

「何勝手に頼んでんの!?」

「ごめん、体調悪くて、タカ君もでかけちゃうからその・・・」

 

こそこそと話をする二人でしたが、

だんだんと声が大きくなっていきます。

 

「なんでベビーシッターが男・・・」

と鷹史が言いかけたところに、

いきなりトマトが割り込んできました。

 

柏木はトマトを通して、

ゆっくり休んでと春美に声をかけます。

 

春美は不安になりつつ

寝室に押し込まれ呆然とするのでした。

 

 

山下

ちょっとした会話から状況を読み取り、

動いてくれるのは

さすが“伝説のベビーシッター”

とでもいうのでしょうか。

 

ぜひ、家事育児のことを

鷹史にわからせてほしいですね!

 

 

二人っきりになった鷹史と柏木。

「家のことは俺ができるんでなんなら帰ってもらっても」

ジロジロと柏木を見ながら鷹史が言います。

 

ちょうど子どもが泣き始め、

サッと鷹史より先に動いた柏木。

おむつの替えがどこにあるか鷹史に聞きますが・・・。

 

「おむつな・・・この辺だろ?あ・・・あれ・・・?」

あたふたと一向に探しだせない鷹史をよそに、

すぐ見つける柏木。

 

 

山下

どの口が「家のことはできる」なんて言えたんだと

この一件だけでわかりますよね。

 

おむつを替えたことがなくても、

場所くらいわかるでしょう・・・と呆れます。

 

日頃どれだけ、

家のことを見ていないのかも露出してしまいましたね。

 

 

他のことで忙しいと洗濯機に向かう鷹史ですが、

開けることすらできません。

休んでいる春美を呼ぼうとする始末です。

 

卵焼きに一緒にやろうと言われ、

いらだった鷹史は柏木の手をはたきました。

「馬鹿にしてるのか・・・!?」

 

「だってパパなにもわからないんだよね?」

「どうしてママがボクたちに助けを求めてきたのかわかってないんだね」

と話す指人形たち。

 

それを見ても訳が分からない鷹史でした。

 

するとため息をついた柏木が、自分の声で言います。

「あんたって家の事なーんもみてないんだな」

その冷めた視線に、思わずゾクッとした鷹史でした。

 

 

山下

無表情の柏木君がスッと冷めた顔で、

言ってくれた言葉に思わず同意です。

 

こんなにわかりやすく教えてあげてるのに、

なんで訳が分からないのか!と

鷹史にはさらにイラつきました。

 

 

家事育児は当たり前のこと

 

心配になった春美はメモを書き、柏木に渡します。

そんな春美に、

ちゃんとタカ君の面倒も見るから、という指人形たち。

 

子どもをあやしながら、

鷹史に家事をやらせる柏木でしたが、

家事をしながら鷹史は文句を言い始めます。

 

「ダルいわぁー。これじゃ休日も仕事状態じゃねーか。やってられねーわ」

とスマホをいじりはじめたのです。

 

すかさず柏木が前に出てきました。

柏木にビビった鷹史は、

雇ってるのはこっちだぞ、と慌てて言います。

 

柏木は「そのダルい作業を毎日毎日お母さんはやっているんです」

時給お支払いしてますかと、

問い詰めるように更に鷹史に言いました。

 

 

山下

春美は休日なんてないんだよ!

と鷹史に言ってやりたくなりますね。

一応は家事をやった鷹史ですが、それに文句を言うなんて・・・。

 

柏木が、

毎日お母さんはやってるんです。

と言ってくれたのは少しだけ気持ちが晴れました。

 

 

仕事とは別だろ、自分の子どもなんだから当たり前・・・と

言い返そうとして鷹史はハッとしました。

 

しかしすぐ、

説教してんじゃねーと柏木に言い放ち、

鷹史は出かけて行くのでした。

 

 

山下

ハッとしたということは

何かわかってくれたのかな・・・?

 

と思ったのも束の間、

出かけていくのかよ・・・と残念な気持ちになりました。

本当に鷹史には伝わらないですね。

 

 

全然わかっていない?

 

たくさん寝ることができてスッキリした春美は、

体調がよくなり起き上がります。

 

スマホの時計を見ると、

ベビーシッターにお願いした時間が過ぎていました。

様子を見に行くと、鷹史が子どもをあやしています。

 

不満げな顔をしながら

「疲れたぁ!休みなのに全然休めなかったわ!」

と当てつけのように春美に言う鷹史。

 

ベビーシッターなんてもう呼ぶな

金の無駄とまで言うのでした。

 

 

山下

予定をキャンセルしてくれたのは

 

わかってくれたのかなと思いましたが、

違いましたね。

 

具合が悪くて休んだ春美に

当てつけのように言うなんて、

パパだけでなく夫としてもどうなのでしょうか。

 

 

(少しはわかってくれて、これから協力してくれればいいんだけど・・・)

 

夜。

「今日はありがとうね・・・すっごく助かった」

とお礼を言う春美。

 

鷹史は聞いているのかいないのか、

スマホゲームをしながら空返事をします。

 

何か言いたげな春美は何も言わず、

おやすみとだけ言うのでした。

 

鷹史は自分へのご褒美にゲームへの課金をします。

春美への相談もなく・・・。

 

 

1巻感想まとめ

引用:まんが王国

 

1巻ではまだ、柏木の本領(?)は

発揮されていないようでした。

タイトルにつながるような、問題パパ鷹史には出会えましたけど(笑)

 

自分の趣味を優先させ

家のことは妻にまかっせぱなしの鷹史に

とてもイライラさせられましたね!

 

俺は仕事をしてるんだからという態度

ほんとにムカつきます。

 

子どものことも

ただ可愛がるだけじゃ親とは言えません。

他人の子と一緒です。

 

春美は何故、

文句の一つや二つ言えないのでしょうか?

やはり仕事をしていないことにうしろめたさがあるのか・・・?

 

伝説のベビーシッター柏木も謎の人物です・・・(笑)

登場いきなり指人形で会話をするという・・・

 

実際にいたら、結構変な人ですよね。

春美と鷹史も困惑しているようでした。

 

しかし、柏木は世の主婦の代弁者という感じでしたね!

時給払っているか?深夜料金も、と鷹史に言ったときは、

うんうんと頷いてしまいました。

 

家事育児って、目に見えにくいけど立派な仕事ですよね。

 

しかし、鷹史にはあまり伝わっていないようで・・・

がっくり。

しまいにはスマホゲームに課金・・・

 

ちょっと頑張って好きなものが買えるなら、

春美は毎日頑張ってるよ!

と言いたくなります。

 

山下

問題パパ鷹史は

このあとどうなるのでしょうか?

スカッとするような展開になってほしいですね。

 

『まんが王国』なら『ファザーシッター』が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』『呪術廻戦』など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。

 

『まんが王国』の無料登録はこちらから

まんが王国ってどんなサービス?使い方や、おすすめマンガを紹介!