『亡国のマルグリット』のネタバレあり感想。国を失った王女の運命に、ワクワクが止まらない!

「マルグリット王女、逃げてください。
血を絶やしてはなりません。
ルナリア王国の血を…!

 

今回紹介するマンガは、『亡国のマルグリット』です。

引用元:まんが王国

国を失った王女が物語の主人公です。
オーソドックスな設定と、繊細な絵柄。
ファンタジーや中世ヨーロッパ風の世界が大好きな私、惹かれて思わず手に取っちゃいました。
結果、この先が気になる、ワクワクする作品に出逢えてうれしいです!

中世ファンタジーに似た世界観が好きな人。
美麗なキャラクターにうっとりしたい人に、ぜひ読んでもらいたい一作です!

マンガを読み続けて30年。
自分でもマンガを200ページ以上描いてしまうくらい、マンガオタクの私が紹介します!

「まんが王国」なら「亡国のマルグリット」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』「呪術廻戦」など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。

あらすじ

引用元:まんが王国

舞台は、中世ヨーロッパに似た架空の世界。

ルナリア王国は、ロレンディア王国に突然攻め入られる。
王も王妃も命を落とす中、幼い王女マルグリットは侍女によって外へ逃される。
逃れた先で、エルベ村のクリストフという男に助けられた彼女は、以後クリストフの亡き息子「ニコラ」として育てられることに。

時は流れて、成長したマルグリットことニコラ。
正体を知られぬよう、エルベ村で隠れ住む日々を送っていた。
しかしある日、ルネレオという青年が村を訪れたことで、マルグリットの運命は大きく動いていく…。

『亡国のマルグリット』ネタバレあり感想と見どころ

壮大な運命に翻弄される予感にドキドキ!襲撃の真相は?深まる謎!

まず感じたのは、「これから一体どんな風に物語が進むんだろう?!」というドキドキ。
穏やかな日々から、静かにマルグリットの運命が動き出していく予感に、胸がわくわくしました!

物語は王道の宮廷ファンタジー。
幼い日の、襲撃されて逃げる場面から始まります。
「何もしてないし幼いのに、一方的にかわいそう…」と読み進めますが、謎が浮上します。

1巻の終盤。
ルネたちとの騒動もひと段落したころ、マルグリットは養父クリストフに「男だと隠し通すのは、そろそろ無理が出てくるんじゃないか?」と言われてしまいます。

結果、エルベ村を出て、ラグノーという大きな街で暮らすことに。
これまでの生い立ちを隠し、「マギー」という少女として酒場で働き始めます。
給仕をする彼女の耳に、客の会話が飛び込んできました。

「ロレンディアのほうが国も大きくて武力もあるのは目に見えてただろうに、戦をしかけようなんてルナリア王国の人たちは何考えてたんだろうな…」

マルグリットは衝撃を受けます。
彼女の記憶では、攻め込んできたのはロレンディア王国のほう。
祖国ルナリアがそんなことをするわけがない。
けれど、それは自分が知らなかっただけで、父様と母様は戦をしようとしていた…?!

真相は深いものがありそう。
運命はマルグリットを放ってはおかず、やがて大きな使命に巻き込まれていく…。
そんな予感に、読み進めながら胸がドキドキしました!

貴種流離譚(きしゅりゅうりたん)とは?

引用元:Unsplash

『亡国のマルグリット』は、貴種流離譚で構成された作品です。

貴種流離譚とは、物語のパターンのひとつです。
高い身分の主人公が国や身分を奪われ、遠い地へ流される。
試練と冒険を越え、成長した主人公は、やがて最大の敵を倒して名誉と身分を再び手にする。
多くの神話などに見られ、さまざまな作品で使われている流れです!

ディズニー作品の『ライオン・キング』や、大河ロマン作品『アルスラーン戦記』も、基本的なストーリーはこのパターンに沿っていますね。
こういうストーリーが好き、壮大な作品を探しているという人に、特におすすめです!

ルネは何者?これから人間関係がどうつむがれるか気になる!

村で暮らしていたマルグリット。
そこにルネとレオがたまたま訪れたことで、マルグリットの状況がだんだんと変わっていきます。

エルベ村の住人としか交流がなかったマルグリットが、これからどんな人たちと出会うのか、期待が高まります!

特にルネは、今後の展開のキーパーソンになるはず。

おっとりしていて、繊細な見た目通り、力仕事は苦手なルネ。
細工師見習いと言うものの、言動には品の良さと、芯の強さがにじみ出ています。

特に印象的だったのが、水辺のシーン。
川遊びを始めるレオ。
興が乗った彼は、マルグリットに「どっちが速く泳げるか競争しようぜ!」と誘います。
うまい言い訳が見つからず、レオがマルグリットの上着に手をかけたところで、ルネがマルグリットをかばいます。

引用元:まんが王国

「誰にだって、踏み込まれたくない領域がある」

その口調に、冷静になって謝るレオ。
マルグリットもまた、ルネが見せた別人のような顔に、目を奪われたのでした。

物語冒頭は、人間関係はまっさら状態のマルグリット。
そんな彼女が、これからどんな人たちと出会い、成長していくのか。
楽しみに胸がわくわくしました!!

「まんが王国」なら「亡国のマルグリット」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』「呪術廻戦」など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。

登場人物

マルグリット

引用元:まんが王国

ルナリア王国の王女。
幼い頃にロレンディア王国に攻め入られ、祖国と家族を失う。
逃げた先でクリストフにかくまわれ、彼の息子として育てられる。
素性を知られないよう、細心の注意を払ってエルベ村で暮らしてきた。
一方、正義感が強く、理不尽なことには声を上げてしまう性格。

少年として育てられたマルグリット。
ショートボブの髪とパンツルックで、ボーイッシュな印象です。
この先、王女として少女らしい姿も見られるのかと、期待しちゃいます!
剣術もたしなんでいて、「身を守れるお姫さま」というのもすごく好きですね…!

クリストフ

引用元:まんが王国

マルグリットの養父。
エルベ村で土地を耕す農夫。
追われていた幼いマルグリットをかくまい、受け入れる懐の深さを持つ。
凄腕の戦士でもある。
10年前に妻を亡くし、マルグリットをかくまう数日前に、息子二コラを病で失っている。

カッコイイ大人その1。
訳アリのマルグリットを、まるっと受け入れる包容力にシビれます…!
国を追われる王女というハードな設定でありながら、安心して読み進められるのはクリストフがいるからだと感じました。
彼の過去も、物語に大きくかかわりそうな予感がします…!

ヤン

引用元:まんが王国

クリストフの従卒(じゅうそつ)。
彼と一緒に、幼いマルグリットを追手から守るのに一役買った。
クリストフの妻が亡くなってから10年以上、彼の世話役をしている。
料理担当。

カッコイイ大人その2。
クリストフとともにマルグリットを救い、見守ってきたキャラクターです。
ひょうひょうとした言動で、読み手とマルグリットの心を軽くしてくれます。

ルネ

引用元:まんが王国

金細工師見習いの青年。
ルナリア領の鉱山から採れる良質な石を求めて、エルベ村近辺を訪れる。
その道中、トラブルに巻き込まれたところで、マルグリットと出会う。
温和で穏やかな雰囲気。
手先は器用だが、力仕事はさっぱり。
どこか気品のある風貌をしている。

推しです。
美貌と柔らかい雰囲気で、「ただの庶民ではない…!」感をビシビシ感じさせてくるルネ。
けれど威圧的ではなく、本当に「良い子なんだな~」と胸がほかほかします。
「助けてくれたお礼に」と、マルグリットに花冠を作ってくれるシーンに、温かい気持ちになりました。
「男に花冠とか変じゃない?!」と動揺するマルグリットも可愛い!!
胸がきゅんきゅんしました!

レオ

引用元:まんが王国

ルネの同行者で、彼の乳兄弟と紹介される。
ルネとは対照的に、腕っぷしが強く喧嘩っ早い性格。

男性的で、少し荒っぽいレオ。
彼の身分も、ルネと同じように隠されています。
おそらくは高貴なルネの護衛ではないか? と示唆される場面があります。
穏やかなルネとは対照的に、マルグリットを泳ぎに誘ったり、酒場で喧嘩をするシーンがあったり、どんどん状況を動かしていくキャラですね。

『亡国のマルグリット』ネタバレあり感想まとめ

引用元:まんが王国

『亡国のマルグリット』は、美麗な絵柄で王女の運命を描く、ファンタジーロマンですっ!

王道の中世ヨーロッパ風の作品。
絵柄が綺麗で見やすいのも魅力的!
少女マンガ風のテイストで描かれる、本格ファンタジーロマンにときめきます。

今はまだ一般人でしかないマルグリットが、どうやって「ルナリア王国の王女」として知られていくのか。
それを知ったとき、ルネたちはどんな反応をして、どんな関わりを持っていくのか。
個人的には、ルネとどんな関係になるのか気になるところ。
胸きゅん展開が好きな人間として、「ちょっとロマンスがあったりするのか…?!」と期待しちゃいます。

『亡国のマルグリット』は、こんな人におすすめ!

  • 中世ヨーロッパ風の世界が舞台のマンガが読みたい!
  • 追われたお姫さま、立ちふさがる困難、現れる協力者…。そんなストーリーを楽しみたい!
  • 繊細な絵柄の作品で、癒やされたい!

気になった人はぜひ、チェックしてみてください!

「まんが王国」なら「亡国のマルグリット」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』「呪術廻戦」など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。