【感想】ひぐらしのなく頃に卒 【アニメ】 ネタバレ あの時の銃はあの時のものだった・・・!!

今回は、毎週Twitterでも放送後はすぐトレンドになる、好きな人は好き!な作品、
アニメ『ひぐらしのなく頃に卒』の最新6話・綿明かし編の感想をアニメ大好き!アニメを見続けてウン十年の私がつらつらと述べていきたいと思います。

今週も最高に面白かったー!けど胸糞悪かったー!!

※ネタバレを含みますので、まだ見てない方はご注意ください!

ひぐらしのなく頃にって??
『ひぐらしのなく頃に』とは、2002年に同人ゲームとしてヒットした作品であり、そのゲームが原作になったアニメが2006年から放映されました。

『ひぐらしのなく頃に』を出題編として、『ひぐらしのなく頃に解』を解答編として謎や伏線を回収する形で構成されていました。

※OVA作品もあり、続編とは違う位置にありますが、こちらも面白いですよー。

さらにさらに、13年の時を経て、2020年秋、再び放送されることになり、ファンを歓喜させたのも束の間、第2話で『ひぐらしのなく頃に業』(以下、ひぐらし業)という新タイトルが明かされ、リメイクだと思っていた過去作からのファンも「まさかの完全新作?!」と、より釘付けになった、という仕掛けがあったのでした。

いやー、あの嬉しい衝撃は今でも身体に残ってます。最高にワクワクしました!

そして、2021年秋から3月末までの2クールを経て、満を持して続編であるひぐらし業の解答編であるひぐらしのなく頃に卒(以下、ひぐらし卒)が2021年7月から放送されている、という流れです。

この空白の3か月が長かったー!!

 

 

引用元:アニメ ひぐらしのなく頃に卒 公式サイト

 


ひぐらしのなく頃に卒を見るなら<U-NEXT>

「ひぐらしのなく頃に」大きなあらすじ

舞台は昭和58年。雛見沢村という小さな田舎の村に越してきた主人公・前原圭一は平凡ながらも平和な毎日を学校の仲間と「部活」と称する本気の遊びをしながら楽しく過ごしていました。

しかし、この村には毎年6月に行われる「綿流し」というお祭りで必ず誰かが1人死に、1人が行方不明になるという噂がありました。その話を聞いてから、圭一の周りでは何かが少しづつ変わっていきます。

その小さな変化が大きな綻びになっていき、やがて惨劇が起きます。

しかし、その惨劇を部活の仲間との強い絆で乗り越えることが出来たのです。

そして、その後の話として位置するのが、出題編と言われている『ひぐらし業』であり、その解答編とされる、今回記事にした『ひぐらし卒』なのです。

登場人物

前原圭一

雛見沢に引っ越してきたばかりの主人公。部活メンバーでは唯一の男子。皆を動かす勢いと行動力があり、古い風習を持つ雛見沢に風穴をあける可能性を秘めている。

引用元:アニメ ひぐらしのなく頃に卒 公式サイト

竜宮レナ

優しくて気が利く、かわいいもの大好きな女の子。一見おっとりしているが、とても意思が強く、冷静に仲間を諭す姿や思いやる姿が見られる。茶色がかった短い髪の毛。

引用元:アニメ ひぐらしのなく頃に卒 公式サイト

園崎魅音

部活の部長であり、雛見沢で最も力を持つ「御三家」のうちのひとつ、園崎家の時期当主。しっかり者でいつも皆を引っ張っている。みんなの頼りになる存在。緑色の髪でいつもポニーテール。

引用元:アニメ ひぐらしのなく頃に卒 公式サイト

 

古手梨花

雛見沢村の守り神であるオヤシロサマが祀ってある古手神社・古手家の頭首。御三家のひとつ。両親が亡くなり、同じく両親を亡くした沙都子と住んでいる。
紫のロングヘア。

引用元:アニメ ひぐらしのなく頃に卒 公式サイト

北条沙都子

トラップをかけるのが得意な策士。その腕には皆一目置いている。梨花と一緒に住んでいる。「~ですわ」という特徴的な喋り方。金髪でカチューシャの短めのヘアスタイル。今作の最重要人物!

引用元:アニメ ひぐらしのなく頃に卒 公式サイト

 

園崎詩音

魅音の双子の妹。容姿はそっくりだが、髪の毛をおろし、喋り方も魅音に比べ、穏やか。しかし、気性は荒く、攻撃的な性格。雛見沢ではなく、全寮制の学校にいるが、たびたび抜けだして、圭一に会ってはちょっかいを出す。魅音と詩音の入れ替わりが重要なシーンになることもあります。

引用元:アニメ ひぐらしのなく頃に卒 公式サイト

 

知っておきたい言葉

「ひぐらしシリーズ」には、全編を通して知っておきたい用語がいくつか存在します。
そちらを簡単にまとめておきますね。

雛見沢症候群

雛見沢の住人だけが発症する風土病であり、発症すると酷い疑心暗鬼になり、末期症状になると攻撃性も増し、人を殺すことも厭わなくなる。最後は自分の首を痒くて搔きむしり、そのまま自死してしまう恐ろしい病気。
些細なことで疑心暗鬼に陥ったり、雛見沢を離れると発症します。

H173

雛見沢症候群を意図的に発症させることのできる薬。

カケラ

ひぐらしのなく頃にシリーズは、たくさんのパラレルワールドが存在していて、その一つ一つの世界を構成しているものが「カケラ」と呼ばれるものです。

レナが雛見沢症候群を発症する世界があったり、圭一が発症する世界があったり、はたまた、惨劇を乗り越える世界があったり・・・とたくさんの世界が存在していて、それを俯瞰して見ることができたり、別のカケラだと認識できる者がいます。

宇宙のような空間にガラスのカケラのように浮いている表現がされています。
それを渡り歩くようなイメージで次のカケラに行けるものが「繰り返す者」とされていま
す。

オヤシロサマのたたり

雛見沢に古くから伝わる、雛見沢の守り神であるオヤシロ様の怒りに触れるとあるとされる祟りである。毎年6月に行われる「綿流し」の祭りで1人が行方不明に、1人が死ぬと言われている。

その実態は御三家、特に園崎家が村にとって邪魔な人物を消していると思われているが真相は・・・。

 


ひぐらしのなく頃に卒を無料で観るなら<U-NEXT>

ひぐらしのなく頃に業//卒 これまでのあらすじ

ひぐらし業では多くの村人が雛見沢症候群を発症し、多くの惨劇が起きました。

そして、ひぐらし卒では「鬼明し編」で、ひぐらし業「鬼騙し編」によるレナの惨劇の裏側を知ることが出来ました。

惨劇の黒幕は沙都子。彼女は自分を殺すことで、任意のカケラに行ったり、カケラを認知しているがゆえに様々な干渉を行うことができるのです。H173を手に入れて、部活メンバーさえも巻き添えにして惨劇をおこしていたのでした。

その目的は親友である梨花を雛見沢にとどめること。そのためだけに。

しかし、梨花もまた、繰り返す者として、その力でかつては惨劇を打ち破ったのです。

どちらの意思が勝つのか。非常に気になる所です。
願わくば、また部活メンバーが信頼しあえる最高の世界になってほしいものです。

そして、ひぐらし業「綿騙し編」では魅音による惨劇か、詩音による惨劇か視聴者は分からないままでしたが、今回の「綿明し編」により、どちらの惨劇かがわかりました・・・。

引用元:アニメ ひぐらしのなく頃に卒 公式サイト

ひぐらし卒「綿明し編」あらすじ ※見てない方注意!

ここからは綿明し編5話までのあらすじになりますので、未見の方はご注意くださいね。

・部活メンバーで、一般の人を交えてのゲーム大会を行い、盛り上がるが、その隙を見て、沙都子は魅音にH173を投与したと思われます。そこからは坂道を転がるように発症していくことでしょう。

ゲーム大会後に景品として人形をもらった圭一。それを魅音に渡して、照れながらもとても嬉しそうな魅音。

しかし、その後詩音が現れ、圭一にちょっかいを出し、あろうことか魅音にあげた人形と同じものをプレゼントします。

傷ついた魅音はどんどん雛見沢症候群を悪化させていきます・・・。

綿流しのお祭りの日。詩音と圭一は禁忌である神社の祭具殿を暴いてしまいます。
共犯である富竹と鷹野は失踪。

これがオヤシロサマの祟りだとすると死ぬのは、圭一と詩音。

それを知った魅音は圭一を巻き込んだ詩音を躊躇なく殺害します。

そしてオヤシロサマの祟りを執り行っていると思われる御三家を問い詰めようと行動を始めます。

 

魅音による惨劇の始まり…

以下、いよいよ最新6話のネタバレ含みます↓↓

双子の妹である、詩音を殺害し、続いて園崎家頭首であり、実の祖母である園崎お魎を手にかけた魅音。御三家が「オヤシロサマの祟り」の黒幕であると、信じて疑わない魅音は圭一を守るために公由村長も拷問の末、殺します。

最後のターゲットは御三家・古手家頭首の梨花ちゃん。梨花ちゃんが赤目になり、圭一に吐き捨てるようにこのカケラでの絶望を口にしている所を目撃した魅音は、梨花ちゃんを黒幕だと確信し、直後に絞殺。

この時の梨花ちゃん赤目はひぐらし業の時とは何か意味があるのか、違う描き方がされるのかなと思ったのですが、ただ単に、演じることをやめた、魔女に近い梨花の人格が出てるということなのかな?

 

たびたび出てくる、沙都子や梨花ちゃんの赤目の表現もとても気になるところです。

 

引用元:アニメ ひぐらしのなく頃に卒

 

魅音が沙都子にH173を投与されなければ起こらない悲劇。旧作でもそうだったが、とばっちりで殺されるお魎さんや公由村長はもちろんですが、まさか魅音に殺されるとは思わない梨花ちゃんもかわいそかわいそなのです・・・

そして理性を捨てきれないまま、雛見沢症候群発症する魅音も今までの発症者とは違い、切ないものがあります・・・皆、保身で人を殺してしまったりもしてるのですがね・・・

梨花は本当に便槽に?

ひぐらし業「綿騙し編」で、梨花の遺体は便槽にあったと大石により圭一に語られていましたが、今回で本当に魅音の手で便槽に葬られたことが確定しました。投げ捨てるシーン、足で踏み落とすシーンは見ていて辛く、梨花が生きたままでなく、むしろほっとする気持ちさえ覚えました。

さすがひぐらし、酷すぎます。旧作で鷹野が便槽に押し付けられるシーンを思い出しました・・・

沙都子の暗躍

梨花の行方不明(実際は殺害されている)を知ってか知らずか、圭一を暗に責める沙都子。とにかく彼女は梨花死亡後に自害しないと梨花と同じカケラに記憶を引き継いでいけないのだから必死です。梨花の心配ではないところが悲しい。

そこから沙都子は動き始めます。

圭一を守る、それだけ

魅音は前述のゲーム大会後に人形をくれた圭一に対して恋心がより大きくなったのではと思います。旧作では人形をあげなかったことが詩音の嫉妬を呼び覚まし、惨劇の引き金になりました。

魅音と詩音。発症した者。全てが逆なのに、沙都子によって惨劇は引き起こされたのですね。しかも今回は第5話で沙都子自身が言っていたように、半分は興味本位。

全ては、そう、昭和58年の惨劇を共に乗り越えた部活メンバーさえも、彼女から見れば
梨花を雛見沢にとどめるためだけに存在するただの駒。

まさに鬼です。

引用元:アニメ ひぐらしのなく頃に卒 公式サイト

さて、魅音は安全な場所に圭一を軟禁。圭一は一切を知ることなく、全ての事が終わった後に保護されました。圭一は全てのカケラで発症者になったり、けがをすれども、殺されはしません。この辺も鍵になりそうですよね。

それにしても、全ての行動が圭一のため。なんて一途で可愛いんでしょう。雛見沢症候群を発症してるのに、あまり狂気を感じないのは、園崎家時期頭首のなせる技なのでしょうか。詩音の発症は狂気の塊だっので、より2人の気質の違いが浮き彫りになりました。

詩音も悟史のため、が動機だったのでそこの一途さはさすが姉妹ですね。

沙都子、園崎家へ!!

来ました、沙都子。やはり、ひぐらし業で魅音の見るモニターに映っていたのは沙都子でした。くしくも旧作で園崎家へ乗り込んだ梨花ちゃんと同じ、回覧板に書いてある、醤油のおすそ分けを装って来ました。もちろん、お互いそれがフェイクだというのは承知の上の茶番でしたが。

この時の沙都子の表情はとても可愛くて、とても何かを企んでるようには見えません。
自分を演じることも、繰り返す者となることで身につくのかもしれませんね。

梨花も同じように皆の前で演じるのが上手ですよね。

そして対決

沙都子を銃で打とうとする魅音。しかし、一足早く、沙都子が魅音の腹を打ちぬきました。手を伸ばした魅音の手も打ちぬく!!普通に規制なく描かれててびっくり。

沙都子が知りたいのは梨花が確実に死んだかということだけ。心配な気持ちなんてこれっぽっちもありません。だからこそ「殺してくれた」なんて言うことができるんでしょう。

そこに愛はあるんか?!と問いただしたくなります・・・

魅音の口から確かに梨花ちゃんを殺したことを聞くなり、躊躇なく魅音にトドメ。そして沙都子自身の頭を打ちぬいて、このカケラは終わりました。

魅音は沙都子の前でなすすべもなく、殺されてしまいました。沙都子に一切の隙はありませんでした。強いですね・・・元からトラップ女王なだけあり、計画性も非常にあるのでしょう。

そして、ひぐらし業で魅音のものとは違う銃が転がっていた謎が解けました。沙都子の自前の銃だったのですね。魅音の銃は沙都子により、蹴り飛ばされていました。

それにしても、銃の使い方を教えてもらった魅音よりも上達し、そしてそんな魅音を殺してしまうなんて、なんて皮肉な展開でしょう。まぁ、何年も、ひとつのカケラで練習していたのだから、当然、魅音を上回る腕になるかもしれませんが。

まとめ。そして・・・このあとどうなる?!

このカケラでは魅音に殺され、梨花ちゃんも死に際は意味が分からなかったでしょう。
おおかた、世間で言われるとおりの解答編だったかと思います。

もちろん、出題編であるひぐらし業の「綿騙し編」と今回のひぐらし卒の「綿明かし編」が同じカケラの裏と表だとは限りませんがね。

そして、次回はいよいよ次の編、「祟り明し編」です。本当にSSR鉄平を操っていたのか?だとしたら沙都子のおかしな様子は全ては演技?

そして大石にどんなタイミングでH173を投与したのか?!
だれが発症したのか?謎がたくさん、そして梨花の能力がアップデートされるのもこれからです。

これから続く、「祟り騙し編」と「猫騙し編」の解答がとっても気になります!!

これからも目が離せない「ひぐらしのなく頃に卒」の感想でした!

 


ひぐらしのなく頃に卒を無料で観るなら<U-NEXT>