【ネタバレあり】心に刺さる名言が盛りだくさん!華麗なる謎解き冒険譚・アニメ『美少年探偵団』

引用元:テレビアニメ『美少年探偵団』公式サイト

『〈物語》シリーズ〉』を手掛けた西尾維新×シャフトの最強タッグが帰ってきました!!

時にエロティックに、時にグロテスクに。西尾維新の独特の世界観を見事に再現した怪奇ミステリーアニメ『〈物語》シリーズ』。

長年に亘り注目されたシリーズを手掛けてきた制作陣が次にお届けするのは、「美少年」にスポットを当てた謎解き学園物語!

小説由来の語りを重視した物語進行多彩なタッチや映像演出で、少年たちの活躍を描き出します。

今回は作品のキーワードになる「星」「名言」から、作品の世界に切り込んでみたいと思います!!

 


美少年探偵団を無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
追加料金なしで雑誌も読み放題
31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)

 

注意

★以下、映画本作のネタバレを含みます。ご注意ください★

あらすじ

引用元:テレビアニメ『美少年探偵団』公式サイト

私立指輪学園中等部には、秘密組織『美少年探偵団』が存在する。

美しくあること・少年であること・探偵であることを団則に掲げ、校内トラブル全般の解決を謳う何とも怪しいその集団に、瞳島眉美(どうじままゆみ)はひょんなことから長年抱えていた難しい問題を依頼することに…。

真相解明は不可能とも思える奇妙な依頼内容にも臆せず、それぞれの個性を活かし、華麗に依頼をこなす美少年たちの活躍に心を奪われた眉美は、自らも探偵団に入団を希望します。

平々凡々な眉美の学園生活はその日から一変。美少年たちと共に学園内外のさまざまなトラブルに巻き込まれていくことになります。

きらめく「星」があふれる、美しき学園生活

引用元:アニメ『美少年探偵団』公式サイト

「星」から始まるまばゆい学園生活(1~3話まとめ)

このアニメはだいたい3話ごとに一つの事件を解決していく構成になっています。最初に描かれる事件は、瞳島眉美(どうじままゆみ)と美少年探偵団が出会う始まりの物語『きみだけに光かがやく暗黒星』です。

十年前の家族旅行で見上げた星空の中で一際明るく輝く星に惹かれた少女・瞳島眉美は、もう一度その星を見つけるべく毎日夜空を見上げていました。

しかしその星は十年経っても見つかることなく、見兼ねた眉美の両親は14歳の誕生日を区切りにその星に抱く夢を諦めるように伝えます。

誕生日を目前に私立指輪学園の屋上で星空を眺め、星を探す眉美。その前に、謎の少年・双頭院学(そうとういんまなぶ)が突如現れます。

「何かを一心不乱にでも探していない限り、すぐ傍に美しい僕がいることに気付かないなんてあるはずないのだからね!」

と、自身の美しさを棚に上げて喋る学。その言葉にカチンときた眉美は、売り言葉に買い言葉と十年間見つけられなかった星の捜索を依頼しました。

学はそんな無理難題を間髪入れずに受け入れ、自身が束ねる学園の異才が集う美少年探偵団へと眉美を誘い出します。

探偵団は大胆不敵な方法で依頼に取り掛かりますが、期限の誕生日を境に事態は一変。

朝から眉美は見知らぬ大勢の大人に尾行され、間一髪のところでヒョータに救われました。

探偵団は十年前に眉美が見た星は秘密裏に開発された軍事衛星が核追撃される瞬間であり、眉美は軍事衛星を開発した組織に狙われていると推理します。そして探偵団は眉美を囮に組織を誘き出し、見事組織の追手を成敗します。

探し物は既にないと分かった眉美は、学の考え方に触れ、自らも美少年探偵団へ入団することにしました。

「歓迎しよう、瞳島眉美くん!波乱の誕生日を過ぎてそれでも大人になり損ねた君は、次なる夢が見つかるその日まで、また空を見上げたくなるその日まで、ここで存分に羽を休めていきたまえ!」

作中に埋め込まれた「星」の意味

PRイラストやOP・EDのを見た人は、この作品のあらゆるシーンで星が描かれていることに気付くと思います。

その理由の一つは、もちろん眉美と美少年探偵団の出会いが「星」によるものだったからでしょう。けれど、私は4話目以降も作中随所で描かれる「星」にもっと違う意味が込められているように感じました。それはズバリ、青春の輝きです!

自分の限界や現実に気付き少しずつ夢からさめていく成長過程にあるごく普通の少女・眉美が、「少年であること」を団則に掲げた美少年探偵団に出会い、惹かれ、自身も美少年探偵団に入団することから始まる本作品。

美少年探偵団団長・学は、現実離れした夢をもつ子供っぽさこそ少年らしさと話しています。つまり「少年であること」を掲げる美少年探偵団は、大人になる前に残りの子どもである期間を存分に謳歌する集団とも考えられます。

この作品は、大人なっていく少年・少女たちの好奇心・可能性の広さといった「少年らしさ」が詰まった時間を切り取った物語なのです!

また、作品の語り部である眉美の瞳のアップが作中多く登場しますが、その時彼女の瞳の中に必ずと言っていいほど「星」が描かれています。

それは「人よりすごく目が良い」という眉美の特殊能力をアピールするものでもありますが、同時に眉美の瞳に映る眩い少年らしさでもあるように感じます。

作品の中に散りばめられた無数の「星」こそ、美少年探偵団の中にある青春の時間の輝きだと私は感じました!

 


美少年探偵団を無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
追加料金なしで雑誌も読み放題
31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)

文学の異端児が生み出す!数々の名言

引用元:アニメ『美少年探偵団』公式サイト

西尾維新作品に見られる特徴の一つは、独特な文章表現です。格言の引用だけでなく、倒置・反復といった技法を巧みに使い、インパクトの強い文を作り出します。

このアニメは眉美(まゆみ)のモノローグとキャラクターのセリフから展開されますが、その中にも印象に残るセリフがたくさんあります。

そんな作中の名言の中で、特に作品の魅力が感じられたものを抜粋してみました!

『少年である事は夢を見る事ではあるが、それが意味するところは夢を諦めない事ではない。何度でも夢を見る事だ。』

第3話より。眉美が自分の夢は叶えることが出来ないものだと話したときに、学(まなぶ)が言った言葉です。

長年追いかけていた夢を諦めるというのは誰しも辛いこと。

学は、自分の限界に気付いて夢を諦めることも受け入れながら、自分が見ようと思う限り夢は見続けられるものだと考えています。

また、「夢を見つけるのは、星を見つけるよりは容易い。」と付け加えて眉美のことを励まします。

普段は耳を疑うような突拍子もないことばかりを口にする学。そのせいか、ときどき発する真理を突いたセリフがとても印象に残りました。

『うん?瞳島眉美くんが、かつて対立した敵と美しい和睦を結んでいることをかね?』

第7話より。美術館の屋根裏から発見された人物のいない名画・講堂に飾られた絵画の謎を解くために、各々推理してくることになった団員たち。

眉美は以前探偵団と敵対していた他校の生徒会長の知恵を頼ってしまい、団員たちから白い目で見られてしまいます。団員からの無言の圧力に耐えかね、眉美の口から謝罪の言葉が零れそうになった瞬間…。

学は快活な笑顔でこの一言を述べ、眉美に向けられた不信感を一掃します。

これは完全に学の勘違いです。それでも学の堂々とした振る舞いや眉美のことを信頼する曇りのない眼差しで汚れた嘘が美しい真実に塗り替えられていく…そんな彼の魅力をこの一言で感じることができました!!

密会の真意が知られていない中、学の言う通り密会が美しい和睦であったことにするため、眉美は華麗な名推理を披露します。

『好きな人や善人しか助けちゃダメな世の中が美しいわけないんだもん。嫌いなクズでも助けていいでしょう!』

第9話より。団員に対し不可解な言動を続ける許嫁・湖滝(こたき)に対し、婚約破棄を決意した長広(ながひろ)。本人の意思も確認しないまま出したその結論に対し、眉美が突き付けた言葉です。

団則の一つに上げられる「美しくあること」。それは見た目の美しさはもちろん、どんな時にも屈しない正義を持つ心の美しさをも指しています。

自らも湖滝から数々の悍ましい言葉を浴びせられていますが、同じ女子としてその言動の深層を理解してあげるべきだと眉美は考えたのです。

湖滝からひどい言葉(その暴言もある意味名言になるほどのものですが…)を浴びせられ、いちばん傷心していた眉美が発したからこそ、心に響いたセリフです。

『外面や背面に惑わされず、綺麗事や理想論に紛らわされず。本人を見る事が出来るって事を、本当を見る事が出来るって事を!目にもの見せてやれ!!』

第12話より。長広肝いりの次期生徒会長有力候補者になり代わり、眉美が立候補した次期生徒会長選挙の応援演説で学が述べた言葉です。

学園での生徒の在り方を賭けた大事な選挙において、生徒会に無関心だった生徒たちの意識をも引いた言葉です。

学から投票権のある全学年に向けられたメッセージですが、アニメを見ている私の目まで覚めるような明朗で鋭いセリフでした!

団長として眉美の魅力を前面に押し出した学の演説のおかげもあり、眉美は見事次期生徒会長の座を獲得しました。

登場人物

瞳島眉美(どうじままゆみ/CV.坂本真綾)

私立指輪学園中等部二年B組。

十年前に見た星を探していたある日、双等院学に出会い、美少年探偵団に星探しを依頼します。

ずば抜けた視力の良さと毒舌さを除いては、どこにでもいる普通の女子。

依頼をキッカケに、自身も男装して美少年探偵団に入団します。通り名は「美観のマユミ」。

双等院学(そうとういんまなぶ/CV.村瀬歩)

美少年探偵団団長。美しくあることを重んじる謎の美少年。

「僕にあるのは、美学だけだ」の口癖が示す通り、知能レベルはかなり低く、推理はいつも無茶苦茶。

団員からの信頼は厚く、最年少ながら高いカリスマ性を持っています。

通り名は「美学のマナブ」。

咲口長広(さきぐちながひろ/CV.坂泰斗)

美少年探偵団副団長。私立指輪学園中等部三年A組。

魅力的な声と演説の腕を支持され、三年連続生徒会長を務めています。

明晰な頭脳と抜群の社交性から、団員内で唯一名推理ができる要員です。

通り名は「美声のナガヒロ」。

袋井満(ふくろいみちる/CV.増田俊樹)

私立指輪学園中等部二年A組。学園内外にその名を轟かせる不良生徒。

番長と呼ばれる一方、プロ並みの料理の腕を持ちます。

風刺的比喩表現をする喋り方が特徴的。推理の腕は月並みです。

通り名は「美食のミチル」。

足利飆太(あしかがひょうた/CV.矢野奨吾)

私立指輪学園中等部一年A組。一年生にして陸上部のエースに坐する強靭な脚力の持ち主。

天使長とも謳われる可愛い顔立ちで、常にショートパンツを履き誰もが羨む美脚をアピールします。

学に次いで自己愛が強いです。思考は体育会系のせいか、無理矢理な推理に走りがち。

通り名は「美脚のヒョータ」。

指輪創作(ゆびわそうさく/CV.佐藤元)

私立指輪学園中等部一年A組。指輪学園を経営する指輪財閥の後継者。

裏では学園経営は創作の才覚の上に成り立っていると噂され、影の理事長と呼ばれています。

無口で滅多に喋りませんが、絵画や造形あらゆる美術に通用する抜群の芸術的センスを持ちます。

通り名は「美術のソーサク」。

感想

青春時代なんて遠い昔となってしまった私ですが、とても見やすい作品でした!

というのも語り部の眉美ちゃんが気持ちとして大人に差し掛かった年齢だったので、彼女の言動一つ一つに共感が持てたからです。

5人の美少年たちは、団(チーム)でいられるのが不思議なくらい個性がバラバラ。でも全員共通して、少年として輝かしい青春を満喫している。

大人の私としては本当にそれが楽しそうでとても羨ましかったけど、きっと青春真っ盛りの人たちが見ても楽しめる作品なんじゃないかと思います。

(自分の青春はキラキラなんてほど遠いという人は、美少年の行き過ぎた言動をバッサリ切る眉美ちゃんの毒舌ツッコミをぜひお楽しみください!)

ミステリー要素も学園物の枠を忘れるぐらいに本格的で、団員たちと一緒になって推理できる面白さもあります。

事件を解決するごとに「美しくあることは?」「少年でいることとは?」不思議な団則の意味がはっきりと分かり、とても心地よかったです。

まとめ

引用元:アニメ『美少年探偵団』公式サイト

・青春の輝きを「星」というモチーフに込め、作品全体に星が散りばめられたポップで鮮やかなアニメ作品

・文字と声で立体的になってくる西尾維新独特の言い回しも大きな魅力!

豪華絢爛!大胆不敵!満ち溢れる好奇心と可能性を武器に、5人の個性豊かな美少年たちが解決困難な謎に挑んでいくアニメ『美少年探偵団』。

学園物のスケールを無視した事件とハチャメチャすぎる推理にきっと、夢中になってしまうはず?!

「美しくあること」「少年であること」「探偵であること」「団(チーム)であること」を掲げ、心に刺さるセリフで問題を解決していく探偵団たちのキラキラした青春の一時、どうぞお楽しみください☆!

 


美少年探偵団を無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
追加料金なしで雑誌も読み放題
31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)