【ネタバレ】アニメシャドーハウス2話までの感想!謎が謎を呼ぶシャドー一族の秘密とは!?

2021年4月からスタートしたアニメ『シャドーハウス』は、週刊ヤングジャンプで連載されているソウマトウ先生による漫画原作のアニメです。

原作では物語が進んでいく中で、徐々に読者の捉えていたそれまでの根底を覆す設定が明らかになります。

そして、いつの間にかその不思議な世界観に引き込まれてしまう人気の作品です。今回は満を期してアニメ化した、アニメ『シャドーハウス』の2話までに関するネタバレをしていきたいと思います!

週刊ヤングジャンプ公式サイトより引用

 

注意
※本記事はネタバレが含まれますので注意してください。
※コミックスでは先に進んでいますがあくまでもアニメでの紹介ですのでご了承下さい。

 

アニメ「シャドーハウス」公式サイトより引用


シャドーハウスを無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)

シャドーハウスについて

アニメ「シャドーハウス」公式サイトより引用

 

シャドーハウスとは、人街外れた断崖絶壁に建つお城を舞台に、そこに住む貴族のような多くのシャドー一族と、その世話係である生き人形による不思議な日常を描くサスペンス寄りの物語です。

シャドー一族の特徴は、何といっても「顔がない」こと。

影絵のような見た目のため、身の回りのお世話とお互いの表情を表現する「顔」のために、シャドー一族の成人は自分にそっくりな一人一体の生き人形をあてがわれています。

生き人形は一見人間のような見た目をしています。

シャドー一族の人々は、「顔がない」とともに、特殊な煤(すす)を身体から放出する特徴があります。そのため生き人形は、私生活の中で、煤(すす)で汚れてしまう部屋の中を掃除したりシャドー一族の身の回りのお世話をしたりする立ち位置にいます。

2話までの主な登場人物について

本作の魅力は、今までにないような世界観はもちろん、エミリコを筆頭に個性豊かな登場人物にありそうです。

そのためまず2話までに登場した主な登場人物をご紹介します。

【生き人形】エミリコ

 

アニメ「シャドーハウス」公式サイトより引用

本作の主人公。腰あたりまで伸びた金髪のロングヘアーと左右のサイドテールが特徴的な生き人形で、シャドー家のケイトに仕えています。少し食いしん坊で明るく前向きな性格をしています。

【シャドー家】ケイト

アニメ「シャドーハウス」公式サイトより引用

エミリコのシャドー。主の立ち位置として生き人形であるエミリコを従え、身の回りのお世話をさせています。思慮深い性格で、初めはエミリコとの関係値に距離がありましたが、少しずつその距離が近づいていきます。

その他、エミリコが出会った登場人物をご紹介します。

【生き人形】ミア

アニメ「シャドーハウス」公式サイトより引用

エミリコと同じ班のメンバーになった先輩。部屋まで迎えに来るなどエミリコを後輩として優しく迎え入れてくれました。ケイトの部屋の真上の階に住んでいます。

【シャドー家】サラ

アニメ「シャドーハウス」公式サイトより引用

やや高飛車なところがあるミアが仕えるシャドー。同じくケイトの部屋の真上に住んでいます。

【生き人形】ローズマリー

アニメ「シャドーハウス」公式サイトより引用

エミリコと同じ班の班長。

【生き人形】ルウ

アニメ「シャドーハウス」公式サイトより引用

エミリコと同じ班のメンバーで赤髪の巻き毛が特徴の女の子。無口。

 

今回は2話現在までのキャラクターをご紹介しました。ただオープニングから、話数を重ねるごとに今後もエミリコとケイトを取り巻く個性豊かで魅力的な登場人物たちが登場してきそうですね。


シャドーハウスを無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)

 

1話のネタバレについて

アニメ「シャドーハウス」公式サイトより引用

では次に、各話の具体的な内容について触れていきたいと思います。

1話ではケイトの元へ生き人形がやってきて、エミリコという名前を決める出会いのシーンから始まります。

出会いのシーンは、エミリコがカーテンを開けたことで、光側に立つエミリコと、顔がなく影側に立つケイトが対比されて描かれています。本来は優位な立ち位置であるシャドー一族。

しかしここでは、まるで顔がないことをコンプレックスに感じ、羨望とともに見ているのでは、と思わせるように、意識的に表現されているように伺えます。

そして視聴者にどのような話なのだろうと思わせつつ、今後の展開を示唆するような多くの伏線が散りばめられた1話でした。例えば、ケイトの「マイナスの感情によって身体から放出してしまう煤(すす)の秘密」や、エミリコの「生き“人形”でも食事をしなければ活動が出来なくなる」という謎など。

今後も、生き人形としてまだ何も知らない状態のエミリコを通し、視聴者も少しずつ世界を知っていくことができそうです。

旧ヨーロッパのような豪華できらびやかな上流階級の雰囲気と、常に霧が立ち込め煤(すす)の存在によって炭鉱を彷彿とさせるほの暗い労働者階級の時代の雰囲気が混在する世界。

どこか実際の世界史を見ているような不思議な魅力があふれる作品という印象でした。

2話のネタバレについて

アニメ「シャドーハウス」公式サイトより引用

1話ではケイトとエミリコの出会いのシーンが描かれていましたが、2話ではエミリコを通し、屋敷で生活する生き人形としての仕事の様子が取り上げられます。

その中で、生き人形には「余計な事は考えずシャドー家のお役に立つことが幸せ」という考えが刷り込まれていることが分かります。

早朝、外から鍵がかけられた自室にある、棺桶のようなベッドで目を覚まし、配給のパンだけを食べ仕事に就く。現代だったら問題視されそうなくらいの労働環境です。

ただし、そのことをシャドーも生き人形も不満に感じておらず問題視している様子はありません。

むしろ生き人形は、シャドー一族に仕えることができる喜びに溢れている様子が見て取れます。そこで現代を生きる視聴者からすると少し違和感があります。

そしてその違和感が決定的になったのは、エミリコとケイトが、生き人形の同僚であるミアとそのシャドーであるサラに出会い、シャドーと生き人形との本来の関係性を目の当たりにしたシーンからでした。

繰り返すようですがシャドー一族は顔がありません。

まるで影絵のように真っ黒で正面からみると凹凸も分からない。

部屋の外でエミリコとケイトに出会ったミアは、シャドーのサラの動きを完全になぞり、複製品のようにサラの表情に成りきってエミリコとケイトに対峙します。文字通り人形でした。

そこで生き人形はシャドーと一緒にいる時は、外で勝手に話してはいけない、というルールがあることが分かります。理由は、あくまで生き人形はシャドーの“顔”でしかないからです。

ただ、エミリコにはエミリコの個性が、ケイトにはケイトの個性があります。性格も違う二人なので、二人だけに限らず、片方が片方になりきるのは通常なかなかに難しいのではないでしょうか。それをやり遂げられているミアとサラがすごいことが分かります。

また、エミリコはそれまでの経緯から同僚としてミアを慕っていた様子がありました。そのため、個人間で会っていた時との印象の変わりようにショックを受けたと思います。あくまでエミリコとケイトは、今後も今までのように限りなく対等な関係性であってほしいです。

謎が謎を呼ぶアニメ『シャドーハウス』2話でしたが、まるでブラック企業さながらの社会の風刺的な部分も感じつつ、次回の話が気になる終わり方でした。何かが変、ヤバいのでは……?という印象が強く植えつけられる回だったと思います。

【ネタバレ】アニメ『シャドーハウス』2話までの感想のまとめ

アニメ『シャドーハウス』を2話まで観た感想をネタバレしてみました!

シャドーハウスは初め、エミリコの楽天的でかわいい雰囲気から少し変わった日常アニメをイメージとさせます。

しかし、話数を重ね世界設定が明らかになるごとに少しずつ何かが現代の常識からズレていると感じ、その世界観を知っていくのがとても癖になりそうです。

また、エミリコとケイトの関係性が今後どのように成長するのかがとても気になります!ミアとサラのようになるのか、はたまたお互いをパートナーとして支えあえる理想的な関係になれるのか。今後に注目していきたいです。

そんなアニメ『シャドーハウス』は、4月から各局にて絶賛放送中なので是非見てください!


シャドーハウスを無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)