大ファンが語る 「ユーリ!!!On ICE」が大好きな理由5つ! ハマった理由を解説!

 

最近のアニメは映像がきれいで、動きも滑らか。スポーツやダンス、バトルものなどの速い動きでも、とてもリアルに動くので驚いてしまいます。

私がそれを初めて実感したのが「ユーリ!!! On ICE」です。

もともとフィギュアスケートが好きな私。毎年11月頃からシーズンが始まるとテレビで中継されてる試合を楽しみに見ています。
今は羽生結弦、宇野昌磨や紀平梨花が好きです。今シーズンからアイスダンスに転向した高橋大輔は、以前からずっと応援している選手です。

そんな私がある冬の日、何気なく新聞のテレビ欄で「ユーリ!!! On ICE」を見つけました。アニメは嫌いではないけれど、この当時は高校生の娘が見ているのを家事をしながら見るともなくみていた程度。でもフィギュアスケートがアニメになるのは初めてかもと思い視聴しました。
番組が始まり、オープニングテーマが流れたとたん、美しい映像と音楽に引き込まれてしまいました。

音に合わせて舞うキャラクターたち!
なんてきれいなの!
アニメなのに!
こんなに音楽と振付がリンクしてるなんて!
本物を見てるみたい!

アニメ本編にもスケートのプログラムが丸々ひとつ入っていて、まるで実際の競技を見ているような錯覚におちいりました。そして第1話を見終わる頃には、すっかり物語の虜になっていました。

何年経っても私の中のナンバー1アニメ「ユーリ!!! on ICE」の魅力を、これから紹介していきます。

 

主要キャラクターとあらすじを紹介します。

※作品内容のネタバレを含みます。お気をつけください

ストーリーの軸になる3人

・勝生勇利(かつき ゆうり)
この物語の主人公。日本のフィギュアスケート特別強化選手でありながら、大会ではプレッシャーに弱く、力を出しきれないガラスのハートの持ち主。佐賀県長谷津市出身。23歳

・ヴィクトル・ニキフォロフ
ロシア出身。世界選手権5連覇。最高峰のスケーターで、世界中に多くのファンを持つ、リビングレジェンド。勇利にとってはスケートを始めてからずっと憧れの存在。27歳。

・ユーリ・プリセツキー
ヴィクトルと同じ門下の後輩で、シニア1年目。ジュニア時代から将来を有望視されるスケーター。勇利とおなじように、ヴィクトルに憧れているが、ヴィクトルをはじめ、皆に対する態度はなぜか攻撃的。15歳。

ストーリーの序盤を、かいつまんで紹介します。

・初出場のグランプリファイナルで大敗し、落ち込んで帰郷した勇利。故郷で練習拠点にしていたスケートリンクで幼なじみを前に、憧れのスケーター、ヴィクトルのフリープログラムを完コピして見せます。

・なぜか翌日、その演技がSNSにアップされてしまいます。それを見てインスピレーションを受けたというヴィクトルが突然勇利のもとを訪ねてきて、「今日から君のコーチになる!」と告げます。

・勇利は、驚きと喜びで心の動揺を隠せません。しかし、ヴィクトルはそんな勇利の様子にはお構いなし。勇利を来シーズンのグランプリファイナルへの出場、そして優勝へと導くべく、練習を開始します。

・一方、勇利と同じようにヴィクトルに憧れを抱くユーリは、以前からシニアに上がったらヴィクトルに、コーチして欲しいと望んでいました。突然日本にいってしまったヴィクトルを連れ戻すために長谷津にやってきます。

・二人のユーリを前にヴィクトルは、自分が振り付けた2つの曲で対戦して勝った方のいうことを聞くと約束します。

・勇利は自分が負ければヴィクトルはロシアへ帰ってしまうと焦ります。しかしなんとか奮起して、試合は勇利が勝利するという結果で終わります。ヴィクトルは勇利のコーチとして日本に残ることになりました。

・ユーリは真摯に結果を受け止め、ロシアに戻りヴィクトルのコーチでもあるヤコフの元でグランプリファイナルを目指す決意をします。

「ユーリ!!! on ICE」は、ヴィクトルと2人のユーリのグランプリファイナルへの挑戦を、世界各地のスケーターの活躍も交えて描いていく物語です。

 

原作や制作スタッフについてお話します。

TVシリーズは全13話で、2016年10月から12月に放送されましたが、その後も何度も再放送されています。現在、さまざまな動画配信サービスでも配信中です。TVシリーズの終了後も主要キャラクターの誕生日や作品に関係する発表があると、キャラクター名や番組名がTwitterのトレンドになるほどの人気が続いています。

TVアニメ「ユーリ!!! on ICE」公式サイト (yurionice.com)

 

原作マンガなどはあるのでしょうか?

原作にあたるマンガや小説などはありません。アニメのために書き下ろしたオリジナルの作品です。原案は漫画「モテキ」、「アゲイン」の作者、久保ミツロウ。監督はアニメ「LUPIN the Third -峰不二子という女-」を手掛けた、山本沙代です。アニメ制作はMAPPA。「ゾンビランドサガ」や「呪術廻戦」を生み出している制作会社なので、面白くて、きれいな映像作品なのは当然だと思います。

演技シーンがリアルですね。

また、選手たちの演技に使用されている曲の大半はこのアニメのために書かれたオリジナル曲です。作曲を担当したのは、映画音楽、アニメ音楽、CM音楽と幅広いジャンルで曲提供をしている梅林太郎と松司馬拓。これらの曲は、原案、久保ミツロウのキャラクターイメージもとにを作られているとのことです。

劇中のスケート競技シーンで使われた楽曲を収録したCD
「Oh! スケトラ!!! ユーリ!!! on ICE/オリジナル・スケートソングCOLLECTION」
も発売されています。私もこのCD購入しました!これを聴きながら家事をすると、サクサク部屋が片付きます。

また、劇中でキャラクターたちがおこなう演技も、このアニメのために作られたオリジナルの振付です。振付をした宮本賢二は、たくさんの日本のフィギュアスケート選手の振付を実際に担当している著名な振付師です。振付にもキャラクターのイメージが反映されているようです。

オリジナルの曲、オリジナルの振付で氷上を舞う勇利たちスケーターの動きは、アニメとは思えないほど繊細で滑らかです。まるで本当のフィギュアスケート競技を見ているよう。
なぜなら、宮本賢二が振り付けした演技を、リンクで滑って撮影した映像をもとにアニメーションにしているからです。

また実際のフィギュアスケートの中継ではあり得ないアングルで描かれている競技シーンは圧巻です。それに競技中のキャラクターの心の声が合わさると今まで知らなかったフィギュアスケートの世界が発見出来ます。演技中に選手たちが何を考えて演技しているのか、そこまで描かれているのです。

リアルに表現された彼らの演技を見ているうちに、あなたの心の中に全力で応援したい“推しキャラ”が現れるかもしれません。

 

フィギュアスケートの選手って、本当にみんな仲良しなんですね。

本作に出てくる男子スケート選手たちは、実際のフィギュアスケート選手たちのように言葉の壁を軽々と越えてみんな仲良しです。

2人のユーリは、はじめは仲がよくなかったけれど、一緒に練習したり、交流するなかで、段々と打ち解けてわかりあっていきます。その様子を見ていると心がほっこりしてきます。
勇利とタイの選手は、昨シーズンまで同じコーチについていたこともあり、それぞれが離れてからも、連絡を取り合っているようです。

勇利とヴィクトルが“お守り”といってペアリングを持っていたり、ヴィクトルを筆頭に外国の選手たちはスキンシップが多かったりと、劇中の男性同士の愛情表現が同性愛を描いているよう(BLのよう)に思われることもあるようです。

しかし作中で描きたいのは、あくまで彼ら友情やスケート愛の深さであると思います。

本当に仲が良い世界各地のスケーターたち。彼らの交遊関係を見ているうちに、応援したくなるキャラクターがみつかるかもしれません。

 

TVアニメの終了後も人気は衰えない!さまざまな反響が。

2016年12月に最終回をむかえた後も、さまざまな反響がありました。

物語の舞台は佐賀県長谷津(はせつ)市。しかしこれは架空の地名で、実際は佐賀県唐津市の風景が作品のモデルになっています。2018年3月、唐津市のホームページでもモデルになった場所の紹介がアップされています。聖地巡礼に訪れるファンも多くいるようです。

本作は、実際のフィギュアスケート選手にも愛されていて、ロシアのフィギュアスケート選手メドベージェワが勝生勇利のコスプレをしたことはよく知られています。

また、2018年2月の平昌五輪の団体ペアSP(ショートプログラム)で、須崎海羽と木原龍一のペアが、劇中使用曲「Yuri on ICE」を使用して演技をしました。すぐに気づいた大勢のファンが喜んで、ペアの演技をSNSに投稿して話題となりました。

このように反響がある作品。もちろん、アニメの続編を望む声もたくさんあります。TVシリーズの最終話が2人のユーリやヴィクトルの更なる活躍を予感させるところで終わっているので、早く続きがみたい!という気持ちが2期への期待に繋がっているようです。

しかしTVアニメの2期については今のところ情報はありません。彼らの今後の活躍を応援出来る日を楽しみに待ちたいと思います。2期はまだですが、劇場版が制作中とのことです!

 

「劇場版ユーリ!!! On ICE ICE ADOLESCENCE(アイス アドレセンス)」が制作中です。

この作品では、ヴィクトルの若い頃が描かれるようです。

はじめは2019年に公開予定でしたが、2019年9月に「当初の計画より大幅な作品内容のスケールアップを図るため」という理由で公開延期が発表されました。

ファンの間では、2020年に公開ではないかと心待ちにする声も上がっていました。

しかし2020年11月にはYouTubeでの特報映像とともに、「揺るぎないスケート愛を映画作品として届けられるようスタッフ一同挑み続けます。」というコメントが発表されました。

この特報映像は、2019年に「ユーリ!!! On ICE TVシリーズ一挙劇場上映」にて限定先行解禁されたものですが、17歳の美しいヴィクトルが滑らかに動く様子からは、劇場版のクオリティの高さをうかがうことが出来ました。

再びの公開延期となったのですが、Twitterでの反応を見る限りでは、ファンの劇場版に対する期待は更に高まったようです。

きっとTV版を越える美しい映像、素敵なストーリーに出会えることを信じて公開を待ちたいと思います。

 

私にとって「ユーリ!!! on ICE」の魅力とは。

わたしの“一番の推し”は、勝生勇利。普段の自信がなさそうな様子と、覚悟を決めて氷上で舞っているときのキリリとした姿のギャップに、ドキッとしてしまいます。

実力はあるのに、肝心な時にそれを発揮出来ない勇利が、大好きなヴィクトルに支えられ、たくましく成長していく様子。勇利の成長に刺激されて、さらに自らを高めていくユーリ。その2人を見つめながら、再び競技生活に前向きになろうとするヴィクトル。この3人の関係こそが「ユーリ!!! on ICE」最大の魅力だと私は思います。

 

まとめ

・「ユーリ!!! On ICE」は ヴィクトルと2人のユーリのグランプリファイナルへの挑戦を、世界各地のスケーターの活躍も交えて描いていく物語です。

・「ユーリ!!! On ICE」はアニメのために書かれたオリジナル作品です。オリジナルの曲、オリジナルの振付で氷上を舞う勇利たちスケーターの動きは、まるで本当のフィギュアスケート競技を見ているようです。

・作中で描きたいのは、同性愛ではなく、彼ら友情やスケート愛の深さであると思います。
本当に仲が良い、世界各地のスケーターたちの交遊関係を見ているうちに、あなたにも、応援したくなるキャラクターが見つかるかもしれません。

・アニメの中でリアルなフィギュアスケートの表現を追及してきた本作。なんと実際のフィギュアスケートの世界にも影響を与えました。もちろん、続編を望む声もあります。
しかしTVアニメの2期については今のところ情報はありません。

最終話が彼らの更なる活躍を予感させるところで終わっているので、早く続きがみたい!という気持ちが2期への期待に繋がっているようです。

・映画「劇場版ユーリ!!! On ICE ICE ADOLESCENCE(アイス アドレセンス)」
が制作中です。公開時期は未定ですが、きっとTV版を越える美しい映像、素敵なストーリーに出会えることを信じて公開を待ちたいと思います。

リアルなフィギュアスケートの世界をアニメで再現し、リアルな世界にも影響を与えた作品が「ユーリ!!! on ICE」なのです。
私はTVシリーズを見ながら全編録画して、続けて3回みました。もう立派な“中毒”です。この作品に出会った後の私は、この作品に出演している声優さんの出演作品を次々とみるようになりました。

それまで韓国ドラマを片っ端から見ていた私がそれをやめ、アニメを中心に見るようになるきっかけとなりました。今では毎日アニメを見るという日々を過ごしています。

あなたもこの作品をきっかけに、フィギュアスケートに、そしていろいろなアニメの沼に、どっぷりとはまってみませんか。