アニメ手塚治虫のブッダ 終わりなき旅のあらすじ!ネタバレあり!

ブッダ 終わりなき旅はストーリー性が高く良い作品です。手塚治虫作品では火の鳥や鉄腕アトムが有名ですが、ブッダも手塚治虫の独自の世界観があらわれた良い作品です。ブッダは漫画もありますがアニメブッダ 終わりなき旅は、UNEXTで無料で2時間弱で視聴でき子供から大人まで老若男女問わず幅広い層に楽しめる作品だと思います。

 

下記記事を読むことでブッダ 終わりなき旅のストーリーがざっくりわかり2500年前のインドの世界観やブッダの考えを感じていただけると思います。

以下ネタバレあり!閲覧注意!

 

ブッダ 終わりなき旅を無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)

▶︎▶︎UーNEXT31日間無料トライアルはこちら

・第1章 シッダールタ修行に入る。

シッダールタはシャカ族カピラヴァストゥ国の王子でしたが世の中の不条理に疑問をもち真実を求めるため出家。道中片目のデーパと出会います。片目の理由は盗賊(タッタとミゲーラ)に苦行の意味がないと言われたことに対し苦行の意味を示すため自ら片目にたいまつをつっこみ片目を失ったからです。

 

デーパは自分自身に厳しい男だと思いました。デーパはシッダールタに苦行林へ行ってみるかと誘いシッダールタは一緒に行くと決意します。道中民家のおじさんにデーパとシッダールタは水をもらいます。民家のおじさんは自分の子供、アッサジを一緒に連れていってほしいとデーパとシッダールタに懇願します。

 

修行中の身だから弟子はとらないと断りますが、アッサジはかってについて来ました。アッサジは子供で体力がないので途中で歩けず病気になりシッダールタに担がれます。タッタに偶然あいアジトでアッサジを治療します。

 

タッタのやさしさを感じるシーンです。盗賊なのに優しいのは生きる手段で盗賊にならざるを得ない過酷時代を感じさせました。アッサジの高熱の原因は足のウミが原因でシッダールタは口で足のウミを吸い出し傷口を焼いた剣で消毒しアッサジは生死をさまよいます。

 

そこにシャカ族の王子だと知っているミゲーラがアジトに帰ってきてシッダールタと再開します。シッダールタがシャカ族の王子だと知りタッタはコーサラ国に復讐したいと懇願します。アッサジは息を吹き替えし不思議な予知能力を身につけ、つむじ風が来ると予言し的中させました。

 

さらにマガタ国のビンビサーラー王が30年後に自分の息子に殺されると予言しビンビサーラー王はシッダールタに相談相手になってくれと頼みますが修行中の身でまだ解決できる力がないと断ります。シッダールタには人を惹きつけるオーラを感じる場面です。

 

苦行林に入りシッダールタは苦行のはてに何かあるはずだと苦行に入ります。しかし自分を苦しめることに意味があるのかとシッダールタは疑問に思う。そこへタッタが苦行で苦しんでいるシッダールタを救い出しご飯を与えます。

 

デーパや修行僧たちが苦行の邪魔をするやつは悪魔とタッタの古屋を焼き討ちにしようと火をつけますが古屋の中のミゲーラをタッタが助け出します。ミゲーラは全身ウミができる病気にかかり苦しんでました。シッダールタはさらに疑問に思います。苦行より病気の方が苦しいのではないかと。

 

シッダールタは苦行をやめアッサジを助けたようにウミを吸い出しミゲーラの病気を治します。タッタとミゲーラはシッダールタに感謝します。シッダールタが立派な坊さんになったら弟子にしてくれと懇願しシッダールタの修行の邪魔にならないように苦行林から立ち去りました。タッタとミゲーラはシッダールタとかかわった影響によって心が穏やかになる良いシーンです。

・第2章 コーサラ国のルリ王子シャカ族に憎しみの炎を燃やす

ルリ王子はコーサラ国王とカピラヴァストゥ国の奴隷の女との間に生まれた子供になります。奴隷の女を差し出したことを知ったコーサラ国王は怒り怪物ヤタラとルリ王子を中心にカピラヴァストゥ国を攻め落としました。

 

シャカ族のカピラヴァストゥ国のスッドーダナ王は囚われます。ヤタラは体が紫で見た目3メートルくらいある怪物にしか見えません。ルリ王子はシャカ族に毎日肉体労働させ少しずつ処刑をし続け自分の母親もシャカ族という理由で奴隷部屋に入れてしまいます。

 

ヤタラは自の分の母親と似ているルリ王子の母親をしたいご飯をとどけたり世話をします。ヤタラはルリ王子に母親を助けるように懇願しますが逆にムチで打たれ罰を受ける。一方奴隷の子供というレッテルをはられルリ王子は葛藤し苦悩します。

 

ルリ王子はシッダールタを見つけ殺すと脅します。シッダールタはルリ王子にあなたは哀れな人だ夜1人で苦しんでいるのではないか、殺すなら殺しなさいと言います。その時雷が落ち周りの部下もひるみます。結果全てを見透かされたルリ王子は退却します。

 

名シーンで、シッダールタの言動一文一句が私は心にしみました。自分の母親がいる奴隷部屋で疫病が流行ります。広がる前に奴隷部屋を焼き払う決断をルリ王子は下します。ヤタラはルリ王子の母親を助け出しますが数日後に死んでしまします。

 

ヤタラは墓をたて立ち去ります。ルリ王子はヤタラの後をつけており、はじめて母親の前で泣き崩れ謝罪します。身分差別や王子としての立ち振る舞いの苦悩を感じさせられました。

ブッダ 終わりなき旅を無料で観るなら<U-NEXT>

・最終章 シッダールタ悟りを開きブッダになる。

アッサジは自分が飢えたオオカミの子供のお腹を満たすために自ら身をオオカミに差し出し食べられ命を落とします。シッダールタはショックを受け苦行に必要以上に打ち込み死にかけましたがそこへ神様(マーヤ天)からお告げがシッダールタの脳裏に入ります。

 

死んではいけない。アッサジの行為は自然の摂理で生きることは他の命の元で成り立っておりオオカミもお腹がいっぱいになれば、無益な殺生はしない。このことをシッダールタに伝える役目がアッサジにはありましたと神様(マーヤ天)はシッダールタに伝えました。

 

シッダールタは森の動物たちにこの素晴らしい考えを伝えます。動物たちがシッダールタの元に集まって来ました。生きとし生けるものは命の繋がっており生かされている。人間のみが無益の殺生をし、そこから多くの苦しみを生み出していること。

 

私は人間はなぜ苦しまなければ、いけないのかわかりました。要するに欲があると苦しみが生まれるということだと思います。これ以上苦行することは意味がない思ったシッダールタは苦行林からでてデーパと別れます。

 

シッダールタはヤタラと出会いヤタラはシッダールタに悩みを相談します。ヤタラの両親は身分差別で殺された。慕っていた、ルリ王子の母親も疫病で死んだ。なぜ自分の母親をおろしたルリ王子は罰を受けない。なぜ誰も怒ったりしないのだと。

 

シッダールタは説きます。王子の身分なのに奴隷の母親をもち実の母親を見殺しにしないといけないルリ王子が一番苦しんだのではないかと疫病で殺さなければならない。さらに悩みは深くなったのではないか。自分の母親を見殺しにしたことを死ぬまで後悔し続ければならない。

 

ルリ王子ほど悲しみに打ちひしがれているのではないかと。人は誰しも苦しみや悲しみを抱えている。ヤタラは質問します。なぜ人は苦しみながら生きているか。シッダールタは説きます。木や川や草がここにあるように人は意味があっていかれている。あなた(ヤタラ)と出会えたのも母親が私を生んでくれたからだと。

 

自然の中にはあらゆる繋がりがある。あなた(ヤタラ)がいなかった何かが狂うだろう。生きていることは大切な役目である。ヤタラは悩みから解放されいつか弟子にして欲しいと言い立ち去ります。シッダールタは無意識に説いていたことに気づきます。ここでブッタが誕生しこの考えをを世の中に広げる使命を天から告げられます。

 

アニメ手塚治虫のブッダ 終わりなき旅はここで終わりです。

「アニメ手塚治虫のブッダ 終わりなき旅の登場人物・キャラクター解説・声優・作者・スタッフ紹介」

シッダールタについて(声優)

吉岡秀隆さんです。俳優で声優のイメージはありませんでしたが個人的にはシッダールタの声にあっています。知的でカリスマ性を感じさせます。

・タッタについて(声優)

松山ケンイチさんです。前作のタッタは子供でしたが今回は大人のタッタで穏やかで優しい感じで盗賊感はありませんでしたがキャラクター見た目も優しい感じなのでよくあっていると思います。

マーヤ(天)(声優)

吉永小百合さんです。ナレーションはブッダの世界観をうまく表現していて感心させられます。また言葉に重みも感じました。

・アニメブッダの作者手塚治虫について

言わずと知れた名漫画家です。鉄腕アトム、ブラッグジャック、火の鳥など思い浮かびますがブッダも間違いなく名作で個人的には一番好きな作品です。

「アニメ手塚治虫のブッダ 終わりなき旅の分かりにくい点を解説」

ブッタは直訳すると目覚めた人。シッダールタは目的を成し遂げるという意味になります。物語のないようはほとんどがフィクションですが古代インドの雰囲気を楽しむにはとても面白い物語です。カースト制度について生まれたら身分が一生定められています。

 

上から順番にバラモン(司祭)、クシャトリア(王族、武士)、ヴァイシャ(商人、平民)、スードラ(奴隷)とあり差別的な社会だと言えます。現代でいうといじめや人種差別があったと考えられます。苦行とは苦しみ抜けば来世報われるという考えを元に自らを苦しめる行為です。現代では考えられない試行です。砂の中に埋まった木に吊るされたり何日ご飯を食べなかったりなど、マゾとしか思えません。

「アニメ手塚治虫のブッダ 終わりなき旅の評価・感想」

シッダールタがヤタラに説くシーンが見所で悩みを解決する一文一句が現代でも通じるものがあると思います。人間の欲望は苦しみを生む。人は自然に生かされている生きることに意味、役割がある。とても深いと思います。これを見ると日常的な悩みは些細なことです。

「まとめ」

アニメはUーNEXTで無料で視聴できます。上記で紹介した魅力的なキャラクターや物語の構成世界観がとても心地よくおもしろいです。ぜひご覧ください。アニメ版を見たあとに漫画を見るとより深みを感じられると思います。まずはUーNEXTでブッダ 終わりなき旅をご視聴ください。

ブッダ 終わりなき旅を無料で観るなら<U-NEXT>