沈黙のWebライティング ネタバレまとめ

沈黙のWebライティングはWebライティング初心者が初めて手に取る本としては最適です。Webライティングに興味があり、これからWebライティングをはじめたい初心者におすすめの本です。アマゾンやメルカリでもよく売れています。私はAmazonで中古本で購入しました。

この本を読むことで、Webライティングの基礎が理解できSEOに強い文章の書き方がざっくりわかります。マンガのストーリー会話形式がベースなので600ページ超えの分厚い本ですが、スラスラ読めます。ストーリーの最後にまとめの解説記事があり、要点が詳しく書いてあります。

後でおさらいしたいときに、部分的に読み返すこともできマンガのストーリー会話形式が初心者でも記憶に定着しやすいというメリットがあります。

以下ネタバレあり!閲覧注意!

 

概要

伝説のWebマーケッター「ボーン・片桐」が、経営危機に直面する栃木県の須原に集客で悩む温泉旅館「みやび屋」が舞台です。

Webサイトを通じて再びお客様を呼び込み、活気を呼び戻すためにボーン・片桐が「結果」を出すライティングのノウハウを伝授します。

マンガ形式で物語が展開する部分と、物語の中での教訓が詳しい文章でまとめられた「特別講義」の部分が、全7章分、交互に登場します。

第1章 SEOを意識したコンテンツを作るカギ

第2章 「USP」を最大限に活かすコンテンツ

第3章 わかりやすい文章を書くためのポイント

第4章 論理的思考をSEOに結び付ける

第5章 オウンドメディア必要なSEO思考

6 SEOに強いライターの育成法

第7章 バズにつながるコンテンツ作成のコツ

(「沈黙のWebライティング -Webマーケッター ボーンの激闘」目次より)

【ページ数】631

【定価】(本体2,000+税)

【構成・執筆】松尾 茂起

【作画】上野 高史

第1章 SEOを意識したコンテンツを作るカギ

半年前に両親を事故で失くし若女将、皐月サツキが旅館の予約客数が減って息詰まっていたところに弟のムツミがプロミュージシャンの夢をあきらめ、東京から帰ってきます。

 

本日のお客様が2組しかいないことをムツミが知り、旅館ミヤビの予約状況をGoogleアナリティクスでアクセス解析しホームページには1日に20人しかアクセスがないことをしり呆然としムツミが旅館ミヤビのホームページの修正し改善を試みます。

ここである事情(チップを探しにきた)で旅館ミヤビに宿泊にきたボーン・片桐と前日宿泊した恋人ヴェロニカが登場しムツミのホームページダメ出しをし正しいSEOの考え方を伝授。Googleはユーザーにとって利便性の高い検索結果を返していることを伝えます。

検索結果をマインドマップにまとめ重視する3つの要素、「専門性、網羅性、信頼性」の3つの要素を満たせば検索結果が上位表示されるとボーンにアドバイスされます。一方で巨悪な影がしのびよる・・・この章は良い例悪い例がわかりやすく解説されていてなるほどなぁ素人でも共感できる内容です。また読み進め安くサクッと読めます。

第2章 「USP」を最大限に活かすコンテンツ

サツキはタオ・パイCEOのヤンに気に入られ求婚されたがことわる。怒ったヤンはミヤビ屋を妨害しようと近くに自社のタパホテルを建てたとサツキに挨拶に来て再度求婚するがサツキはことわります。姉貴を守ると力強く言葉を発し、ムツミはホームページの改善により意欲的になります。

3つの要素をヒントに検索結果10以内に表示させることに成功させることはできたが、予約までに結びつきません。ボーンが「USP」が伝えきれていないとアドバイスします。※USPとはUnique Selling Proposition、他社にない独自の強みのこと。

ムツミも修正したホームページは旅館ミヤビのセールス特徴が他の旅館と比べて文量が多く目立ちすぎていたため、違和感がありました。中立的な立場で意識しないと客観的な信頼性が損なわれる点と独自性がないことが原因とボーンからアドバイスされます。

3日後、サツキとムツミがUSPに基づいた改善を提案します。キャッチコピーは、両親を事故で亡く親孝行ができなかったた私たちに親孝行させて下さいという内容です。若者が親孝行するプランを提案しボーンに受け入れられます。

ボーンは旅館ミヤビをナンバーワンではなくオンリーワンの旅館を目指すと提案しホームページを改善修正をするようサツキに伝えます。ボーンのアドバイスが的確なのとコンル料金は一時間で100万以上するのにたくさんアドバイスしてくれてボーンの私は優しと思いましたが、物語上のアドバイスの仕方はツンツンしています。

第3章 わかりやすい文章を書くためのポイント

 

そしてボーンのリライトで感情を入れた文章に変わります。感情を自分のこととして感じ感情は誰が発したかを明らかにすると、読み手は話者を想像しながら感情に触れることができます。

リライトのポイント

システム1

①改行と行間にきを配り、心地よいリズムを意識。

②漢字とひらがなの含有率を調整。

③「この」「その」「あの」などの指示代名詞を減らした。

④箇条書きを用いて、要点を整理した。

⑤情報をカテゴライズして整理した。

⑥いらない言葉や表現はカットし文章が不必要に長くならないようにした。

⑦感情表現を入れ、自分事化による共感を誘発した。

システム2

①論理飛躍、論理破綻がないよう、論理的な文章を意識した。

②読み手にとってわからない言葉がないよう、言葉選びは慎重に行った。

ボーンがリライトした結果、翌朝予約が5件入りサツキが涙して喜びます。

3章から専門的内容になってきますので内容は重要です。ボーンのリライトの部分が歌い出すのでおもしろくて必見です。

第4章 論理的思考をSEOに結び付ける

サツキがこのままコンサル料払わずにアドバイスもらい続けるの申し訳ないとボーンにもうしでます。ボーンはコンサル料金いらないからチップ探しの手伝いを依頼しサツキは了承しました。ボーンがオウンドメディアを作るぞと提案します。

 

オウンドメディアを直訳すると自社で所有し、運営するメディアのことです。ミヤビ屋は栃木県の須原に所在しており、須原のことを知らないユーザーに須原のことを知ってもらうために運営するようにボーンからアドバイスされます。

 

須原全体が利益がでる「量」を撮るのではなく「質」を重視する戦略でいくとボーンがいいます。ボーンはサツキとムツミに3日以内にオウンドメディアに投稿するアイデアを考えるように課題をあたえます。ムツミの過去が明らかになります。オウンドメディアと紐づけられていて話の構成がよくできているなぁと私は思いました。

第5章 オウンドメディア必要なSEO思考

ムツミのアイデア

温泉旅館の写真をまとめた記事で写真は温泉旅館のサイトや温泉愛好家のブログから引用。「TRABEL UP」のメディアを参考にして考えました。

サツキのアイデア

マインドマップを元にアイデアを作成し須原で働く人たちに、あえて須原以外の温泉地の中からオススメの旅館を教えてもらうというものです。外部の専門家がオススメを語ることで客観的な視点が加わり、その地で働く人々の気づいてない魅力が発信できるのではないかと考えました。

 

ボーンの結論はサツキのアイデアは合格し、ムツミは不合格でした。自分のアイデアのコンテンツが公開後どうなるか考えたか?とボーンがムツミに問いかけました。ムツミは世の中のコンテンツに対する愛が足りない。

敬意が足りないとボーンはダメだしをしました。第1弾はサツキのアイデアで決定しました。ボーンがオウンドメディア運営で旅館の運営に負担にならないようWebデザイナーの高橋を助っ人に依頼しました。

高橋はさっそく、オウンドメディアの記事は外部のライターに依頼したと言います。サツキがWebのまとめサイトに須原の旅館が紹介されてないことを思い出しました。ボーンが「TRABEL UP」のサイトの運営会社の確認します。

運営会社 バイソンマーケティングで代表者の名前は遠藤、かつて因縁のあった遠藤が邪魔をし裏にはヤン・タオがいることを知り物語が終盤に向けて加速します。サツキのアイデアはすごいよくできているなぁと私は感心しました。

6 SEOに強いライターの育成法

高橋は、外部のライターにバズボンバーに依頼するがあっさり断られ、あせった高橋はネットで人選しサーロイン杉本というライターに依頼しました。サーロイン杉本にインタビューをしてもらうが自我が強すぎて相手の情報が引き出せてません。

インタビューは失敗し記事にできない内容でした。ボーンが内容をしりヴェロニカに頼み記事を完成させました。インタビュー記事のポイントは取材力で「準備」と「空気作り」が大切です。ボーンは再びバズボンバーに記事を依頼するよう高橋に指示しました。

今回はコンテンツ企画もバズボンバーに任せた、ぶっ飛んだ記事を依頼しためバズボンバーもこころよく受け入れる。インタビューもでき記事もかけるヴェロニカの万能性がすごいと私は思いました。

第7章 バズにつながるコンテンツ作成のコツ

バズボンバーの須原の記事をヤン・タオが見ました。タオ・パイグループが関わっていることがわかるのを恐れてバイソンマーケティングの遠藤に責任を押し付け契約をきりました。バズボンバーの記事の影響力はとても強く、結果ミヤビ屋へメディア取材の申し込みや他の須原の旅館もWebマーケティングを教えてほしいなど反響が大きく出ました。

その一方でムツミが何者かに狙われました。ヴェロニカがムツミをかばい、腕を銃でうたれ、それを知ったボーンはヤン・タオの会社に乗り込みました。ヤン・タオは部下を使い武力行使しましたがボーンが全て返り討ち。ヤン・タオはサツキから手を引き「TRABEL UP」も須原のPRに協力するとボーンに約束しました。

ボーンが探していたチップはムツミのギターのエフェクターの中に見つかり全ての問題が解決しハッピーエンドで物語は終了です。7章で沈黙のWebライティングの沈黙の意味がわかります。ボーンの沈黙を守れという言葉・・・続編が出たらこの言葉は毎回定番になりそうです。

まとめ

・第1章ではSEOの意味やどうすばWeb検索で上位表示されるかが学べます。Googleの企業理念を理解することがポイントになります。Googleがユーザーの利便性を最優先に考えている理由がわかります。GoogleAdWordsキーワードプランナーやYahoo知恵袋でキーワードの検索に仕方が学べます。

 

・第2章ではUSPの概念が学べます。筆者のノウハウが経験によって語られている感があります。

 

・第3章ではわかりやすい文章書くためのポイントが網羅されています。個人的にはこの章が一番重要だと思います。ライティングする上での書き方や感情の入れ方がよくわかります。

 

・第4章では論理的思考をSEOに結び付けるポイントがわかりやすく章の最後にまとめられてます。わからない言葉やわからない知識が出てこないことが大事です。論理的思考は因数分解を意識しわかりやすく落とし込むことが重要だと私は思いました。

 

・第5章ではオウンドメディア必要なSEO思考では集客の仕方が学べます。3章、4章に紐づいた内容となっていますので難しく感じたら、3章4章を読み返すと理解しやすいです。

 

・第6章ではSEOに強いライターの育成法です。外注する場合はマインドマップを作成し意識やポイントを共有することが重要です。マネジメントの仕方がわかるので初心者の方は逆に相手が求めていることやポイントを意識して読むと勉強になります。

 

・第7章ではバズにつながるコンテンツ作成のコツが学べ有名なマズローの「欲求5 段階説」拡散されやすポイントが章の最後に解説されています。沈黙のWebライティングはライティングは専門書で解説するより一例を元に解説した方が学びやすいという筆者の意図があると私は思います。

独学で学んでから会社に就職するより就職し実践した方が実践スキルがつき覚えるスピードが早いに似ています。ライティングの基礎を学ぶにはオススメの一冊になります。