未来を変えろ!映画『ルーパー』タイムリープとは⁈-30年後の自分と戦え!感想解説

映画.comより引用

今回、紹介する映画は「ルーパー」です。タイムトラベルと題材にした映画になっています。

タイムトラベル系の映画で言うと、「ターミネーター」や「バック・トゥ・ザ・フューチャー」などが、思い浮かぶのではないでしょうか?

この系統の映画は、タイムトラベルについて理解しづらく、矛盾も多くあります。

「ルーパー」でも説明できない部分もありますが、できるだけわかりやすいように解説していますので、ぜひ見てみてください。

また、ブルース・ウィリスが出演していることから、話題になった映画にもなっています。


ルーパーを無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)

注意
以下、重要なネタバレを含みます

感想・考察

タイムトラベル系はやっぱわからない!

この映画を見て、やはり、タイムリープを完全に理解するのは難しいです。しかし、これがタイムトラベル系の映画の楽しみでもあります。

なんせ、考察のしがいがあるからです。

例えば、もし、最後にジョーが死ななかったら同じループに入ってもう一度オールドジョーが過去に戻ろうとするのでしょうか、もし、ジョーがガットマンたちに捕まらずにルーパーになっていなかったとしたら、など考えれば考えるほど思いついてきますね。

作品をじっくり見て、考察するのも映画の楽しみ方だと思うので、皆さんも他に思いつくものがあれば、シェアをお願いします!

最後、レインメーカーは誕生しなかったのか?

映画の最後、ジョーは自ら命を絶ち、サラとシドの命を守りました。

ジョーの見た未来では、オールドジョーにサラは殺され、悲しみの果てにシドはレインメーカーとなり、力を使って世界を征服しようとします。

その未来を防ぐために、ジョーは自ら犠牲になったわけですが、その後の未来はどうなったのでしょうか?

1つ目は、シドがレインメーカーとはならずに、サラによってよい子に育てられて、レインメーカーにならなかったパターンです。

映画の流れ的に見ても、この可能性が一番大きいでしょう。

2つ目は、どのみち、サラが別のルーパーに殺され、シドはレインメーカーになってしまうというパターンです。

タイムトラベルで過去を変えることは、御法度です。だから、シドがレインメーカーになることは、確実と言うこともできます。

3つ目は、タイムパラドックスが生じて、これを説明するためのパラレルワールドが、できているパターンです。

ある1つのパラレルワールドに目を向けると、ジョーが自ら亡くなり、レインメーカーは存在しなくなった。

一方で、またある1つのパラレルワールドに目を向けると、どうしようにもシドはレインメーカーになっていた、ということです。

もし、1つ目のパターンを成立させるなら、パラレルワールドの存在が必要になるのではないかと思います。

以上を踏まえて私の考えとしては、この映画にはいくつかの世界線があり、私たちはこの1つのパラレルワールドの物語を、見ていたのだと思います。

皆さんはどう考えますか?

解説

映画.comより引用

作品の設定はこうです。

主人公がいる2044年の30年後には、タイムマシンが発明され、それを犯罪組織が悪用していました。

というのも、2074年には技術が発達しており、犯罪が起きるとすぐに、身元が割れてしまうからです。

なので、2074年から送られたハイヴという人物が、2044年でルーパーという殺人者たちを取り仕切って、ルーパーは未来の犯罪者たちから送られてくる殺したい人物を、2044年で殺しお金を稼いでいます。

そして、ルーパーにはもう1つのルールがあるのです。それは未来から送られてきた30年後の自分を、自分で殺す(ループを閉じる)ということです。

こうして、残りの30年間を自由に暮らします。その後、30年前に送られて、自分によって殺されなければなりません。

ルーパーという存在が明るみに出るわけにはいかないので、必ず殺されなくてはいけないのです。このループが、ずっと続いているのでした。


ルーパーを無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)

あらすじ(⚠ネタバレあり)

2044年のカンザス州

映画.comより引用

主人公のジョーは、ルーパーの1人でした。日々、送られてくる人間を殺し、お金を稼いでいます。

残りの30年はフランスで暮らすと、フランス語の勉強もしていました。

ジョーがいる2044年のカンザス州は、ひどく荒れていて、ろくなやつしかいない街です。ジョー自身も、ドラッグづけの生活を送っていました。

そして、もう1つこの時代の特徴はTKという念力を使える人が10人に1人居たということです。

しかし、この力はたかがコインを手のひらの上で浮かせれる程度で、ただの見世物でしかありませんでした。

そして、最近ルーパーたちの間で、ループを閉じる人がかなり増えていて、そのルーパーたちはお祝いをするのです。

ループを閉じ損ねたセス

ある日の夜、ジョーの元に親友のセスがやってきます。しかし、セスは未来の自分、オールドセスを殺し損ねてしまったのです

なのでセスはエイヴの部下のガットマンたちによって追われていたのでした。ジョーはセスを家の金庫に雇うことにするのです。

しかし、ジョーの家に来ていたことはばれていたので、エイヴの元に呼ばれました。

エイヴは幼い頃強盗などの悪さをしていたジョーをルーパーとして新たな人生を与えた存在です。

そこで、今まで貯めていたお金を取り上げるとエイヴに脅されしょうがなくセスを売りました。

セスはエイヴたちに捕まり、拷問を受けます。

セスは腕や足を切断されました。過去に起きたことは未来にも通じるため30年後のセスにも同じように腕や足がなくなります。

苦痛に耐えれなくなったオールドセスは自ら身を差し出し、殺されました。そして、セスは30年間手や足が無い状態で生き続けなければいけないのです。

ループを閉じ損ねたジョー

Yahoo!映画より引用

そして、ジョーにもその日がやってきます。送られてきた男は袋を被っておらず一瞬困惑してしまいました。

その隙にオールドジョーはジョーを気絶させ、逃げるのでした。ジョーも目を覚まし、エイヴによって追われることになります。

ここで、場面は変わり、ジョーは送られてきたジョーを殺している場面が流れるのです。

映画.comより引用

そうです、このジョーこそがオールドジョーでした。

 

オールドジョーはループを閉じた後、エイヴに言われたようにフランスには行かず中国に行き、生活します。

 

そして、ある女性と出会いその人と結婚し幸せな生活を送っていました。30年後の時代ではレインメーカーの組織が争いを起こしています。

 

このレインメーカーがルーパーを過去に生み出したのです。

 

そして、ループを閉じてから30年が経ち、突如オールドジョーは拉致され、愛する妻が殺されてしまいました。

 

これに怒ったオールドジョーは拘束を自力で解き、自ら30年前にやってきたのです。

ここで、物語がつながります。

オールドジョーの目的

Yahoo!映画より引用

オールドジョーの目的は、妻を殺したレインメーカーでした。

そのために過去に戻って、幼い頃のレインメーカーを殺し、30年後にレインメーカーが誕生しないために、やってきたのです。

オールドジョーは、レインメーカーに関する手がかりの10桁の数字を元に、3人の子供を未来の、レインメーカーの候補としました。

その後、ジョーは自らに深い傷で腕にメッセージを書き、オールドジョーを呼び出します。

オールドジョーは、ジョーがある女性と結婚するということを教え、レインメーカーの存在を教えました。

レインメーカーは突然現れ、たった半年の間に、1人で5つの犯罪組織を掌握したという。

その話を聞き、ジョーは自分には関係ないと言い、オールドジョーを殺そうとします。

そこへ、ガットマンたちもやってきますが、ジョーとオールドジョーはなんとか逃げることができました。

たどり着いた一つの家

映画『LOOPER/ルーパー』公式Twitterより引用

ジョーは逃げる隙にオールドジョーの持っていた地図の一部を破り、オールドジョーがマークしていた家に向かうことにしました。

その家にはサラというお母さんとシドという息子が暮らしています。

その家は周りが背の高い草むらで囲まれていてよくホームレスの人たちが物乞いをしにやってくるのです。

ある日の夜、ホームレスに襲われているところをジョーが助け、ジョーはちょうどドラッグの禁断症状が出て、サラの家で介抱してもらいます。

ジョーはサラに地図を見せ、10桁の番号のことを尋ねます。すると、サラはシドが狙われているということを知りました。

一方で、オールドジョーは残りのマークした家に向かいます。そして、一人目の子供を殺すのでした。

ジョーはオールドジョーが必ずサラの家に来ると確信し、オールドジョーを待つことにします。

シドの能力

映画.comより引用

シドは、ジョーに興味津々でした。

シドは5歳ながらも、ジョーの力になると、ジョーが住んでいる大きな小屋と家との連絡のための、蛙のおもちゃを自分でつくります。

そうです、シドはとても賢いのです。そして、シドは自分のことを話し始めました。

そこで、「サラは本当のママじゃない。赤ちゃんの頃、本当のママは目の前で殺されたんだ。」と言います。

そして、サラは嘘つきだ、と憎んでいたのです。ジョーは翌朝、サラにシドの母親について尋ねました。

サラは「私が本当の母親だけど、幼い頃シドを育てていたのは私の姉だ。シドは、姉のことをママと呼んでいる。」と言います。

その後、シドとサラはけんかをしますが和解し、仲の良い二人に戻るのです。

場面は変わり、サラの家にジョーを追っているガットマンの1人が、やってきました。一度はやり過ごすものの、翌日もやってきて、ジョーの存在がばれます。

そこへシドがやってきて、家中の家具などが浮かび上がり、家を崩壊させました。シドは、かなり優れたTKの化け物だったのです。

ジョーは、この力に恐怖を感じて、シドを殺そうと考えました。しかし、そこに居たのはただの5歳の子供で、その力を制御できていないのです。

ジョーは、サラとシドと仲良くなっていたことから、二人を守ることにします。

とらわれたオールドジョー

Yahoo!映画より引用

一方、オールドジョーは2人目の標的の子供を殺しに行きます。

しかし、そこにエイヴの仲間が待ち伏せしていて、オールドジョーは捕まってしまいました。オールドジョーはエイヴのアジトに連行されます。

しかし、オールドジョーはまたもや拘束を振りほどき、エイヴの一味を一掃しました。

そして、オールドジョーはエイヴを殺し、実質ジョーを解放させてあげるのです。

未来を変えろ!

オールドジョーは、最後の標的のシドを、殺しに行きました。そこに、ジョーが立ちはだかります。

そこへ、殺し損ねたエイヴの仲間が、ジョーを殺しに来てジョーがこの相手をしている間に、オールドジョーはシドの元へ向かいました。

サラはシドを、身を呈して守ろうとします。オールドジョーは「そこをどけ」と言いますが、どこうとしませんでした。

ここで、母を守るためにシドの力が暴走します。しかし、サラはシドの暴走を制御させるためにシドをなだめ、なんとか暴走を押さえました。

そして、オールドジョーはもう一度シドを殺そうとします。

そこへ、エイヴの仲間を殺したジョーがやってきて、不意にシドの未来を見ました。

その未来とはサラが殺され、その悲しみによってシドは一人になるという未来です。

ジョーは、このことでシドはレインメーカーになる未来が、確立してしまうと感じたのでしょう。

このループを止めるべく、ジョーは自らの銃で自分を撃ち殺しました。このことでオールドジョーは消え、サラとシドは守られたのです。

まとめ

最後、レインメーカーが誕生したのかという疑問について、私が考える考察は3つです。

  1. サラのおかげで、シドはレインメーカーにならなかった。
  2. サラは結局殺され、シドはレインメーカーになってしまった。
  3. シドがレインメーカーになった世界線と、ならなかった世界線が存在するようになった。

私は、3番目の考察が一番、理にかなっているかなと思いますが、皆さんはどうですか?

あらすじのまとめは下記のとおりです。

  1. 2044年には、ルーパーが存在していた。
  2. ルーパーは、未来の自分を殺さないといけない。
  3. ジョーは、未来の自分を殺し損ねてしまう。
  4. オールドジョーの目的は、幼いレインメーカーを殺すこと。
  5. ジョーが、サラとシドに出会う。
  6. シドは幼いながらとても賢くて、優れたTK(超能力者)だった。
  7. ジョーは、レインメーカーを誕生させないために、自ら犠牲になり二人を守った。

以上が「ルーパー」でした。すこし内容が難しく、理解に時間がかかったのではないでしょうか。

でも、だからこそ考察のしがいがある作品だと思います。

ぜひ、この記事が参考になるとうれしく思います。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。ぜひ、「ルーパー」を見てみたいと思ってくれた方は、チェックしてみてくださいっ!


ルーパーを無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)