【ネタバレあり】映画「悪の教典」衝撃のラスト必見!気になるラストの意味とは?

引用元:allcinema

映画「悪の教典」は貴志祐介によるサイコホラー小説が原作で、2012年11月に伊藤英明主演で放映されました。

キャッチコピーは「まるで出席を取るみたいに、先生はみんなを殺し続けたんだ」です。

本作品は放送倫理審査会でR15指定を受けるなど、殺人描写がとても多い作品となっています。

事前に警告しますが、グロが苦手な方は本当に注意してください。ストーリーの面白さよりも胸糞悪さが勝つ可能性があります。

「出席を取るように殺し続ける」という表現でわかるように、舞台は学校で犯人は先生です。

舞台や犯人が分かっていても惹きつけられるように見入ってしまう!それは作品全体に漂う不気味さのためでしょう。

漂う不気味さの正体はなんなのか?繰り広げられる惨劇から生き残ることはできるのか?そしてラストの意味とは!?

そんな気になる「悪の教典」をネタバレを交えながら考察していきます!

 

注意
これより先は、「悪の教典」のネタバレの内容になります!

ネタバレせずに映画を楽しみたい方はご注意ください!


悪の教典を無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)

あらすじ

晨光学院高校の英語教師である蓮実聖司、通称ハスミンはその親しみやすさから生徒からの信頼も厚く、非常に好かれる人物です。

生徒指導役も担っているため、モンスターペアレントや品行不良な生徒の対応もこなしており、生徒だけでなく教師や保護者からも信頼される、まさに理想の教師です。

しかしそれらは仮の姿で、ハスミンはサイコパスなのでした。

他人への共感能力が生まれつき著しく欠けており、自身が生きていく上での不都合は、手段を選ばず排除する人間なのです。

学校生活では美人で有名な女生徒と関係を持つなど、徐々にハスミンの裏の顔が見えていきます。

頭脳明晰なハスミンですが、文化祭の準備のため2年4組の全員が残る夜に、ついにそのほころびを隠し通せなくなってしまいます。

そこで彼が選択した手段は、学校に残っている全ての人間を殺すことでした。

あの俳優の優しい雰囲気はどこへ!?名演を見せるキャスト紹介

引用元:allcinema

「悪の教典」には有名俳優が多数出演しています!いつものイメージと違った演技が見られるのでそのギャップにも注目です!

登場人物が多いので、キーパーソンを絞って紹介していきます!

蓮実聖司(はすみ せいじ):伊藤英明

晨光(しんこう)学院高校の英語教師で、親しみやすい性格から生徒だけでなく教師や保護者からの信頼もあつい理想的な教師。

しかし実態は他人への共感能力のないサイコキラーです。過去に渡米経験があり、頭脳明晰で自身の犯行を巧みに隠しながら生きてきました。

仲良くしてきた生徒すらためらいなく殺害する姿はまさに不気味そのもの

演じた伊藤英明さんといえば「海猿」など、むしろ人命救助する作品のイメージが強く、優しい雰囲気が印象的です。

その雰囲気そのままに親しみやすい先生を演じているため、本当に信頼できる先生というのが伝わってきます!

しかし、本作で演じるのはサイコパスな殺人鬼です。優しい口調で生徒を殺害していく姿は軽くトラウマものです。

この不気味さは、普段のイメージがある伊藤英明さんでなくてはそうそう出せるものではありません。

片桐怜花(かたぎり れいか):二階堂ふみ

蓮実が担任する2年4組の生徒で、直感の鋭いキーパーソン。

同じクラスの夏越雄一郎と2年1組の早水圭介とよく一緒におり、蓮実の過去と持ち前の直感力から彼が怪しい人間であることを見抜いています。

二階堂ふみさんもクールビューティーでミステリアスな印象を与える女優さんですが、その印象がぴったりのどことなく影を持ったような女生徒です。

蓮実のハイテンションからのサイコキラーぶりに比べ、怜花は常に冷静なトーンで真実を見抜くという対比的な存在となっています。

最後の最後までキーパーソンとなっており、本作のもう一人の主人公と言えるでしょう。

夏越雄一郎(なごし ゆういちろう):浅香航大

蓮実が担任する2年4組の生徒で、怜花の友人。

頭の回転が速く決断力もあるため、惨劇の夜には雄一郎のアイディアが非常に重要となります。

一緒にいる怜花や圭介に比べ、おちゃらけた雰囲気を持っています。二人の意見を聞いて蓮実に対して懐疑的です。

彼も最後まで重要な役回りとなっており、要注目です!

早水圭介(はやみ けいすけ):染谷将太

2年1組の生徒で、怜花や雄一郎の友人。

集団カンニングの首謀者になるなど、非常に頭脳明晰です。

担任の釣井先生のヒントをもとに、蓮実の過去とウェルテル効果の関係性について見つけ出すなど、生徒の中では一番真実に近い情報を持っています。

釣井先生から更なる過去を教えてもらい、蓮実の裏の顔を確信しますが、盗聴器によってその会話は蓮実に伝わってしまうのです!

蓮実に目をつけられ拷問されますが、その際に情報を知っている友人の名前は決して口にしません。

一見クールで合理主義に見えますが、実は友人想いな一面を持っています。

安原美彌(やすはら みや):水野絵梨奈

蓮実が担任する2年4組の生徒で、美少女。

体育教師の柴原先生に万引きの事実を弱みとして握られており、セクハラされています。

クラスのリーダー格で人望があるため、クラスの女子が柴原との関係を蓮実に報告し、救われています。

しかし今度は美彌の意志で蓮実と関係を持つようになるのです

そこで蓮実が「美彌が入れる掲示板」のパスワードを尋ねたり、「蓼沼の携帯電話」を持っていたりするため、何かと怪しい蓮実の裏の顔に気づいていくことになります。

前島雅彦(まえじま まさひこ):林遣都

蓮実が担任する2年4組の生徒で、美術部所属の気弱な性格。

実は同性愛者で、美術科教師の久米先生と関係を持っています。

美術部でならではの丁寧な作品作りで、文化祭の準備では大活躍です。

気弱である描写はありますが、クラスメイトとは仲良くやれていることがわかります。

蓮実は久米先生を騙して殺戮の犯人に仕立て上げようとしますが、そのことを知った雅彦は激怒。

至近距離で猟銃を放たれても執念で立ち向かうのですが・・・。

蓼沼将大(たでぬま まさひろ):KENTA

蓮実が担任する2年4組の品行不良な気の強い生徒。

普段からよく問題を起こす生徒で、清田梨奈の父親が火事で死んだ際には、裏掲示板で犯人ではないかと吊し上げられます。

しかし、実は書き込みを行なったのは美彌からパスワードを聞き出した蓮実なのです。

蓮実は問題を起こした蓼沼を『飲みに行こう』と誘い出し、蓼沼はそのまま姿を消してしまいます。

清田梨奈(きよた りな):藤井武美

蓮実が担任する2年4組の気弱な女生徒。

梨奈がいじめられていると思い込んだ父親が、モンスターペアレントとして学校に何度も乗り込んでいます。

しかしそれは父親の思い込みであるところが強く、父親が火事で焼死したことで梨奈自身は学校に来ても明るく振る舞えるようになっています。

それでもやはり気弱な部分は持ち合わせており、惨劇の夜には恐怖に耐えかねて自ら手首を切ってしまうのです。

永井あゆみ(ながい あゆみ):伊藤沙莉

蓮実が担任する2年4組のゴシップ好きの口の軽い女生徒。

美彌が柴原にセクハラされていることに勘付くなど、クラスの動きに敏感です。

惨劇の夜には、美彌が屋上に上がる様子を見て『柴原と何かあるのでは』と心配して尾行します。

しかし、屋上にいたのはなんと蓮実なのです。あゆみは美彌を探しに屋上に入るのですが・・・。

蓮実の計画犯罪を崩すキーパーソンではありますが、それは同時に惨劇スタートのきっかけにもなっています・・・。

釣井正信(つりい まさのぶ):吹越満

2年1組担任の数学科教師。

非常に粘着質な性格で、蓮実の過去を調べ上げており、裏の顔を推察しています。

その情報を早水や警察にヒントのように伝えていますが、察知した蓮実に危険因子と判断されてしまい・・・。

自宅に酸化した血のついたバールが置いてあるなど、本人にも秘密の過去がある様子です。

柴原徹朗(しばはら てつろう):山田孝之

晨光学院高校の体育科教師。

美彌の万引きを弱みとして握り、呼び出してはセクハラを行う淫行教師です。

指導が強く暴力性も感じさせますが、惨劇の夜にはドラムの腕を披露するなど意外な一面も持っています。

サイコパスから生き残りをかけた厳しい選択

蓮実は自分が生きる上で不都合なことはどんな手段を使ってでも排除するサイコキラーです。

蓼沼の件を察する美彌を殺害するため屋上に呼び出し、自殺を演出するのですが、完全犯罪の一歩手前でクラスメイトのあゆみに状況がバレてしまいそうになります。

咄嗟の判断であゆみを殺害した蓮実。

「一人が自殺し一人が他殺される」という、どう考えてもおかしい状況に整合性を持たせるためには・・・。

考えた蓮実は学校に残っている教師・生徒の全てを殺害することを決めるのです。

生徒たちの必死の生存劇がスタートします。

『不審者が侵入し、危険なので絶対に1階には降りないでください。』

1階にいる生徒や教師を殺害した後、蓮実は校内放送でこのように告げます。

その時点で妨害電波を仕掛け済みで、生徒たちは携帯電話を使って外部に助けを求めることはできません。

「1階に降りないで」というセリフで生徒たちの行動はいくつかに分かれます。

  • 1階に残った生徒を救うために降りる生徒
  • ハスミンのいうことを信じてより高い階に非難する生徒
  • ハスミンは疑わしいと防火シャッターを下ろして籠城する生徒

さぁ、生き残りをかけた厳しい選択の正解はどれなのでしょうか?

1階に残った生徒を救うために降りる生徒

蓮実が惨劇をスタートする少し前、アーチェリー部に所属する翔が部室棟に降りています。

アーチェリーの腕前が確かであるため、彼が先んじて死亡すると生徒側の勝ち目が絶望的になると判断され、一部の生徒で救出に向かいます。

しかし蓮実は先の校内放送の影響で1階に降りて脱出を試みる生徒が出ると先読みしており、玄関で待ち伏せしているのです!

この時点で蓮実は翔が屋外に出れる環境にいることを知りません。

救出に向かった生徒は残念ながら殺害されてしまいますが、本来の「翔の救出」という目的を喋らなかったため、翔は屋外に脱出することができ、外部に助けを求めることに成功します!

しかし、翔はある女生徒を助けるために、学校に戻ってしまうのです!

実は1階での殺害シーンが本作の非常に重要なキーシーンとなっています。

ラストまで見ればその意味がよくわかりますよ。

ハスミンのいうことを信じてより高い階に非難する生徒

多くの生徒が『1階に降りずに屋上へ上り、鍵をかけて避難してください』という言葉を信じて屋上へ向かいます。

しかし、屋上といえば蓮実が美彌殺害の完全犯罪を仕立て上げるために封鎖済みなのです!

屋上に向かった生徒たちは鍵のかかった扉の前でどうすることもできず立ち往生します。

そこへ猟銃を持った蓮実が現れます。

生徒たちはハスミンが助けに来てくれた!と思い、安堵の表情を浮かべるのですが・・・。

屋上への誘導は蓮実が効率的に殺害を行うためのもので、残念ながら屋上に向かった生徒たちは全員その場で殺害されてしまうのです。

安堵からの殺戮開始であるため、このシーンが一番胸にくるかもしれません。

ハスミンは疑わしいと防火シャッターを下ろして籠城する生徒

雄一郎や怜花は蓮実の過去の経歴からすでに疑いを持って過ごしており、「妨害電波が出てから不審者が侵入する」という一連の流れで半ば蓮実の犯行を確信しています。

そのため、他の生徒を説得して蓮実の言葉には従わない選択をするのです。

クラスメイトと協力して防火シャッターを下ろし、机や椅子などでバリケードを作っていきます。

そんな中、白井さとみという生徒が窓から脱出を試みます。

実はさとみと翔は相思相愛で、1階にいるはずの翔の元へ向かおうとしているのです!

窓にロープをくくりつけ、怪我を追いながらも脱出するさとみ。そして学校に戻ってきた翔と再会を果たします!

思わず『さとみ!』と叫んでしまう翔。そんな声を、蓮実が聞き漏らすはずもありません。

翔はアーチェリーで応戦しますが残念ながら殺害されてしまい、さとみもその場で殺害されてしまいます。

惨劇の中にわずかに残る学生らしい恋愛も、お互いが触れ合うことすら許さずに終わらせてしまうのです。

このシーンは特に蓮実の無慈悲さを感じることができます。感じたくないかもしれませんが・・・。

そして、籠城する生徒はある致命的なミスをして、蓮実が籠城の空間に入り込んでしまいます!

籠城の外では蓮実が放った火が燃え広がっており、そう簡単に逃げることはできません。

どのルートを選んでも、生き残りはほぼ不可能だったのです。


悪の教典を無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)

【考察】怜花のセリフや目覚める美彌・・・。気になるラストの意味とは?

引用元:allcinema

生き残りは絶対に不可能と言わざるを得ない惨劇ですが、3名の生徒が生き残ります。

怜花と雄一郎は咄嗟の判断で蓮実の攻撃を交わすことに成功しています。

蓮実が警察に取り囲まれたのちに生存者として発見されており、蓮実がさらに危害を加えることはできません。

蓮実がまるで同じ被害者であるように二人に声をかけますが、もちろん雄一郎は激怒します。

そんな様子も「混乱しているんだね」と誤魔化そうとする蓮実。

子供二人の証言だけでは確証が得られない状況であるところ、とある証拠をもとに蓮実が実行犯であることが確証され、彼は連行されるのでした。

このラストシーンで、気になるセリフや描写のいくつかを考察していきます!

どうして怜花をムニンと呼んだのか

『圭介は生きてるよね?』と聞く怜花に対し、蓮実はこのように返します。

『これは全部、神の意志だったんだ。頭の中に響いてきた命令でやったんだよ。4組の生徒は一人残らず悪魔に取り憑かれていたんだ。これはみんなの魂を救うためだったんだよ。ムニン。オーディンによろしく伝えてくれ。』

ムニンと言うのは北欧神話に出てくるオーディンに仕える2羽のワタリガラスのうちの1羽のことです。

蓮実は自宅の庭に住む2羽のカラスにそれぞれフギンとムニンと名前をつけていました。

フギンの方は自宅で感電させて殺しています。ムニンは目が白く濁っている方のカラスです。

ラストのシーンで、雄一郎と怜花は黒い毛布を体に巻きつけており、蓮実はそれぞれをワタリガラスに見立てたのではないでしょうか。

雄一郎がフギン、怜花がムニンです。

フギンとムニンにはそれぞれ「思考」と「記憶」と言う意味があります。

頭の回転が速く判断力に長けた雄一郎をフギンと見立てたのも納得です。

また、庭に住むフギンを殺した際、ムニンが近くで鳴く描写があります。

まるで「お前のしたことをオーディンに言いつけるぞ」と言わんばかりに蓮実のことを見ています。

蓮実はムニンに見張られている感覚があったのではないでしょうか。

だからこそ、いつでも冷静に真実を見抜く直感力を持つ怜花がムニンに見え、「オーディンによろしく」などという言葉が出てきたのでしょう。

怜花の言う「次のゲーム」とは?

『違う、こいつはもう次のゲームを始めてんだ』

蓮実の言い訳を聞いて、誰もが『こいつは狂っている』と感じますが、怜花だけはそうつぶやいています。

次のゲームとは何でしょうか?

蓮実は自身が生きていく上での不都合をあらゆる手段で排除してきた人間です。

殺人は目的ではなく、手段でしかないのです。

証拠の残るこの時点からあらゆるストーリーをでっち上げて冤罪を訴えるのは、もはやベストの判断ではありません。

ここでは責任能力がない狂った犯人を演じることで、減罪されるように発言しているのです!

蓮実のしたことから考えれば、責任能力が認められる=死刑となることは間違いないでしょう。

そう、次のゲームとは、これから始まる裁判で優位性を勝ち取ること。死刑を免れるためのゲームなのです。

怜花が次のゲームを始めていることを察した際、蓮実は「Magnificent(マグニフィセント)」と呟きます。

これは彼の英語の授業で紹介した通り、「Excellent(エクセレント):優れている」よりもさらに素晴らしい回答をした際に登場する言葉で「崇高な」などの意味があります。

怜花の考えが正しいことを認めると同時に、自分の考えが崇高であると言っているのです

3人目の生き残りの意味

最後の最後に、当初屋上から投身自殺をしたように見せかけられていた美彌が目を覚します。

そして「to be continue」の文字。ズバリ、美彌の目覚めは続編への伏線と考えられます!

初め、美彌が目を覚ますことで蓮実が長い時間をかけて様々な犯行に計画的に及んでいたことが明るみになり、「次のゲーム」が潰れてしまう重要な役回りになるのではないかと考えていました。

しかし、原作である小説で生存者3人の事件後の生活にも焦点が当てられているのですが、その中で美彌は一連の出来事の証言を拒んでいるとされています。

単純にハスミンを今でも慕っての行動なのか、自身の淫行がメディアに取り上げられるのを避けてなのかはわかりません。

どちらにせよ、続編が作成された際には美彌が最重要のキーパーソンになるでしょう。

原作の後日談は映画にするにはあまりに尺が短いですが、原作者も続編を書く意思があるようですので、「to be continue」の文字は「小説の続編が作成されれば映画の続編ももちろん作りますよ」と言う監督からのメッセージと考えられます。

気になる終わり方をすることで、視聴者の「続編を見たい!」と言う気持ちを昂らせているのです。

釣井先生の自宅で描写された血のついたバールのことも、本作品では解明されていないため、続編が作成される可能性は非常に高いです。

【感想】あまりに残酷な作品に込められた意味とは?

引用元:allcinema

グロ系作品が好き・得意という人でも必ずどこかのシーンでゾッとしてしまう、そんな作品が「悪の教典」だと思います。

「怖い・気持ち悪い」と言う感情より、「不気味・意味がわからない」という印象の方が強いくらいです。

圭介が穴だらけにされて殺されてしまう時は、塞がれた口や鼻が見てるこっちまで苦しくなってくるように感じますし、痛がっている描写がリアルすぎて鳥肌不可避です・・・。

また、翔とさとみのシーンは若い二人の実らない行く末を思って、非常に悲しくなります。

どうしてここまで残酷な作品を作ったのだろうと思いませんか?

きっと誰もが一度は「こんな人いなくなればもっと楽しいのにな」と感じたことがあると思います。

しかし、普通はそれを実行しません。

他人への共感能力を持っているからです。それを欠いてしまった蓮実は思うままに実行してしまうのです。

つまり、人が人を殺さないだけの良心と理性を失ってしまえば、誰でも蓮実聖司になりうると言うことだと思います。

言い換えれば、蓮実聖司は視聴者自身の化身とさえ言えるのです。

映画を見ていると「こんな不気味でゾッとする存在、絶対に現実では遭遇したくない」と強く感じます。

あらゆる牽制を込めている、それがこの作品の狙いのひとつなのかなと感じました。

 

色々と考察しましたが、初めて見終わった時に思わず言った一言が「これ映画館で見なくてよかった〜!」でした

ぜひ皆さんもこの気持ちに共感してくださいね!(笑)

まとめ

今回は、賛否両論を巻き起こした映画「悪の教典」の登場人物やキャスト、気になるラストの考察をまとめました!

シリアスで残酷な本作品ですが、邦画としてはかなりクオリティも高くストーリーのテンポもいいので、グロ系描写に抵抗がない方にはおすすめです!

また、原作小説のストーリー展開にも忠実なので、原作しか読んだことがない方にもおすすめです!

視覚的な恐怖が加わってさらに物語に引き込まれますよ。

あの優しいイメージの伊藤英明さんの怪演をお楽しみください!


悪の教典を無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)