有害都市 感想 ネタバレ。止まらない漫画の表現規制

 サスペンス・ミステリーをこよなく愛する私が今回おすすめする漫画は、『有害都市』です!この漫画は、暴力的表現や猥褻な表現を規制する“健全図書法”という法律が制定された日本が舞台です。

 

 異常な程厳しい表現規制がされる中、ある漫画家は自分の納得のいくホラー漫画を描くために国に対抗していきます。国が持っている強力な武器は、ある事件をきっかけに挙がった「教育上不適切である」という覆し難い意見です。

 

 そこに真っ向勝負で表現者としての魂をぶつける漫画家でしたが、その対決の結果はどうなっていくのでしょうか。

 

 表現の自由の規制が徐々に厳しくなっている昨今、表現者としての目線、読者としての目線、どちらの立場でも無視できない現実がこの漫画には描かれています。読み終わった時、きっと誰もが“表現の自由”を意識することになるでしょう。

 

 リアリティーのある“表現の自由”をテーマに、サスペンス要素が加えられたこの漫画の魅力をたっぷりお伝えしていきたいと思います! 

 

 以下はネタバレを含む記事です。ネタバレに抵抗のある方は見ないで下さい。

「まんが王国」なら「有害都市」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』「呪術廻戦」など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。

あらすじ

引用元:まんが王国

 2020年、オリンピックを控え、東京の街では“浄化作戦と称した異常な排斥運動が行われています。卑猥なものなど、青少年の健全な育成を阻害すると判断されたものは、不適切で排除すべきという意見が増えてきたのです。

 

 そんな中、漫画家の日比野 幹雄(ひびの みきお)はホラー漫画を発表しようとしていました。政府の決めた規制に違反する描写が多く含まれる日比野の漫画を巡って、様々な立場の人物たちが動き出します。

 

 日比野の作品はどうなってしまうのか。そして“表現の自由”の行方は!?

現実に起こりうる内容に目を背けることはできません・・・。

 

ネタバレ!表現者たちの壁

4話まで、有害指定の恐怖

 オリンピックイヤーで日本が世界から注目を浴びている中、世界で人気の日本のポップカルチャーが見直されていました。日本の卑猥な漫画本が世界で摘発されることが多くなってきたからです。

 

 犯罪行為全般を描いた作品や、不適切な恋愛の形態を描いた作品など、青少年に好ましくないと判断される作品を「不健全図書」と呼び、対象年齢が設定されました。

 

 さらに、過激な性表現、暴力・残虐表現、反社会的・反権力的な描写が著しく、青少年の健全な育成を阻害すると判断される作品は「有害図書」に指定されるのです。「有害図書」は書店での陳列と18歳未満への販売が禁止されます。

 

 そして有害図書を選定するのが、元文部科学大臣・社会学者・精神科医・小説家など13人の著名人と学識経験者によって構成される「有害図書会議」と呼ばれるものです。

 

 そんな中、漫画家の日比野はホラー漫画「DARK・WALKER」を編集部に持ち込みます。作品は担当編集者の比嘉 忠岑(ひが ただみね)を含む編集部に気に入られ、日比野は連載を獲得できました。しかしその漫画に含まれる表現が大きな問題となるのです。

 

 日比野は「有害図書」の存在を理解した後も、その判断基準に納得できないでいました。有識者の許しを請うために漫画を描いているわけではないと・・・。

 

 しかし、有害図書に指定された先に待ち受けているものがありました。それは「有害作家」という、有害図書の中でも極めて悪質な作品の作者に与えられる汚名です。有害作家の認定を受けたものは、恐ろしい矯正プログラムを受講しなければいけません。

 

引用元:まんが王国

8話まで、行くべき道はどっちだ!?

 2014年に可決された改正児童ポルノ禁止法では、漫画やアニメは規制の対象から外すことが決定されました。一度は落ち着いたはずの表現規制の動きが、一気に再燃するきっかけとなった事件があります。

 

 社会派の作風で知られていた漫画家、松本 慎吾(まつもと しんご)は児童虐待をテーマに描いた作品を発表していました。幼い子どもを対象とした過激な暴力表現は、発表当時から物議を醸していたのです。

 

 そんな中ある中学校で、学校内で中学生が同級生を殺害する事件が起きました。クラスの同級生4人が被害者の少年に対し、罰ゲームと称してビニール袋を頭から被せて窒息死させたのです。

 

 犯行を指示した生徒の自宅の部屋に、松本の漫画が置いてあったことがメディアで明らかになりました。松本の漫画の中には、中学生殺害事件と同様の描写があり、事件との強い関連性が疑われたのです。

 

 松本の漫画に対して、元文部科学大臣で大学教授の故寺 修(ふるでら おさむ)は激しく批判しました。メディアの前で故寺は、松本の漫画のせいで殺害事件が起きたと大々的に発言したのです。

 

 その後松本の著作は全て有害図書の指定を受け、さらに松本は有害作家の認定を受けてしまいました。そして行政の矯正プログラムを受けることになったのです・・・。

 

 そのプログラムとは、狭い個室で20時間ひたすら、世界中の児童ポルノ被害者のビデオ映像と写真を鑑賞することでした。松本は頭がおかしくなりそうだったと話しましたが、自分の作品がいかに無責任なものだったのかを思い知らされたとも言っています。

 

 漫画の表現が法律で規制されることに納得できない日比野に対して、何を描くのも自由だとは思わない松本。松本は表現者はもっと責任を持つべきで、自制しなければいけないと、考え方を矯正されたのでした。

 

 日比野は比嘉から選択を迫れることになります。表現の規制を考慮した作品を本誌で描き続けるか、規制を無視して有害作家になるリスクを負いながらWEBで配信していくか・・・。日比野は後者を選びました。

 

 日比野は処罰を受ける覚悟で、自分の漫画家としての威厳を保とうとしたのです。

「まんが王国」なら「有害都市」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』「呪術廻戦」など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。

 

9話、漫画家たちの叫び

 アメリカに、日比野の漫画に興味を持った人物がいました。翻訳家のアルフレッド・ブラウンです。日比野とコンタクトを図るため、3年振りに日本にやってきたアルフレッドは街の変化に気づきます。

 

 小さな子どもたちが教師に指示され、訳も分からず浄化運動の活動をしていたのです。そんな子どもたちを見て悲観するアルフレッド。実は昔、アメリカでも日本と同じような運動が起こり、そのせいでアメリカのコミックは多様性を失いました。

 

 アルフレッドは、漫画雑誌を1冊開くだけで多様な作品群に触れられる日本の漫画文化を誇るべきだと言います。だから、以前過ちを犯したアメリカと同じ道を辿るのではないかとショックを受けているのです。

 

 アルフレッドは日比野の漫画を翻訳し、世界にその漫画の面白さ、延いては日本の漫画文化の素晴らしさを広めようと考えました。日比野に有害作家になってほしくないと思いある提案を持ちかけるアルフレッド。しかしその提案は日比野の志にそぐわないものでした。

 

 自分の漫画道を貫くと決めた日比野はアルフレッドに報告をします。残念に思うアルフレッドでしたが、日比野の考えを尊重し、あるものを送ります。アルフレッドから送られてきた荷物の中身はある文書でした。

 

 アルフレッドの祖父は、アメリカがコミックを批判していた時代の漫画家で、非難の槍玉に上げられていた関係者の中の一人でした。当時、アメリカ政府はコミックと非行少年に関する公聴会を開催し、アルフレッドの祖父を筆頭とした漫画家たちを叩きのめしたのです。

 

 荷物に同封されたのは、参考人として公聴会に参加したアルフレッドの祖父の当時の心境を筒ったもの。この文書は日比野に勇気を与えることになります。

 

 彼らの情熱を全て注ぎ込んだホラー等のコミックスは市場から消え追放されましたが、アルフレッドの祖父は漫画家として最後の抵抗を見せます。彼らが屈してきたありとあらゆる権力を、漫画で笑い飛ばしてやろうと考えたのです。

 

 ホラーからパロディーにシフトしたアルフレッドの祖父の風刺漫画は、後に大きく発展したヒーローものに比べれば小さな業績だったかもしれません。

 

 しかし全米でコミックバッシングの嵐が吹き荒れる中、笑いとパロディー精神を武器に戦い抜いた作家がいたということ、他にも多くの仲間がいたことをアルフレッドは日比野に知って置いてほしかったのです。

 

最終話まで、空想ではない未来へのメッセージ

 日比野のDARK・WALKERは有害図書に指定されることが決定しました。さらに日比野は、有害作家認定の公開審議に召喚されることに・・・。報道関係者やテレビカメラに囲まれ、証言台に立つ日比野。

 

 有識者たちに追い詰められる日比野の元に参考人として松本が現れます。有識者たちに有利な発言をする松本は日比野にさらに追い打ちをかけます。

 

 日比野は勇気を出して最後のあがきを見せます。自分が漫画家になるきっかけとなった話をし始めました。日比野は小学生の時、何の取り柄もなかったのに、漫画を描くことで生まれて初めて世界に居場所ができたと。

 

 世の中には漫画を描くことが救いになっていたり、大切に作品を温め続けている子がたくさんいるはず。そんな子どもたちのために漫画を潰さないでほしいと日比野は訴えます。

 

 しかしその発言は自己中心的な考えと捉えられ、逆効果になってしまったのです。さらに精神科医に日比野は深刻な症状を抱えており、動画鑑賞プログラムではないより適切な治療が必要だと判断されてしまいます。

 

 物語は終盤です。

 

 日比野は矯正治療を受ける前に比嘉に手紙を残します。そこには漫画界の現状を嘆く言葉と未来への希望が綴られていました。漫画家として未来のクリエイターに託した想いと共に・・・。

 

 最後は日比野が髪の毛を剃られ、治療室から出てくるシーンで終わります。

おそらく脳の外科的治療により、物理的な更生を狙ったのでしょう。ここまでくると人権問題ですよね・・・。

 

 日比野は70年後に自分の想いを託しています。その時日本の表現の自由はどのように変わっているのでしょうか。

 

登場人物

引用元:まんが王国

日比野 幹雄(ひびの みきお)

 主人公の漫画家。小英社『週刊ヤングジャンク』でデビューし、ホラー・アクション『DARK WALKER』で初連載を獲得するが、連載1話目にして有害指定を受けてしまう。普段は気の弱い青年だが実は熱い思いを持っている。

 

比嘉 忠岑(ひが ただみね)

 日比野の担当編集者。健全図書法に苦しめられる日比野をサポートしている。見た目は頼りなさそうだけど、作家をサポートしたいという熱意と真面目さが伝わってくる。

 

松本 慎吾(まつもと しんご)

 日比野の先輩に当たる漫画家。最初に有害作家認定を受けた漫画家でもある。矯正プログラムを受け有識者側に有利な発言をするが、漫画家としての魂はまだ残っているようだ。どっちつかずの中途半端なやつ。

 

故寺 修(ふるでら おさむ)

 有識者会議委員長。漫画家に対し敵意をむき出しにし、執拗に地獄へ陥れようとするボスキャラ的存在。

 

アルフレッド・ブラウン

 米国の翻訳漫画専門出版社・カミカゼマンガの代表。ウェブ連載に移行した『DARK WALKER』を読んで日比野の才能を見抜き、配信契約を結ぶために来日する。日比野の心の救いとなる。

 

有害都市 感想

引用元:まんが王国

理不尽な選定と処罰

 有害図書と有害作家の選定には有識者たちによる会議が開かれていました。物語の方向性を失わないようにするためのキャラ構成だとは思いますが、私は人選に偏りがあると思いました。一人の作家以外、全員が漫画に対して批判的な意見を既に持っているのです。

 

 公平にジャッジするなら、漫画家を擁護する側の人間を有識者に入れるべきだと思いました。口の達者な大勢の専門家に対して、発言に慣れていない漫画家がたった一人で立ち向かうのは厳しすぎると思いませんか?

 

 本来であれば、専門家対専門家、世論対世論など、対等な立場の意見交換が必要だと私は思いました。

 

 さらに処罰として行われた更生プログラムですが、狭い個室に入れられて精神状態に悪影響を及ぼす行為はやり過ぎではないかと・・・。漫画の世界の話なので真面目に意見するのもおかしな話ですが、実際人権問題になるほど異常な行為だと思いました。

 

 さらに日比野に最後行われた外科的治療は酷すぎます。そこまでやらなくてもいいのにと思ってしまいました。物理的にではなく、もっと根本的に解決できるような処置を取るべきだったと私は思います!

 

自由な表現の受け止め方

 この漫画は表現の自由がテーマとなっています。

 日本の法律で保障されているはずの“表現の自由”ですが、この法律は社会から大きな影響を受けています。

 

 自由と言っても、何もかもが自由なわけではありませんよね?表現の自由は、前述したように内心の自由とは違って、本質的に社会的な性格をもつので、他人の権利とか自由との調整のために制約を受けることが多くなってしまいます。

 

 でもその制約は非常に曖昧です。明確な基準はなく、人々の価値観とモラルに委ねられています。今はこの漫画の有識者たちのように、有害だと選定する役割が正式に設けられているわけではありません。

 

 今後、社会の変化によって人々の価値観が変わり、表現の自由の制約が緩和されるか、より厳しくなるかが決まってきます。

 

 その中で、私はどんな過激な表現だろうと、面白いと思ったものを自由に表現でき、それを素直に面白いと思える世の中であれば良いと思っています。教育上不適切と判断されたならば、教育で解決すれば良いとも思うのです。

 

 またもし、この『有害都市』のように表現の自由に厳しい制約がかけられたら世の中はどうなってしまうのでしょう。

 

 アルフレッドが過去のアメリカで起きていたことで語っていたいたように、多様性が失われることになります。多様性が失われると、人々は視野が狭くなり、差別が横行すると思いませんか?

 

 現実離れした内容の作品でも、現実に近い内容の作品でも、私は表現者が創り出す世界から学ぶことは多いと思うのです。

 

 現実として、以前より漫画だけでなくアニメやテレビ番組などでも表現の規制が厳しくなったように感じます。それだけ、表現されたものを感じとる受信者側が敏感になってきているということだと思います。

 

 表現の受け取り方、捉え方が少し優しくなるだけで、『有害都市』とは違う世の中になれると私は強く思います。

 

リアルなテーマは無視できない

 表現の自由には様々な自由が含まれますが、ここ少し『有害都市』でも重要となっていた報道の自由について触れたいと思います。

 

 近年、SNSなど通信の分野は目ざましい発展をし、誰もが手軽に発言できる世界になってきました。報道された情報の真偽に関わらず、多くの人が敏感に飛びつき、我先にとその情報についての意見を発信しています。

 

 そんな中、軽率な発言や表現により悲しい事件が発生するようになってきています。この漫画では誹謗中傷などについては描かれていませんが、過剰な正義感や群集心理が特定の人を傷つけてしまうことは表現されています。

 

 松本の事件ですが、実は松本は嵌められていただけだったのです。殺害事件を起こした少年の父親が、たまたま松本の漫画と同様の事件であることに気づき、息子を守るためにわざと漫画との関連性を報道させました。

 

 メディアはそれが偽りだとは知らず、ネタになることだけを考え見たままを報道したのでした。

 報道の自由とは、報道機関がメディアを通じて人々に“事実”を伝える自由です。事実でなければいけませんし、私はその情報を受信する側も事実であることを確かめなければいけないと思うのです!

 

 与えられた情報を鵜呑みにして、事実とは異なる情報へと変換し、人を傷つける行為は許されることではありません。私は報道する側も、情報を受信する側も、もっと注意深く行動する必要があると思います。あなたはどう思いますか?

 

まとめ

引用元:まんが王国

 この作品を読んで表現の自由を巡る問題に終わりがないことを痛感しました。社会や時代の変化とともに動く、流動性のあるテーマだなと・・・。

 

 有害都市は2巻完結でしたが、非常に読みごたえがある作品です。オリンピックを控えた時代設定とリアルなテーマが余計読者を引きつける要因になっていると思います。今リアルタイムで読むべき作品だと思いました!

 

 通信技術が発達し、誰もが表現しやすくなった今だからこそ、多くの人にこの作品に触れてほしいと思っています!

「まんが王国」なら「有害都市」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』「呪術廻戦」など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。