漫画『闇金ウシジマくん ドラマ化・未ドラマ化の傑作トラウマエピソード2選』

『闇金ウシジマくん』(やみきんウシジマくん)は日本の漫画家である真鍋昌平による漫画。2004年から2019年までビッグコミックスピリッツ(小学館)で不定期連載されていました。

2010年10月より、山田孝之主演で毎日放送(MBS)の制作によりテレビドラマ化され、その映画版が2012年8月25日より公開されています。

また2014年1月にはドラマの新シリーズが放送された他、5月16日には新作映画が公開されている人気作品です。

また2021年には同作者による“悪徳弁護士”を描いた新作『九条の大罪』が連載開始されており、話題を集めています。

この作品はフィクションであるとはいえ、
実際の事件や人物を元にした内容を描いているのではないかとも言われており、
話自体もリアルで残酷なものが多いです。

そんな『闇金ウシジマくん』の中からドラマ化された、もしくは未ドラマ化の厳選トラウマエピソード2選を、元古本屋店長で新旧問わずあらゆる漫画を読んできた私が独自の視点で解説していきたいと思います。

ではいってみましょう!

以下ネタバレを含みますのでご注意ください。

「まんが王国」なら「闇金ウシジマくん」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』「呪術廻戦」など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。

あらすじ

引用:まんが王国

丑嶋馨(うしじま かおる)が経営する闇金融『カウカウファイナンス』は、10日5割(トゴ)の超暴利。(ただし返済の実績を積むことにより、利息が下がる場合もある。)

彼の元に訪れる客は、丑嶋から借金をしたことをきっかけに運命が動き出す。
この物語は、そんな『カウカウファイナンス』に訪れる客と、
その関係者の様々な人間模様、そして社会の闇を描いたものである。

引用:Wikipedia

この漫画はタイトルの通り、
闇金を営むウシジマ君を通してお金を借りに来る人々の事情やそこで起きる事件を生々しく描いているのが特徴です。

1話完結ではないものの、
ある程度話は分かれていますので
途中から読んだとしても十分話は理解できます。
(私も途中から読みました)

このお金を借りに来る人の実情なんですが、
「うわあ、この人自業自得だわ」
と思うパターンと
「ああ、この人かわいそう。。。」
と思うパターンに分かれます。

ではまず初めに自業自得パターンのお話について起承転結で紹介します。

若い女くん編(未ドラマ化)

【起】
大手企業でOLをしている村田は、すでに6社から合計200万円を借金している債権者。闇金融であるカウカウファイナンスを訪れます。

「今日中に30万円銀行に振り込まないとマズイのに…。」

そう話す村田に丑嶋はその理由を尋ねるのです。

村田はこのように答えます。「会社の同僚と海外旅行に行くんです。今日中に旅行代理店にお金を振り込まないとキャンセルされちゃうんです。」

「別に旅行なんてイイじゃないですか。」と丑嶋は村田を諭します。

しかし、村田は「旅行なんてどうでもいいんです。問題は同僚との約束を破ってしまうことなんです。」と訴えます。そして「OL同士はいくつかのグループがあって、のけものにされると会社にいられなくなる。」「だから無理してでもグループに合わせるんです。」と続けるのでした。

「なんでそこまで無理をするんですか。」そう尋ねる丑嶋に対して村田は、「女はなめられたら終わりじゃないですか。下着にだって気を遣いますよ。」と返します。

その言葉を聞いて丑嶋は「わかりました。」と30万円の融資を受け入れるのです。
しかも村田がお金を借りる動機が“見栄”の為。

このような形で村田という女性はウシジマくんから30万円を借りるのですが、
ウシジマくんのお店は闇金で、暴利です。

気付いたらとんでもない利子が付けられており、
村田は次第に返済に困るのでした・・・。

【承】
「実はお金が返済できません。」丑嶋に対して、そう正直に話す村田。「誠実な人好きよ!」と丑嶋は村田を許し、ジャンプ(新たにお金を融資し、その融資したお金からこれまでの返済分を返すという方法)を提案します。

しかし、これは村田を借金漬けにする丑嶋の作戦でした。
村田はジャンプという制度にズルズルと甘え、借金を30万から280万円まで膨らませてしまいます。

「そんなお金払えるわけないでしょ…」と絶望感を覚える村田に、丑嶋は「夜の仕事すっか?」と風俗店を紹介するのです。

「風俗嬢だから簡単に稼げるのは間違い。」「ホームページの広告に顔を出し、遅番で週6日出勤。指名人数が月20人以上。それをクリアしたら1日3万5千円は保障する。」と上司は村田に提案します。

遂に借金が280万円まで膨らんでしまった村田。
いよいよ風俗店で働く道を選ぶことになるのでした・・・。

【転】
「リサ」という風俗嬢の新しい友達もでき、借金返済に向けて夜の仕事に励む村田。いい流れになってきたと思った矢先、務めていた会社に村田が風俗嬢をやっていることがバレてしまいます。

会社に居辛くなり、退職届を提出する村田。「最近なんかウツ気味で、朝起きるのも辛い。」とリサに相談します。そんな村田にリサは「気分がよくなる薬だよ。」と薬を渡すのです。

村田は、何か嫌なことがあるたびにリサからもらった薬を頼るようになります。「一度に4錠飲んでも効かなくって。」と相談してくる村田に対してリサは更に強い薬を勧めます。

ここが村田の人生の分岐です。
精神的な辛さを薬物で回避しようとした村田。

当然、薬物の恐ろしさにのまれることになります・・・。

【結】
薬の作用もあり、村田の身体はボロボロになってしまいます。痩せこけ、髪は痛み、肌はガサガサ。遂には風俗店から追い出され、人妻デリヘルを紹介されるのでした。

人妻デリヘルとして派遣された家の環境は劣悪なものでした。汚い部屋、耐えられない強烈な悪臭。たまらず村田はお店に連絡し、キャンセルをしてもらうように伝えます。

しかし、丑嶋からの借金を返済しなければならない村田は断れる立場ではありません。
「テメェーが客選べる立場か!?コラ!?」と恫喝され、その部屋へと消えていきました。

逃げ場を失い、薬に蝕まれていく村田は堕ちる所まで堕ちてしまいます。

最恐のトラウマシーンはこの堕ちる所まで堕ちた村田の姿です。
最早初めてカウカウファイナンスに訪れた時の面影はありません。

見た目も精神も完全におかしくなってしまっています。

見栄の為の借金と辛いことから逃げる道として薬物を選んだ村田。
「こんなのフィクションであって、この世にはいない」
とは思えませんでした。

必見のお話です。

「まんが王国」なら「闇金ウシジマくん」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』「呪術廻戦」など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。

 

洗脳くん編(ドラマ化)

【起】
まゆみは、出版社「ノマド」で編集者として働く28歳のOLです。
年齢的にも結婚を考え始めているものの、現在付き合っているハシくんは精神的に幼く、仕事にも結婚でも前向きではないため、彼との結婚は考えていない様子。

そんなまゆみが心の拠り所にしているのが占いです。スピリチュアルカウンセラーである勅使河原に心酔しており、毎日のように相談を持ちかけるのでした。

ある雨の日、まゆみが雨宿りをしていると神堂大道(以下:神堂)と出会います。

ジョギングという共通の趣味があり、神堂と急速に中を深めるまゆみ。
ついには神堂から結婚を申し込まれることになります。
ハシくんのこともあり、当初は困惑していたまゆみでしたが、「その男性を受け入れなさい」という勅使河原からの言葉もあり、神堂との結婚を決意します。

しかし、神堂の正体は結婚詐欺師。
過去には自らの手を汚さず人を殺めたこともある犯罪者です。
まゆみが心酔していた勅使河原もグルで、資産を奪い取る目的でまゆみに近づいたのでした。

まずもってこのまゆみという女性はそもそもが悩みを抱えている状態でありました。
そして占いにはまっていることから、精神的にも頼りやすい人物であります。

そんな時に出会うのが神堂。
話し上手な人間まゆみもついつい心を許してしまうのでした・・・。

【承】

まゆみと婚約後、紳士的で優しかった神堂は豹変。
ハシくんを始めとした男性の連絡先を消去させたほか、食事や水を与えない、寝かせないなどの躾をまゆみに与えます。

さらに神堂の策略によって間接的に死体遺棄を手伝わされてしまったまゆみは罪の意識に苛まれ自殺を図ってしまうのです。

幸いにも未遂で終わりましたが、神堂は、「まゆみが罪を犯すような人間になってしまったのは家族に原因がある」とし、上原一家を監禁します。

神堂は拷問と虐待によってまゆみ達をマインドコントロール下に置き、お互いの不満をぶつけさせることにより相互不信を起こして逆らえなくした後、家族同士で虐待をさせるように仕向けるのでした。

その結果、まゆみの父である重則が死亡。
その死体処理も上原一家に行わせます。
重則の死によって相互不信はますます強まり、より互いに傷つけ合うようになっていくのです。

正直、このストーリーでのトラウマシーンはこの殺害から死体処理のシーンです。
神堂と付き合ってからのまゆみは完全におかしな人物になってしまっており、
家族も手がつけられなくなっています。

そして家族同士でトラブルを起こすように仕向ける神堂。

この辺りはかなり読んでいてイライラしますし、
ものすごく印象に残ると思います。

【転】
そんな中、神堂に丑嶋の闇金融カウカウファイナンスから妊娠したと嘘をついて100万円を搾取してくるように指示されたまゆみは丑嶋に会いに行きます。
「証拠を見せろ」と丑嶋から言われたまゆみ。簡易キットで検査し、本当に妊娠していることが発覚してしまうのでした。

一方、神堂は次のターゲットとなる予定に女性に対し、まゆみの時と同じように求婚。言葉巧みに女性を騙しマインドコントロール下に置こうとしていました。

人を次々と陥れて利益を得、邪魔な人間は自身の手を汚さずに始末していく神堂。
しかし、そんな神堂の悪行は突如終わりを迎えます。

この辺りから読んでいてしんどさはピークに達するはずです。
最初は「なんで神堂なんかに騙されるんだ!」思っていましたが、
この頃になるとまゆみがかわいそうになってきます。

ただ、安心してください。
神堂に天罰が下ります。

【結】
まゆみの返済が行われていないことや、お金を借りに来たまゆみの様子がおかしかったことを不審に感じていた丑嶋が、借金の取り立てと称して上原家が監禁されていた場所にカウカウファイナンスの従業員とともに突入します。

神堂は丑嶋を殺そうとしますが、あえなく返り討ちに。まゆみの借金や迷惑料などで200万払うように丑嶋に言われ、丑嶋たちに連れ去られてしまうのでした。

新たに婚約を申し込んだ女性を騙し200万円を用意した神堂は、丑嶋たちから解放され、上原家を監禁している場所へ戻りますが、神堂が戻ってくる間に、神堂をマークしていた警察に証拠を押さえられ、神堂は逮捕されます。

神堂の逮捕後、上原家の裁判が始まり、神堂には死刑判決が下されました。
一方まゆみには死体遺棄で、懲役6年の判決が下されるのでした。

残念ながらまゆみも共犯者として逮捕されてしまいます。
が、ちゃんと作中では釈放後のまゆみも描かれていますので是非読んでみて下さい。

そしてこのお話はドラマ化もされており、闇金ウシジマくん Season3で観る事も出来ます。

ちなみにこの話は、“北九州監禁殺人事件”という、実際に起こった事件がモチーフになっています。

興味本位でこの事件を調べると漫画よりももっと恐ろしい事実を知ってしまいますので、
気を付けて下さい・・・。

まとめ

MEMO

若い女くん編

・見栄の為に借金をしたOL村田
・まともに返済できず風俗で働く
・しかし、風俗店でもうまくいかず辛さを紛らわすために薬物に手を出す
・村田は堕ちるとこまで堕ちてしまう

 

MEMO

洗脳くん編

・彼氏のことで悩みを持つ編集者まゆみ
・ジョギング中に出会った神堂という男と恋に落ちる
・しかし、神堂は結婚詐欺士だった
・まゆみは神堂から拷問と虐待の果てに家族をも洗脳に巻き込んでしまう
・まゆみは実の父を殺してしまう
・神堂の悪事が公になり神堂とまゆみは逮捕

どちらも暗い気持ちの時には読まないほうが良いです。
本当に心の中にずどーんと思い気持ちが残ってしまうので。

ですが、自分を強く持って生きていくためにも絶対に読む価値はあります。
是非読んでみて下さい。

「まんが王国」なら「闇金ウシジマくん」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』「呪術廻戦」など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。