【感想】「うっかり陛下の子を妊娠してしまいました 」ネタバレあり。良質歴史ロマンス!

今回紹介する漫画は『うっかり陛下の子を妊娠してしまいました ~王妃ベルタの肖像~』です。

引用元:スクウェア・エニックス マンガUP

タイトルから「軽い雰囲気の作品なのかな~」と手に取ったんですが、違ったー!
良質なヒストリカルロマンでした。

読みやすくて面白い歴史ロマンス漫画を読みたい!
そんな人にぜひ読んでほしい。

漫画を読み続けて30年。
自分でも200ページ以上の漫画を描いてしまうくらい、漫画オタクの私がおすすめします!

ということで、『うっかり陛下の子を妊娠してしまいました ~王妃ベルタの肖像~』を紹介していきます。

「まんが王国」なら「うっかり陛下の子を妊娠してしまいました ~王妃ベルタの肖像~」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』「呪術廻戦」など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。

漫画『うっかり陛下の子を妊娠してしまいました』あらすじ

辺境領カシャの当主の娘ベルタは、縁談が決まったと告げられる。
相手は王都の王。
すでに正妃がいる身で、ベルタとはあくまで政略結婚にすぎない。

家のために気丈に振る舞い、王宮入りするベルタ。

「第二妃の自分が愛されることはない」

そう思っていたベルタだったが、正妃より先に王の子を身ごもったことで、否応なしに王宮の権力争いに巻き込まれていく。
そして次第に王ハロルドとの関係にも変化が…。

「小説家になろう」発のヒストリカルロマン!

漫画『うっかり陛下の子を妊娠してしまいました』ネタバレあり感想

読みやすくて良質な歴史ロマンス漫画

引用元:まんが王国

『うっかり陛下の子を妊娠してしまいました』は、読みやすくて良質な歴史ロマンス漫画でした!

歴史ものって、展開がリアルじゃないと、冷めちゃうところがあります。
かと言って、あまりにもえげつなかったり難しすぎると、
読んでる方も疲れてしまいますよね。

私もそういう作品だとなかなか読み進められないんですが、
この漫画はそんなことなかったです!
ページをめくる手が止まらず、あっという間に読んでしまいました。

ベルタが入った王宮は、貴族の血こそが重要とされる世界です。

そこへよそ者のベルタがやってくる。
正妃マルグリットを差し置いて、第一王子を生んでしまう。

大事件なんです。

ベルタという一石が投げられたことで、波が起こり、様々な人の感情や力関係を揺り動かす。

その描き方が絶妙なんですよね。

「どうしてこのキャラクターはそう思うのか?」という背景がよくわかります。
セリフにも説得力があります。
歴史もので大切なところですよね!

たとえば、後宮入りしてすぐ、マルグリットの女官長ににらまれたり。
先に後宮に来ていた同郷の娘たちが、ベルタの周りに集まってくることで、
しがらみを生んだり。

ハロルドがベルタの出産に立ち会ったことを、苦々しく思う貴族たちからも、
王宮の複雑な事情が伝わってきました。

けれど、ひどい裏切りや傷つくエピソードはないので、
読んでいてストレスがたまることはなかったです!

物語をひっぱる、主人公ベルタの聡明さ

引用元:まんが王国

王宮での戦いを強いられた主人公ベルタは、本当に聡明です。
難しい状況を、持ち前の察しの良さで切り抜けていく。

主人公に都合がいいことばかりが起こるわけでも、ベルタが足を引っ張ることもありません。
ストレスなく読めました。

物語のはじめ、父親から結婚について聞かされるベルタ。
彼女は「つまりお父様は、私に国王夫妻の間に割って入る悪女になれと仰るのですね」とすごみます。

たじろぐ父に、その話を受ける代わりに、条件をひとつ出すんですね。
それは「后として役割を終えたら、故郷に呼び戻してもらう」こと。

一生をよそ者として王宮で過ごすなど御免だと、彼女は言い放ちます。

引用元:まんが王国

このシーンから、ベルタの聡明さと芯の強さが伝わりました。
決意に満ちたベルタの瞳に、一気に物語に引き込まれます。

正妃マルグリットからの干渉や、王宮内の事情。
人々の思惑が絡み合う中、冷静に察して動くベルタに、読んでいてワクワクします。

けれど、賢いだけじゃなくて、親しみもわくんですよね。

トラブルに困った顔を見せたり。
無茶をして侍女たちに叱られたり。
物語のはじめには、「早くここから出て悠々自適に暮らしたい」と言って、
侍女たちを和ませる一コマもあります。

「頭がいい」といっても、万能ではありません。
親しみのある、芯の強いヒロインで好感が持てました!

けれど一番印象的なのは、母としての顔でした。

王宮で生き抜くため、試行錯誤するベルタ。
それもすべては自分の子ども、ルイのため。

「異端児として生まれるこの子の困難が少しでも減るように、
対立するのではなく、部分的にでも王室の在り方を受け入れていく」と彼女は話します。

母として強くあろうとする姿は、すごく応援したくなります。

聡明なヒロインが強く生き抜く。
それが『うっかり陛下の子を妊娠してしまいました』の大きな魅力です。

「まんが王国」なら「うっかり陛下の子を妊娠してしまいました ~王妃ベルタの肖像~」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』「呪術廻戦」など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。

徐々に変化していくベルタとハロルドの関係が気になる

引用元:まんが王国

政略結婚をする主人公ベルタと王ハロルド。
その二人の距離感が、少しずつ変わっていくのがたまらないんです!

「結婚からゆっくり始まる関係」というお話が好きな人に、おすすめです!
逆に、「ラブラブものが読みたい!」という人には向かないかも。

二人のはじまりはまさに「政略結婚」。

王都ではじめて会う二人。
ベルタは彼の印象を「水晶のような青い目で、まるで私の姿など見えていないよう」と感じます。

一方ハロルドは、マルグリットとの子ができないことに疲れきっていました。
ベルタのことは「争いの種にならないような姫ならよいが」と思う程度。

引用元:まんが王国

お互いの呼び方も「陛下」「カシャ妃」というよそよそしさ。

「じゃあなんで子どもができたんだよ!」と思うかもしれませんが、
二人が結ばれたのはあくまでしきたりに従っただけ。

結婚式の日から三夜、花嫁の元に通うこと。
その三日間以降、ハロルドがベルタの元を訪れたことはありませんでした。

はじめての変化は、ベルタが出産したすぐ後です。

待望の我が子と対面し、そっと撫でるハロルド。
「ありがとう」と少し笑う彼に、ベルタは「彼の苦しみの深さを覗いたような心地だった」と思います。

読んでいて、二人はこれから通じ合えるのかな? と胸が温かくなりました。

が、その矢先に、すれ違いが起きてしまうんですよね…。

ハロルドから無神経な一言を言われ、怒るベルタ。
絶望する一方で、一人の人間としてハロルドに認めてほしかったと思っていたことに気づきます。

呆然とするベルタの表情に、胸がギュッと締めつけられます…!!

ベルタはこのことから、「もう陛下は当てにしない」とまで思ってしまいます。

ですがこの後、ハロルドが反省する場面が描かれたり、いろいろなことが起こって、二人の関係はまた変わっていきます。

ハロルドはマルグリットを大切に思っています。
その一方で、少しずつベルタを知り、尊重するようになっていく。
その描き方がとても心地よいんです!!

「主人公」だからといって、ハロルドがベルタにすぐに惹かれるようなことはありません。
派手な展開はありませんが、二人の変化が丁寧に表現されています。

二人はどうわかり合っていくのか?
どんな夫婦になっていくのか?

私としては、これからベルタとハロルドが距離が縮まっていく様子を見てみたい! という気持ちでいっぱいです!

二人が今後どうなるのか、目が離せません!!

『うっかり陛下の子を妊娠してしまいました』ネタバレあり感想まとめ

引用元:スクウェア・エニックス マガジン&ブックス

『うっかり陛下の子を妊娠してしまいました』は、良質なヒストリカルロマン漫画です!

読めば読むほど、タイトルの「うっかり」という軽さがもったいない。
そう思ってしまうくらい、本格派な作品でした。

これからベルタ、ハロルド、マルグリット、そして息子のルイにどんな未来が待ち受けているのか…。
続きが楽しみです!!

絵もとてもきれいで、読みやすいです!

『うっかり陛下の子を妊娠してしまいました』は、こんな人におすすめ!

  • 歴史ロマンス漫画が好き!
  • 強く聡明なヒロインが活躍するストーリーが読みたい!
  • ゆっくり進展する恋愛ストーリーに惹かれる!

気になった方は、ぜひチェックしてみてください!

「まんが王国」なら「うっかり陛下の子を妊娠してしまいました ~王妃ベルタの肖像~」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』「呪術廻戦」など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。