漫画「僕の心のヤバイやつ」1巻 ネタバレ!ニヤけるのが止まらない、可愛い二人の恋が始まる!

今回紹介するのは、今話題で、複数の漫画賞にもノミネートされている、桜井のりお先生原作「僕の心のヤバイやつ」です!

私は桜井のりお先生の他作品を知っていて、後にこの作品を知ったのですが、可愛い!とにかく恋模様とキャラクターが可愛くて、ハマってしまいました!

そんな作品を、小さい頃からマンガ大好きなマンガおたくの私が1巻をネタバレしちゃいます!

1巻の内容がサクッと解っちゃいますよ!

「まんが王国」なら「僕の心のヤバイやつ」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』「呪術廻戦」など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。

「僕の心のヤバイやつ」のあらすじ

 

主人公・市川京太郎は、友達も居らず、日頃からクラスメイトを殺す妄想をする、いわゆる厨二病だった。

その中でも、特段殺したいと思っていたのは、同じクラスの山田杏奈。

彼女は、雑誌モデルを務める程、背も高い美人で、市川とは接点など全くと言っていいほどなかった。

しかしある日、図書室で山田が大食いしているところを発見し、彼女との接点が増えていき…。

主な登場人物

 

市川京太郎 ・・・ 本作の主人公。内向的で友達を持たず、日頃からクラスメイトを殺す事を妄想する厨二病。しかし根は優しい。

山田杏奈 ・・・ 市川のクラスメイトで、雑誌のモデルを務める程、背も高く美人。しかし食欲旺盛。

 

山田の事が気になり過ぎる市川

 

 

いつもの様に市川は、昼休みに図書室へ向かう。

すると、図書室では山田が大きなおにぎりを頬張っていて、気まずい雰囲気になってしまう。

山田は、市川の方へ指差し何か言ってくるが、口いっぱいに頬張っていたので何を言ったのかは分からず、適当に返事をすると、よかった、と安堵したように言うのだった。

何がよかったのか分からず、突然のことに気が動転する市川。

そして、次々と鞄から出てくる食べ物に驚き、目が離せなくなってしまう。

食べ終わった山田は、社会の授業で研究発表する為に、模造紙に発表内容を書こうとするも、不器用さを発揮し、後先考えず見出しを大きく書く。

そして、今度は山田はカッターを探すが、持っていない様で、紙を手でちぎろうとする。

市川は変質者に思われないか気になりながらも、いつも持っているカッターを山田に貸してやるのだった。

そして次の日、山田が作った発表内容があまりに汚かったという理由で、折角山田が頑張って作ったものを、仲間が作り替えてしまうという事が起きる。

山田は平静を装うも、発表している間、顔がずっと死んでいた。

発表が終わり、席に着いた山田の瞳からは涙が止まらなくなる。

そこへ不運にもヘリコプターが沢山飛行していると、窓の外へ注目が集まり、必然的に窓際の山田の席も視界に入る。

それを阻止しようと、市川は自分の研究発表の紙を、カッターで引き裂いて、こちらに注目させようとする。

しかし、山田の涙はもうすっかり引っ込んでいて、笑顔でヘリコプターに夢中になっていた。

市川、優しすぎないか?と思いました!
山田の突拍子もない行動に踊らされてしまう市川が面白いです!

初めての共同作業

 

 

ある日、またも山田は図書室でお菓子を食べていた。もちろん市川もそれを見ていた。

そこへ、原というクラスメイトの女子がやってきて、山田が本を借りにきたのかと聞くと、ある人に呼び出されたという。

すると、クラスメイトの男子の神崎がやってくる。原を呼び出したのは神崎だった。

どうやら神崎は、原の事が好きらしい。

同じ机に山田と原と神崎、明らかに山田が邪魔だった。

そこへ、市川は本を落としてしまい、誰かいる!と気付かれてしまう。

しかし山田は、猫じゃない?と言い、わざとらしい咳払いで猫をやれと、市川に命令した。

しかし、市川の演じる猫は下手なのか、しびれを切らした山田はちょっと見てくるといい、本棚に隠れ、リアルな猫を演じる。

原は、これは喧嘩の時の猫の声だ、さっきとは違う猫だから、喧嘩するぞと、謎の猫通を見せる。

そして、山田に喧嘩の猫の真似を強要され照れながらも市川は演じきる。

その場にいる原と神崎は、和やかないいムードになり、二人で図書室を後にした。

山田もいい人だ!と、私は凄く山田の事が好きになっちゃいました!
初めての共同作業で赤面する市川、市川のこの感情、読者は何かわかりますよね!

くだらない感情、でも無視できない

 

 

日曜日、市川は古本屋に行くなどして充実した休日を過ごしていた。

本屋が目に入り、教室で山田がモデルをしている雑誌の事を話していたのを思い出す。

本屋の中を探すと、思いの外大人っぽい雑誌で買いづらい、と雑誌の周りをうろうろする。

ふと気付くと、何故か山田が雑誌売り場にいた。

女子学生が、山田の載っている雑誌を手に取ると、山田は被っている帽子を取り、存在アピールをし始める。

しかし、山田に気付かない女子学生は、山田のアピールが邪魔だった様で去ってしまう。山田は貴重な読者を逃すのだった。

その後も本屋にとって迷惑極まりない行為をして、諦めて帰っていく山田。

市川は、逃した読者の代わりにと、雑誌を買う事になる。

家に帰り、雑誌を読んでいると、山田だと見逃してしまう程に、モデルという職業をこなしているのを見て、

「知らない女の人みたい」

と思った。

すると突然どうでもよくなり、雑誌も何故買ってしまったのか分からなくなる。

後日、山田がナンパされているのに出くわし、あまりのしつこさに、山田の事などどうでもよかった市川の感情が揺らぐ。

市川は自分の自転車を思いっきり投げる。

自転車は川へ落ち、クラスメイトに投げた事を見られた市川は咄嗟に、

「アクセルとブレーキを間違えて」

と、言い訳をした。

すると、山田は笑ってくれた。

最初、どうでもよくなった市川は、結果山田を助ける形を取りました、やはり山田の事が相当気になっているみたいですね!

「まんが王国」なら「僕の心のヤバイやつ」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』「呪術廻戦」など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。

だんだん近くなる二人の距離

 

 

文化祭、市川と山田のクラスではお化け屋敷をする事になり、皆で準備していた。

市川は絵が上手いという事で他のクラスメイトと共に、お墓の絵を描く事になる。

描き終わった絵を見ると、山田家のお墓があり、山田は自分のお墓がある事にショックを受け、皆騒然とする。

市川が描いたのかと疑われるが、そこはクラスメイトの原が描いたところで、市川は、原は本心では山田の事が嫌いなのかと思い、このままでは女子達がギスギスとした関係になってしまうと、自分が描いたと嘘を吐く。

ショックを受けて落ち込んでいる山田を見て、他のクラスメイトから、どういうつもりで描いたんだと責められ、死ねという事なのかと言われ、市川は、

「死は救いなんだよ」

と、厨二病染みた事を言ってしまう。

そして騒ぎを知り、絵の具の水を捨てて戻ってきた原は、よくある名字を描いたと謝る。

勘違いした皆は、市川に謝罪することは無かった。

唯一人、山田を除いて。

山田は市川のもとに行き、

「ごめんね」

と、勘違いした事を、申し訳なさそうに謝り、市川はそんな山田に照れるのでした。

後日、市川が絵の具のパレットを洗っていると、山田が来て洗っていた筆を手に取り、血を付けたらもっと怖くなるかな、と市川に相談する。

市川は、赤に黒を混ぜた方がリアルに近いと言っていると、山田は顔を市川に近づける。

どうやら、絵の具を顔に塗って欲しいらしい。

市川は照れて、口の横にちょっと絵の具を付けただけで逃げてしまうのだった。

二人の交流が増えてきました。市川と山田の距離が近くなるに連れて、とてもニヤニヤとした気持ちになってしまいますね!

好きだという事に気付く

 

 

体育の時間、市川のクラスではバスケットボールをする事になる。

市川は最近の自分のことについて混乱していた。

突然ボールが背中に当たって、投げてきた相手に投げつけてやろうとしても、投げてきた相手が山田だと、優しくしてしまうのだ。

気持ちと行動が一致していない事に違和感を感じ、市川は行動が間違っていると思っていた。

その時、誰かが投げたボールが勢いよく山田の顔にぶつかり、山田は塞ぎ込んでしまう。

山田の鼻からは大量の鼻血が出る。山田は保健室に連れて行かれ、市川はそれを、追いかけた。

市川は見つからない様に、保健室のベッドの下に隠れる。

山田は母親に電話して、明日雑誌の撮影なのに怪我をして、と泣きながら謝っていた。

何故か、市川の目にも涙が溢れて、市川は自分の気持ちと行動が一致していない違和感に、やっと気付く。

「僕は山田が好きなんだ」

言葉では言い表せません、このシーン、この話を是非漫画で見て、キュンとしてほしいなあと思いました。

1巻で好きなシーンはいくつかありますが、ダントツでこのシーンが好きです!

「僕の心のヤバイやつ」まとめ

 

市川が山田への気持ちに気付く、というところで終わってしまいましたが、次回はどうなってしまうのでしょうか!気になりますね!

この記事を見て、二人の行く末が気になるという方は、是非見てくださいね!

「僕の心のヤバイやつ」は二人が可愛すぎてニヤけてしまう漫画、なのでした!

「まんが王国」なら「僕の心のヤバイやつ」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』「呪術廻戦」など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。