Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/keinoblog/sanagi7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

秦基博の声が大好き!ファンの僕が魅力を語ります!

こんにちは! サナギです!

今回は僕の大好きなアーティストである

秦基博について紹介します。

もうすでにメジャーで大活躍している秦さんですが、僕はデビュー当初からファンです。

秦基博というと大体の人は『ドラえもんの人でしょ?』という人が大半ですが、

その度に他の曲もすごーくいいんだよ!聞いてよ!と思います。

そこで僕の溢れる秦さん愛を書きました笑

https://www.youtube.com/watch?v=OgDm41QJOcM

秦基博 『朝が来る前に』 Live version

この歌はめっちゃ暗い!!!聞いていて胸がギュッとなるような切ない曲です。

大切な人と別れる際の切ない感情をギター1本と歌声で見事に歌い上げています。

初めて聞いた時、ものすごい実力派がでてきた!と衝撃を受けたのを覚えています。

続けてアップテンポな曲をどうぞ!

秦基博 鱗(うろこ)

いやあ、疾走感のある素晴らしい曲です。僕もギターを弾いていて、この曲は本当に気持ちいい! 秦さんよ、どんだけいい声で歌うんや!?とツッコみたくなる曲です。

東京事変の亀田誠治さんがプロデュースしたこともあり、バンドのバージョンも素敵です♫

秦基博のプロフィール

本名:秦 基博(はた もとひろ)

生年月日:1980年10月11日 天秤座

出身:宮崎県生まれ横浜育ち

血液型:A型

所属事務所:Office Augusta

メジャーデビュー:2006年

 

事務所はスキマスイッチや山崎まさよしさんが所属するOffice Augusta。
バンドやアコースティックよりのアーティストを多数輩出している名門事務所ですね。

過去にはスガシカオさんも所属していたり、シンガーソングライター気質のアーテイストを売り出すのが得意な事務所です。僕もオーガスタのアーティストは大好きです。

秦さんはデビューした時が2006年、年齢が26歳と少し遅咲き。しかし、長い下積みがあるから、あんな繊細で味のある歌詞が書けるのかもしれません。

秦基博の魅力:唯一無二の声

まず第一に声がいい!!!!

声がいいんです!

秦さんの声は『硝子と鋼でできた声』と賞賛されるように力強さと儚さを併せ持った声と言われていますが、高音の部分にすごくそれが出ていると思います。

その涙腺をくすぐる声からファンの間では 秦キュンと呼ばれていました。

また平井堅は彼の歌を聞いて、歌手を辞めようかと思ったと語っていました。

あまりにも声が良いので徳永英明ばりのカバーアルバムを出して欲しいです、いや、ほんとに!

 

秦基博の魅力:楽曲の世界観

秦さんの楽曲は胸をくすぶります。

日本人が持つ繊細な感情に染み入ってくる感じです。

とにかくね、泣けるんですね!!!

 

そしてね、その声はもちろん、歌詞の世界観も素晴らしいんです!

何か日常で悲しいことがあった時や、落ち込んだ時、またはやるせない気持ちになった時、秦さんの曲はまるで《僕もその気持ちわかるよ》というような傷薬的な効果がありますね。

そして秦さんの歌詞はいい意味で《はっきり》していない。その分歌詞の情景描写、主人公の心理描写を交えながら僕たちの心にスーッと入ってくるんです。それは《愛してる、寂しい、好きだよ》などの直接表現を100万回言うよりも伝わってきます。

考えてみれば、恋愛も同じかもしれないですね。好きな人に好き!とはっきりと伝えるよりもふとした時の態度や行動から自分は大切にされていると思うものですもんね。

まるで優れた小説を読むかのように聞き手の心に染み込んできて

一度聞いてもしばらくするとまた聴きたくなるんですよ。

このことが如実に出ている曲があるので聞いてみてください。

秦基博 アイ



一度も《愛している》だとか《一緒にいたい》とか言っていないのに、相手を大切に思っている気持ちが非常に伝わってきますよね。

ひとつかけたままの僕のハートがほら、じんわりふるえる。

ただ愛おしくてだけど怖くて 今にもあなたが消えてしまいそうで

相手を大切に思う気持ちと、その儚さを見事に表現しています。

ちなみにこの『アイ』というタイトルには

”愛”、”eye”、”逢い”、”I”、”哀”と様々な「アイ」が含まれているのだそうです。

秦基博の魅力:人柄

秦さんはメディアの感じだとミュージシャンの中ではもの静かで素朴な感じです。

だからこそ一般の人の目線でものが書けるし、共感できるんだなと思います。

フェラーリ乗って、きらびやかな衣装を身につけ、さっそうと歌うミュージシャンもかっこいいですけど、共感できるかというと《?》が付きますもんね。

あと何気に面白いです笑
口数は決して多くないんですけど、面白いことをポツポツ言います。
ライブのMCとかなかなか面白いです。

そんな秦さん、でも、いざ歌うとやっぱりかっこいいんですよ!

男の目線から見てもかっこいい!あのあごひげもマネしたくて挑戦しましたが、ぼくヒゲ薄いので無理でしたね笑

いわゆるイケメンではないですけど、すごく味がありますもんね。

一度歌えば、胸がキュンキュンするあの声は女の人からモテるんでしょうね!

そして僕個人の注目ポイントは秦さんは肌がめちゃくちゃ綺麗なんです!

綾瀬はるかさんの次ぐらいに透明感があるんじゃないんでしょうか?

本で読んだ限り、特別なことはしてなくて化粧水をただつけてるだけらしいですけど、肌荒れで悩んでいるぼくからすると羨ましい。

いったいどんな食生活をすればあんなに肌が綺麗になるのか教えて欲しいです!

ちなみに余談ですが、秦さんには奥さんと娘さんがいます。結婚した際は福山ロスならぬ、秦ロスがあったことでしょう、、、

秦基博の魅力:ミュージシャンとしての技量

秦さんはその素晴らしい声から、歌声ばかりが注目されがちですけど、ギターもめちゃくちゃうまいんですよ。

決してトリッキーでアクロバティックなギターを弾くタイプではないんですけど、確実に丁寧に弾くんですよね。

僕もギター弾くので少しわかるのですが、決して難しいプレイをしているわけではないんです。

ただ、すごく丁寧に弾いていいるし、歌を引き立たせるための細かいテクニックを多用しています。

プリングオンをいいところで付け足したり、ピアノ的なコードをアコギでも取り入れてあったりと独自の世界観を作り出しています。

また最近の楽曲ではプロデューサー的な立ち位置で楽曲全体をコントロールしたりと、ミュージシャンとしての度量がどんどん広がっています。

 

ちなみに秦さんの愛用ギターは Gibson J-45です!
ギブソンの荒々しい音がハスキーな秦さんの声とまさに”シンクロ”しています。

1966年製のビンテージで、デビュー前に事務所にお金を借りて購入したそうです。

僕も欲しいなあ、、、

そんな秦さんの活動がこれからも楽しみです。

個人的にはこれ以上人気になるとライブチケットがもっと取りづらくなるので、そこは悩ましいところです笑

 

秦基博の曲を聞きたいなら

ちなみに秦さんの楽曲も数多く聞ける『AWA」というアプリをご存知でしょうか?

AWAは月1000円ほどかかりますが、今なら3ヶ月無料で聞くことができます。
3ヶ月以内に解約をすれば料金は一切かからないので試してみてください

AWAオススメ理由

聞いてみたい方は試してみてはいかがでしょうか?