Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/keinoblog/sanagi7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

年収1000万稼ぐ方法とは?8パターンを一挙に紹介!

年収1000万は給与所得者の4.3パーセント。

25人に1人です。クラスに1人ですね。

なかなか低い数字であるものの、決して不可能な数字では無いですね。

ただ断言します!道を間違えたら無理です笑

自分にあった方法で稼ぎましょう!

今回はいくつかパターンを紹介しますので是非参考にしてください

1 超難関企業に入社する

キーエンス、総合商社の三井物産、など平均年収が1000万円を超える会社に入社する方法です。

高学歴だったり、ハイスペックな人材である必要がありますが、こういった会社に入れば年収が10,000,000超えることは可能です。

2成果報酬型の企業に入社する

歩合がある不動産屋や保険といった会社に行くこと。

売ったら売った分だけ給料がもらえる歩合制の会社ならば、年収1000万を越える事は全然可能です。特にプルデンシャルなどの外資系の生命保険会社は1億円プレーヤーも在籍しており、実力1本で勝負ができる世界です。

また歩合制のある会社は学歴等を重視されないため、大卒でなくても入社可能なところが多いです。

例えばsalesforceとかの外資系の会社も成果報酬型の企業も多いので、1000万円も可能ですね。

3ベンチャー企業で超出世する

ベンチャー企業で役員になれば年収は1000万円稼げます。

かなり難易度が高いんですが、優れた実績を出し、将来性のあるベンチャー企業で役員になれば役員報酬等もたくさんもらえますし、年収も1000万円突破することも可能です。しかし現実のところほとんどのベンチャー企業が5年以内に潰れますし、仕事もハードワークなためよほどの実力と運と人脈形成力がなければ到達できないでしょう。

4フリーランスになって稼ぎまくる

IT系の知識があれば割と可能ですね。

こちらは割とオススメでして、フリーランスでIT系の知識があるならば、年収1000万を稼ぐ事は可能です。年収1000万ですと月々およそ90万ほど稼げば達成できます。

最近はこういったフリーランスの方はごろごろいますけ。

しかし、知識がないという方は、まずはITスクールで勉強したり、クラウドソーシングなどの案件サイトなどからコツコツと始めてみるといいですよ。

そして、知識が十分にたまった段階でフリーランスになることをお勧めします。

5企業する

当然考えられる1つの手です。今回とは少し趣が違いますので割愛します。

6スポーツ選手になる

野球選手、サッカー選手でトップクラスになれば年収1000万稼ぐことも可能ですね。

しかしスポーツでもお金が稼げない分野であれば500万以下の年収になってしまうなど、苦しい現状がありますので、分野選びが同じように大切です。

7副業する

年収➕副業で合わせて、年収1000万いくという方法ですね。

日本の会社にいると、年収をなかなかあげられないけれど、副業で合わせて1000万いく人は少しずつ出てきていますね。

特に最近ではインターネットを利用した副業がはやっていますね。例えばYouTubeであったりブログであったり、アフリエイトであったり、はたまた音声コンテンツを利用して情報商材を売ったり、小さく飲食店を開いてみたりなど副業の形も様々広がってきました。

私の身の回りでも多いのですが、1番のオススメはライターやウェブ関連の知識をつけるということです。

ライターとかweb関連は敷居が低く、誰でもすぐ始められることが多いのでおすすめです。

クラウドソーシングなので比較的に誰でも応募できる形で募集がかかっているので相場観などをつかんでおくと良いですよ

8資格を活かして稼ぐ

資格を生かして稼ぐというのは昔からの方法ですね。弁護士や医者などいわゆるトップ層の資格を取れば年収1000万も可能です。しかし現実的には大学に通わなかったといけなかったり、資格を取得するために多大な時間がかかることを考えると、あまり手軽に始められる方法ではないですね。

サラリーマンで年収1000万を超えるにはレアカードになれ!

業界の中で価値の高い人材になることが年収を上げる大きな要素です。

できれば100人に1人の人材になりましょう!

ホリエモンこと堀江貴文さんも言っていますが、レアカードになった方がいいですよ。

レアカードとは付加価値が高くて、代わりがきかない人材ということです。

誰でもできるレジ打ちやスーパーの品出しなんかは時給や年収が上がりにくいわけです。

反対に、営業スキル✖️英語スキル✖️財務諸表が読める✖️マーケティングができるなど複数のスキルを磨けば、かなりのレアカードの人材になれます。

特に今はプログラミングできたり、知識がある人にはかなりの給料を払っていますね。

Googleやアマゾンなんかは1000万を超えるものすごい給料をエンジニアに出しています。

闇雲に能力を高めず、実際の求人を見る

闇雲に能力を高めてもしょうがないです。コピー機の撮り方とかを上手くなっても意味ないですよね!

時間は有限ですので、どこに努力をするかが大切です。

しかし、何やればいいの?っていう方にオススメなのが、自分の不得意と苦手を知る自己分析と実際に年収1000万を超えてる求人を見てみるという方法です。

当ブログで何度も言ってますが、年収を大きく稼ぐには、

得意なこと✖️稼げる業界✖️伸びる業界が仕事選びにおいては大切です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)