ぶっちゃけレオパレスってどうなの? レオパレスに住んでた元建築系社員がメリットとデメリットを伝える

こんにちは!サナギです!

今回はタイトル通り、元建築系社員の僕が2年半、レオパレスに住んだのでメリット、デメリットをまとめてみました。

 

僕は一人暮らし歴が7年、そして引越ししたのが4回あるので6万円以下の1Kアパートにはある程度の相場感覚があります。

また仕事柄、建物の構造には少し詳しいので、『ぶっちゃけレオパレスってどうなの?』って人の参考になればなあと思います。

では早速いってみましょう!!!

※あくまで僕の主観です。一人の体験記として参考程度にしてください^^;

 

メリット

 

1 初期費用が安い

普通賃貸物件を探す際は家賃が5万円の物件ですと、

・敷金       家賃の1ヶ月分

・礼金       家賃の1ヶ月分(最近だと0ヶ月も多い)

・不動産仲介手数料 家賃の1ヶ月分

・鍵交換、保険諸々 家賃の1ヶ月分

・前家賃1ヶ月分  家賃の1ヶ月分

など、初期費用だけで通常15万〜25万円はかかってきます。

 

だけどレオパレスの場合は

・仲介手数料 0円

・家具家電付き

・敷金・礼金がほとんど0円

です。

なので初期費用が相当抑えられます。

 

 

2 マンスリープランがある

「マンスリー」というのは月ごとと言う意味で短い間でも借りることができますよー!というもの。

前払い制で敷金礼金0、仲介手数料0、水道代・光熱費も0家具家電付きで数週間だけ借りることも可能。

またカーテン等も全て揃っていて、楽チンですね。

 

 

3 家具が揃っていて中が綺麗

レオパレスは家具家電が揃っていて、

極端な話、布団を持っていけば

スーツケースひとつで引越しが終わります。

荷物が少なくて引っ越しができるのは

レオパレスの大きなメリットの

ひとつだと思います。

 

そして中が綺麗な物件が多いです。

掃除やクリーニングが行き渡っているんですね。

さすが、大手の会社。

ちなみに余談ですが、インターネットは

レオネットという専用サービスが

30日あたり1,645円で利用できます。

自分で光回線の契約するよりも安いです。

しかし、遅いのでイライラする人も

いるそうです。

ちなみに僕は使用していません。

WIMAXという持ち運びできる

インターネットルーターを

自分で契約していました。

 

 

デメリット
1 壁うすうす!

もうこれにつきますよ! 壁が薄い通り越して、薄々です!キュウリの輪切りで言ったら、半分すけてますよ笑

隣のおっさんのくしゃみの音が普通にダイレクトに聞こえましたもん。

抑えぎみでギター弾いてたら、

苦情来ましたん。

それでも僕はギター大好きなのでかなり抑えぎみに弾きましたよ。

それでも苦情が来る。

ちなみに苦情の方法はポストに投函されるんです。

管理会社であるレオパレスさんから。

『深夜に楽器を演奏されてる方がおります。当物件は楽器の使用は禁止されているので、ご遠慮ください。なお、このお知らせは苦情の性質から全ての部屋に投函させていただいております。』

こんなこと書いてありますけど、明らかに僕のことです。

こんな紙が計3回来ました。

よく追い出されなかったなあ。

隣の人ごめんね。

いや、ほんと、そりゃね、

楽器はだめだよ、でもね、

そんなジャカジャカ弾いてないし、

今まで一人暮らししてて、

怒られたことないのよ。

だから大丈夫だと思ったんだけど、

ここはレオパレス。だめだよね^^;

 

 

ここで少し細かい話。建築では

・RC造(鉄筋コンクリート)

音漏れ強い傾向

・鉄骨造

壁の音漏れがしやすい傾向

・木造

音漏れしやすい傾向

と大きく分けて3つあります。

同じくくりの造りでも壁の厚さに

違いがあり、間取りによって音の聞こえ方は

違うので一概には言えないのですが、

レオパレスはその中で鉄骨造と

よばれるものがほとんど。

 

なかでも僕のところは

軽量鉄骨と呼ばれるもの。

壁がただの板なんですね。

音に強いRC造が壁を叩くと

コツコツという中身のつまった音が

するのに対し、

レオパレスのような音が抜けてしまう

鉄骨造はコンコンという

中身の抜けた音がします。

 

あと、レオパレスは内装は綺麗な

造りなんですが、物件の施工が驚くほど

非常に早い。

 

RC造は壁にも鉄筋を入れてる物件が多くて、

施工に時間がかかりますが、

レオパレスの場合は壁が板なので、

物件の土台を作ってからの出来上がりが

非常に早い。

業者からすると低コストで

スピーディーなんです。

そのあたりから壁から音が漏れてしまうんです。

 

 

2 料金が割高

レオパレスって同じ間取りの物件と比べると

非常に割高なんです。

僕も住んでたところでレオパレスの

家賃で他の物件探したら、

2LDKとか新築の1Kとかありました。

 

会社にだいぶお金出してもらってたんで、

あまり言えないですが、

その家賃あればもっとええとこ住めたやん!

 

 

短期的に住む人には便利だけど、

長期的に住む人には初期費用は安いが、

長い年月で見ると高くなってしまいます。

 

 

3 ロフトが邪魔

レオパレスはだいたいロフト付いています。

僕のところにも付いていました。

ロフトはまじで邪魔です。

僕みたいに寝起きが悪い人間は

あんな天井が壁に近いところだと

寝起きで頭ぶつけます。

 

そしてなにしろロフトのせいで

部屋全体が狭いです。

あと僕は面倒くさがりでロフト上がる時、

ハシゴ使うのが面倒くさくて、

付属していた本棚のしきりを

足台にして登ろうとしたら、

《メキメキ!!!》とヒビが入りました。

 

退去する時、5000円ぐらい取られました。(これでもおまけしてもらいました。

立会の時のおじさん、ありがとね^^;)

 

レオパレスに限らず、

ロフト付き物件は要注意です。

間取りが広くて余裕があればいいですけど、

狭い物件ならただの邪魔です。

 

総評

はっきり言うと僕はもう2度と

レオパレスには住まないでしょう。

プライバシーが欲しくて

ギターが好きな僕には音漏れという

デメリットが大きすぎます。

 

 

レオパレスが向いている人

・半年以内しか住まない人

レオパレスが向かない人

・長期的(半年以上)に物件に住む人

 

以上が僕の実体験から基づく結論です。

一人暮らしを探しているなら

一人暮らしの物件を探しているなら、『イエプラ』で探すという方法もあります。

イエプラは、チャットで物件探しを行うサービスです。
希望条件等を入力し、後は待っているだけでOK!
担当コンシェルジュがぴったりなお部屋をご紹介、お部屋探しをする手間を省くことが可能です。

<3つの特長>
1:深夜0時まで対応
家探しをする時間を確保しづらい方、日中お忙しい方に深夜0時までプロが相談

2:チャットにて秒速対応
LINEの様なチャット形式で、専任のプロフェッショナルが1分で対応

3:お気に入り物件の内見予約まで設定
もし、アナタの理想の家が見つかれば、内見の設定までお手伝いしてくれる

忙しくてなかなか時間が取れないという方でも、便利です。
インターネットが発達しているので、こういった便利なサービスはどんどん使って行きたいですね。


初めて一人暮らしする方や、レオパレスを検討していた方の参考になれば幸いです!

ではでは( ´ ▽ ` )ノ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)