映画「激突!/Duel」 深掘り 誰もが知っている、あの有名監督の衝撃!デビュー作

ジャンルを問わず一年中、映画漬けの生活を送っている、自称映画オタク⁉の私が

独断と偏見でオススメする今日の一本は、ユニバーサル・ピクチャーズがおくるサスペンス・サイコ映画「激突!/Duel」です。

 

引用元:Microsoft Bing

 

作品紹介 

 

引用元:U-NEXT

 

1971年にアメリカのテレビ映画用として製作された、ハイウェイで繰り広げられる、逃走劇。

 

平凡なサラリーマンが、急ぎハイウェイを飛ばしていた時、前方を塞ぐように古いトレーラーがゆっくり走っていた。

そして、彼がそのトレーラーを追い越したことから、地獄の恐怖が幕をあける。

 

「激突!/Duel」を無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)

 

見どころ&おすすめ

 

引用元:Microsoft Bing

 

物語の大半を、主人公と彼のボロボロ車、そして古くて汚れたトレーラーだけで展開されていきます。

 

凄~くシンプルなストーリーの中に、サイコパス的な要素を取り入れた非常に面白い内容で、観ている者を最後まで画面から離さず、ハラハラドキドキさせる、魅力ある作品です。

 

騒がしく派手なタイプではなく、じわじわと恐怖のボルテージを上げていく、印象深いタイプの映画。

 

古い映画ですが、サスペンス・サイコ系映画が好きな方、いや、映画好きな方なら、あの有名監督のデビュー作品なので、先ずは観て下さい。 損はさせませんから。

 

第一回アボリアッツ国際ファンタスティック映画祭のグランプリを受賞し、一躍その名を世界に知らしめた当時25歳、新人監督の衝撃作品です。

 

この映画を観ると、彼の天才ぶりが良くわかります。

 

引用元:U-NEXT

 

おすすめ度  

 

★★☆☆☆             2点

 

主要キャスト・スタッフ

 

デイヴィッド・マン (デニス・ウィーバー)

 

妻 (ジャックリーン・スコット)

 

カフェの店主 (エディ・ファイアストーン)

 

バスの運転手 (ルー・フリッゼル)

 

ガソリンスタンドの女店主 (ルシール・ベンソン)

 

ラジオのパーソナリティ (スウィート・ディック・ウィッティントン)

 

トレーラーの運転手 (キャリー・ロフティン)

 

 

監   督 (スティーヴン・スピルバーグ)

 

脚本・原作 (リチャード・マシスン)

 

製   作 (ジョージ・エクスタイン)

 

 

1971年 公開   90分   アメリカ

 

1973年 公開         日  本

 

あらすじ   

 

引用元:Microsoft Bing

 

デイヴィッド・マンが運転する車は、カルフォルニアでの商談のため、荒野のハイウェイを順調に走っていた。

 

車のカーラジオを聞き流しながら少し先を急いでいると、前方にのんびり走る一台の汚れたトレーラーが走っている。

 

トレーラーからの排気ガスに不快を感じ、何気なくトレーラーを追い抜いて行く。

 

すると、トレーラーはスピードを上げ、マンの車を抜き返してしまう。

そしてまた、ノロノロとマンの前方を塞ぐようにノロノロと走り出す。

 

なんだこいつは!とマンは再度トレーラーを抜き、スピードを上げトレーラーを大きく引き離して行くが。

 

ここからハイウェイ上での、恐怖のカーチェイスが幕を開ける。

 

トレーラーは唸りを上げ、マンの車を後ろから追突する勢いで威圧してくる、しかも運転主の顔がわからず正体不明で余計に不気味さが増幅される。

 

カフェに逃げ込めば、相手も停車して待っているは、挙句には後ろから追突してくる始末。

 

通過する貨物列車を待っていると後ろから押し込もうとする、電話BOXで警察に助けを求めようとすれば、電話BOXに突っこんでくるなど、段々と常軌を逸した行動がエスカレートしていく。

 

引用元:U-NEXT

 

逃げても逃げても執拗に追いかけてくる。

 

ただひたすら一本道のハイウェイを自分と相手の車だけ・・・

ある意味、逃げ場のない舞台。

 

はたして、巨大な鉄の怪物から独りマンは逃げのびることができるのだろうか?

 

「激突!/Duel」を無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)

 

この映画を、深堀!

 

あの監督

 

当時、21歳の史上最年少で監督デビューしますが、当初の頃は映画の仕事をなかなかもらえず、TVムービーで生計をたてていました。

面白くない脚本ばかりだったが、そこは後の天才監督、必ずこだわりの部分を入れ込み実績を重ねた結果、周りからの評価も高くなっていきます。

 

そして偶然、この「激突!」の小説と出会い、「なんてヒッチコック的な素材なんだ」となり、映像化にいたるのでした。

 

そう、あの監督とは、キャスト紹介でもう記述してますが、皆さんもご存じの、スティーヴン・スピルバーグさんでした。

 

脚本でのトリビア

 

この脚本のアイデアは、ケネディ大統領が暗殺された当日のことでした。

 

脚本・原作者のリチャード・マシスンが車で友人と帰宅する途中、細い道を走っていると突然、トラックにあおられてしまいます。

 

執拗に追いかけてくるトラック。

とっさにマシスンは横道に逃げ込み、そしてその横を物凄い勢いでトラックが通り過ぎて行った。

 

車内の友人は青ざめてしまったが、マシスンはそこでひらめいた。

すぐに、このアイデアを書きとめたのが「激突!」の原点なのです。 

 

そもそも、この映画

 

この映画は1971年当時、アメリカで放送されていた「ABC Movie of the Week」というテレビ放送向けに製作されたものでした。

 

なんと作品の納期が、撮影を開始してから3週間後というハードスケジュール。

撮影期間は12~13日程度、しかもスタジオを一切使わず現地撮影のみなど、色々なアイデアを駆使して乗り切ったようです。

 

それを日本の日曜洋画劇場で放送するため、監督に73分の本編を90分に編集させて上映しました。 よくもまあー、あの監督にフィルムの継ぎ足しを依頼できたなと、今なら絶対無理な相談でしょうね。

 

マンの車とトレーラー

 

引用元:U-NEXT

 

サラリーマンであるマンが乗る乗用車は、米クライスラー製の「プリムス・ヴァリアント」(約140馬力、最高速度150Km/h 辺り)で、普通のコンパクトカー。

それを砂漠の中でも目立つようにと、新車設定にはない赤色に再塗装して登場させています。

 

一方のトレーラーは、「ピータービルト281」というテキサス州に本社があるトラックメーカーの車。 物語の中で、この怪物トレーラーが150Km/hものスピードで迫って来るのは、恐怖しかないでしょう。

 

撮影用のトレーラーは、リアルさと不気味さを高めるため、エンブレムが取り除かれ、ライトに羽虫をすり潰し、窓ガラスにはオイルやグリスを塗り運転手の顔を分からないようにして演出していました。

 

このトレーラー、映画の中で、なぜか色んな州のナンバープレートをつけて走っています。

なぜか?それは、後述で。

 

カフェでのシーン

 

引用元:U-NEXT

 

ハイウェイ上で出てくるカフェは、実際にあるカフェで撮影されました。

 

なんとカフェのシーンは、本物のお客さんの居る横で撮影され、お客さんは最後まで撮影や彼らが俳優だったとは知らなかった。

おかげで何気ない、いつもの日常がリアルに撮影できたと、脚本家は満足したそうです。

 

犯人は、だれ?

 

引用元:U-NEXT

 

原作では姿、顔を見せているそうですが、映画内では体の一部分のみの表現方法で、観ているこちら側の想像力をかき立たされます。

 

が、監督は違う意図があったのです。

トレーラーの運転手を犯人とする視点ではなく、トレーラーそのものを怪物に見立てて制作するのが意図だったようです。

 

生身のマンと鉄の殺人トレーラーとの対決だけに、フォーカスを当てた演出。

だから「犯人は、だれ?」には、焦点を当てなかった。

 

色々と展開が変わり飽きさせない映画もありますが、たまに分からなくなってくることもあります。

しかし、シンプルに焦点のみに当てて、魅せる映画も大事だなと感じました。

 

そして、この犯人の演出方法に、以降へのヒントが隠されていると感じます。

また、そのほかの演出も、次の作品に使用されています。

 

それも、後述に。

 

電話BOX

 

引用元:U-NEXT

 

マンが電話BOXで警察に電話をかけるシーンで実は、電話BOXの窓に撮影していたスピルバーグ監督が映りこんでしまっていた。

 

このシーンは制作した側も気づいてはいたが、映像の予備がないため、仕方がなくそのまま使うことになってしまいました。

 

その他を深掘り

 

引用元:U-NEXT

 

小さいトリビアを3つ。

 

主人公のデイヴィッド・マンのマンは、人間の意味。

焦ったり悩んだりする人間らしさを強調するために、この名前にしたようです。

 

映画では明かされなかったが、設定ではトレーラーの運転手の名前は、keller(ケラー)となっている。

これは、killer(殺人者)にかけたのではと推察されています。

 

原作の中で、マンはトレーラーに書かれている、keller を killer と読み間違えて、ビックリするシーンがあります。

 

物語終盤、山道を駆け上るマンは害虫駆除業者の車を警察車両と間違えて近寄るシーン。 業者の社名が「Grebleips」となっていますが、これは監督の姓を逆さから書いた文字でした。  

 

この犯人、実は

 

引用元:U-NEXT

 

映画では、トレーラーの運転手は追い越しただけでキレるサイコ野郎でしたが、原作では連続殺人鬼だったのです。

 

色々な州でドライバーを殺害し、狩った戦利品として、そのナンバープレートをつけて走っている設定でした。

 

以降に引き継がれること

 

トレーラーを怪物に見立てた設定を、3年後の作品「JAWS/ジョーズ」では巨大サメを怪物の設定で引き継がれ、犯人のチラ見せの仕方も、映画中盤まで巨大サメの一部分だけしか見せないやり方で、恐怖をあおりました。

 

またこのチラ見せの手法は、1979年公開の「エイリアン」でも参考にされたのではと、個人的には思っています。

 

物語最後の場面、トレーラーが崖をダンプするシーンの効果音を、「JAWS/ジョーズ」のラストシーンでも採用されました。

因みに、その効果音は恐竜の鳴き声だそうです。

 

感  想

 

引用元:U-NEXT

 

1971年の映画なので、映像や劇中の雰囲気に古さは感じます。

しかし、スピルバーグ監督の名を世に知らしめた、記念すべき第1作、名作です。

 

相手は鉄の怪物、しかも姿を見せない敵に立ち向かうは、気弱な独りの人間。

その対比を描いたのがこの映画。

 

何をしたいのか、目的もわからず執拗に追いかけてくる不気味さ。

ただただ、恐怖しかありません。

 

最近よく、あおり運転が報道で取り上げられる昨今、他人事ではありませんね。

現実に、いつかこういう目に合うかもしれないと思うと、ゾッとします。

 

ピンポイントな部分だけに焦点を当てた、非常にシンプルなストーリーに潔さを感じます。しかし今の時代、こういうシンプルストーリーに挑戦するには、相当のひらめきやアイデア、そしてなかなかの勇気が必要かもしれません。

 

単純な内容ですが、非常に印象の残る映画だと思いました。

 

引用元:U-NEXT

 

「激突!/Duel」を無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)

 

『超お得!』漫画も映画もアニメも見放題のU-NEXTがおすすめ!

U-NEXTトップ
見放題作品数が圧倒的! U-NEXTは見放題作品数がダントツナンバーワンの動画配信サービス!
  • 漫画も映画もアニメも圧倒的な見放題作品量(映画だけで21万本以上)
  • 新作も1,200円分視聴可能
  • 無料お試し期間中も600ポイントを貰える
  • アダルト作品も充実
  • 雑誌、電子書籍サービスも無料で楽しめる

「無いエンタメがない」と言われるぐらい映画やアニメ、漫画、さらにはアダルト作品などラインナップが充実しています。

私も4年以上愛用していますが、生活が本当に便利になりました。好きな作品がたくさんあるので家に帰るのが本当に楽しみです♪

お笑い人間の爆笑問題の太田さんがイメージキャラクターを務めていたことでも有名ですね。

映画だけで約21万本以上もの作品が見放題な上に、漫画もアニメも盛りだくさん。最新作もたくさんレンタル配信されていますよ♪

U-NEXTは「31日間の無料体験」を実施しています。

無料期間内に解約すれば追加料金は一切かかりません。

毎月もらえる1,200ポイントでお得!

U-NEXTでは毎月1,200ポイントが付与されます。

月額料金は1,990円(税込2,189円)ですが、1,200ポイントをもらえることを考えると、実質989円とかなりお得になります。

さらにポイントを使ってレンタル作品の購入や、映画鑑賞チケットへの交換が可能です!

VODサービスや漫画アプリはたくさんありますが、正直U-NEXTだけで充分です。私も色々試しましたが結局U-NEXTが一番でした!

はっきり言って試さないのは損ですよ!合わなかったら無料期間で辞めてしまえばOKです。好きな映画を好きな漫画を好きなだけ楽しみましょう! 見逃し配信バナー

U-NEXTを無料体験してみる

U-NEXTについてもっと詳しく知りたい方は→U-NEXTの特徴と使い方をわかりやすく解説!