Netflixオリジナル映画「タイラーレイク-命の奪還-」最後に登場する謎の影とは?

 

 

この記事には、ネタバレが含まれています。十分にご注意下さい。

 

Netflixオリジナルアクション映画「タイラーレイク-命の奪還-」は、現在Netflixのみ配信されている、オリジナル作品です。他の動画配信サービスで、観れないのは勿論、主人公である「タイラー」の戦闘シーンや、麻薬王の息子を守るシーンは、臨場感溢れるシーンとなっています。

 

それだけでなく、続編の話も出たということで、ファンの間では歓喜に包まれました。そんな大人気の「タイラーレイク-命の奪還-」最大の謎、タイラーは本当に死亡したのか?最後の影は果たして誰なのか?という謎について、迫っていきたいと思います。

 

タイラー・レイクとは?

https://twitter.com/osadamana/status/1269932823189663750?s=20

 

監督「サム・ハーグレイブ」が誇る人気作品、主人公であるタイラーが麻薬王の息子を守りながら、敵と戦うアクション映画です。凄腕の傭兵であるタイラーは、CIAのニック・カーンからとある依頼を引き受けました。

 

タイラーが今回引き受けたとある依頼の内容とは、敵対する麻薬王の組織に息子が攫われてしまった為、救出してほしいという内容でした。タイラーは秒で「イエス」と答え、危険な依頼を引き受けました。

 

しかし彼の脳裏には、かつて生きていた子供の姿が浮かんでいました。そのことに気づいたニックは、心配そうに彼を気にしながら「平気?」と尋ねましたが、その表情には、険しさがありました。

 

タイラーは今回に限らず、危険な任務を数多くこなしてきましたが、その理由としては「自分の息子が死んだ悲しい思い出を消すため」に戦場を駆け抜けていたのでした。しかし、今回の依頼を引き受けたことで悲しい結末になってしまうとは、このときのタイラーは夢にも思っていなかったのです。

 

麻薬王の息子を守るタイラー

 

麻薬組織の息子は、敵の麻薬組織Bに目をつけられてしまい、誘拐されてしまいました。主人公であるタイラーは、当初敵である麻薬組織Bの下っ端達と交渉をしようとしますが、残念なことにあえなく破談してしまいます。

 

実はこれ、タイラー達が仕掛けた罠であり、敵の下端達を一気に殺してしまうという作戦だったのです。タイラーの見事な戦闘の結果、敵は壊滅してしまい見事麻薬王の組織Aの息子を保護したのでした。

 

そのあと、すぐ仲間達と合流し息子であるオヴィをAの麻薬王の幹部であるサジュに引き渡す予定となっていましたが、サジュがタイラーの仲間達を殺してしまい、まんまと罠に嵌められてしまったのです。

 

元からサジュは金銭面で余裕がなくCIAを裏切るつもりだったのです。罠と気づいたニック・カーンがオヴィを切り捨て、帰還するように命令しました。しかし、タイラー自身何か思うことがあったのか、命令を無視しました。

 

そのことに、折れたニックは「私がそこから救出するからアナタは指示に従って」と彼に言います。そして、タイラーはオヴィを連れて戦いの舞台となるバングラデシュの都市を駆け抜けることになります。タイラーを逃してしまったサジュも、すぐに彼らのあとを追いかけます。

 

三竦み状態に

 

バングラデシュの都市では、タイラーであるCIA側、麻薬王の幹部A(サジュ)、麻薬組織Bの三竦み状態で過激な戦闘が繰り広げられることになります。タイラーは、必死にオヴィを守ります。

 

そして、サジュはオヴィを必死に取り戻そうとし、敵の麻薬組織Bの下っ端達は早く殺そうと沢山の兵を導入し、タイラー達を追いかけます。このシーンは、手に汗握るシーンが多かったです。

 

特に、タイラーとサジュが格闘で戦う光景は、プロのCIAさながらでした。やはり、クオリティが高い映画は、戦闘シーンが現実の世界と同様に作られていることが多いですね。

 

依頼人と結託して、麻薬王の息子を守る

 

三竦み状態から逃げることができたタイラーとオヴィは、どこかの工場で一休みをします。その際、ニックからは「その子から手をひきなさい」とやんわり言われました。しかし、彼は頑なに拒みます。

 

その際、タイラーの頭の中には「かつて生きていた子供の笑顔」が浮かんでいました。ニックとの電話が終わると、密に話の内容を聞いていたオヴィが「僕のことを見捨てるの?」とタイラーに尋ねました。オヴィの悲しい視線に気づいたタイラーは、そんなことしないと断言しました。その光景は、まるで親子のようでした。

 

やはりこのままではいけないと思ったタイラーは、サジュと連絡をとり彼を無事バングラデシュの都市から逃す計画を立てます。2人は、息があったコンビネーションで次々と敵を倒していきます。

 

勿論、事情を聞いたニックも協力します。しかし、あまりにも敵が多くタイラーもサジュも悪戦苦闘してしまい、サジュは麻薬組織Bである将軍に殺されてしまい、タイラーはBの少年兵リーダー殺されてしまいます。

 

タイラーの殺された瞬間を見たオヴィが、彼の元に駆け寄ろうとしますが...ニックに止められます。そのままヘリの中へ...。タイラーは、橋から落ちそのまま川の中に沈んでいきました。

 

最後の謎の影とは?

 

あれから時間が経ち、オヴィは無事平穏に学校生活を送っていました。しかし、オヴィの頭の中にはタイラーと過ごした思い出が次々と蘇っていきます。ふと、プールに来たオヴィは高台から飛び降りそのまま綺麗にプールの中へ...。

 

そして、何かを考えながら外に出た瞬間、彼を見つめる謎の影とご対面し、そのまま終わってしまいました。果たして、この謎の影とは一体誰なのでしょうか?

 

登場人物の説明

 

ここからは、登場人物を詳しくご紹介させて頂きたいと思います。

 

CIA側

タイラー・レイク

 

本編の主人公であり、元CIAです。現在もCIAに所属しているかは不明で、自分の子供が何かの理由でなくなってしまい、その悲しみを消そうと過酷な戦場に進んで赴き戦ってきました。

 

今回の誘拐された麻薬王Aの息子件についても当初は、いつもの任務を遂行するだけと思っていたようですが、誘拐されたオヴィがあまりにも悲惨な立場で気の毒と思ったのと、何故か自分の子供と照らし合わせてしまっていたのです。

 

本編では明らかになっていませんでしたが、もしかするとタイラーの子供も、何か悲惨な事件に巻き込まれたのでは?と私は予想しました。最後のシーンで本当に死亡したのか?という疑問が残った人物です。

 

ニック・カーン

 

CIAの皆をまとめるリーダーであり、女性であるにも関わらず、男性よりもCIAに向いている人物です。彼女は、タイラーの過去を知っているようで、任務を依頼するも内心は「断ってもいいのよ」と気遣う姿勢が見受けられました。

 

それだけでなく、タイラーが危険な立場になってしまった際は、指示役にも関わらず戦場に赴き、彼をアシストします。そのおかげで、サジュを殺したBの将軍を射殺することに成功しました。麻薬王のBは最後、ニックによって殺されてしまいます。

 

Aの麻薬王の息子(オヴィ)

 

父親の麻薬抗争に巻き込まれてしまった人物です。彼自身、父親と違って頭がよくタイラーともすぐに打ち解け、タイラーの過去を聞いた瞬間、オヴィ自身もどこか思うところがあったようです。

 

オヴィは、麻薬王の父親を持つ為厳重な警護に飽きていました。父親は、刑務所にいる為いつでも会えるわけではなかったのです。しかし、タイラーとの出会いをきっかけに「本当のお父さんのように親しげに話をしていました」その光景は、父親と息子のようです。

 

しかし最後のシーンで、タイラーが少年兵のリーダーに殺されてしまうところを目撃し、自分の命を切り捨てるように彼の元に向かおうとしました。それだけタイラーのことを大切に思っていたのでしょう。そして最後、オヴィを見つめる謎の人物と邂逅を果たしていました。

 

Aの麻薬王

 

自分の息子が誘拐されたと聞き、慌てて部下であるサジュに「お前の命に代えても連れてこい」と命令しました。それだけでなく、もし連れ戻せなかったらサジュの家族を皆殺しにするとまで脅し、卑劣な性格が伺えました。

 

彼自身、刑務所の中にいる為、どんな手を使っても息子を取り戻そうとしていました。

 

Aの麻薬王の幹部(サジュ)

 

今回の依頼人であり、タイラーの仲間を皆殺しにした張本人です。麻薬王の指示に従い、CIAを利用することを思いつきました。しかし、タイラーにやられてしまいオヴィを取り戻す為にタイラーと麻薬組織Bと対立していきます。

 

タイラーとは、オヴィをバングラデシュの都市から逃がす際、お互い手を組み初めての相手なのにも関わらず、タイラーとはコンビネーションが抜群でした。しかし、敵のBの将軍によって最後、頭を撃ち抜かれてしまい死亡してしまいます。

 

Bの麻薬王

 

麻薬組織の王が刑務所に服役している瞬間を狙い、彼の息子を誘拐するように部下達に指示をした張本人です。ライバルを蹴落とす為ならば、非道な手段を問いません。

 

その反面、人を見る目があり悪さをした少年兵のリーダーに対して見込みがあると思ったBの麻薬王は、彼にタイラーを殺すように指示しました。

 

Bの将軍

 

サジュを殺した人物です。麻薬王の右腕の存在であり、警察関係者を買収しては、自身の組織に取り込んできました。オヴィを攫ってくるように指示をし、部下を駒のように使います。サジュをスナイパーライフルで仕留めたあと、ニック達を殺そうとしましたが、彼女の方が上で一瞬にして彼女が持つスナイパーライフルで殺されてしまいまいした。

 

Bの少年兵(リーダー)

 

沢山いる少年達のリーダー兼お兄さん的存在です。仲間達と、麻薬王Bの財産を盗もうとした際見つかってしまい、捕まってしまいます。麻薬王Bに、誰が盗んだかと問われたところ、咄嗟に死んだ仲間の名前を言うことができ、状況に応じて判断ができる人物です。

 

タイラーを殺すことが出来ず、なさけをかけられたことに激怒し、麻薬王Bにもう一度チャンスを貰う為に、自分の指を切り落とし献上します。そして、タイラーを見つけだし、彼の首めがけて撃ちました。

 

感想と続編を考察

 

私は基本、アニメが大好きで洋画をあまり観たりしないのですが、Netflixオリジナルということもあり、興味が湧き視聴をしました。結果、ドはまりしてしまい久しぶりに面白作品に出会ってしまったのです。

 

タイラーの過去、オヴィとの出会い、サジュとバディを組んでの戦闘シーン、全てが最高でした。本当に素晴らしかったです。白熱した戦闘シーンは、あの超有名なジョンウィックさながら面白かったです。

 

監督の細かいこだわりが伝わってきました。実は、監督自身もこの映画に少し出演しているという小ネタもあるのです。当初、私は分かりませんでしたが、小ネタをつい最近知り探して何度も観返したところ、遂に見つけることができました。

 

この情報を知っていると、映画が3倍楽しめることができちゃいますよ!そして、嬉しいことに続編が決定したとのことです。これは、期待しながら待つしかないですね。そんな続編を少し考察してみました。やはり、最後の謎の影は死亡フラグが立っていたタイラーなのでは?と思っています。

 

というか、タイラーであってほしいと私は思っています。しかし、彼は少年兵のリーダーに首を撃たれているのでそのまま川の中で、息絶えてしまっていることもなくはないですね。

 

もし続編を作るなら、タイラーの過去か、オヴィが麻薬王として活躍する話が高いかと思われますが、タイラーとオヴィがまた出会えることを期待したいと思います。

 

 

影の正体とは?

 

この謎の影をタイラーと疑う理由は、大きく分けて2つあります。1つ目が、タイラーとオヴィが対になっていることです。タイラーは、冒頭で仲間達と運試しで川に飛び込むシーンがありましたが、川の中で何か考える描写がありました。

 

これは、自身の過去のことだ推測します。そして、映画の終わりではオヴィがプールの中で、何か考えています。これは、タイラーと出会ったことにより、これからの自分を見つめ直しているシーンだと思います。

 

タイラーは誰かに助けられ、彼のいる学校にきました。しかし、そのままオヴィには会わず彼の元を去ったのだと思います。何かを伝えようとしていたのではないでしょうか?

 

そして2つ目の理由が、本編の主人公はタイラーですが、裏の主人公はオヴィなのでは?と思っています。もし、続編の話を作るなら、今度はオヴィを主人公にし、タイラーを影の主人にすると推測しました。

 

まとめ

 

今回は「タイラー・レイク」をご紹介させて頂きました。Netflix限定ですが、戦闘シーン主人公達の関係性など、ありとあらゆる視点から楽しむことができるので、本当にオススメですので、是非視聴してみて下さいね。