「スパイスとカスタード」ネタバレあり感想。ツンデレ幼なじみ彼氏との秘密の恋愛!

「秘密でも、一緒に帰れなくても…
チカくんが彼女にしてくれたんだもん。
それでじゅうぶんだよ」

 

今回紹介するマンガは、『スパイスとカスタード』です。

引用元:小学館コミック

「大好き!」と一途に恋する女子。
ツンツンしつつも優しさを見せるメガネ男子。
そんな二人を、可愛い絵柄と世界観で包んだキュートな青春ラブコメ。

上のワードにピンと来た人は、ぜひ手に取ってほしい!
おすすめの一冊です!

マンガを読みつづけて30年。
自分でも200ページ以上のマンガを描いてしまうほど、マンガオタクの私が紹介します!!

「まんが王国」なら「スパイスとカスタード」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』「呪術廻戦」など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。

あらすじ

里中珠実(さとなか・たまみ)、通称「タマ」は高校一年生。

10年越しの告白が実って、
幼なじみでご近所さんの月森政親(つきもり・まさちか)とつき合えることに。

憧れの「チカくん」とのカレカノ生活。
喜びに飛び上がるタマだったが、つき合う代わりの条件を出される。

それは「つき合っていることを、絶対誰にも言わない」こと。

チカが所属する剣道部は男女交際厳禁。
もし交際していることがバレたら、退部させられてしまう。

もしバレたら、即刻別れる

そこから、にやける顔を必死に隠しながら、
バレないようてんやわんやする日々が始まった!

一途な乙女のタマと、ツンデレメガネ男子のチカ。
彼氏彼女のはずなのに、二人の進展はスローペース。

タマに近寄ってくる男子や、
二人の仲を怪しむクラスメイトも現れて、
じれじれ甘酸っぱい恋模様の行方は…?

登場人物

里中珠実(さとなか・たまみ)

引用元:小学館コミック

高校一年生。通称「タマ」。
一途で、思いやりのある性格。
抜けているところもあるけれどめげない。
ご近所さんで幼なじみの月森のことが好き。
10年越しの告白が実り、つき合えることになるが…。

月森政親(つきもり・まさちか)

引用元:小学館コミック

高校一年生。珠実からは「チカくん」と呼ばれている。
剣道部所属で、学業成績も優秀。
タマの告白に折れる形でつき合い始める。
幼なじみのタマにドライに接する。
極度の近視で、メガネをかけている。
実家は洋菓子店を営んでいる。

沢渡 翼(さわたり・つばさ)

引用元:小学館コミック

高校生。他校生。
流行りに敏感で、イケメン。女子にモテるタイプ。
タマの友だちがセッティングした合コンに呼ばれる。
タマに興味を持ち、近づいてくる。

神谷 律(かみや・りつ)

引用元:小学館コミック

高校一年生。
タマの同級生で、剣道部所属。
ショートカットの髪型で、クールな印象の女子。
現実的な性格。
タマとチカの仲を怪しむ。

近藤 要(こんどう・かなめ)

引用元:小学館コミック

チカの剣道部の顧問。男性。20代後半。
「男女交際禁止」の規則を作り、厳しく指導している。

『スパイスとカスタード』のネタバレあり感想

ふわふわした絵柄が可愛い!

まず目を引かれたのが、絵の可愛さ!
抜群に可愛いです。
線がまろやかで、眺めているだけで幸せになれます!

女の子は可愛く。
男の子も年相応の可愛さがありつつ、かっこよく描かれています。

やっぱり、絵はマンガの顔ですよね。
可愛い絵柄で癒されたい人におすすめです。
『ハチミツとクローバー』『3月のライオン』の羽海野チカ先生あたりが好きな人は、
ビビッとはまる絵柄ではないかと。

タマとチカをはじめ、キャラクターの表情がコロコロ変わるので、
読んでいて楽しいです!
タマの笑顔、チカの怒り顔、とぼけたデフォルメ絵。
どれも味があって、ほっこりします。

作者の宇佐美 真紀(うさみ・まき)先生は1998年にデビュー。
代表作『ココロ・ボタン』などを生み出し、長く活躍されている方です!

なので、絵柄の上手さはもちろん、マンガ自体がすごく読みやすい!

『スパイスとカスタード』も『ココロ・ボタン』も、
恋する女の子の心の揺れをていねいに描いた作品です。

安定した絵柄とていねいな構成で、物語の中にするする入っていくことができました。

「まんが王国」なら「スパイスとカスタード」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』「呪術廻戦」など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。

一途なタマと素直になれないチカの、秘密の恋愛がたまらない

引用元:小学館コミック

想いにまっすぐなタマと、なかなか素直になれないチカ。
周りに秘密にしながら、少しずつ「恋人」になっていく二人がいいんです!
読んでいて胸が苦しくなるくらい、甘酸っぱいです。

タイトルの『スパイスとカスタード』も、
ツンデレで手厳しいチカを「スパイス」、
恋する乙女のタマを「カスタード」にたとえてつけられたもの。

タマは、とにかく一途な子。
たとえ恋人らしいことができなくても、
チカに手厳しくされても、
健気にチカを想い続けます。

彼氏彼女になってすぐ、16歳の誕生日が次の日曜に迫ったある日。
タマはチカに「今度の日曜、空いてる?」とたずねます。

自分の誕生日。
大好きなチカくんにお祝いしてもらいたい。

けれど、チカからの返事は「部活がある」「遠征だから遅くなる」。
しょんぼりすると「いいのか? これから先、何度もお前にそんな顔させるかもしれない」とも言われてしまいます。
それでもタマは無理やりに笑顔を作って、「大丈夫!」と返し、去ります。

チカくんに彼女にしてもらったんだもん。
それだけでじゅうぶん。
ヘーキだもん。

でも本当は、お祝いしてほしかった。
誕生日をチカくんと一緒に過ごしたかった。
じわりと涙が浮かびます。

タマのいじましさと切なさが、ものすごく伝わってくる場面でした。
ここは何回読み返しても、目がうるんでしまいます…。

一方、素直になれないチカ。
あまりのあたりの強さに、「ひど~い」って思ってしまうシーンもあるかも笑。

でも、チカの気持ちもわかるんです。

幼なじみを異性として見ることの戸惑い。
一緒にいたのが当たり前で、どうしたらいいかわからない。
思春期あるあるの感情ばかりで、すごく共感できるんですよね。

たとえば中学時代。
タマに「チカくん!」と呼び止められたチカは、周りの男子にからかわれます。
恥ずかしさが勝ってしまい、
「こんなヤツ知らん!」と思わず避けてしまいます。

と思えば、他の男子がタマを下心で見ているとムカついたり…。

青春だわ~甘酸っぱいわ~と、にやにや笑いと胸の苦しさが同時に来ました。

私も、小学生のときには毎日遊んでいた男の子と、
学年が上がり、中学生になり、なんだかどう接していいかわからなくなって
結局疎遠になってしまったことがあるなぁ…と思い出しました。
「異性と話して、周りに変に思われたらどうしよう」って
気にしちゃうんですよね。

ツンツンなチカですが、もちろんタマのことを憎からず思っています。

部活が重なってしまったタマの誕生日も、プレゼントを用意して、
実家のケーキ屋に来るタマに渡すよう、母親に頼みます。

それはチカ手作りのバースデーケーキ。
涙を浮かべて喜ぶタマに、私も思わず「よかったねええ~~」と口から出てしまいました…!

ツンデレなチカも、タマに近づく他校生の沢渡 翼(さわたり・つばさ)が現れることで、
少しずつ変わっていきます。
ここもめちゃくちゃ見どころです!

一緒に帰りたい。
誕生日を一緒に過ごしたい。
手をつなぎたい。
触れたい。

秘密にしなきゃという状況と、
二人の性格もあって、進展はゆっくり。
けれど二人は一歩ずつ、恋人になっていきます。

そんなタマとチカなので、
キスの展開が来たときは、「ほんとに?! いよいよ!?」とドキドキが加速しました!

キスまでのじれじれ展開にやられた…!

引用元:小学館コミック

注意
(※4巻までのネタバレがあります!)

物語がはじまって三カ月後の夏。

翼発案で、タマはチカ、翼、同級生の神谷 律(かみや・りつ)翼の姉の杏樹(あんじゅ)とキャンプ旅行に行くことに。

タマに好意をもった翼は、チカをけん制します。
刺激されたチカは、タマに「お前が言ってた『やりたいこと』、旅行中に必ずしてやるから」と宣言するんです。

実はこの前に、キス寸前の雰囲気になっていた二人。
「そ、それって、チューしてくれるってこと…?!」と舞い上がるタマ。

一緒に行く律は、当初はタマとチカの仲を周囲にバラそうとした人物。
しかしその後友人となり、今では秘密を黙っていてくれる関係になっていました。

問題はなくなり、二人の仲は進展しそうな予感!

しかし当日、杏樹の同行者として現れたのは、なんとチカの剣道部の顧問、近藤先生。
キスどころか、先生に交際しているとバレたら一貫の終わり。

チカくんと一歩近づけるかも! と思ったのが一転、
いきなり問題の親玉が目の前に現れた状態です…。

しかもカモフラージュの名目で、翼がタマの彼氏ということになってしまう。
理想からどんどん遠ざかっていく展開にやきもきしました!

その後、杏樹と近藤先生の過去が絡み、
元恋人同士の二人によりを戻してもらおうと、タマは奮闘します。

騒動も解決した最終日の夜。
タマたちは河原で花火をします。

すると空に流れ星がまたたきました。
みんなが夜空を見上げるのに夢中な中、チカがタマの方へそっとかがみこみます。

チカはキスしたのでした。
タマのほっぺたに。

あれだけ引っ張ってやっとほっぺた!!
「でもこの二人らしい…可愛い…」とめちゃめちゃきゅんとしました。

お互いを本当に大切に思っているから、
ひとつひとつの出来事を大事にする。
その描き方が、すごく甘酸っぱくて可愛いんです!!

ぜひタマとチカが、少しずつ恋人らしいことをしていく様子をお楽しみください!

『スパイスとカスタード』は完結してるの?

『スパイスとカスタード』は、2021年時点で完結してます!
単行本で全10巻。
タマとチカのじれじれストーリーを、最後まで一気に読めちゃいます!

『スパイスとカスタード』ネタバレあり感想まとめ

引用元:小学館コミック

『スパイスとカスタード』は、
一途女子×ツンデレメガネ男子の、甘酸っぱくてキュートな青春ラブコメでしたっ!

「こんな高校生活、送れたらいいな…ドキドキ…」と思っている人にも
「甘酸っぱい気持ちに思いっきりひたりた~い!」と思っている人にも
胸を張っておすすめできる一冊です!

個人的にツンデレメガネ男子は大好物なので、とっても楽しく読めました!
タマちゃんとチカくん、どっちもすーごく可愛いです。
二人のきゅんきゅんシーンに、何度も枕に顔をうずめました…!

『スパイスとカスタード』は、こんな人におすすめ!

  • 甘酸っぱい青春ものが読みたい!
  • 恋に頑張る女の子が好き!
  • 素直になれないけど優しいメガネ男子が好き!
  • 可愛い絵柄のマンガを探してる!

気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

「まんが王国」なら「スパイスとカスタード」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』「呪術廻戦」など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。