ネタバレ・漫画『異世界に救世主として喚ばれましたが、アラサーには無理なので、ひっそりブックカフェ始めました。』感想

引用元:コミックシーモア

タイトルから分かるようにバリバリの救世主として活躍するわけではなく、主人公がブックカフェを開きながら、ひっそりとスローライフを送るというお話です。

異世界に呼ばれたのが"アラサーの女性"というのも珍しいのではないでしょうか。

それでも、ブックカフェをやっていくために与えられたチート能力はやっぱり凄いもので、ちょっと"出来すぎなんじゃないの?"って感じてしまうほどです。

よくありがちな、救世主として周りから崇められるようなことはなく、おひとりさま生活を満喫しているところも他と違って面白いと思います。

漫画を読んだ後は、きっとこのブックカフェに行きたくなること間違いなし!

ということで、主人公ツキナの異世界転移生活の様子を解説していきます。

 

「まんが王国」なら「異世界に救世主として喚ばれましたが、アラサーには無理なので、ひっそりブックカフェ始めました。」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』「呪術廻戦」など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。

注意

これより先はネタバレ記事ですので、ご注意ください。

あらすじ

 

「え?異世界転移?嫌です。」

「は?」慌てる神様。

主人公"水森月奈"33歳アラサーの趣味は読書と料理。

いつも通り読書中に寝落ちしたはずなのに、なぜか神様が現れて、「救世主として別の世界に行って欲しい』と頼まれます。

自分はアラサーなので、さすがに世界を救うだなんて無理があるのでは?と考え、きっぱりと断る月奈。

しかし、救世主になることは強制であると神様から言われてしまったため、戦いなどをせずに静かに過ごすだけという条件で異世界へ行くことになりました。

「救世主」として異世界に安定をもたらしてくれるなら、何でも願いを叶えるという神様。

月奈は異世界で快適に過ごすために、極めて現実的な願いをたくさん叶えてもらうことに。

転移先は「オセル」という大国。騎士団が魔物などの脅威から守っている比較的平和な国です。

彼女はそこで「ツキナ」として異世界生活を始めることになりました。

ツキナの異世界生活 ネタバレ・感想

 

引用元:コミックシーモア

ツキナがいた世界の住人が異世界へ行くと、莫大な魔力を得て「救世主」と呼ばれる存在になります。

救世主は、国を統一出来るくらいスゴイ大魔法が使えるようになるので、もし何か起きた時はその大魔法を使って世界の安定をもたらすのが役割とのこと。

しかしツキナは、自分はアラサーなので戦いとかは無理だし今までの人生を捨てて新しい地でリスタートするのはデメリットしかないと言い、異世界行きをきっぱり断ります。

それでも強制的に転移させられることになってしまい、引きこもって静かに過ごすだけでもよいという条件で渋々了承することになりました。

すると神様が、救世主となってくれる代わりに何でも願いを叶えてくれるということに。

しかも願いがいくつでも良いということを知ったツキナは、これでもかというほど細かく願いを伝えます。

彼女が、がっつりチート能力ゲットしているシーンは思わず笑ってしまいました。

チート能力として

・言語や一般常識を自動的に理解出来ること。

 

・救世主の目印は目立たないところに付ける。

 

・頭の中で思い描いた店を理想の場所に建てる。

 

・欲しいものを自由に取り出せるペンダントをもらう。
(なくしても自動で戻ってくるオプション付き)

 

・最強に近い防御魔法を最初から使えるようにする。

などと、もはやなんでもありな状態です。

年の功なのか準備万端。現実的な要求の数々。

アラサーを超えるとこれくらい図々しくなりますよね!

全く知らない世界でいかに安全に快適に過ごしていきたいか。
気持ちが凄く分かります。。。。

私も異世界に喚ばれる際には是非このように、と言いたいところです。

そして神様からもらった、家具も食料も絶版の本さえも出せるペンダント、本当に便利です!

引きこもっても全然生活できるじゃないですか!!

ある意味、『夢のチートニート生活』。

異世界に渡った瞬間に衣食住に困らないどころか、心行くまで趣味の読書と料理にこだわったブックカフェで生活し、最初のお客様が本の好みが似てる美形の騎士団長(=イル)という素晴らしさ。

羨ましすぎます!!

現実逃避ではないですが、私もそんな世界へ行ってみたいと思いました。

ツキナが救世主であることをひた隠しにしてブックカフェにこもっている頃、じつは同じ国にはもう一人救世主がいました。

その救世主は10代の少女で、ツキナとは正反対に堂々と救世主を名乗りながら王城で遊び暮らしているとのこと。(名前は出てきませんでした。)

しかも彼女は勉強嫌いで、魔法を一切覚えません。

元々我儘な性格なでしたが、この世界に転移するときに「整った容姿」の願いを叶えもらって自分の理想通りになり、さらに第二王子に溺愛されているのでやりたい放題です。

こんなポンコツ救世主にイラッとする人もいると思います。

そもそも、救世主ってどういう人選で決めるのでしょうかね?

最もふさわしい人を吟味して選ぶイメージがありますが、問題ある人を選んで送り込むなんて、神様ちょっと適当過ぎません?と思いました。

 

引用元:コミックシーモア

イルや騎士団の仲間、城の人々はそんな彼女に振り回されて、ほとほと疲れ切っている様子。

なので、イルがツキナのブックカフェでは本当に癒されているのが分かります。

居心地のいい空間・素晴らしい本の品揃え・美味しい料理、加えてツキナがこっそり料理にかけている回復魔法。

イルにとっては至福の時間だったに違いありません。

そんな二人が距離を縮めていくのは必然的なこと。

どちらもアラサー年齢なので、大人の恋愛という感じがします。

見ていてほっこりしますね。

また、ツキナは無自覚ですが、魔力のポテンシャルがとても高いです。

救世主だからこそではありますが、魔法を覚える楽しさもあるからなのか、さらっと高等魔法を使えてしまいます。

イルが魔物討伐に出向いた際も、ツキナが作った結界玉(反射&回復魔法が付与されたガラス玉)のおかげで彼は命を救われました。

かなりの防御力です!!さすが、最初に神様にお願いしただけあります。

転移する前は自分のための最強防御魔法でしたが、今ではイルや他の騎士団の面々を守るための魔法として活躍しています。

ツキナは自分が『救世主』でありながら何もしないことに後ろめたさを感じているようでしたが、ある意味お城にいるもう一人の救世主よりも、よっぽど人助けをしているような気がしますね。

その後、イルがオーロラ祭りに行こうとツキナをデートに誘います。

二人がお互いの気持ちを確認しようとしたとき、大事件が・・・・

もう一人の救世主の魔力が暴走して、世界を壊滅の危機に追い込んでしまったのです。

(原因は、溺愛されていた王子に魔法の勉強をするように説得され、それに反発したため。)

本当は救世主としての役割をしないで、静かに暮らしていたかったツキナ。

でも、大切な人(=イル)や場所を守るために、大魔法を発動。

彼女の頭上に巨大な魔法陣が浮かび上がり、国全体を包み込みます。

これにより魔力の暴走を食い止めることに成功。

(魔力が暴走した救世主の少女は神様によって回収され、その後どうなったかは分かりません。)

巨大な結界が国を覆い、範囲内の味方を癒すばかりか外部からの攻撃を一切通さない状況を作り出し、この国の平和が何十年先まで続くことが約束されました。

自分が『救世主』であるということをずっとイルに黙っていたため、後ろめたさを感じ、こんな自分を好きになってもらう資格がないと落ち込んでいたツキナ。

しかしイルは彼女にプロポーズ。

「君のことが好きなんだ。」

本当は救世主は国賓扱いで迎えるのですが、彼にとってはツキナは愛する人であり、自分のものだけにしておきたいとのこと。

だから、ツキナの正体は絶対に黙っているというのです。

イルの""を感じますね。キュンときちゃいました。

その後二人は婚約し、ブックカフェで同棲生活が始まりました。

以前同様、ツキナは自分が救世主であることを隠して何も活動をしないのですが、それに関しては「ホントにいいのか?」と疑問に思ってしまうところです。

見どころ・考察

 

この漫画の見どころは、何と言っても主人公ツキナがアラサーであるということ。

血気盛んな10代・20代と違って落ち着きがあり、異世界生活もきちんと地に足が付いた
状態で送っているところに親近感がわきます。(かなりチート過ぎますけど・・・)

変に使命感に燃えてガツガツしないところも、読んでいて心地よかったです。

一番好きな描写は、ツキナがイルに初めて会った時に高度な魔法を使って物凄く便利なブックカフェのシステムを紹介したり、美味しい手料理を出してもてなしていたところ。

上手くは言えませんが、何かいいな~って感じたんですよね。

ブックカフェに来たお客さんにとって、ここはとても居心地のいい空間なんです!

穏やかに過ごすには、まさにここは理想の場所。

ワクワクドキドキ感はありませんでしたが、日常のひと時にちょこっと癒されるようなそんな漫画だと思いました。

またツキナが転移した国に救世主が二人いたことですが、神様曰く、どこの国に救世主が行くかは本人の希望がない限りランダムであるということ。

例外ではあるが、救世主を使って世界征服を考えている国には意図的に送っていないことも言っていました。

今回ツキナが送られた"オルセ"には既に救世主の少女がいました。

これは、ツキナが「騎士団がしっかりしている国」へ行きたいという希望から、そこへ行くことになったのです。

しかし、既にいた救世主がワガママ放題でポンコツであったため、もしかしたら神様が保険としてツキナを送ったと私は考えます。

何かあってからでは大変なので、世界の安定を図るためにもツキナは"オルセ"という国に必要だったのかもしれません。

救世主は同じ地に複数いても良いというシステムの裏には、神様のこういった目論みが隠れていたのではないでしょうか。

 

「まんが王国」なら「異世界に救世主として喚ばれましたが、アラサーには無理なので、ひっそりブックカフェ始めました。」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』「呪術廻戦」など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。

人物紹介

ツキナ(水森月奈)

引用元:コミックシーモア

読書中に寝落ちしたら、神様に呼び出され異世界転移させられたアラサー女性。

転移前の準備を、これでもかというほど神様に願いを叶えてもらうしたたかさ(ある意味しっかり者)があります。

『救世主』としての役割をせずに引きこもっていますが、高等魔法は結構使えてしまう強者。

今ではイルと幸せな同棲生活を送っています。

 

イル

引用元:コミックシーモア

オセルの騎士団長。寡黙で仕事一筋、また読書家でもあります。

今までこれといった恋愛はしたことがなく、周りが心配するほど女性の気配がありませんでした。

しかし、料理が上手で本の好みもあうツキナに惹かれていき、贈り物やデートに誘う大胆な行動を取ることも。

ツキナが『救世主』と知った時も、彼女を誰にも渡したくないという理由で、国家機密であるにもかかわらず皆には内緒にしています。

もう一人の救世主の少女

引用元:コミックシーモア

ツキナと同じ世界から転移してきた10代の少女。(名前はありません。)

異世界転移する際、容姿を自分の理想通りになるように神様に叶えてもらい、その上第二王子に溺愛されて好き放題やっていました。

しかし自身の我儘な行動から騎士団を危険な目に遭わせてしまいます。

救世主として名誉を挽回するためにも、何とか魔法を覚えてほしいと説得されますが反発。

最後は第二王子に刺され、絶望した彼女は魔力を暴走させます。

結果、ツキナの大魔法により食い止められ、神様に回収されていきました。

まとめ

 

今回は、漫画『異世界に救世主として喚ばれましたが、アラサーには無理なので、ひっそりブックカフェ始めました。』主人公ツキナの異世界生活についてまとめてみました。

お金もスキルも居場所も人付き合いも、深く悩んだり困窮することなく生きていけるという、まさに理想が詰まった話だと思います。

穏やかで温かい雰囲気のブックカフェ。本好きの人はあるあると共感できる部分も多く、こんな生活してみたいと考える人が結構いるのではないでしょうか?

興味がある方はぜひチェックしてみてください。

 

「まんが王国」なら「異世界に救世主として喚ばれましたが、アラサーには無理なので、ひっそりブックカフェ始めました。」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』「呪術廻戦」など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。