綾野剛さん太鼓判!初の連載漫画『女の園の星』は絵しりとりが爆笑のトリガーだった!作品の魅力語ります。

 

女子のマンガ好きの方は既にご存知かもしれませんが、沸々と話題になっている作品。

漫画家、和山やま(わやま)氏の作品『女の園の星』をお伝えしたいと思います!

 

漫画雑誌『FEEL YOUNG』にて現在も連載中。

1巻~2巻既刊していますが次巻は正式に未発表ですが一部の情報では2022年3月頃との事。

 

この作品の凄い所は、2巻の時点でいくつか受賞をしている所です!

 

『このマンガがすごい2021年女性編』堂々の1位を獲得しており、『THE BEST MANGA 2021 このマンガを読め!』に6位でランクイン!

 

他にも『マンガ大賞2021』に7位でランクインと、かなり人気沸騰中なのが分かりますよね?

 

それに加えて俳優の綾野剛さんも大絶賛なんですよ!

最強のインフルエンサーですね・・・

 

一体、この数巻で賞を総なめしている作品はどんなものだろう?と早速読んでみました。

 

その結果ですが正直、笑いとしてのセンスが高すぎて終始声を出して笑ってしまいましたよ。

 

読み終えた時には「あぁ~!久々にこんなに笑ったわぁ!」とでかいボヤきをしてしまった程。

 

和山やま氏はとんでもない才能の方です!

 

と、いう事で作品と共に和山やま氏もフューチャーしながらご紹介したいと思います。

 

漫画家「和山やま」氏がこの作品を生んだきっかけ

 

冒頭でもあるように、何故こんな面白い物語が思いつくのか気になりました。

 

この作品の舞台は女子高で、教師と生徒の日常が主です。

調べてみると、直接インタビューをしていた情報がありました。

 

学生時代にBLを読んだのがきっかけで遊び心でBLを当時描いていたそうです。

 

丁度進路を決める時期で特になりたいものがなく成り行きで漫画家を目指したとの事。

 

最初はBLを描いていたのがどうしても途中からギャグ漫画になってしまうのに気付き、早々に転換したみたいですね。

 

それにしても学校で人間観察をしていたかのような出来上がり。

 

また、描きたいのは人間のユーモアな部分なのでテーマは重視しないスタイルだそうです。

 

テーマを決めるのは創るにあたり必要な部分ですが、和山氏が描くこの物語はその枠に捉われてないからこそのハイレベルな漫画が創れるのかもしれません。

 

そうは言っても、シンプルにこの漫画は教師と女子生徒達の日常だけを描く作品なのです。

 

「面白い」と「面白くない」の境界線は極めて難しいはず!

 

それを易々と前者へ持って行ける力は和山氏の才能ですよ。

 

ここから私が読んで爆笑した魅力を3つご紹介したいと思います。

 

「まんが王国」なら「女の園の星」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』『呪術廻戦』など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。

 

 

魅力①現実あるあるな設定

和山やま『女の園の星』公式Twitterより引用

学生と教師の距離感や女子学生ならではの口調が、思わず「そんな人いたなー」と思わせてくれる部分が多く好感を持てます。

 

多くの女性はこの作品に共感や感情移入がしやすい為ハマってしまうのでしょうね。

学級日誌の備考欄に絵を描いた人は結構居るかもしれません。

 

そこから先生を巻き込んだ『絵しりとり』は正しく笑いのトリガーですよ!

魅力②絵がリアル性を高めている

和山やま『女の園の星』公式Twitterより引用

内容もそうですが、和山氏の絵は素描に似たような漫画です。

 

温かみがあり、絵そのものが人間に寄せているので会話や顔の表情の『人間らしさ』が際立ちます。

 

会話と絵が合わされば笑いがぐっと跳ね上がりますよね。

魅力③スポット性よりルーチン性

和山やま『女の園の星』公式Twitterより引用

主人公が何か煌びやかな性質を持って注目を浴びると言うスポット性ではないです。

 

主人公の『先生』も女子生徒も程よい距離感とバランスを保ちながら同じシチュエーションを繰り返す。

 

つまり個人の主張が少ないので、日常を描くにはこういったルーチン性が読者を飽きさせないのでしょう。

 

ミクロな笑いはこれらの点が集大成になって生まれると思いますね。

「まんが王国」なら「女の園の星」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』『呪術廻戦』など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。

 

 

 

実写化の可能性

 

現時点でシリーズ累計119万部突破しているこちらの作品ですが、公式では残念ながら実写化やアニメについての発表はありませんでした。

 

実写化やアニメ化される予算は楽々にクリアしている基準ではあります。

 

個人的願望ですがこの作品こそ実写版にして欲しいですね!

 

アニメより圧倒的にリアルがベストマッチな作品に違いありません。

 

何せ、内容が非現実的ではなく現実味が溢れている物語ですから。

 

 

俳優の綾野剛さんが『星』先生役でやってほしい!とファンの声も多く、私もイメージぴったりだと思います。

 

ただ、実写版を考えると波が少ないルーチンな作品はかなり面白いものであっても【1時間】の長さに耐えられるのか不安が残ります。

 

なので年々30分ドラマの本数は増量傾向も見受けられるので深夜だとしても実写化する価値はあると私は思います。

 

ターゲット層の変化

 

漫画雑誌『FEEL YOUNG』の購読層が変化しているらしいです。

出版社の祥伝社は創刊からテーマにしている『フェミニズム』を掲げ、女性差別や女性ならではの困難や葛藤を漫画で表現し、読者に寄り添う姿勢を重きにしていました。

 

今までは働き盛りの20代~30代前半が多かった所、最近ではファンのコメントやレターで「こんな生き方があるんだと示してくれる」や「私のようだ」と、自分の環境と重ねて共感している30代後半以降の購読者が増えてきているそうです。

 

 

その中でテーマを作らず描いている和山氏の漫画を取り入れた事は稀な事ではないでしょうか。

 

でもそれが吉と出たのでしょう、一つの漫画がターゲット層の幅を広げ心情的に優しくくすぐらせるきっかけになったかもしれません。

 

漫画雑誌そのものの形にも今後より変化していく点では女性の味方として注目したいですね。

 

まとめ・感想

 

各電子書籍ECサイトの女性コミックを総ナメしたこちらの作品は、最高にくだらない話をスタンディングオベーションな気持ちで読める素晴らしい漫画です。

 

ギャグに特化しているにも関わらず安定感のローテンションと独特のテンポが女性ならではのツボを押さえていて癖になります。

何せ舞台が女子高ですからね。

 

自分の学生時代を思い出して笑ったり、現役の女性も自分の事のように感じたりと今このご時世にはこういう笑いが必要だと私は思いました。

 

とにかく、出だしから吹き出してしまう最高のギャグ漫画です!

3巻が待ち遠しい!

 

今なら割引キャーンペーン中

 

まんが王国では2021年9月24日までとなりますが、割引キャンペーンをされています。

『女の園の星』1巻~2巻共に対象作品ですので気に入った方は是非お薦めです。

「まんが王国」なら「女の園の星」が無料で読める!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』『呪術廻戦』など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。