『後悔』MOROHAがエグすぎて聞かなきゃよかった

MOROHA(モロハ)というアーティストをご存知だろうか?

この前、AWAというアプリで仕事をしながら流し再生をしていたんだが、その時にMOROHAが流れた。

アコギの鋭いリフから始まり、ラップというのか語りとも言えるMCが入る。

『そういえばアーテイスト名は聞いたことあるけど、ちゃんと聞いたことないなあ』

『かっこいいなーーー』

ぐらいにしか聞いてなかったのだが、曲の中盤から完全に作業が止まった。

いや、とまらざる得なくなったというのが正しいのかもしれない。

えぐい、えぐすぎる。

胸がくるしくなる。

正直、聞かなきゃよかったとすら思う

あれからどれくらいの日々が過ぎた?
「人生は旅だ」…そんなのは嘘だ!
俺は何処にも行けないじゃないか!
流れるベルトコンベアの上で
日々を滑らせ運んで行くよ
部品を作る部品になった
身近で容易い欲に溺れた
ポケットの小銭でアダルトビデオ
裸で大股広げるあの子の
昔の夢はどんなだろうか?
家族 恋人はいるんだろうか?
一発抜いた後に思う
「浅はかなエゴだ」
俺と同じ年のメジャーリーガー
海の向こうで初勝利上げた
まるで自分のことの様に
街もテレビも大騒ぎしてる

どのツラ下げて何処へ向かうの?
結果的には嘘つきじゃねぇの?
どのツラ下げて何処へ向かうの?
誰もが気付けば大人になった
どのツラ下げて何処へ向かうの?
結果的には嘘つきじゃねぇの?
どのツラ下げて何処へ向かうの?
描いた分消えてなくなった

全ての夢を描いた人、夢を描いている人、現状に苦しんでいる人、後悔している人に全方位で突き刺さる。

状況はそれぞれ違うが、男だったら誰しもが持っている葛藤を強烈なリリックで訴えかける。

刺さる

刺さる

刺さる

胸をえぐる

押し込めてた感情が吐露される。

いろんなアーティストを聞いてきたつもりだが、ここまで感情を詳細に歌詞に載せるアーティストも珍しいだろう。

年を追うごとに心の奥底をあまりみられたくないし、見せないようにしていきる癖が身についてしまってきている。

だけど、MOROHAはそんなことをあざ笑うかのように強烈なリリックをのせまくる。

『てめえ、本気で生きてんのか?』

そんなセリフを自分にどなっているかのように感じる。

こういうMOROHAの語りかけるようなポエトリースタイルは賛否両論あると思う。

『こんなの音楽じゃない』

と言う人もいると思う。

それはわかる。

ただ個人的にはこう行った骨太なアーティストがもっと世に認められてほしいとも思う。

他にも『宿命』『それいけフライヤーマン』『GOLD』などなど

たくさんの名曲がある。

どの曲もエゲツないぐらいの現実を突き刺す。

胸が痛むが、聞いていると

Morohaの音楽に浸っている場合じゃない、次に踏み出そう。

ボロボロになるまで、戦ってみよう。

不思議とそんな気持ちにさせる。

また次聞く時は、いい意味で違った気持ちで聞けるといいなと思う。

 

正直、MOROHAは有名になったら寂しくなるタイプのアーティストだけど、もっともっと有名になってほしいと思う。

やっぱり音楽の力はすごい。

ただ聞く時は要注意。

胸えぐられます。

ちなみにAWAと言う音楽アプリで無料で聞けるので、興味を持ったら試してみてください。