Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/keinoblog/sanagi7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

「キモい!」くちゃくちゃ食べる人(クチャラー)に注意する10個の方法

くちゃくちゃ食べる人(クチャラー)はめちゃくちゃ人に嫌われます。

実際に僕も大嫌いです!!!

聞いてると、口閉じろよー!って思います笑

今回はそんなクチャラーに向けてどうやったらクチャラーを止めれられるのか、そしてなぜくちゃくちゃしてしまうのか、理由と解決法をセットでお話ししていきたいと思います。

ぜひ参考にしてください。

くちゃくちゃ食べる人は気持ち悪い

くちゃくちゃ食べるという行為はマナーが悪いと言われる中でも、トップクラスに相手に不快感を与えます。

実際にYahoo!知恵袋でも数々のクチャラーに対しての不満や文句が上がっています。

もし自分にクチャラーの自覚がある場合はできるだけすぐ止めるように努力した方が良いです!

さらにもしあなたの大切な人がクチャラーだったら、その人が他人に対して恥をかかないように直してあげるのも大事です!

くちゃくちゃ食べる原因

そもそもなんで、くちゃくちゃ食べるのでしょうか?

大半の理由は単に口が開いているのが原因です。しかし、一方でどうしようも無い理由の人もいますので、原因をおさらいしておきましょう!

鼻詰まり

クチャラーの原因は鼻づまりなどの疾患で鼻呼吸が苦しいといった場合があります。こういった人は食べている最中に鼻呼吸ができないんですよね。

そういった場合は無理に止めようとせず、耳鼻科に連れて行ったりして、適切な処置を取った方が良いでしょう。

歯並びや噛み合わせが悪い

噛み合わせの悪さから食べ方の癖ができてしまっている人もいます。

こういった方はいちど歯医者や耳鼻科などの専門機関を受診して診断する方が良いでしょう。

お年寄りの場合

年齢の場合はしょうがない部分もあります。お年寄りだとクチャクチャと音を食べてしまうというのは体の異変異変や病気に置いて発生してしまいがちなんですね。

さらにお年寄りは耳が遠いので自分の音も聞こえなくなってる人がいます。

ただ単に無神経だからと言う場合も考えられますが、致し方ない部分もあります。

しつけがなってない場合

子供の場合、ほとんどの場合がこれになっているでしょう。

子供と言うのは常識の概念が低いため、普段の行動は親のしつけによって大きく左右されます。

くちゃくちゃ食べるのがダメ!と言う認識があまりない子供もいます。これは親のしつけがなっていないせいですね。もし親のしつけが原因だった場合は周りにちゃんと注意してくれる人が必要でしょう。

くちゃくちゃ食べることが他人にとって不快な思いをさせると言うことをきちんと認識させることが大事です。

無自覚

くちゃくちゃ食べる人は無自覚のケースが多いです。自分の中で当たり前になっていて、気づいてないと言うパターンですね。

くちゃくちゃ食べる人は不快なので、そういった人がいたらそれとなく自然に傷つけするようにしたいですね!

くちゃくちゃ食べる人に注意する方法!

ポイントは優しく、傷つけずに言うこと。

また、相手が子供なのか、老人なのか、旦那なのか、彼氏、彼女なのかで伝え方は変わります。

相手の将来を心配しながら直接言う

『あなたのためを思って言うけど食べるときにくちゃくちゃするのはやめたほうがいいよ。』

と言ってあげるのも有効な手です。この時に大事なのは相手の将来相手のことを思って言ってるんだよっていうのきちんと伝えることですね。

『あなたが恥をかかないように』

『あなたの将来を思って』

『大切な人とご飯に行くときに』

とか

話題に出してそれとなく気づかせる

『そういえばこの前クチャラーの人がいて、すごい嫌だったんだよねとか。』

話題にに軽く出して相手にそれとなく気づかせてあげます。

同じくらい音を立てる

少し強引なやり方ですが、同じ位音を立てて相手にくちゃくちゃ食べる音を気にさせるっていうのも手です。

人の振り見て我が振り直せ。という言葉通り、相手がやっていることって結構気になることありますよね。

同じ位音を立てて相手にこれやっちゃダメなんだなーって思わせましょう。

「鼻が詰まってるの?」と聞く

クチャラーの中には鼻が詰まっていて口を開けないと、食べれない人もいます。

そういう人はある程度仕方のない部分もありますが、そうでない人はできるだけクチャラーを治したいとこですね。

『鼻が詰まってるの』

『どうして?』

『くちゃくちゃ音がするよ』

こういう自然な会話だと直接言うよりも良いかと思います。

できるだけ自然な方法で聞いてあげたいですね。

テレビを見ながら

テレビでクチャラーの人がいた時に

『あーこの人クチャラーだね!嫌だね!』と遠回しに伝えるのも方法です。

明るく注意しながら

『また口開いてるよー。ちゃんと閉じて』

と明るく言ってあげるのも1つポイントです。

『ほら口開いてるよー。もっと小さく切ったら』

とか

あまりにも多すぎてもダメなので、一度の食事で2回までと回数を決めれば相手もそれほど心苦しく思わないでしょう。これによってクチャラーを辞めたいと言うケースも聞きます。

耳鼻科に行こうって言う

『耳鼻科に行こう?』

『なんで?』

『だってさっきから口開けて食べてるよ。音もするし、どこか体が悪いんじゃないかと思って。』

相手の体調心配するかのように聞いてあげます。

あくまでも相手の為を思ってと言う気持ちを伝えるのがポイントですね。

驚く

どうやったらそんな音出るの?などと

くちゃくちゃ食べている人がいたら驚いてみます。

『どうやったらそんなに音が出るの?』と逆に質問してあげましょう。

この時に大事なのは馬鹿にしたような質問をしないこと。単純に疑問に思っていると言うニュアンスが大事ですね。

動画をとる

咀嚼音が出ている人は自分でも気づいてない人が多いです。

そこで動画を撮ってあげて客観的に相手に気づかせましょう。

動画を撮ることによって本当は自分でこんなに音が出て、こんなに口開けてもの食べてるんだ!ということを、よりクリアに認識させることができます。

100聞は一見にしかずなので、動画撮ってみせると言うのはすごく有効的な手段です。

まとめ・できるだけ傷つけずに言おう

相手が子供なのか、奥さんなのか、恋人なのか、他人なのか、会社の人なのか、でアプローチ方法は変わってきますが、大切なのはできるだけ傷つけずに相手に自然に注意してあげることですね!

くちゃくちゃ食べると言う事は、クセの中でもかなり嫌がられるので、粘り強く取り組むのが大事です!

粘り強く頑張りましょう!