恋愛映画としても魅力的!映画「サウンドオブミュージック」をご覧あれ

映画「サウンドオブミュージック」は、1965年に公開され大ヒットしたミュージカル映画です。

冒頭、雄大な山の緑に囲まれながら高らかに歌いあげるショートカットの女性。
ここだけでも一見の価値あり、といえるほど印象的なシーンです。

映画.comより引用

ミュージカル映画として有名な本作には、日本人にも馴染み深い歌がたくさん登場します。
「私のお気に入り」、「ドレミの歌」、そして「エーデルワイス」など。
一度は聞いたことがあり、口ずさんだこともあるのでは?

しかし、この映画の良さは音楽だけにあらず。
恋愛ストーリーとしても楽しめるところがポイントです。
今回は2つの恋模様から「サウンドオブミュージック」の魅力をお伝えしていきます。

 


映画を無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)

 

※以下、本文にはネタバレが含まれます。

ご注意ください。

あらすじ

トラップ一家との出会い

修道女見習いのマリアは明るく活発な性格で、周囲に愛されています。
しかし、修道院を抜け出すなどお転婆なところもありました。
修道院長は、マリアにとある一家の家庭教師をするように勧めます。

向かった先は、オーストリアの退役軍人であるトラップ大佐のお屋敷。
そこには大佐と7人の子どもたちが待っていました。

妻を亡くしたトラップ大佐は、子どもたちを軍隊のように厳しく躾けています。
そんな中でも子どもたちはやんちゃっぷりを発揮。
家庭教師が来る度にいたずらをして追い出してしまうので、誰も長続きしません。

マリアも早速いたずらされ驚きますが、怒ることなく笑って受け流します。
今までとは違う家庭教師として、マリアはトラップ家に迎えられました。

マリアと子どもたちの交流

トラップ家長女のリーズルは、ひょんなことから自分の恋の悩みについてマリアに打ち明けます。
また、兄妹たちもマリアから温かな愛情を向けられ、次第に心を開いていきます。

トラップ大佐が留守中のある日。
遊び着を作ってもらった子どもたちは、マリアと共に山へ出かけました。
マリアは子どもたちから、いたずらを繰り返す理由を聞き出します。

何かと忙しい父親にかまってほしい、という切ない願い。
そこでマリアは、子どもたちに歌うことで気を引いてみないかと提案します。
しかし、トラップ家では母親が亡くなってから音楽に触れる機会がなくなっていました。

マリアは子どもたちに歌の基礎から教え始めます。

あの「ドレミの歌」は音階を教える歌として披露!

こうしてマリアと子どもたちは、先生と生徒以上に親しくなっていくのです。

家庭教師をクビに?!歌がピンチを救う

家を離れていたトラップ大佐が、友人・マックスと婚約者・エルザを連れて帰ってきます。
のびのびと遊び回る子どもたちとマリアの姿を見て、大佐は激怒。
子どもたちと向き合うよう訴えるマリアを無視し、解雇しようとします。

そんな時、子どもたちがマリアと練習した歌を歌います。
釣られて歌い始めたトラップ大佐は、子どもたちに寂しい思いをさせていたと気づきます。
トラップ大佐はマリアに謝り、家庭教師を続けてほしいと頼んだのでした。

トラップ大佐とマリアの恋

音楽と笑顔の蘇った一家の中で、マリアの存在は日に日に大きくなっていきます。
マックスとエルザの歓迎会、そして舞踏会と、トラップ家はイベント続き。

歓迎会でトラップ大佐の歌うエーデルワイスは必聴

マリアと大佐は舞踏会で一緒に踊り、どんどん惹かれあっていきます。
そんな2人に気付いた大佐の婚約者エルザは、マリアをけん制しました。
マリアも自分の恋心に戸惑い、ここにはもういられないと修道院へ戻ってしまいます。

新しい家族として

修道院に帰ったマリアですが、院長から諭され、自分の気持ちに正直になろうと決めます。

院長からマリアへ贈られる歌「すべての山に登れ」に励まされる!

マリアが戻ったことで、トラップ家の子どもたちは大喜び。
トラップ大佐もマリアに対する愛をはっきり自覚し、エルザとの婚約を解消します。
そしてトラップ大佐とマリアはお互いに気持ちを告げ、ようやく結ばれたのでした。

すべての山を越えて

トラップ大佐とマリアの結婚式、新婚旅行と幸せな出来事の裏で、戦争が迫ってきます。
ドイツがオーストリアを併合。トラップ大佐は、ドイツ軍から出頭命令を受けます。
祖国愛の強い大佐はこれを拒否するため、スイスへの亡命を計画します。

亡命決行の日、密告によって計画がばれてしまいます。
待ち伏せしていたナチスドイツの役人に、軍の赴任先へ護送されかけるトラップ一家。
大佐は、以前参加を反対していた音楽コンクールを利用し、時間稼ぎを図ります。

コンクールに出場したトラップ一家は、子どもたちと夫婦の歌で会場を魅了。
見事に優勝しますが、審査結果の発表中に一家は会場から脱出していました。

マリアの修道院に逃れたトラップ大佐たちは、国境が封鎖されていることを知ります。
修道女たちの助けを借り、トラップ一家は山を越えてスイスを目指すのでした。

 

登場人物の紹介

・マリア
修道女見習いでありながら、院を抜け出て山を駆け回るなど、お転婆なヒロインです。
トラップ家に家庭教師として派遣され、子どもたちと親しくなります。

やがてトラップ大佐に心惹かれていき、結婚。
新しい家族を守るために、スイスへの険しい道も迷わず進んでいきます。

 

・ゲオルク・フォン・トラップ
元軍人で、亡き母の代わりに子どもたちを厳しく躾けていました。
忙しさから子どもの気持ちを理解していなかったとマリアに気づかされます。
そしてマリアの素直さ、明るさ、やさしさに触れ、彼女を愛するようになります。

愛国心からドイツ軍への出頭を拒否。スイスへの亡命を計画します。

 

・リーズル/フリードリッヒ/ルイーザ/クルト/ブリギッタ/マルタ/グレーテル

トラップ家の7人の子どもたちで、フリードリッヒとクルト以外は女の子です。
母親は早くに亡くなり、父親も留守がち。
そのため、寂しさをいたずらで紛らわせていました。

マリアがやってきてから、音楽の楽しさを知り、父との絆も取り戻します。

長女・リーズルには電報配達員のロルフという恋人がいます。
こっそり付き合っていた2人ですが、戦争の影響が幸せに忍び寄ってくることに。

 

・エルザ
ウィーン在住の女性で、トラップ大佐の婚約者でもありました。
大佐の愛情がマリアへと向いていくのを感じ、一時はその進展を阻もうとします。
最終的に大佐から婚約解消を告げられたことで、勝ち目はないと納得して受け入れます。

 

・ロルフ
電報配達をしている青年。リーズルとは恋人同士でした。

 


映画を無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)

 

大人の恋は難しい?三角関係の行方

「サウンドオブミュージック」では、大人と子どもそれぞれの世代において、恋愛が描かれています。

大人たちの恋の主役は、トラップ大佐とエルザ、マリア。
三角関係となる彼らの恋愛事情について、考えてみたいと思います。

トラップ大佐と婚約者エルザ

トラップ大佐には、ウィーンに住むエルザという婚約者がいました。
自宅サロンでパーティを開き、流行のドレスに身を包み、華やかな生活を送る毎日。
誰もが羨む環境でありながら、エルザは満たされない思いも感じていました。

そんな彼女の孤独が、妻を亡くしたトラップ大佐を引き寄せたのでしょうか。
彼らは互いに行き来しながら、付かず離れずの距離感を保っているようでした。

もしマリアがトラップ家にやってこなければ、2人はそのまま結婚していたでしょう。
しかし、マリアがトラップ大佐の心の隙間を埋めていったことで、運命は大きく変わりました。

当初、エルザはマリアに対して、
「大佐の思いを本気にしない方がいい」
と警告します。

これ以上2人を近づけてはならない、という焦りと嫉妬心が感じられるセリフです。
マリアと大佐が惹かれあっていると確信したからこそ、エルザはこんな発言をしたわけですね。

婚約者としても、そして大佐を愛する1人の女性としても、マリアの存在はエルザにとって脅威だったでしょう。
いったんライバルを追い払ったものの、結局エルザの悪い予感は的中してしまいます。

トラップ大佐はマリアを愛していると認め、エルザに別れを告げます。
個人的に、エルザがここで事実をきっぱり受け入れる姿には、好感を抱きました。

どれだけ大佐が真摯にエルザに向き合ったとしても、やはり好きな人に振られることは辛いはず。
一方で、エルザが失った愛情を取り戻すことも難しかったでしょう。

悲しみや諦めを抱えながらも、静かに引き下がったエルザ。
三角関係のライバルポジションとしては、珍しいキャラクターだといえるかもしれません。

トラップ大佐とマリア

始まりは雇い主と家庭教師という関係だった2人。
本来、対等ではないはずですが、マリアはトラップ大佐に物怖じすることなく意見します。
おかげで、こじれてしまっていた親子関係も修復することができました。

マリアとの交流を通じて、生き生きと笑う子どもたちの姿。
そして、心癒される音楽の調べが再び流れ出した家庭。
マリアがトラップ家に幸福を呼び戻したのです。

トラップ大佐にとって、マリアの存在はどんどん大きくなっていきます。
家庭教師としての信頼感から、マリア個人への愛情に変わっていくのも、自然な流れだといえるでしょう。

また、マリアの大佐に対する気持ちも変化していきます。
最初こそ、厳格で頑固な男性というイメージしかなかったかもしれません。

しかし、子どもたちに愛情を持っている様子や、本来の誠実さを知っていくうちに、心惹かれていきます。

こうした感情の動きがリアルな分、ときめいたりハラハラしたりと、2人から目が離せなくなります。
どうかこの恋が成就するように、と祈らずにはいられませんでした。

恋心に対する葛藤や迷いを振り切り、ついに結ばれるマリアとトラップ大佐。
恋愛映画として観る「サウンドオブミュージック」では、最大の盛り上がりだといえます。

長女リーズルの切ない初恋エピソード

父・トラップ大佐やマリアとの関係にフォーカスされがちな子どもたち。
その中で、長女・リーズルの恋愛エピソードが目を引きます。
大人組とはまた異なる、若さ故の切なさが漂うストーリーです。

初めての恋に夢見たリーズル

7人兄妹の長女・リーズルは、ロルフという青年と付き合っていました。
ロルフは電報配達の仕事をしており、トラップ邸にも度々やってきます。
リーズルは父の目を盗んでは、ロルフと庭で逢瀬を重ねていました。

物語序盤でのこの2人、実に甘酸っぱいです。
特に、お庭デートでデュエットする『もうすぐ17才』は青春そのもの。

「若いってすばらしい」
「恋っていいな」
と思い出を振り返って浸りたくなります。

17才を迎えるリーズルの、幸せな未来を信じて疑わない純真さがひたすらに眩しいシーンでもあります。

リーズルにしてみれば、いつか堂々とロルフと付き合いたいと考えていたでしょう。
そんな彼女のささやかな願いに対し、時代の流れが暗い影を落とします。

失恋を乗り越えて…

ドイツに侵攻されたオーストリアでは、徐々にナチスの思想が広まっていきます。
若いロルフも、排他的なナチズムの影響を強く受けるようになります。
そしてリーズルが気付いた時には、ロルフはすっかりナチス側の人間に。

ロルフからすれば、ナチスを否定するトラップ大佐は敵のようなものです。
その娘であるリーズルにも、冷やかな態度を取るロルフ。
あまりの変わりように、リーズルはひどくショックを受けます。

ロルフがリーズルを拒絶したことにより、別れは突然訪れました。
純粋に愛を語っていた2人がまさかこんなことになるとは、誰が想像したでしょう。
戦争のもたらした残酷な展開に、観ていて胸が痛む思いでした。

映画の終盤、スイスへの亡命を目指す一家の追跡に、ロルフも加わっていました。
トラップ大佐はロルフの説得を試み、一緒に亡命しないかと諭します。
しかしロルフが受け入れることはなく、あくまで一家を捕らえようとします。

リーズルへの気持ちよりも、偏った思想に支配されてしまったロルフの姿が哀しく見える瞬間でした。

リーズルはきっと深く傷ついたはずです。
スイスに向かう山道で、彼女はいったい何を思ったのでしょうか。

ただひとつ言えるとすれば、リーズルの目前には無数の可能性があるということ。
苦い失恋を乗り越えた先に、トラップ大佐とマリアのような運命の出会いが待っているかもしれません。

いや、必ず待っていると願ってやまないのです。

まとめ

「サウンドオブミュージック」は、数々の名曲に彩られたミュージカル映画の傑作だといえます。
辛い出来事があった時でも、勇気と希望を与えてくれる物語です。

そんな作品の魅力を、丁寧に盛り込まれた恋愛ストーリーがより引き出しているといえるのではないでしょうか。

マリアとリーズルを応援したり、トラップ大佐にときめいたり。
エルザを励ましくなったり、ロルフに憤ったり。
交差する人間関係が、感情を豊かに揺さぶってくれます。

歌はもちろん、登場人物たちの恋路を楽しんで頂ければ幸いです。

 


映画を無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)