【ネタバレあり】映画「ラ・ラ・ランド」のあらすじと結末を紹介!

女優を目指しながらカフェで働くミアと、ジャズピアニストとして自分の店を持つことを叶えたいセバスチャン。

ロサンゼルスを舞台に、2人の恋愛から成功を掴むまでを描いた、ちょっぴり切なく甘酸っぱい恋愛ミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」は、2017年アカデミー賞で最多6部門を受賞するなど、日本でも大ヒットしました。作中で使われている曲も、キャッチ―でとても耳に残る美しい旋律ばかりです。

画像12

出典:映画.com

そんな「ラ・ラ・ランド」の題名の意味や、高速道路に込められた意味、そしてエンディングの考察を、あらすじとあわせてご紹介します。

この記事はネタバレを含みますので、ご注意ください。

映画『ラ・ラ・ランド』公式サイト

 

『ラ・ラ・ランド』を無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)

「ラ・ラ・ランド」のあらすじ

※以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

 冬:ミアとセバスチャンの出会い

画像2

出典:映画.com

ロサンゼルスの冬。ミアはカフェでウェイトレスをしながら女優を目指し、セバスチャンはジャズピアニストとして自分の店を持つことを目標としています。

2人の出会いは、ロス行きの渋滞した高速道路の上。車を進めない前方のミアに苛立ったセバスチャンは、クラクションを鳴らしあおります。そんなお互いの第一印象は最悪です。

それから2人は後日、セバスチャンがピアノを演奏するレストランで再会することになります。

曲に聞き入って感銘を受けたミアは、セバスチャンに近寄って話かけようとします。しかしセバスチャンは、ミアの話しかけを無視し、素通りして去って行ってしまいます。

春:徐々に惹かれあう2人

画像5

出典:映画.com

季節は変わり、春。ミアはあるパーティに参加しますが、そこでまたセバスチャンと再々会をします。

これまでに何度も偶然に出会ってきたことで、お互いを意識しはじめたような、していないような2人。恋の駆け引きが始まります。

しかしその後、セバスチャンがミアの働くカフェにやってくるなど、2人の距離は急接近します。

ミアは自分の夢について語りますが、どうも自信がない様子。セバスチャンはミアに、「脚本を作って自分で演じればいい」とアドバイスします。

セバスチャンも、「ジャズは死にかけている。自分の店を持って、ジャズをよみがえらせる」と自分の夢について熱く語ります。

そして2人は、次第に意識し合うようになり、2人で忍び込んだグリフィス天文台で初めてのキス。愛を確かめ合います。

 夏:恋の絶頂期とセバスチャンの仕事の変化

遂に相思相愛となり、絶好調の2人。ミアはセバスチャンの夢を追う姿に鼓舞され、脚本を書き始めます。一人芝居で、ミアが主役です。

そんなある日、セバスチャンは、キースという旧友にバンド加入の誘いを受けます。一度は断ったセバスチャンですが、キースのバンドに入ることに決めます。ミアに出会い、ミアとの将来のためにもお金が必要だと感じたようです。

しかしバンドの演奏する曲は、純粋なジャズではなく、電子音が入ったポップな曲。セバスチャンは違和感をぬぐい切れませんが、それでも続けていきます。

次第にセバスチャンのバンドは大成功し、大人気となっていきます。

秋:すれ違う2人とミアの成功

画像15

出典:映画.com

セバスチャンのバンドの活動がますます忙しくなり、2人はすれ違いの生活を送ります。ミアも一人芝居の舞台準備に集中するため、ウェイトレスを辞め、ルームメイトのいた部屋も引き払います。

そしてミアの一人芝居舞台の当日。不安を抱えながらも自分の演技を出し尽くしたミアですが、観客席は見事にガラガラで、観客の評判もイマイチでした。

恥をかくことも、叶わない夢を追うこともすべて終わりにしたい。そう思ったミアは、セバスチャンに別れを告げ実家に帰ります。

するとその後、ミアの一人芝居を観た配役会社の人から、ミアにオーディションの連絡があります。何もかもに絶望していたミアは、オーディションに行くことを拒否しますが、セバスチャンに説得され、オーディションを受けることに決めます。

そこでミアを待っていたのは、自分の配役がほぼ決まっている映画。必要なのはミアの少しの勇気だけでした。

ミアの撮影はパリ。セバスチャンはこのままバンド活動をしばらく続け、必ずロサンゼルスで自分の店を持つ夢を達成すると決めます。

お互いにそれぞれの地で、それぞれの夢に向かって進む。それはつまり、2人の別れを意味していました。

エピローグ:5年後の2人

5年後。ミアは女優として成功し、映画の主役を演じる女優にまで上り詰めました。かつて自分がウェイトレスをしていたカフェでコーヒーを買うミア。周りの皆がミアに注目します。今は羨む側ではなく、羨まれる側です。

家に帰ると待っているのはセバスチャン、ではく、別の男性。そう、ミアは別の男性と結婚したのです。

ある夜、ミアと夫は出かけ先で夫と、何となくジャズバーに立ち寄ります。そこで目にしたのはセバスチャンの姿。彼は自分の店を持つという夢を叶えていたのです。

それからセバスチャンとミアの2人の出会いが走馬灯のように流れてきます。

その回想とも空想ともいえる世界では、2人は別れることなく、お互いの夢を掴み、結婚し、2人の子供を持ち幸せに暮らしていました。

ミアは席を立って、セバスチャンと別れ、最後は2人の満足げな表情でこの映画は終わります。

 

『ラ・ラ・ランド』を無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)

主要登場人物

画像1

出典:映画.com

ミア(エマ・ストーン)

ハリウッドのスタジオがあるカフェでウェイトレスをしながら女優を目指す。オーディションを何度も受けるがなかなか受からず、夢をあきらめかける。エマ・ストーンの明るくサバサバした性格が、ミアのキャラクターとよく合っている。

 

セバスチャン(ライアン・ゴズリング)

ジャズをこよなく愛するジャズピアニスト。将来は自分のジャズバーを持つことが夢。ピアノの演奏はライアン・ゴズリング本人によるもので、代役は立てていない。彼はこの映画のために3カ月ピアノの集中レッスンを受けたそう。

 

キース

セバスチャンの学生時代の旧友で、昔一緒にバンドをやっていたことがある。後に彼がボーカルのバンドにセバスチャンも加わり、セバスチャンとミアの関係を大きく変える、鍵となる人物。演じるのはジョン・レジェンドで、本物の歌手である。

「ラ・ラ・ランド」の分かりにくかった点を解説

画像10

出典:映画.com

映画タイトルの意味は?

「ラ・ラ・ランド」という言葉には、2つの意味があります。1つはカリフォルニア州ロサンゼルスの別名。ハリウッド辺りを指すこともあるようです。そしてもう1つは「夢物語」や「空想」という意味があります。

映画の舞台がロサンゼルスであることや、幻想的でおとぎ話のようなミュージカルになっていること、またミアとセバスチャンの2人が夢を追う物語であることなどから、この題名は様々な意味を凝縮したものとなっていますね。

高速道路に込められたメタファー(隠喩)

通常映画には、さまざまなメタファーが散りばめられています。メタファーとは隠喩のことで、直接言葉では表現しないけれど、映画の設定や登場人物の服装や行動なので読み取ることができるメッセージのことです。

この映画でもメタファーが多く盛り込まれており、その一つが、冒頭とエンディングで出てくる高速道路です。

冒頭の高速道路では、エマとセバスチャンが長い渋滞に巻き込まれ立ち往生してしまい、抜け道もありません。高速道路はハリウッドのあるロサンゼルスに通じており、車の運転をしているのも若い人が多いことが見て取れます。

これは、ロサンゼルスが「夢追い人が集まる場所」であり、渋滞は「夢を掴むことの難しさ」を表現しています。夢を掴むまでの道は長く厳しい、ということですね。

そして、ミアが女優としての夢を掴んだ後にも、高速道路で渋滞に巻き込まれているシーンがありますが、横には抜け道があって簡単に進路を変えることができます。

これは、「成功を掴むと、簡単に車の進路を変えられるように、自分のやりたいように自分の人生を自由に操ることができる」ということを意味しているのではないかと思います。

また、高速道路はエンディングの回想シーンでも出てきます。ミアがパリに行くきっかけとなったオーディションの誘いを受けるシーンで、2人が立っているのが高速道路です。ここで高速道路は「人生の分岐点」として描かれています。

このように、この作品では高速道路はカギであり、重要なメッセージを含んでいることは間違いありません。

感想・考察ー「ラ・ラ・ランド」は悲しい物語?それともハッピーエンド?

画像8

出典:映画.com

最後は2人がこれまでのことを回想するシーンがあり、涙、涙のクライマックスとなっています。

これは、「もしセバスチャンがキースの誘いを断っていたら」、「もしセバスチャンがパリについて来ていたら」、「もし2人がずっと離れることがなければ」などの「もしも」の世界で、セバスチャンとミアの回想であり空想でもあります。

私はこのシーンは、何度見ても切ない気持ちでいっぱいになります。でも、2人の別れは悔やむべき悲しいものだったのでしょうか。

私は、2人は一緒になれなかったことを決して後悔しているわけではないと考えられます。なぜなら、回想シーンのあとの2人の別れ際の表情が、満足げなものだったからです。

そもそも、2人の出会いがなければ2人の成功はありませんでした。セバスチャンは一度諦めかけたミアを夢の道に引き戻し、ミアはセバスチャンにもう一度夢に向かうやる気を起こさせました。お互いが鼓舞し合い励まし合ったからこその、今のミアとセバスチャンなのです。

更に、監督のダミアン・チャゼルは、CNNのインタビューでエンディングについて、「交際が終わっても、愛が終わるわけではない。愛は続くから美しいんだ。」と述べています。

つまり、2人は一緒にならなくても、2人の間に愛は存在し続けているのです。それは、ミアは今の自分の家族を愛していない、ということではなく、セバスチャンとはもっと違う次元の深いところで繋がっている、2人は思い合っているということなのです。

このように考えると、この映画は究極のハッピーエンドと言えそうです。

まとめ

「ラ・ラ・ランド」のあらすじとネタバレ、タイトルの意味と高速道路の意味、そしてエンディングはハッピーエンドかどうかをご紹介しました。

この映画は様々な見方ができますが、私は、夢を掴むためには愛を犠牲にするのではなくむしろ愛は必要であり、しかし一緒にいることだけが愛ではない、というメッセージを含んでいると思います。

そして、一緒にいることだけが愛ではないのだから、恋人と別れても自分の夢に向かって突き進み、夢を掴むべき。これがこの映画の一番言いたかったことなのではないでしょうか。

 

『ラ・ラ・ランド』を無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)