【感想】”幸せ”とは?映画「チョコレートドーナツ」あらすじ・ネタバレ


チョコレートドーナツを無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)

 

※この記事はネタバレを含みます。ご注意ください。

 

1970年代、アメリカ・カリフォルニア。本物の歌手になることを目指し、日々ショーパブで口パクショーを行っているゲイの男性 「ルディ」 と、ある日その店にたまたま訪れた検事局に務める男性 「ポール」 。

 

二人の出会いと、同じ頃に出会った、ルディの隣人でネグレクトを受けているダウン症の少年 「マルコ」 。この三人の出会いから、それぞれの人生が大きく動きはじめます。
悲劇的なラストから 「幸せとは一体なんなのか?」 ということを考えさせられる名作をご紹介します。

 

作品概要

 

出典:映画.com

 

作品名:「チョコレートドーナツ」 (原題:Any Day Now)
公開・制作:2012年・アメリカ
監督:トラヴィス・ファイン
出演: アラン・カミング / ギャレット・ディラハント / アイザック・レイヴァ 他

あらすじ

 

出典:映画「チョコレートドーナツ」オフィシャルサイト

 

1979年、カリフォルニア。本物の歌手を夢見て、日々 “口パク” ショーダンサーとして日銭を稼いでいるゲイの男性、ルディ (アラン・カミング) 。ある日、ルディが働く店に、自身もゲイでありながら周囲の目を気にして無難に生きている弁護士、ポール (ギャレット・ディラハント) が客として来店します。

 

二人は、初めはただの行きずりでしたが、除々に惹かれ合い本気で愛し合うように。

 

同じ頃、ルディは自身が住むアパートの隣人による騒音に頭を悩ませ、我慢の限界が来て文句を言いに怒鳴り込みます。しかし、そこには騒音の主はおらず、部屋の隅に佇む一人の少年マルコ (アイザック・レイヴァ) がいました。

 

マルコはダウン症でコミュニケーションを取ることがとても難しく、喋っても一言二言。
それでも、汚れた服を着てどこか悲しげに人形を腕に抱くマルコを見て、ルディは放っておけず、彼の手を引いて、出会ったばかりのポールに助けを求めますが…。

 

キャスト

 

出典:映画「チョコレートドーナツ」オフィシャルサイト

 

アラン・カミング

 

今作で、ゲイのショーダンサーであるルディを演じています。
冒頭で濃い化粧をして口パクをしている姿はインパクトが非常に強く、正直少し驚いてしまいましたが、そんな感情はすぐに吹き飛び、非常に自然にルディを演じる彼に惹き込まれていきました。

 

また、血の繋がっていないマルコに対し、本当に我が子のように愛に満ちた眼差しで見つめ、手を引き、抱きしめる姿に、無意識に涙が出てくることが何度もありました。
演じた彼自身もバイ・セクシャルであることを公言しており、2007年には同性婚をしています。

 

この映画の他、数々の作品に主演し高い評価を得ている彼ですが、「X-MEN2」 のナイトクローラー役で出演していたことを知り、「あの特殊メイクをしていた人か!」 と驚きました 笑。

 

ギャレット・ディラハント

 

出典:映画「チョコレートドーナツ」オフィシャルサイト

 

今作で、弁護士ポールを演じています。
初めはゲイを公にすることを徹底的に避け、それを 「そうするしかない」 と無理やり納得していたポールでしたが、ルディから 「変わるなら今しかない」 と説得された後、ルディと同じく、マルコの “親” になろうと必死に戦う姿は大変頼もしく見えました。

 

演じたギャレット・ディラハントは、映画の出演も多数ありますが、ドラマへの出演が非常に多い俳優であるようですね。今作を観て、他の出演作品も観てみたくなりました。

 

アイザック・レイヴァ

 

出典:映画「チョコレートドーナツ」オフィシャルサイト

 

ダウン症の少年、マルコを演じています。
アイザック自身もダウン症で、俳優を夢見ていた彼は、今作で見事俳優デビューを飾りました。

 

作中、彼の演技は本当に胸を打ちました。薬物と男に溺れ、汚れた服を着て人形を腕に抱き立ちすくむ彼の表情は、観ているこちらの胸が痛くなるほどの悲しさが漂っています。
その後、ルディとポールに出会い、ハロウィンに海にと出かけているシーンでは、これ以上無いくらい幸せな笑顔が弾け、私も自然と笑顔で観ていました。

 

今後も、色んな作品で彼を観たいと思います。

 

ゲイということを徹底的に隠さなければならなかった時代

 

出典:映画「チョコレートドーナツ」オフィシャルサイト

 

今でこそ、ハリウッドの有名な俳優の方など、著名人が 「実はゲイです」 と公言することが出てきた時代ですが (それでもまだまだマイノリティーだと思いますが…) 、今作の舞台である1970年代は、もはや 「人間ではない」 レベルの偏見を持つ人がそこら中にいる時代だったようです。

 

普通に生活するどころか、バレたら自分の命すら危険にさらされてしまうような時代。
何かあると 「ゲイだから」 ということを理由にされてしまう、異様な時代があったことに驚きます (今でもそのような風潮は少なからず残っているのかもしれませんが) 。

 

「惹かれるのが同性だった」 というだけで、「人を育てるには適さない」 「子供を育てるにふさわしくない家庭環境」 と一刀両断されてしまうのです。
しかも、糾弾している人々は、「それが正義」 と本気で思っています。個人的に、これが一番たちが悪いと感じずにはいられません。

 

本人たちの感じる “幸せ” と、周りが信じる “幸せとはこうあるべき” に、途方もない 「見えない溝」 があるように思います。

 


チョコレートドーナツを無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)

 

母親は正義なのか、悪なのか

 

出典:映画「チョコレートドーナツ」オフィシャルサイト

 

「ルディ、ポール、マルコの3人の幸せ」 とは別に、今作では 「母親」 という存在についても大変考えさせられる作品です。

 

マルコの母親は薬物や男に溺れ、どう見てもまともにマルコを育てているようには見えず、ルディやポールの存在もあって、余計に 「悪い母親」 に観えています。
しかし、この母親は本当に一方的に非難されるべき存在だったのでしょうか。

 

もしかしたら、重いトラウマを抱えているのかもしれません。薬物に逃げるほど辛いことがあったのかもしれません。彼女自身が生きる希望を失っている中、ダウン症の子供をたった一人育てなければならなくなった事情があるのかもしれません。

 

あくまで今見えている一面だけを切り取って 「ひどい母親だ」 と安易に非難することは、ゲイを差別する人達を変わらないように思いました。彼女には彼女の人生が、当然あったのです。

 

私は、彼女なりにマルコを愛していて、でもそれがうまく表現できない人のように見えました。そして彼女自身が弱く、どうしても何かによりかからざるを得なかったのかも、と。

 

「世間の目」 では済まされない人生への影響

 

出典:映画「チョコレートドーナツ」オフィシャルサイト

 

作中 「これは差別なのよ」 「差別じゃない、現実なんだ」 という、ルディとポールのやりとりがありますが、この二人のセリフは本当に深いと思います。

 

「ゲイであることを理由に虐げられることは差別だ」 と抗い続けるルディと、「これは現実。受け入れるほか無い」 と諦めているポール。私は二人とも正しいと感じました。
「正しい」 というより、「間違った答えはない」 というほうがしっくりくるかもしれません。

 

アイデンティティを守りたいルディと、うまく生きたいポールの考えは、私はどちらもすごくよく分かる考えでした。

 

しかし、前者は、特に昔は非常に大きなリスクと隣合わせだったのでしょう。愛する人を奪われ、まともな職に就くことができず、常に周りから白い目で見られることは避けられませんでした。

 

自分のアイデンティティをさらけ出すことによって、自分の人生そのものが不幸になるほどの影響があるという状況は、今の私には想像もできない苦しみだろうと思います。
同時に、それでも堂々と真正面から戦おうとするルディは、本当に強いひとだと感じました。

 

本人の幸せと、周りの言う 「本人の幸せ」

 

出典:映画「チョコレートドーナツ」オフィシャルサイト

 

先にも書きましたが、当の本人たちが思う 「自分たちの感じている幸せ」 と、周りの人たちが思っている 「これが幸せのはず」 という考えのズレがとても大きく感じる作品でした。

 

ルディ達の幸せは 「3人が一緒にいること。これまでのようにポールはマルコの勉強に付き合い、ルディは食事を作り、イベントがあれば3人で繰り出し、遠出をして過ごす生活が続くこと」 。一方、周りは 「マルコには母親がいること、”教育に悪影響を及ぼす” ゲイは近くにいないこと」 が幸せだと主張します。

 

どちらも 「マルコの幸せ」 を主張しているのですが、当のマルコはどうだったのでしょう。
ルディとポールと生活の中で、生まれて初めて 「自分の居場所」 を見つけ、泣いて喜んだマルコ。そんなマルコをそっと抱きしめ、「大丈夫、大丈夫よ」 と優しく囁いたルディ。
それを、少し離れて穏やかに見つめるポール。

 

マルコは母親の元に返された時 「ここはぼくの居場所じゃない」 と何度もつぶやいていました。傍目からみても、マルコは 「ルディとポールと一緒にいたい」 と思っていたに違いありません。

 

しかし、周りの大人たちにとって、それでは社会的に見てマルコは 「幸せな環境」 ではなかったということなのでしょう。どれだけ本人たちが幸せを主張しても、「母親」 という存在と、「ゲイ」 に対する偏見を越えることはできませんでした。

 

最終的に、マルコは迎えに来ないルディとポールを探し、「自分の居場所」 に戻ろうとした結果、冷たい橋の下で命を落としてしまいます。亡くなったことは、ポールの語りでしか知ることはできませんが、亡くなったことを知った当時のルディとポールがどれだけ悲しみ、悔しかったかは想像に難くありません。

 

ポールは、マルコの死後、裁判に関わった人々宛に、小さく掲載された新聞記事と手紙を贈りました。マルコにとって何が幸せだったのか、どういう末路をたどったのか。手紙にはルディとポールの悲しみが詰まっていました。

 

その手紙を見た彼らがどれだけのことを考えたのかは分かりませんが、私は少なくとも、自分が幸せだったころの場所に戻ろうと寒い夜の街を彷徨い、ハッピーエンドを望んでルディとポールを探し回って一人死んでいったマルコを思うと、涙が止まりませんでした。

 

まとめ

 

出典:映画「チョコレートドーナツ」オフィシャルサイト

 

マルコが死んだ後、ルディはデモテープを送っていたクラブハウスから声がかかり、本物のシンガーとして歌う場所を得ました。そのデモテープは、マルコが 「幸運のおまじない」 とキスをしたテープでした。

 

ルディとポールにとって、マルコと過ごした幸せは計り知れないものだったと思います。
ハロウィンの仮装をして出かけたり、海に行ったり。そのときの3人の顔は本当に幸せそうで、もしこのまま3人の生活が続けば、どれだけ素敵に家族になっただろうと思わずにはいられませんでした。

 

この映画は1970年代のアメリカ、ブルックリンで実際にあった 「ゲイの男性が育児放棄された障害を持つ子供を育てた」 という話を基に制作されています。

 

アメリカでは全米の映画祭で上映されて高い評価を得ましたが、日本では当時1館のみの上映で全く有名ではありませんでした。それも、「ゲイとダウン症の映画なんて紹介できない」 と断られ続けたためだと言います。

 

その後、映画コメンテーターのLiLiCoさんがテレビ番組で紹介したことから爆発的に上映館が増え、日本でも広く知られる映画になりましたが、日本で広がるまでのストーリーも、ゲイや障害者を扱った映画への偏見がもたらしたものというのも、なんとも皮肉なものです。

 

人の背景に惑わされず、「いいものはいい」 とはっきり表明することを恐れてはいけないと、私はこの映画を観て強く思いました。

 


チョコレートドーナツを無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)