『葬送のフリーレン』第1巻 ネタバレ&感想。切ないだけじゃない!面白さをご紹介

今回は、週刊少年サンデーにて連載中の【原作】山田鐘人【作画】アベツカサによる、後日譚ファンタジー『葬送のフリーレン』をご紹介いたします。

10年の歳月を旅し、魔王を討伐し帰還した勇者一行。人間の勇者、僧侶、ドワーフの僧侶、そしてエルフの魔法使い。この物語は、そんな勇者一行の一人、魔法使い・フリーレンを主人公に紡がれる“その後”から始まるお話です。

人間より遥かに長く生きるフリーレンの視点から描かれる時の流れ、その中で一瞬にも思える触れ合いが彼女に与えた影響、そして始まる新たな冒険に不思議と心癒されます。

フリーレンはどんな仲間と旅をし、別れ、新たに出会うのでしょうか。そして新たな旅の目的とは。

この記事では、『葬送のフリーレン』第1巻の

  • ネタバレ込みの詳しいあらすじ
  • 登場人物紹介
  • 切ないシーンのご紹介
  • 面白いシーンのご紹介

をしていきます。

「このマンガがすごい!2021オトコ編」 2位、「全国書店員が選んだおすすめコミック2021」 2位、「出版社コミック担当が選んだおすすめコミック2021」3位となるなど早くも今年大注目の作品です!

引用元:週刊少年サンデーTV

 「まんが王国」なら「葬送のフリーレン」が無料で試し読みできる!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』「呪術廻戦」など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。

注意
ネタバレが含まれますのでご注意ください。

『葬送のフリーレン』 第1巻 あらすじ

引用:SHOGAKUKAN COMIC

魔王討伐・勇者の凱旋・再会、そして別れ

物語は、魔王を倒した勇者一行の王都への帰還から始まります。

沸き立つ民衆の中を凱旋する勇者一行。

王都での夜、旅を振り返る勇者一行の見上げる先の夜空に50年に一度の流星群「半世紀(エーラ)流星」が降り注ぎます。

50年後にまたみんなで見ようと約束を交わし、4人の旅は終わりました。

 

それから50年の時が過ぎ、単身魔導書を探す旅をしていた魔法使いフリーレンは半世紀流星を見る約束を果たしに勇者ヒンメルの元を訪れます。

僧侶ハイターと戦士アイゼンも集まり、勇者一行の4人が揃い一週間ほどの旅が始まりました。

フリーレンに導かれ半世紀流星のよく見える場所を目指す短い旅の中、50年前の旅を懐かしむヒンメル。

約束通り再び皆で見た半世紀流星は素晴らしい景色でした。

そしてこれが勇者一行の最後の旅となりました。

人間とは違う時間を生きるフリーレンがこれから味わっていく別れを思うと、この勇者一行での最後の旅がこの先どれだけフリーレンによって思い出されるのか、胸がギュッと締め付けられるようです。

フリーレンの心に起きた変化

おそらく老衰によるものでしょう。眠っているかのように穏やかな表情で亡くなり、棺に横たわるヒンメル。

その棺を囲む葬儀の中、死を悼み悲しむ民衆の中から、仲間でありながら涙を見せないフリーレンを咎める声が聞こえてきます。

フリーレンにとってヒンメルと過ごした10年はほんの僅かな時間であり、嘆き悲しむ程ヒンメルのことを知ってはいないように思えたのです。

ですがこの時フリーレンの心にある変化がありました。

「・・・なんでもっと、知ろうと思わなかったんだろう・・・」

そう言ったフリーレンの瞳からは、ヒンメルの死を悲しみ後悔する涙が溢れ出ていました。

葬儀の後、聖都に戻るハイターを見送りアイゼンとも別れたフリーレンは再び旅に出ます。

魔導書探しだけではなく、今度はもっと人間のことを知るために。

それまで飄々としていたフリーレンがその瞳から大粒の涙をこぼすシーンには、読み始めて僅か2羽目の私もつられなきしてしまう程でした。

後悔先に立たず。は、エルフにとっても同じことだったんですね。

ハイターの弟子・フェルンとの出会い

ヒンメルの死から20年、フリーレンがハイターの元を訪ねると彼はある少女と暮らしていました。

後にフリーレンの弟子となる戦災孤児のフェルンです。

 

それから数年、フリーレンはハイターから依頼された魔導書解読(に、かこつけたフェルンへの魔法指導)のため、フェルンはハイターに一人前と思ってもらうための魔法の修行をしながらハイターとの日々を過ごしました。

ですが、やはりハイターの時間もやがて尽きていきます。

フリーレンが魔導書の解読を終えフェルンの修行も終わった時、自分の命が残り僅かと悟るハイターは、一人前になったフェルンを連れて旅立つようにとフリーレンに告げます

しかしフリーレンは、フェルンとしっかりお別れをし沢山思い出を作るようにと説得しました。

そうしてハイターを看取った二人は新たな旅へと向かいます。

次々に仲間を失っていくフリーレンですが、その傍らには新たな仲間がいます。

かつての仲間の弟子、やっぱり忘れ形見というか特別な存在になっていくのでしょうね。

かつて隣にいた人、今隣にいる人

時に人助けをし、親睦を深め、魔族と戦いながら旅を続ける二人。

そんな旅の中、二人はある海辺の村で「新年祭」と呼ばれる日の出を見る行事に参加します。

過去にヒンメル達との旅でこの村を訪れた時、フリーレンは寝坊により新年祭の日の出を見逃していました。

その時は特に残念に思わなかったようですが、今回はどうでしょう?

初めはやはり早起きしてまで見るほどのものではないと感じたようです。

ですが隣にいるフェルンの、綺麗だと微笑み日の出を見る横顔に知らず知らずのうちに楽しい気持ちになるのでした。

 

その後、戦士アイゼンを訪ね新たな旅の目的として「死者と対話できる場所」について知ることになります。

この話ではフリーレンが勇者一行と出会うよりさらに前、共に過ごしたある人物との回想も見ることができます。

勇者一行で見た流星群とフェルンと見た日の出は、別れと出会いの対比を感じさせるようで特に好きなシーンです。

フリーレンのまだまだ長い一生に新しい日の出が訪れたことをなんだか嬉しく感じてしまったのでした。

フリーレンは長い人生の旅路を誰と過ごし、誰を想い、誰と共に行くのでしょうか?

これからの展開がますます楽しみになったところで物語は次巻へと続きます。

 「まんが王国」なら「葬送のフリーレン」が無料で試し読みできる!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』「呪術廻戦」など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。

『葬送のフリーレン』 第1巻に登場するキャラクター

フリーレン(魔法使い)

主人公のロり老女。

ツインテールで小柄な少女の見た目ですが、既にかなりの時間を生きる長生きのエルフです。

ドライなようでいてじっくり腰を据えて人助けをする一面もあり、人間を知ろうとするその姿勢からも温かな心根の持ち主であることが伺い知れます。

魔導書の収集を趣味としており旅の大きな目的の一つとなっているようです。

達観したような話し方の割に茶目っ気があってとってもキュート。

ヒンメル(勇者)

フリーレンに人間を知る旅に出るきっかけを与えた人物。

ナルシストのような言動がまま見られますが、決して自己中心的でなく、特にフリーレンの回想ではフリーレンの人柄をよく理解し思いやる場面が多く見られます。

その優しさを「イケメン!」と褒めたら「うん」って返されそうです(笑)

ハイター(僧侶)

お酒が好きで、フリーレン曰く「生臭坊主」な僧侶。

仲間を庇う、孤児を救うなど善良な人柄で、死を恐れながらも周囲のことを考える姿に人間味と優しさを感じます。

一緒にお酒を飲んだら楽しそうですが、翌日一緒に潰れること請け合いです。

アイゼン(戦士)

勇者一行の中ではエルフのフリーレンに次いで長命のドワーフ族。

口数が多いわけではありませんが、伝統を重んじるドワーフでありながら仲間からの言葉をすんなりと受け入れる柔軟さを持ち合わせる穏やかな人柄であることがわかります。

人間より長命ではありますがフリーレンよりは人間に近い時間の捉え方をしているようです。

目立たないようで、大事なところをしっかりフォローしてくれる縁の下の力持ちって印象ですね。

フェルン(フリーレンの弟子)

崖から身を投げようとしていたところをハイターに救われ、後にフリーレンと旅をする少女。

ハイターを安心させるため一人前の魔法使いになる修行に打ち込むシーンや、朝に弱いフリーレンの世話を焼く様子からわかるように、真面目な性格です。

大人びた発言が多いですがたまに少女らしい態度をとる一面もあります。

フリーレンのせいでお母さんみたいだったり、フリーレンのおかげで子供らしかったり、表情にはあまり出ないけれど感情のよく動く素敵な女の子です。

『葬送のフリーレン』 第1巻 泣けるシーンのご紹介

あらすじでも触れていますが、第1巻で一番泣けるのは何といってもフリーレンがヒンメルの死に涙を流すシーンです。

第1巻では明かされていませんが、フリーレンがエルフでありながら勇者一行と旅を共にしたのには、おそらくフリーレンの心を動かす何らかの出来事があったことでしょう。

しかし、フリーレンはその出来事でさえ些細なことと思っていたのではないでしょうか。

だからこそヒンメルの葬儀で初めて、今まで自分がどれほどヒンメル達に心を動かされてきたのか、そしてそれをやり直すことはもうできないのだと悟りあそこまで泣いたのだと思います。

失ったものが本当に大したものでなかったら後悔なんてしませんからね。

それに気が付いてしまった瞬間、フリーレンの中の思い出が一斉にフリーレンの胸に溢れかえったと想像すると本当に切なくてやり切れないです。

私も今を大切にしていかないといけないと強く感じるシーンでした。

『葬送のフリーレン』 第1巻 面白いシーンのご紹介

葬送のフリーレンではクスッと笑えるシーンかちょこちょこ挟み込まれています。

私が特に好きなのは、3話のフェルンがこっそりフリーレンを尾行する回です。

この回では怪しげな単独行動をとるフリーレンを、何か厄介なことを起こすのではないかと心配したフェルンが追いかけまわします。

普段は冷静そうなフェルンがアクセサリーショップで悩むフリーレンの表情にツッコみ、スイーツ店探しをするフリーレンに「ずるすぎる」と眉毛を八の字にする、そんなコマがポンポン続くためテンポが良く笑えました。

この話の後半はまたジーンとすることになるので、ここでは割愛しますね。

この他にも、王様にタメ口をきいたヒンメルとアイゼンがギロチンにかけられそうになったり、フリーレンがミミックに食べられそうになったりと小さいコマで笑わせてくるようなゆるーく笑えるポイントが沢山詰め込まれています。

『葬送のフリーレン』 第1巻 感想

私はこの作品の魅力、それは作品の空気感の心地よさだと思っています。

葬送とあるようにある意味では喪失の物語でありながら、旅の中で丁寧に思い出をなぞっていく様子・関わる人の温かさ・更にはクスッと笑えるようなキャラクター同士のやり取りに不思議と心穏やかになります。

読み終わった時にはほっと肩の力が抜けていくような感覚になる話もありました。

フリーレンの旅は勇者一行を訪ねる旅から始まり、勇者一行で歩いた道を辿り思い出を伴って進んで行きます。
その道中を新たな旅の仲間と行くことで、フリーレンは新たな感情の芽生えや、かつて仲間にもらった言葉の意味を感じ取っていきます。

この描写が胸にじんわりとしみるのは、おそらくこの作品に余計な説明や過剰な心理描写、理屈っぽさがないせいでしょう。

 

触れ合う人達からもその直接的な温かさを感じることができます。

勇者一行はその最たるもので、ナルシスト・生臭坊主・無口ときたら一人くらいいけ好かないキャラクターがいても良さそうなものですが、三人とも仲間を大切に思い、長命が故にいずれ必ず一人残されるフリーレンの未来を案じているのです。

フリーレンが宝探しのようにその思いやりを見つけていく様子に、読み進める度どんどんこの作品が好きになりました。

基本的にこの第1巻には極端な憎まれ役や無理に笑わせに来るキャラクターは出てきません。

ハラハラもしない代わり、ムカムカすることもなければハマらないギャグを見ているような気持ちになることもほぼないと言っていいでしょう。

その代わり、友達との面白かった一場面を思い出すような気楽な笑いが散りばめられています。

 

最後になりますが、この作品の良さを底上げしているのはなんといっても作画の綺麗さです。

セリフのない、コマ送りのように描かれた小さなワンシーンですらデフォルメされることなく、作品の中で時間が過ぎていくのを丁寧に見せてもらっているように感じました。

穏やかな空気感を感じるのに読み応えがあるのはこの作画ならではですね。

『葬送のフリーレン』 第1巻 まとめ

魔王討伐からさらに数十年後を舞台に、長命のエルフ・フリーレンが新たな仲間と思い出を連れ、人間を知るための旅をしていくこの作品。

第1巻でのフリーレンはややドライで飄々とした印象が残りましたが、お茶目でだらしない一面や他人の命や気持ちを大切に思っていることがわかるシーンもあり、周囲から愛される人物であることがわかりました。

これからの物語でどんな感情を得てどう変わるのか、とっても楽しみですね。

この記事では、『葬送のフリーレン』第1巻の

  • 第1巻の印象的なシーンと、詳しいあらすじ
  • 勇者一行とフェルンについて
  • フリーレンの涙にもらい泣きしてしまう切ないシーン
  • 3話は特にオススメ!笑えるシーン

のご紹介をしていきました。

一つ一つの物語や作品の雰囲気、空気感は是非実際にご覧になって感じてみてください。

寝る前に飲むホットドリンクのような、じんわり温かい、ちょっぴり特別な気持ちになれる作品です。

 「まんが王国」なら「葬送のフリーレン」が無料で試し読みできる!

『まんが王国』なら『鬼滅の刃』「呪術廻戦」など大人気作品を含め、3,000作品以上が常時ラインナップ。気になっていた漫画も、手軽に読めちゃいますね。