「ガタカ」は単なるSF映画じゃない?人間の可能性を信じることとは

映画「ガタカ」は、90年代のSF作品ですが、現在の社会にも通じるリアリティが満ちています。

 

SONY PICTURES より引用

 

近未来。

そこは、遺伝子操作が当然のように行われる世界。

優れた容姿・能力を持つ子供達が、次々に生まれてきます。

 

一方、自然な出産で誕生した子供は、能力的に劣るとして“不適正”の烙印を押されるのです。

 

生まれながらにして、優劣を決めつけられる残酷さ。

優秀な遺伝子こそが全てで、運命には逆らえないという絶望。

 

こうした冷たい世界観を、主人公は地道な努力大胆な行動で、打ち破ろうとします。

 

夢を見ること。諦めないこと。自分の可能性を信じること。

人間には、遺伝子の羅列だけで語れないものがあるのではないか。

 

そんな熱い思いが込められた本作について、紹介していきたいと思います。

 


ガタカを無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)

 

以下、作品内容のネタバレが含まれるため、お気をつけ下さい。

 

あらすじ

舞台は、遺伝子操作が当たり前となった近未来

人間は、生まれながらにして優秀な遺伝子を持つ「適正者」と、自然出産で生まれた「不適正者」に分けられていました。

 

主人公のヴィンセントは、不適正者。幼い頃から、宇宙飛行士になりたいと願っています。

しかし現実は厳しく、適正でないと宇宙飛行士にはなれません。

そのため、夢が叶う見込みは無い状況でした。

 

人生を懸けた挑戦

ヴィンセントは、適性者の血液や指紋といった生体IDを手に入れることで、その人物に成り代わろうとします。

そして、狙い通り、宇宙局ガタカでの就職に成功するのです。

 

ヴィンセントがなりすましたのは、かつて有名な水泳選手だったジェローム

ジェロームは事故で下半身不随となり、選手生命を諦めていました。

 

ヴィンセントは、ジェロームの協力のもと、徹底的に身分を隠し続けます。

更に生まれつき体が弱いハンデを抱えながら、過酷な訓練にも耐え抜きます。

 

同僚の女性・アイリーンとも心通わせる中で、ヴィンセントの目標は、常に宇宙にありました。

 


映画.comより引用

 

努力が実を結び、ついに念願の宇宙飛行士に選ばれます。

 

降りかかる大ピンチ

ヴィンセントの乗る探査船の出発予定が、迫った頃。宇宙局内で殺人事件が起こります。

運悪く、ヴィンセント自身のDNAが現場から発見されてしまい、窮地に追い込まれます。

 

結局、事件は犯人が見つかったことで解決。

ヴィンセントも何とか正体がバレずに済みました。

 

最後の試練と別れ

ピンチを乗り越え、宇宙へ旅立つ直前にも、ヴィンセントに試練が訪れます。

抜き打ち検査が行われ、もはやこれまでか、と思われた矢先。

医師レイマーの計らいで、この関門も突破することができました。

 


SONY PICTURESより引用

 

一方、地球に残るジェロームは、ある決断をしていました。

いつの間にか、優劣を越えた絆で結ばれていた2人に、別れの時が訪れます。

 

 

登場人物の紹介

ヴィンセント・アントン・フリーマン(イーサン・ホーク)

自然出産による不適正者。心臓が弱く、30歳まで生きられないと宣告されている。

適正者のみに許された職業、宇宙飛行士への夢を捨てられずにいる。

 

ジェローム・モロー(ジュード・ロウ)

適正者。元は才能を期待された水泳選手だったが、事故により下半身不随に。

ヴィンセントに生体証明を提供し、身分の偽装に協力する。

 

アイリーン・カッシーニ(ユア・サーマン)

宇宙局ガタカに勤めている、適正者の女性。ヴィンセントと惹かれ合う。

 

アントン・フリーマン(ローレン・ディーン)

ヴィンセントの弟であり、適正者。

 

レイマー(ザンダー・バークレー)

宇宙局で、身分監査を行なっている医師。

 


ガタカを無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)

 

見どころの解説

宇宙局内での事件が持つ効果とは

ヴィンセントが探査船の飛行士に選ばれた後、まさかの殺人事件が起こります。

そして、最悪なことに、現場の遺留物からヴィンセント自身のDNAが見つかってしまいます。

 

ヴィンセントは、あくまでも適生者のジェロームとして、局に勤務しています。

彼の真の姿は、“存在するはずのない不適正者”と認識され、殺人犯として疑われることになります。

 


SONY PICTURESより引用

 

ようやく夢叶う寸前まで辿り着いたというのに、身に覚えのない疑惑で、正体がバレてしまうのか。

 

見守ってきた視聴者にとっては、ハラハラしっぱなしです。

正直言って、1番心臓に悪い場面でした。

 

もちろん、ヴィンセントは殺人などしていません。

だからこそ、「こんな時に事件が起きるなんて」と真犯人を責めたくもなります。

 

しかし、事件解決によって、探査船の打ち上げも確実に行われる流れに。

ピンチが再びチャンスへと変わる、実に鮮やかな転換点だといえます。

 

ジェロームの決断が意味することとは

いよいよ宇宙へ向かうヴィンセントに対し、ジェロームは大量の生体IDサンプルを残し、別れを告げます。

 

夢半ばで、水泳選手としての人生を終えざるを得なかったジェローム。

彼もまた、新しい未来へ向かう時が来たのかと思いきや。

 

これから先、ヴィンセントが適正者として生きていくにあたって、ジェロームの存在は偽装の証拠そのものです。

ヴィンセントに完全な適正を与えるために、ジェロームは自らを消し去る道を選びます。

 

この決断には、ヴィンセントの身分を保証すること以上に、ジェロームの祈りが込められているように感じられました。

 

最期に自分の遺伝子を託すことで、一度死んでしまった才能も再生する。

ジェロームの夢と遺志もまた、ヴィンセントの中で生き続ける。

 

ジェロームは身をもって、ヴィンセントへの親愛と未来への希望を示したのです。

 

 

ガタカの伝えるメッセージ

 

「現実的なSF映画」第1位としてNASAに選出されたこともある、この作品。

遺伝子の優劣のみで、その後の生き方が決まってしまうという世界観は、とてもシビアです。

 

進学、就職、結婚。

本来なら、無数の選択肢があるはずの人生。

遺伝子操作はそのレールを一本に絞ってしまいます。

 

技術の革新が、人々から自由を奪っている矛盾。

現代社会でも、似た傾向にあると言えるでしょう。

 

それだけに、空想の話だと笑い飛ばせない怖さが、劇中には漂っています。

この絶妙なリアリティこそ、SFという枠に留まらない話の深さを生み出しています。

 


ザ・シネマより引用

 

人間関係の描き方も、注目すべきポイントです。

適正者の中でも、弟アントンとジェロームでは、ヴィンセントとの関係性が異なっています。

 

アントンは小さい頃から何をしても兄より優れていました。

自他ともに認める、明らかな才能の差。

兄弟間でその差を描くことで、ヴィンセントの苦しみがより強く伝わってきます。

 

さらに、兄弟の印象的なエピソードとして、遠泳競争が挙げられます。

ここでも、ヴィンセントはアントンに負け続けるのですが、一度だけ、勝利するのです。

生命の起源とも考えられる海を舞台に、優劣がひっくり返った瞬間。

ヴィンセントは、望みのない世界にやっと、希望を見いだせたのではないでしょうか。

 

アントンはヴィンセントにとって、弟でありながら、世界の高い壁でした。

人生を懸けてでも夢を決して諦めなかった強さは、アントンの存在あって鍛えられたといえます。

 

ジェロームとヴィンセントの場合、遺伝子的には正反対の立場にあります。

しかし、精神の面でみれば、最も近く、理解しあえる同志だったと思えるのです。

 

ジェロームは、才能を持っていても活かすことができない。

ヴィンセントも、劣勢のレッテルがある限り、才能も努力も認められない。

 


SONY PICTURES より引用

 

八方ふさがりの状況で、互いの足りない部分を補うかのように2人は出会いました。

そうして、ヴィンセントは自らの夢を叶え、ジェロームもまた、生きた証を遺します。

 

ヴィンセント兄弟が優性と劣性の象徴ならば。

ヴィンセントとジェロームは、優劣を越え、生きる意味を私たちに投げかけています。

 

二つの視点が一つに集約していくところに、作品のメッセージが込められています。

 

 

おわりに

「ガタカ」は、SFらしい設定でありながら、人間讃歌の物語でもあります。

 

人間の可能性は、遺伝子の羅列で決めつけていいものではない。

どのようにして生まれたのか、が重要になるのではなく、どうやって生きたか、という命題こそ大切なのではないでしょうか。

 

そう考えると、胸の内から、勇気が沸き起こってくるような気がします。

 

https://twitter.com/eigacom/status/1324365862971781123

 

遠くない未来に、この映画のような社会がやってくるのかもしれません。

 

けれど、

「一人一人が自由に夢を描き、意思を持ち、自分の足で歩んでいける世界であってほしい」

と思わずにいられないのです。

 


ガタカを無料で観るなら<U-NEXT>

ーーー【U-NEXTの特徴】ーーー

・U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス
・新作・人気作が見れるポイントが毎月もらえる
・追加料金なしで雑誌も読み放題
・31日間無料で利用できる(途中でやめても1円もかかりません)