Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/keinoblog/sanagi7.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

仕事で成功する人としない人の違いは、向いてる仕事をしてるかどうか

仕事で成功する人としない人の違いは、向いてる仕事をしてるかどうか

自分が得意なことをしているか、していないか

こんにちは、転職エージェントの酒井です。突然ですが、自分は何の仕事が向いていると思いますか?

例えば営業なら、営業に明らかに向いている人と向いてない人がいます。

向いてない人が営業を頑張ってもなかなか営業成績は上がりません。

あるいは、事務職にも同じように明らかに向いている人と向いてない人がいるわけです。

ちなみに私は事務職には全く向いていません笑

事務職のこまごまとした仕事が向いている人もいる一方で、私のように落ち着きがなく、大雑把な人間は向いてないわけです。

苦手な土俵で勝負すると、得意だったり、好きでやってる人に比べて努力しても負けます。

そして、どんな人でも得意な物と向いていない物があるものなのです。

なにかが得意な場合がほとんどで、なにもかも得意な人ってほとんどいないんです。

オススメの転職サービスはこちら!

・第二新卒の転職なら→マイナビジョブ20’s
・大企業の転職なら→マイナビエージェント
・営業・事務系の転職なら→パソナキャリア
・外資系企業への転職も考えているなら→JACリクルートメント

不得意なことをしている人間は得意な人間には敵わない

向いてることをしている人は、それを努力とは思わないで仕事ができます。

そして、人間、向いていないことはあまり学習しないんです

向いていないことをすると嫌なんですね。

脳にブレーキがかかり、ストレスになるわけです。そして逃げ出したくなり、パフォーマンスがますます落ちるのです。

問題は、就職の時や転職の時に、たいていの人が、自分が向いてるか?向いてないか?ではなく、「給料が良い」とか、「世間体がいい」などの基準で選んでしまうことです。

そういった外的な要因で選んでしまうと、うまくいかないことが多いんです。

自分が何に向いているかを見つける5つの方法

では、自分に何が向いているかってどうやって探せばいいのでしょうか?

5つの具体的な改善策がありますので、参考にしてみてください。

1.人に会って話をする

あなたの身近な周りの人、もしくは新しい友人や知人を作り、彼らにたくさん話をするとよいでしょう。

そこでポイントとなるのが、できるだけあなたの性格に近い人であり、「うまく人生を送れている」と感じる人を見つけることです。

つまり、あなたの人生のロールモデルとなる人を見つけてください。

その人が

どのようにして働いているか?

どんな仕事をしているのか?

を参考にして、吸収できそうな部分を取り入れてください。

2. いろんな仕事をしてみる

若いうちからいろんな仕事を経験して、自分が向いている事、向いてないことを経験してみる方法です。

若いうちなら失敗してもいくらでも挽回できますし、いろんな経験を積んでいるとそれだけで武器になります。

休みを利用して、インターンとしてこそっと会社に潜り込んだり、あるいはクラウドソーシングなどのサービスを使って空いた時間にパソコンで仕事をしたりといろいろな方法があります。

あるいは、中小企業やベンチャー企業に入って、若いうちからいろんな業務を経験したりすることも1つの方法です。

3. 世の中にどんな仕事があるのかを知る

そもそも、何が自分に向いているかわかってない方で多いのが、世の中にどんな仕事があるのかを理解していないパターンです。。

世の中にどんな仕事や職種があるのか?そしてどのくらいの年収をもらえるかを知るために、転職サイトで実際の求人を見てみると良いですよ。

DODA の転職サイトはご覧のように職種がものすごく細かく分かれていて、世の中にどんな職種があるのか知ることができます。

また、その職種がどのような年収で求人を出しているかもわかるので、あなたの今後のキャリアプランにも参考になります。

4. 自己分析をする

自分にどんな長所があり、それを仕事に生かすにはどうすればいいのかということを知らなければいけません。

自己分析は実際に自分で紙に書いたり、他人に聞いてみたりすることでもわかりますが、現在ではアルゴリズムを用いた自己分析ツールがたくさん出ています。

オススメは『リクナビネクスト』と言うリクルートが出している自己分析ツールがあるのでやったことのない人はやってみて下さい。

無料の会員登録をして、15分から20分ほどのアンケートに答えればあなたの強みを教えてくれます。

通勤途中や暇な時にパパッとやってみてください。

5. 転職エージェントに相談してみる

自分の強み・弱みを転職エージェントに相談した上で、向いてる仕事を教えてもらう方法です。

優秀なキャリアコンサルタントが担当者に付くと、あなたが進むべき進路を何個か提示してくれます。

ただエージェントは会社とキャリアコンサルタントのレベルに依存しますので、ハズレクジを引いてしまうこともあります。

絶対に複数登録して一番相性が良い人を選びましょう!

転職エージェントの面談を受けて、最終的に転職しなくても問題ないので、まずは気軽な気持ちで受けてみましょう。

何しろ無料ですし!

オススメの転職サービスはこちら!

・第二新卒の転職なら→マイナビジョブ20’s
・大企業の転職なら→マイナビエージェント
・営業・事務系の転職なら→パソナキャリア
・外資系企業への転職も考えているなら→JACリクルートメント

我慢して仕事をしない

我慢をしてるかどうかと言うのが、仕事で成功するかの1つの分かれ目になります。石の上にも3年とよく言いますが、それは間違いです。

正確に言うと、我慢すべき場所というのはたしかにありますが、それはあなたが日々行う全体の仕事の10%以下に留めたほうがいいです。

仕事でストレスが多い場合は、その仕事は根本的に向いてないので、さっさと転職し、あなたが我慢しなくてもできる仕事をやるべきです。

安易に仕事を辞めない

とは言え安易に仕事は辞めないほうがいいです。

もし、現在あなたがホワイト企業にいるならば、我慢しなくても続けられる仕事を見つけられるまでは決して辞めてはいけません。

仕事を辞める前に新しく仕事を探してから辞めてください。

向いてる仕事を探している方は、向いてる分野を見つけてから仕事を辞めてください。

オススメの転職サービスはこちら!

・第二新卒の転職なら→マイナビジョブ20’s
・大企業の転職なら→マイナビエージェント
・営業・事務系の転職なら→パソナキャリア
・外資系企業への転職も考えているなら→JACリクルートメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)